南鎌倉高校女子自転車部 第7話 感想 レビュー わたしにできること? アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
次の乗り継ぎはあなた達よ!!” 迫る三年、ニ年コンビも策はあるか!?

00314
00254
 なかなかの悪役感! 三年の列車殺法に思わず笑い、手を貸してくれた一年が可愛い!
 ロケットと呼ぶ技術、「当たり前」も自分で気付くのが初心者の楽しさ
 めっちゃ自転車レースしてる!

 一人だけ役に立ててない焦りと叫び、夏海の不調、ひろみさんめっちゃ主人公してる!

店長てめえ!
 また、最低でも「満足行く戦い」が約束されたひろみ達に対し、先が読めないのが二年コンビ
 三年にリベンジして欲しいですね!

 クマさんのところへ連れてって! 叫びとカメラワークがカッコ良かった!!

エンドカードは「玖条イチソ」さん、艦これ絵師の方である

00343
 夕立とか大鯨とか。

あらすじ
 学内を舞台としたナイタークリテリウム、ひろみたち自転車部は出遅れてしまったが
 縦列「列車」と、「回す」事を意識したペダリングで効率を重視し
 徐々に順位を上げていく

 特に巴は仕切りに、冬音はラインの指示で力を発揮するが、体力が限界に

 このままでは一位は取れない
 同級生も力を貸してくれ、夏海とひろみを「射出」する為に全力を賭す

 しかし二年と三年が迫り、クマさんは独走、夏海は負傷を押し隠し…?

 次回、第8話「みんなと一緒に!」

『いよいよ始まりました、南鎌倉ナイタークリテリウム!』

00000
 いきなり絵面の色物感が!! さすがOP出演キャラ!
 中身が気になりますね

 ていうか、もうここまでくると「あっ…」って感じだ!

『現在、コース上では初級クラスの熱戦が繰り広げられております! トップを走るのは、コスプレ部の「クマさん」を先頭とした一年集団!』

00001
00002
00003
00004
00005
 二年生の集団が、それを追っています。更にその後方、自転車部と3年生が続きます!

クマさんすげえ!
 出走タイミングをズラした為、成長期、最も体力的には厳しい一年生が先行する形に
 特に二年は、水泳部コンビが参加してますしねえ
 で

 果たして彼女達は、この差を挽回する事が出来るのでしょうか!

 先頭はクマさん!
 一部は、「部」を象徴するアイテムで出走

 中でも彼女の場合、こぎにくいってレベルじゃねーぞ! 凄まじきハンデ戦!!

 中身は、相当なツワモノか色物に違いねえ!

結花『自転車、がんばれーっ! いっけーっ!!』

00007
 応援する結花ちゃん可愛い! クリテリウムは、「都市が舞台の周回コース」なので
 何度も、選手が目の前に戻ってくるのが嬉しい所
 割と珍しい特徴ですよね

 でもやっぱり、待ちきれないワケで…?

『ふわぁ…、見えなくなっちゃった』『スピードに乗ってるからね』『仕方ないわね、ずっと追いかけるわけにも行かないし…』『おまかせくださいっ!

00008
00009
00010
00012
00013
00014
00015
 今回の中継は、我がOTOTO電機が提供しているのですっ!

鯖屋さんすげえ!
 いかにも京都名物みたいな名前なのにすげえ! 第2話で、ひろみが迷った時に探してくれた人!
 中の人が、弱ペダで鳴子役のカズマさん!
 で

 今回の秘密兵器! 空撮用クワッドヘリコプターですっ!!

 ヒャアかっこいい!
 クワッド、その名の通り「4つ」のローター!!

 こういう地元企業協力」、っていいですね、お祭り感があって!!

 てかアンタ参加しないンかい!

鯖屋さん『うぅ…、プレッシャァー!』

00018
 いや、両手に花ッショそこは!!
 近い近い!

『前を走ってる連中はどこにいるのよ! 全然見えないじゃなーいっ!』『多分、今は武道館の向こう側じゃないかなーっ!』

00019
00020
00021
00022
00023
00024
00025
00027
00028
00030
 でも、最初から全力で走ったら、最後まで持たないわよっ!

ストロング・ザ・武道館
 敵は先行、全力で追えば後でバテる、追わないと追いつけない、つまり挟み討ちの形になるな…
 そこで、経験者の夏海が飛び出すことに
 と

 皆ーっ! 私が前を走るからついてきてーっ!!

 まずは慣れる事
 ペース、コースに慣れるまで夏海が先導に。

 特に今回は「周回コース」、意識的にコースを、曲がるタイミングなんかを覚えるのが肝要か

 効率よい車線、加速・減速タイミングを、先に覚えたほうがラク?

