リトルウィッチアカデミア 第5話 感想 レビュー ルーナノヴァと白い龍 アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
おちこぼれ”共闘回! 魔法世界はすっかり斜陽、貧乏学校は今日も大変!!

00144
00402
 実は真っ当な借金だった! 更に詐欺だ過払いだと爆笑し、本作のテーマも感じる回に
 アッコ入学を招いた入学緩和、前回の食糧事情など“貧乏”な学校
 要因は、魔法自体の衰退にあると

 古代の代名詞みたいな竜が、めっちゃ近代的な生活とか笑うしかなかった!

スイッチ一つでババンバン♪
 アッコのように、魔法は才能や厳しい修行が必要で、古代からの家名が幅を利かせる社会
 誰でも扱える機械文明に対し、衰退の一途と

 だからこそ外部生、アッコが鍵になるんでしょうね

余談、強欲な竜の代名詞「ファフニール(ファーヴニル)」

00295
 ファフニールの財宝には「ダインスレイヴ」という魔剣も

北欧神話
 財宝を持つドラゴンの代名詞。しかも元々は竜ではなく、財宝に欲がくらんで変身したという伝承で
 それこそ、「強欲な竜」ってイメージにピッタリでしたね
 財宝は数知れず

※もしくは、財宝である指輪が呪われていて変身したという。

アッコ『お砂糖、スパイス…、“すてきなもの”!』

00000
 魔法薬をつくろう!

あらすじ
 魔法薬の実験で、アマンダ、ヤスミンカ、コンスタンツェと組んだアッコは、アマンダと口論になり
 罰として、たった二人で「新月の塔」の掃除をさせられていたところ
 魔導石が龍に盗まれる場面を目撃する

 ダイアナの正論に火が付いたアマンダも加わり、6人で奪還に向かうアッコたち

 しかし実は、学園が1000年前から白龍ファフニールに借金しており
 利子として取り立てられたと判明

 学園を潰すというファフニール、だがダイアナにより返済が済んでいたと判明

 彼が「魔法文化」に見切りをつけた為だったが、アッコは自分があっといわせると約束する

『すてきなもの、それは…梅干っ! ぃよおーし!!』

00001
00002
00003
00004
00005
00006
00008
 余計なもの入れるから、失敗するんだよ…

久々の梅干!
 魔法薬の授業! しかし「砂糖」の代わりにお菓子を入れたり、梅干まで投入したり!!
 アッコさん、まずいですよ!
 が

 どうせなら、美味しいほうがいいじゃん?

 懲りてない!
 毎度、この調子で失敗してるらしい

 アレね、魔法薬もお菓子作りと一緒で、規定の分量を守るのが大事なのね!

 先生の見本と、アッコの入れた物の違いが酷い!

アマンダ・オニール『どーせアッコがいたんじゃ、失敗するに決まってるしー…、落ちこぼれが無駄に張り切るんじゃーよって言ってんだよ』

00010
00011
00012
00013
00014
00015
00016
00018
00019
00020
00021
00022
 レースに負けたの、根にもってるんでしょっ!

モッてる女
 今回は、レース回で活躍した「別の意味で問題児な3人」と合同、問題児の宝箱や!!
 特に、リーダー格のアマンダと意地の張り合いに
 で

 はぁ? (根になんて)持ってねーし!!

 アッコさんひでえ!
 というか、「流星丸」の件が大きいッショ多分!!

 自分はどんなホウキでも乗れる、そのプライドを潰した「流星丸」と、乗って見せたアッコ

 ナメた相手に上を行かれちゃ、面白くないでしょうね

『『最低の落ちこぼれは、あんた』『お前だ』よ!!』

00025
 なんという最下位決定戦! ファイッ!!
 しかし、まだホウキに乗れないらしい

 現公式ビジュアルでは、流星丸を愛用してますが…?

