One Room 6話 感想 レビュー 桃原奈月はほっとする アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
パンツを取り込ませる兄の鑑。花火の演出、目から入って横顔へ、ここグッときたね!!

00038
00083 -
 兄さん、チョッピリ元気になったようで何より! 元気だと奈月ちゃんがホッとするからな!!
 開幕誘惑、馬乗りマッサージに甲斐甲斐しい料理!
 サービス満点の回!

 熾烈なチャンネル争いも笑いましたが、花火だ! って演出とても奇麗だった!!

東京と言えば花火!
 少し元気になった兄に、容赦なく「連れてけ!」と我がままを叩き込む妹! ホント可愛かった!
 実際あんなん、間違いなくプロレスですけどね!

 あんな暗がりでギシギシって、背徳感がハンパなかったですねえ

2017年2月8日 One Room 第6話「桃原奈月はほっとする」

00016
 奈月シリーズは、上田さん&谷さんコンビが担当!

あらすじ
 なんという事でしょう、家に帰ると、開口一番「妹」の奈月が…!!

スタッフ
 キャスト:村川梨衣
 脚本:霜井蒼星
 絵コンテ&演出:上田慎一郎
 作画監督:谷拓也
 総作画監督:奥田泰弘

『おかえりー、おにいちゃーん♪ ご飯にする? お風呂にする? それとも…、わ・た・し…?

00000
00001
00002
00004
00005
00006
00007
00008
00009
00010
00011
00012
 ちょっと、無視しないでよ! 私も恥ずかしいんだからね!?

リミットオーバー妹
 大丈夫、いずれその恥ずかしさが快感に変わり、少女は女になっていくって性書にありますし…。
 じゃなくて、彼女なりに「頑張った」らしい 
 と

 だって…、ちーちゃんが「これで元気にならないオトコはいない」って…

 よし、まずお付き合いを見直そうか!
 ませた子だ!

 奈月なりに元気にする方法」が欲しくて、アドバイスして貰ったらしい

 恥ずかしさに、耐えられなくなるのが可愛い!

『ちーちゃんが「これで元気にならないオトコはいない」って、言ってたんだもん!』

00013
 それは男を元気にする方法であって、「兄」を元気にする方法ではない!!
 繁殖の呪文だよそれは!
 きっと!

『…? お兄ちゃん……?』

00014
00015
00017
00018
00019
00020
00021
 ご飯あるよ? …食べよ?

日常
 妹の先制攻撃をスルーした兄は、「いつものように」、食うものも食わずベッドに倒れたらしい
 奈月は知らないが、それが“彼の日常”だ
 と

 そっか…、疲れてるもんね…

 飯を食う気力も
 シャワーも、妹を食う気力もなく

 ただただ泥のように眠りたい兄と、心配する妹の図。甲斐甲斐しい……。

 健気だ…

『んー………、ぃょし!』

00022
00026
00027
00028
00029
00030
00031
00032
 昔…、よくこうやってマッサージしたよね?

時には昔の話をしようか
 どこの並行世界の話ですか!? ああ、きっと兄さん運動部にでも入っていたんでしょうねー…
 って、何だこの胸が覗けそうなアングルは!?
 で

 どう…? 気持ちいい?

 ベッドに飛び乗り、ギシギシ言わせて上下運動
 甲斐甲斐しいマッサージ

 兄は「気持ちいい(ちといを抜くとキモい)」と返したらしく、嬉しそうにマッサージ続行に

 実家時代から、どんだけ甲斐甲斐しかったんだ妹さん!!

『何かさ…、私が知らないだけで、お兄ちゃんにも色々あるんだね…』

00033
 東京に出た兄が帰ってこない、きっと、花の東京の生活が楽しいからに違いない…
 と、胸を膨らませていたらしい奈月なりの告白
 正直すまんかった

 的な。

『え? い、いいいないよ彼氏なんて!?』

00034
00035
00036
00038 -
00038
 そうだなー、お兄ちゃんより良い人じゃないとー…、なーんてね?

