試し読みはこちら いちごの入ったソーダ水 4巻 感想 画像 レビュー 荒井チェリー。これまでの感想
こひめ成長、るな決意。去年の今頃も不安だった、来年もきっと大丈夫

jaa_002
jaa_004s-
IMG_0163
IMG_0141
IMG_0135
最終回は進級エンド! 先生含め、るな達全員が少しずつ成長する清々しい終わり方
 世話焼き元ヤンるなが、常識知らずな、こひめに世話を焼き続けた本作
 最後、別居になるのが意外で納得でした

 変わらない日常はなく、変化は怖いけど素晴らしい! いい最終回だった!!

クリスマス!制服!先生の私服!!
 巻頭、迫力バスト水着! 更にクリスマス、先生の私服改善と衣装チェンジが華やか
 特に先生、世話を焼かれる側になってしまって笑いましたが
 憧れ云々が動機になるのも納得だった!

 前巻登場、桔梗先輩の私欲、表情とのギャップも好きで、終わってしまったのが哀しい!

後輩・杏奈は、けっきょく受験さえ出来ないまま終わってしまう事に

IMG_0138
 リアルというか妥当な展開に驚きましたが、この場面、切なくて好きです。

あらすじ
 年末、反省会だと先生をだまし、クリスマス会を楽しんだ文芸部は
 年を越し、るなの誕生日を祝い、雛菊が成長し
 髑髏薔薇先生に夢を刺激されてゆく

 少しずつ成長する中、「るなファンクラブ」こひめと、桔梗先輩も意気投合

 弟が生まれたのをきっかけに
 るなも退寮を決め、進級と共に生活は一新してゆく

 でも一年前も不安だった、だから次の一年も大丈夫。こひめ達の日常は続く(終)

巻頭は夏! アレ!? ここって最終回の後だったんですね

IMG_0161
 UV対策万全! 肌弱いですものねー

その後の彼女達
 こころなしか成長してると思ったら、ホントに本編後だった巻頭カラー
 水着だからなのか、雛菊もサイドポニーなんですよね!
 かわいい!

 ホラーにぴったりだと食いついた眉村さんも、「島」とか創作意欲の宝庫よね!

クリスマスパーティー! ※めちゃめちゃ怒られました

IMG_0157
IMG_0159
IMG_0160
IMG_0158
IMG_0156
IMG_0156-
IMG_0155
 福ちゃん、雛菊のこと解りすぎ案件

クリスマス
 眉村さん、舌先三寸で「反省会」に仕立てる下りが、ホントに強い。
 真夜子先生が、押しに弱すぎるのも一因なんでしょうが
 これも文筆家スキルでしょうか

 るなのヘソ出しサンタもエロかったですね!

 桔梗先輩も脳内絶賛だわ!
 絶賛しつつも、「仕立ての安い服」に散々ツッコむ辺り、本当こだわりのある人である

 あと今巻通してみると、雛菊が愛されすぎてて微笑ましい

年越し、冬休みはバラバラに過ごしたるな達

IMG_0154
 るなからの電話待ち、ここのこひめ可愛い。

年初め
 早起きして初日の出を撮影、皆に送ってリアクションを待つこひめですが
 日頃、人一倍頭が回る眉村さんがボケてたり
 委員長の戸惑いが笑えます

 どんどんスマホが使えるようになって、離れてても繋がって。

 一年過ぎて、るな大好きになってるこひめが可愛い。

サプライズ誕生日! サプライズなのだが!!

IMG_0153
 こひめと雛菊! ちょっと幼いコンビだ!!

突撃!るなの誕生日
 るなが、サプライズに事前に気づいてるのが、セオリークラッシャーで彼女らしい。
 日頃、杏奈にやられてるでしょうし
 こう「お見通し」みたいな

 一緒に作業して、雛菊が「最初は緊張してた」と打ち明ける場面も。

 行動力の塊で天然無礼
 そんな雛菊だって、外部生徒のこひな、るな達にはドキドキしてた

 他人は、見た目とは裏腹なんだなって気付くのが大人です。

桔梗先輩、あれからも無記名で手紙を送りまくっていた…

IMG_0152
 どうしようと言いつつ、手紙嬉しそうなるなさん。

髪の毛の手紙
 謎のレズストーカーとして定着してしまった桔梗先輩、どうしてこうなった!
 さらっと、お金で解決しようとする委員長も
 成金魂でホント好き!

 この頃になると、他の生徒もどんどんるなに話すように

 文化祭はホント効いたよねー。
 というか結局、あの原色パーカーは卒業してしまったんだそうで

 るなも、少しずつ変わって行ってるんですよね

女子校のイケメン先生、「堤福先生」と仲良しな雛菊は

IMG_0151
 福ちゃん、リアクションひどいな!