『アンタよ!』『おめーだっ!!』

00027
00028
00029
00030
00032
00033
00034
00036
00038
00039
00041
00043
00044
00045
00047
00048
00049
 あなた方…、低俗な争いで授業を妨害するのは止めてくださらない。大変、迷惑ですから!

罰当番
 結局、ケンカで魔法薬をひっくり返し、あわや大惨事になりかけるもダイアナに救われることに
 ダイアナさん、すっかり委員長キャラが板に付いちゃって…
 で 

 おぬしらは罰を受けたいようじゃな、身体中の血が干上がるような罰を…!

 ルーキッチ先生怖い!
 この人こそ、「魔女っぽい魔女」だよ!

 結局、今回も自業自得で罰を受けてしまうアッコさん、ホントトラブルメーカーの鑑である

 ただ今回は、いつもの3人+3人って訳ね

ダイアナ『罰当番をしながら、じっくり決めたらいかが…? どちらが学校一の落ちこぼれか』

00050
00051
00052
00054
00055
00056
00057
00061
00064
00068
00069
00072
 乗れ!と促したアマンダ、良い子だよなって思った!

盗まれた要の石
 罰として「新月の塔」の掃除をさせられる二人、ダイアナめ!と、その点だけは一致団結した模様
 その二人の眼前で、塔から魔導石が盗まれてしまう!
 と

 ここ2話で語られた通り、魔導石は、学園に魔法力をもたらす要の石!

 ただの学校になっちゃう!
 それも、魔法が使えない魔法学校になっちゃう!!

 ドラゴンといえば「財宝好き」がいますし、彼らに目を付けられてしまったのか…?

 ただでさえ、貧乏所帯なのに!

校長先生大変ですっ! 魔導石が盗まれましたっ!!

00074
00075
00078
00079
00081
00083
00086
00087
 やはり、お告げは本当だったんじゃ…、ドラゴンの怒りがぁ~!!

いけません!
 えらい目で睨まれたので、てっきり「ウソおっしゃい! あなたが何かしたんでしょ!」と言われるか
 と思いきや、実は「ドラゴンの怒り」が…?
 で

 いけません! あなたは特にいけませんっ!!

 2回も言われた!
 もちろん、なら私「達が」取り戻すというアッコ

 しかし校長に強く反対され、「行くな」と言わんばかりに、罰当番を増やされてしまうことに

 アマンダさん、完全にとばっちり!

『あなたに、学園銃の洗濯物の手洗いを命じますっ!』

00089
 だからって、無茶苦茶を言ってないかいフィネラン先生!?
 そいつは無茶だ!? 

 しかし実は、理にかなった話だったという。

ロッテ『仕方ないよ…、魔導石がないから“妖精さん”達が動けなくなっちゃったんだよ』

00094
00095
00096
00097
00098
00100
00101
00102
00105
00107
00109
00111
00112
 なるほど、ロッテンマイヤーさん説明が分かりやすい!

ケイデンスを後30上げろ!
 学園が使役する怪物たちも、魔導石が動力。炊事洗濯掃除を、全部やらなきゃいけなくなったと
 だからって、ドラゴン退治なんて英雄級の仕事です
 で

 魔女を摩り下ろして血を啜り…、肉を食べたって言うしねえ…♪

 龍も魔力を必要とし
 大昔は、魔女を食って摂取していたという。

 罰当番に巻き込まれながらも、グロイ話となると、ここぞと楽しそうなスーシィさんである

 この子、ホントそういうのが好きね!

ロッテ『この辺りのドラゴンって言ったら…、“ラスタバン遺跡”のドラゴンかなぁ』

00115
 なんかビームが出そうな遺跡名ですが、りゅう座ガンマ星 エルタニンの古名だとか
 りゅう座の頭の部分だった事に因む名前で
 アラビア語で「蛇の頭」の意

ロッテ『昔は、凶暴なドラゴンとして有名だったらしいけどね…、最近、100年くらいはあまり姿も見せてなかったはずだけど』

00118
00120
00121
00124
00126
00128
00129
00130
 許せない! こうなったら魔導石を、取り戻すしかないっ!!