嘘をついてる味だぜ
 自分は、「兄がどうしてるか」を知らなかったという奈月、対し「お前こそ彼氏でも出来たか?」と。
 対し、彼氏なんていねーしバーカ!!と返す奈月!!
 で

 もー! 妹のフォローを笑うとか、ひどくない?

 ジト目が可愛い…
 でも、絵面の背徳感がアレだ……

 服のシワもきっちり書き込まれていて、なんていうか、やはりエロい。

 この子は、基本ジト目が可愛いのだな!

クーラー!? 貴様、確か電源を抜かれて死んだはずでは!

00040
 翌日、クーラーがついたってだけで、「妹にチョッピリ優しくなった」感じが
 このシリーズ、むしろ主人公の方が攻略されてる…
 妹が上! 主人公が下だ!!

『へーっ! いいなー、このお店ーっ!! …お兄ちゃん?』

00041
00042
00043
00044
00045
00046
00047
00049
00050
00052
00053
 あー、もう!

絶対にノウ!
 翌朝、情報番組で「この店に行きたい!」、という妹から、話を逸らすようにチャンネルを変える兄
 戻す妹、変える兄! チャンネルは戦争だよ兄貴!
 で

 あーあ、東京きたら、色んなところ行けると思ってたのになーっ

 残念ですが
 兄は、鬼子ですし社畜ですし…。

 たぶんソファーの右側に座ってる兄を、足でゲシゲシ蹴って、連れてけと催促する妹…!!

 やだこの子、遠慮がマッハでなくなってる…ッ!! 

奈月『…うん、美味しい! おにいちゃーん、ごはんだよーっ♪ …って? アレ?』

00054
00055
00056
00057
00058
00059
00061
00063
00064
 IHヒーター? ナニこの不便なもの!? こんなんで美味しい料理が出来るのか!?(1999年)

美味しい!
 文句や我がままを言いつつも、甲斐甲斐しく料理を作る奈月ちゃん、カレーですかね?
 何気に服も違うし、日をまたいだのでしょうか
 で

 何? そろそろって……?

 兄が居ない
 探すと、ベランダにいる事が分かった

 そしてヒュ~って音が…、ああ、なるほど!!

奈月『わぁ…!』

00065
00066
00067
00070
00072
00073
00074
00075
00076
00077
00079
00083 -
00083
 お兄ちゃん…、いつもお疲れさま♪

繋ぎ画像は4枚です
 そしてこの圧倒的パンツである…! 目のアップでの花火、そして横顔と動いていくカメラワーク!
 最後のカメラワーク、笑顔が特に奇麗だった!
 疲れたら、ちゃんと休む事

 一瞬、「疲れたらちゃんこ」って見えて、ドスコイ!?って思った!

 開幕からキラキラ誘惑!
 耐え切れなくなって、涙目とか可愛過ぎますね!!

 家に帰ったら寝るだけの日々に、増えた「甲斐のある」苦労、兄ちゃん幸せねえ…

 次回、第7話も“桃原奈月(ももはら なつき)“編!

One Room 感想 2017年 1月開始 ショートアニメ

 One Room 第1話「花坂結衣はお願いする」
 One Room 第2話「花坂結衣は約束する」
 One Room 第3話「花坂結衣は寝落ちする」
 One Room 第4話「花坂結衣は手をつなぐ(終)」
 One Room 第5話「桃原奈月は世話を焼く」
 One Room 第6話「桃原奈月はほっとする」
 One Room 第7話「桃原奈月は照れてごまかす」
 One Room 第8話「桃原奈月は素直になれない(終)」
 One Room 第9話「青島萌香は覚えてる」
 One Room 第10話「青島萌香は悩んでる」
 One Room 第11話「青島萌香はわかってる」
 One Room 第12話「青島萌香は歌ってる【最終回】」