ヒマまつり
 正直、真夜子先生辺りが好きなのかな、ってどっかで思った気がしますが
 福ちゃんは、徹底して雛菊大好きなお兄ちゃんでしたね
 こう「ナチュラルに甘い」というか

 距離を置き、冷たくしようとしてるけど、傍目にはだだ甘い福ちゃん

 無自覚な特別感に、ラブコメの波動を感じます。
 上手く行くといいよね!

 大人扱いに、「えへえ」する雛菊もかわいい!

真夜子先生、「髑髏薔薇先生に講演してもらっては?」と思いつく

IMG_0150
IMG_0149
 扉の眉村さん、演劇イメージでしょうか。女子力がガチ高い。

なりたくないの?
 半ば職権乱用で招いた髑髏薔薇先生、さすがに「ジャンル」やら隠しましたが
 先生、一度は就職したけど夢を捨てきれずに頑張ったとか
 内面的にも強い人なんですね

 著作は淫乱ラガーマンだけど、「好き」「やりたい」を貫いた自慢の身内!

 学生時代、何かになりたくても「無理だ…」と思いがちですが
 そこに背を押される眉村さんが素敵

 真夜子先生も夢を取り戻し、“夢を叶えた人”ってパワーあるなと思いました

自室は汚部屋な真夜子先生、今度は…

IMG_0147
IMG_0148
 真夜子先生、生活が女子校の延長過ぎて…、でもなんか解る。

るなさん張り切る
 うっかり、ダメ私服を目撃され、生活改善をるなに指導されてしまう先生
 いや、この辺が「いつも」の逆すぎて笑えるし
 るならしい気がします

 この子、世話焼きが加速しすぎてここまできた!

 るなの私服なので、もちろん「似合わない」「痛々しい」とか散々ですが
 大丈夫、漫画なので美しかった!

 胸元開きまくりだし、るなさん私服セクシーすぎやろばってん

風紀委員(桔梗)の目が気になるあまり、るなさん遂に…!

IMG_0146
 初の「ちゃんとした制服」姿! 桔梗先輩がめちゃくちゃ拝むレベル。

ちゃんとしよう!
 るな、制服ちゃんと着ると似合わないね! 別キャラみたい!!
 るな=パーカー、ってイメージが出来てるからでしょうか
 とばっちり食った委員長かわいい!

 日頃から制服は着なさい」と、内心で思っていた真夜子ちゃん先生

 思えば、桔梗先輩と同属性だと思いきや
 怖がられるのも笑えます

 あと前回のせいか、真夜子ちゃんがめっちゃ親しげで微笑ましい。

桔梗委員長、「手紙の主」だとバレてしまう

IMG_0144
IMG_0145
IMG_0143
 結局、最後までるな自身にはバレませんでしたね。

ファンクラブ
 以前、ノリで喋ってた「るなファンクラブ」繋がりで、こひめと桔梗のタッグ結成!
 字で気付くのも、島育ちで習字に長けたこひめらしいですね
 肝心なとこは気付かないけど!

 また、この出会いは「いつものメンバー以外」に、こひめの目を向けさせる事に

 るなに隠し事をするようになったり
 思わば一つ一つ、「自立」に向かって描かれてたんだなー、って思いました

 人生、思ったのとは違う形で、“世界”って広がっていくなー的な。

おめでとう! るなに“16歳差の弟”が出来ました!!

IMG_0142
IMG_0141
 けっきょく叶わなかった、杏奈・迷迭香制服バージョン…!

「将来」いろいろ
 懸念だった、弟の名前も無事「太陽(たいよう)」と、素直なネーミングに決定
 るな、死ぬほど悩んで名付けた弟の世話をずっとやってるし
 めっちゃ姉ちゃんっ子になりそう…

 また、鼻で笑うほど成績が足りなかった杏奈、受験そのものが不可

 受ける事すらさせて貰えない、意外に厳しい展開。
 こういうところ、でも正直好きです

 ミスター百合は最後まで良い味だしてた!

ほんの少し、前進を始めた“文芸部”コンビ

IMG_0140
IMG_0139
 思えば眉村さんと先生って、他と比べて付き合いも長いんですね

一歩ずつ
 先日から私服が変わったなー、と思ったら、やはりるなの指摘で「挑戦」中
 小説もですが、「気弱な先生」ってわかりやすいキャラクターから
 手探りに成長する姿が素敵でした

 眉村さんも、本格的に小説家を志し良いコンビに。

 作中、いつも眉村さんに騙されてる印象の真夜子先生ですが
 小説に関しては…

 という辺りも、少しリアルで微笑ましいですね

桔梗『花泉さんの 母乳の話をしている…!?』

IMG_0138
IMG_0167
 桔梗先輩はいちいちパワーワードすぎる!