ここでトラブル発生です!

00034
00035
00036
00038
00039
00040
00041
00042
 どうやら、誰も道を譲らないままコーナーに突入して、交錯してしまったみたいですね

「二年生」にトラブル!
 意外ッ わちゃわちゃになった先行集団!! 自転車部のタイムロスも、これで一気に軽減か
 ああ何か、昔こんな感じになった事ありますわ
 で

 どうして先に行かせたの?

 別に塞いでる訳じゃない
 脇を通ればよく、ニ年コンビもすぐ走り出せたらしい

 しかし東先輩、ここで一年に道を譲る、一年ファースト精神を発揮。

 軽水部長と、ホント仲良いのね

『決まってるだろ? 後ろからブチ抜くほうが面白いからさっ!』

00043
 もうやだ、このバトル好き! オラちょっとワクワクしてきたぞ!!
 今回は、「本気」の勝負だ!

 対し自転車部の面々は、ようやく「四季の助言」を発動する! それは…

『うわぁ…、なに? この悪寒…?』『皆! ゲート前の直線、はいったよ! …四季先生のアドバイス、覚えてる?』

00044
00045
00046
00047
00048
00049
00050
00051
00052
00053
00054
00055
00056
00057
00058
00059
00060
00061
 自転車を走らせていると、空気が、壁のように感じられることがあるでしょう?

トレイン!
 やはり「自転車」のお約束、縦一列になって走ることで、先頭を“風除け”とする集団走行
 待ってましたの逆転開始!
 と

 これが空気抵抗に打ち克つ為の集団走行…、“列車<トレイン>”よ!

 やっぱりコレか!
 しかも、「チーム」の自転車部だからこそ!

 風の抵抗は最大の敵、前回も、「だからウェアは体にピッタリなんだよ」って言ってましたね

 メットの形も、風対策と軽量化の結果なんでしょうか

ひろみ『う、うわ! ぶつかりそうっ!?』

00062
 ただ、何でレース開始からやらなかったの? と思ったらコレだ!
 単純に怖い!

 もし、何かで前の人が急減速したら…? って考えたくないね!
 
夏海『舞春さん! 無理にピッタリつけなくていいよっ! 初めてのトレインなんだから、少しだけ左右に開こうっ! それでも効果があるはずだし…』

00063
00065
00067
00068
00070
00071
00072
00073
00074
00076
00077
00078
 すごーいっ! ウソみたいに空気の抵抗が消えた…、これがトレイン?

げに面白い
 一周回ってコースを身体で覚え、慣れてきた辺りで「トレイン」を発動、堅実に攻める自転車部!
 初めての列車で、全体の速度がアップ!
 が

 浩子の言う通り…、追っかけて抜くってのは展開として面白いわよね!

 勝負好きの人が!
 軽水部の人、日向 未可子先輩まで燃えた!!

 結果的に二年コンビに火をつけ、更に勝負を白熱させてしまう自転車部

 この人たち、ホント楽しそう!

『レースは、三週目に入りましたっ!』

00080
 なるほど、改めて「最後の直線」の価値が、ものすごく大きいんですね
 トップ集団と、“第2集団”自転車部との差はデカく
 二年コンビが追走中

 でも、三週目で立ちこぎしちゃって大丈夫!?

『後ろの二年生は、完全にバラけてしまったようですね』『残すは八周! 果たして、どのような展開が待っているのでしょうかっ!』

00081
00082
00083
00085
00086
00087
00088
00091
00093
 ペダルは踏まずに“回す”事っ!

「初心者」疾走!
 ちょうど、「立ちこぎ」で加速し始めた二年と対照的に、自転車部は「回す」よう指示を受けていた
 立ちこぎで「踏む」と坂や加速では利く
 が

 結果として、長い時間、力を伝え続ける事が出来るのよ

 目先に惑わされず
 長丁場に備え、平均値を意識する事

 初心者で、焦りがちな彼女達には、特にピッタリの指示なんじゃないでしょうか

 不思議そうに見上げるひろみが、ちょっと可愛い!

森渚『まずまずのペダリングね、トレインも初めてにしては上出来だし…、あの子達、初心者にしてはやるわね?』

00095
00096
00098
 初心者だからよ

 何事も始めたばかりの頃は上手くできない、でも、出来ないからこそ「出来るようになりたい」と願うのよ。失敗もいっぱいするだろうけど、全力でぶつかる事で自分の限界を知り、少しずつかもしれないけど、「出来る事」を増やしていく…

 それって、すごく「楽しい」事でしょう?

00099
00100
00101
00103
00105
00107
00108
00109
 いい風、起こすじゃないっ!

初心者だから
 出来るようになりたい、素直に教えを乞う姿勢が、彼女達を健やかに成長させていっていると
 この時点で、“2年組”との差も広がったようです
 が

 前の3人が壁を作って、後続の負担を減らしてるわね……

 目覚しい一年、脱落気味な二年
 静かに追う三年

 実は彼女達も、大規模な「トレイン」を組み、力を温存していた事が判明

 意外や、本命は校内王者・三年!?

『もしかして、誰かに教えてもらったとか?』『ああ、それなら私だぞっ!』

00110
 お前かよ!(視聴者の声)
 妙に訳知り顔な3年生、出所は店長!?

店長『あいつら、気前良くヤキソバとオムレツを纏め買いしてくれたから、そのお礼になっ!』

00111
00113
00114
00115
00116
00117
00119
00120
00122
00123
00124
00126
 ンまぁ! たっぷりトッピングされた地元産の新鮮なシラス、溢れる牛スジ、絡み合うトロトロの卵!

自転車商人
 なんて現金な店長! だが、ひろみも旨そうに食ってくれたので、「カーブの基本」を伝授したという
 減速して入り、出る時に加速、外⇒内⇒外へのライン取り
 と

 それがスローイン・ファストアウトとアウト・イン・アウト、カーブを曲がるときの基本だっ!

 基本中の基本!
 しかし、「意識的に」行うかは大きい、と

 意外にコーナーの数も多く、効果は絶大! オムレツ作画の気合も笑うわ!!

 トロットロだよトロットロ!!

冬音『六周目…、もう半分終わっちゃったわね』

00127
 五周目終了、結局、「立ちこぎ」までして加速した二年コンビは、無理が祟ったのでしょうか
 トレインで無理なく加速した自転車部と対照的…
 ダメじゃん!

  このままじゃあの人、悔しさのあまり自転車に目覚めるんじゃないか?!

『ねえ…、このままずっと、夏海に“引いて”貰うワケにはいかないわよね?』『ええ…、ラクさせてもらった分、どこかでお返ししなくちゃね…』『…あ! 秋月さん、前?!

00128
00130
00133
00135
00136
00137
00138
 ごめん二人とも、もっとスピード落とそうか!?

来るー、きっと来るー
 危うく突っ込みかけた二人! 幸いクリアできたが、減速してしまった隙を突いて二年コンビ追走!
 居ないと思ったら、ドンピシャで追ってきた!
 で

 そんな余裕もなさそうよ…! 

 てか夏海ちゃん
 最初から、ずっと先頭を担ってたのか…

 基本、先頭の負担が一番大きい走法なので、どんどん順序を入れ替えるのが基本

 でも彼女ら、まだ習ったばっかりですものねえ

巴『比嘉さん、ペースは落とさなくていいわ。その代わり、“比嘉さんが一番いいと思うライン”を走って! 私達は、そのラインをトレースするから!』

00140
 この勝負どころで、眼鏡に定評ある巴ちゃんの本気が!
 司令塔なのね、彼女!

 巴は、夏海が「後続」に気を使っていると見て取り、好きに走るように指示

巴『あと冬音さんも、力を貸して頂戴っ! …ええ、あなた“記憶力には自信がある”って言ってたわよね?』

00141
00143
00144
00145
00146
00147
00149
00150
00151
00152
00153
00155
00156
00158
00159
00160
 あれはコスプレ部ね…、対外活動停止中だったはずだけど

勝負勝負勝負!
 ケツを叩かれ加速する自転車部、緊迫する先頭集団、ここでクマの人が前に出た!!!
 すげえ! 着ぐるみとかいう熱いハンデ戦!!
 一方

 まるで、次々に「列車」を乗り換えているみたいですねえ……。

 疲弊した「その他の二年」
 彼女らを風除けに、三年の一部が突出開始!!

 きたない、さすが最上級生きたない! なおコス部は「校内だからオッケー」との事

 ここで勝って、「対外停止」を解きたいのね!(多分)

日原 華野『このペースで行くと、ゴールまでにトップに追いつきそうです! さあ、面白くなってきましたぁ!!』

00161
00163
00164
00168
00169
00172
00173
00174
00175
00177
00178
 どう、冬音さん? 比嘉さんのラインは覚えられそう?

らくしょーよ!
 夏海の体感的な「ライン採り」を、明確な形で記憶し、共有しようと奮闘する冬音
 最中、遂に“クマ”以外の一年を抜いた!
 が

 あと三周もあるのよ? ここは無理をせず、少しずつ詰めていったほうが…

 後ろから二年が!
 更に、その後ろからは三年生が!!