私も大人に
 こひめは成長、「成長(こひめ評価)」から、誰から見ても成長を感じられるものに。
 保護者のるなが、逆に「私も大人にならないと」と思ってしまうのは
 良い意味で友情です

 でもそんなるなも、落ち込む杏奈に、何も言わない優しさを見せたり。

 自分も…、と思うるな自身がしっかり成長してるのも
 素敵な流れだと思いました

 切ない表情の杏奈、察したるな、いい姐御してますわ。

るな『私、寮 出ようと思うんだ

IMG_0137
IMG_0136
IMG_0135
 最後に向けて、扉スペースがツーショットに。

彼女の一歩
 帯で、「最終巻」ってあってビックリしたけど、何事もなく過ぎると思ってたんです
 いや読み返したら、「ある決意」ってちゃんと書いてあったけど
 それが、寮を出ることだったんですね

 親に意地を張る自分、“子供な自分”を卒業しようと動き出するな

 突然、保護者を失ってしまうこひめは仰天ですが
 さすがるなママ厳しい!

 るなのトレードマーク・原色パーカー、ドヤ顔で着るのが可愛かった!

終業式、別々になっても「新しい出会い」が楽しいから!

IMG_0134
IMG_0133
IMG_0132
IMG_0131
 るなさん、体つきがどんどんエロくなっている…。

コネクションがございます
 こひめが、別の子と暮らすのも「どうかなー?」と思いきや、一人部屋に引越しし
 ついでに寮母として、薗部(親戚)が現れるファンサービス
 さすが薗部!

 やっぱり一朝一夕には成長できず、ゴミを隠しちゃうこひめ可愛い!

 まだ作中は一年生
 でも、「よし おわり!」と見慣れた部屋を離れるのは、すごく最終回でした

 作中多くを過ごした場所と、読者も二人もお別れ

こひめ『去年の今頃は 不安でいっぱいだったけど』

IMG_0130

 去年の今頃は 不安でいっぱいだったけど
 一年間色々あって とっても楽しかった
 だから次の一年もきっと
 もっと楽しいよ

 るなも あの二人も 私もね


IMG_0129
IMG_0128
IMG_0127
 ちゃんと気付く福ちゃん、ホント愛だよね…

また一年
 ラストは、クラス替えの様子を確認しに行く、何気ないシーンで終わりますが
 生活能力皆無で、不安でいっぱいだったこひめの独白と
 少し伸びた頭身が素敵でした

 明日はきっと、今日より良い日。そう信じるのは今日も楽しくする

 子供っぽい雛菊が、大人っぽくなろうとしたり
 転が部員募集してたり

 終わるには、早過ぎたと私は思うけど、綺麗な最終回だった!

収録

IMG_0164
 カバー下の覇者・委員長いいよね…。

 まんがタイムきららコミック「いちごの入ったソーダ水 4巻」。荒井チェリー。
 まんがタイムきららMAX連載、芳文社発行。
 2018年3月発売(前巻2017年1月)

アニメ版 三者三葉 感想

 三者三葉 第1話「パンの耳ですわ」
 三者三葉 第2話「カラダにいいのはおいしくないものだよ」
 三者三葉 第3話「メイドの味がした」
 三者三葉 第4話「むしろ 生きがいです」
 三者三葉 第5話「もうこはんはもうないんですね」
 三者三葉 第6話「野菜肉肉肉肉肉肉魚」
 三者三葉 第7話「十円足りない」
 三者三葉 第8話「たくさん釣れてる」
 三者三葉 第9話「カレーは二日目」
 三者三葉 第10話「鶏肉とケーキを食べまくる日」
 三者三葉 第11話「チョコレートを食べまくる日」
 三者三葉 最終話「もうパンの耳は卒業しますわ」

三者三葉 感想

 三者三葉 11巻
 三者三葉 12巻
 三者三葉 13巻“進級・夏休み・修学旅行”! 園部分裂!?

アニメ版 未確認で進行形 感想

 第1話「何事も最初が肝心です」
 第2話「ロリ小姑ってのも悪くないわ」
 第3話「ラブコメの波動を感じる」
 第4話「あれはただのへんたいです」
 第5話「これが経産婦だと」
 第6話「そうだ、小姑でうめよう」
 第7話「それはそれ、これはこれ」
 第8話「妹の悲しみをいやすのは、妹」
 第9話「くつじょくです、はずかしめをうけました」
 第10話「デレ期という単語を調べたら」
 第11話「ハンカチを楽しんでるのよ」
 最終話「わかってる? わかってる」
 未確認で進行形 アニメ版、放映終了&各話感想へのリンクまとめ

未確認で進行形 感想

 未確認で進行形 4巻
 未確認で進行形 5巻
 未確認で進行形 6巻
 未確認で進行形 7巻
 未確認で進行形 8巻“許嫁再び 真白ワールドはここにあったんだ!”

いちごの入ったソーダ水 感想

 いちごの入ったソーダ水 1巻
 いちごの入ったソーダ水 2巻
 いちごの入ったソーダ水 3巻“パーカー、卒業します”
 いちごの入ったソーダ水 4巻“最終回”コスプレ多めに新たな一歩へ!