 各者勝負に出た終盤戦、一年のモブ、バスケ部と陸上部の子(多分)がかわいい!

 小さくなっていくクマさん…(距離的な意味で)

三年生『さあ、次の乗り継ぎはあなた達よ!!』

00179
 なんだこの列車マニア!?
 物言いがおかしい!

 他人を「風除け」にしてきた三年勢に、バトルマニアの二年勢は…?

『思っていたより、追走集団の動きがいいわね。後三周、みんなの脚が持てばいいけど…』

00180
00181
00182
00184
00185
00186
00187
00193
00195
00196
00197
 みんな、力は残ってる? じゃあ、私達の後にぴったりついて、冬音さんは指示をお願いっ!

私にできること?
 合流時、先行する一年を激励した夏海、何とそのまま、彼女達まで「列車」に加えて走ってた!?
 彼女らにも、加速減速、タイミングを冬音が指示!
 と

 でも私に何が出来るだろう…、今の私に…!?

 一丸となる一年生!
 こうなると、「何かしたい」のが人情です

 サブタイに繋がるひろみの独白、彼女一人だけ、チームに貢献できていない、と

 能天気がウリの彼女も、今週は本気だ…!

『トップがゲートを通過して、九周目に入りました! ゴールまで後2キロとなりましたが、校長先生はここまで見てこられて、如何でしたか?』

00198
00200

 そうですねえ…、優勝の行方はまだ分かりませんが、たとえどんな結果になろうと、走った本人が「全力を出し切った」と思えるのなら、それはきっと最高の思い出になるでしょうね…
 だから今言える事はただ一つ

 全力で頑張りなさい、それだけです!

00201
00202
00203
00204
00207
00208
00209
00211
00214
00215
00216
00221
00222
00224
00225
 まずい…、今ごろ痛くなってきた…! 後二周…、大丈夫、イケる!

ケイデンス上げて
 生徒に、「実績」「部員獲得」という形ではっぱをかけ、お祭りを誘致した校長の気持ちが明確に
 全力を出し切る楽しさ、思い出を作って欲しい
 と

 自転車部に追いつく前に、どこかで振り切らないとな!

 そして二年!
 彼女らは、「主役」じゃない!!

 だから負けても、或いは、最後で自転車部をブチ抜く展開があっても、まったくおかしくない!

 彼女達の「意外性」に期待したいね!

『冬音さん、大丈夫!?』『な、なんとか!

00228
 って、もう限界じゃねえか!? 冬音さんかわいい!
 でも今回は「足が攣って」ない!
 まだまだ!

 貧弱なボーヤだった彼女も、自転車を買ってこんなにムッキムキに!!

『そう…、だったら考えがあるの…。あなた達も、協力してくれない? このままじゃ後ろに追い付かれて誰も一位を取れない…、だったら、“誰か一人でも勝てる”そんな作戦に賭けてみようと思うの』

00231
00232
00233
00236
00237
00239
00243
00244
00248
00250
00252
00253
00254
00258
00260
00267
00271
00274
 このまま終わるのは、イヤだものねっ!

協力しますよっ!
 巴の最終作戦、何と一緒に走っていた一年トリオも巻き込み、「夏海」「ひろみ」の前に出た!!
 快諾した一年トリオ、熱い連中じゃないか!
 で

 なんとしても、あなた達二人を、軌道に乗せてあげるからっ!

 ロケット作戦
 既に、巴たち「自身」には勝機はない

 そこで最後の力で二人を引き、順次脱落してでも、二人を最高速度で連れていくワケだ!

 風除けは、“引っ張る”効果もありますものね!

『最後に残った力、全部集めて二人に託すわ! これが私達に今出来る、最善の方法よ!』

00277
00278
00279
00281
00283
00285
00286
00288
00289
00292
 分かったよ…、皆お願い、私達を、クマさんの所まで連れて行ってっ!

ロケット部隊!
 車道の傍を歩いていると、車に引き寄せられるように、「引く」力を最大限に活かす全力加速!
 夏海も、負傷を隠してひろみを叱咤!
 で

 仕掛けてきたわね自転車部…、浩子、ここが勝負どころよ!!

 ひろみの叫び
 連動し、クマを捉えたカメラワークが熱い!!

 彼女らに置いて行かれた二年、後ろは三年、このまま終わらないって信じたいですね!

 むしろ、彼女らこそが最後の勝利者?

『一段目…、離脱します…、後はお願い……、自転車部の人も、がんばってっ!!』

00294
00296
00300
00302
00305
00307
00308
00309
00310
00311
00312
00314
00316
 皆が道を作ってくれてる…、トモちゃんも冬音ちゃんも、自分に出来る事を精一杯やってるんだ…

わたしにできること
 重いママチャリで、ここまで力走した一年が脱落、たぶんバスケ部か陸上部の子が最初に…
 際し、声をかけて行ったのが何か好きだ!
 と

 今、わたしにできることは…、ううん、やらなきゃいけない事…、それは…?!

 さっきは「出来る事?」
 しかし今度は、「やらなきゃいけない事」へ

 一歩前進したひろみの決意、夏海の不調、追いすがる東先輩とくれば、後はもう…!

 何と全3話だったレース編、次回まるで最終回!?(全13話

今回のA応Pは、自転車のメンテナンス講座!

00322
00323
00324
00325
00327
00328
00330
00332
00333
00334
00336
00338
00340
00341
 その教えとは、「乗車前チェック」である!

思ってたんと違う!
 と、言うと失礼かもしれませんが、車にそうするように、乗る前にチェックしようという話
 アレ? これメンテの話と違いませんかね!?
 ともあれ

 先回りしてのチェックが、機器の寿命を延ばしてくれる

 そこは何でも同じですね。

2017年2月17日 南鎌倉高校女子自転車部 第7話「わたしにできること?」

00093
 前回同様、原作の自転車監修をしているという岡本氏が絵コンテ!

スタッフ
 脚本:砂山蔵澄(シリーズ構成)
 絵コンテ:岡本英樹
 演出:工藤進(監督)
 作画監督:小倉恭平
 エンドカード:玖条イチソ

あらすじ
 「ナイタークリテリウム」も中盤に差し掛かる中、先頭の「クマ」さんになかなか追いつけずに苦戦している所で2年生、3年生が追ってくる。ところが、「冬音」と「巴」が体力の限界目前になりつつあり、「夏海」も肩が痛み出し厳しい状況になってしまい……。

今週のエンドカードは「艦隊これくしょん」イラストも担当する、玖条イチソさん

00343
 漫画家じゃなかったので、どなただろうと思ったらイラストレーターさんでした。

艦隊これくしょん
 白露
 時雨
 村雨
 夕立
 大鯨
 龍鳳
 春雨
 海風
 江風
 山風

次回、まさかの全3話となったレース編決着! 最後の部員も登場となるか…?

00305
00080
00318
00342
 次回予告が最終回っぽい!

クリテリウム!
 前回は、ロードバイクやウェアの件もありましたし、来週も全部レースってワケでもなさそう?
 脱落した一年生、キャスト欄でもざっくり書いてあって笑います
 ひどい!

 ただ「杉田」「水野」と、初キャストの人も居るので、脱落した人がそうだったのかも

 片方が3年生なんでしょうね
 次回、ぜひ東…、いや未可子先輩の自己犠牲が出るか?

 たぶんラストは、ひろみvs東浩子のリベンジ・マッチなんだろうな、って信じてる!!

 次回、第8話「みんなと一緒に!」

公式より、エンドカード担当作家さん一覧

 春夏冬ゆう http://yu-akinashi.tumblr.com/
 あふ黒 http://llcab.tumblr.com/
 岡本倫 http://www.okamoto.tv/(第2話担当)
 加藤アカツキ http://www.akatsukikatoh.com/
 草壁 http://kusakabeworks.net/(第3話担当)
 玖条イチソ http://blog.livedoor.jp/kujouitiso-new/(第7話担当)
 里好 http://www.zato.jp/(第4話担当)
 柴乃櫂人 http://kr3.oops.jp/
 Gユウスケ http://gyuusuke.exblog.jp/
 ニリツ http://nilitsu.com/(第6話担当)
 卷 http://mckeee-figure.blog.jp/(第5話担当)
 憂姫はぐれ http://wireframe.sakura.ne.jp/(第1話担当)
 REI http://rei.tw/

南鎌倉高校女子自転車部 感想 2017年 冬 1月~3月

 南鎌倉高校女子自転車部 第1話「入学式ッ!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第2話「鎌倉探索にGo!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第3話「女子自転車部、はじめます!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第4話「夏海ちゃんはわたさない!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第5話「自転車を選ぶのってむずかしい?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第6話「はじめてのレース!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第7話「わたしにできること?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第8話「みんなと一緒に!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第9話「クマさんからの挑戦状!?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第10話「輪行で行こう!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第11話「自転車って、ふしぎ」
 南鎌倉高校女子自転車部 第12話「道はまだまだつづいてる」
 南鎌倉高校女子自転車部 第13話「特別編」