正論の魔女・ダイアナ
 徹頭徹尾、ドラゴンスレイヤーしたがってるアッコ、すっかり扱いになれてきたスーシィさんですが
 次は、学園中の水汲みだとダイアナが連絡に
 で

 だからといって、あなた方が出て行って、ドラゴンと渡り合えるはずがないでしょう?

 ダイアナの正論
 対し、「そんな事は無いよ!」

 そんな二人の関係にも慣れてきましたが、「このままじゃお友達もなくしますよ」と忠告も

 なんとなく、ダイアナ自身の経験則っぽくも聞こえますね

『人を巻き込んで、迷惑をかけている事をもっと自覚すべきではないかしら? そそんな事を続けていれば、いつか、お友達にも愛想をつかされてしまいますよ!』

00133
 えらく重ね重ね、ご丁寧な忠告ですが、人一倍優等生なダイアナを見てると
 昔、似たことがあった反動なんじゃないかな?
 みたいに思える面も

 第1話冒頭、シャリオのショウを見ていた事の回収は、まだまだ先の話の模様。

ダイアナ『あなたもですわ? いつもふざけてばかり』

00135
00137
00140
00143
00144 - コピー
00144
00146
00152
 目標がないからと、周囲に迷惑をかけないでくださいな?

敵の敵は味方だ!
 アマンダにも痛烈、不真面目な事を「目標がないから」と解釈したようですが、さて実際は…?
 怒ったのは、図星なのか「本当は夢がある」のか
 で

 おいアッコ! あんだけ言われて…、まさか黙って引っ込むワケないよなっ!

 おちこぼれ同盟成立!
 元々、波長が近い二人が手を組んだ!!

 似た者同士というか近親憎悪というか、仲良くケンカしろ! 永遠に!というか

 やっぱり二人が手を組んだ!

スーシィ『アッコがああなったら、もう無理』

00155
 それでもいつも付き合ってくれるスーシィ、良い友達ですよね
 ドラゴンの何かを狙ってる説も捨てがたかったが!

ロッテ『でも洗濯が……』

00157
00159
00160
00161
00162
00163
00167
00168
00170
00172
 まさかのパワーファイター!? ヤスミンカすげえ!?

頼れる彼女達
 洗濯も水汲みも、なんとかしてくれるコンスタンツェ&ヤスミンカすげえ! 特にヤスミンが力技!
 ロッテ、こういう時とことん巻き込まれ体質ですね
 で

 まあ珍しい。…この文字は……。

 明らかに龍関係
 書面を前に、妙に慌てるフィネラン

 今回の騒動に関係ある…、のは一目瞭然、後ろめたい何かがあると分かるワンシーン

 しかし、まさかあんな理由だったなんてねえ(後述)

『お…? 魔力が回復し始めたぜっ!』『魔導石に近付いてる証拠だねェ』

00174
00179
00182
00183
 6人分の推力とか、コンの機械ホウキすげえ!?

月夜行路
 魔導石を失った魔女達、しかし、レース回で見せた「コンスタンツェの改造ホウキ」が役立った!
 速度が遅くとも、これで“近付く”事が出来ればいい
 と

 間違いない…、ラスタバン遺跡よ

 龍と虎のメカとか埋まってそう…。

うわあ!?』『何なの!』

00187
00188
00190
00191
00192
00193
00196
00198
00202
00204
00206
00207
00209
 魔導石を…、奪った奴だっ!

ラスタバン防空戦
 出迎えたのは、さっき石を奪っていたワイバーン、竜種としては下位に属するアレでしょうね
 よく、ドラゴンナイトとかが乗ってる奴だ!
 で

 二手に分かれるぞッ!

 見せ場がきた!
 コンさん、魔法拳銃みたいな武器まで持ってた!!

 彼女を抱えて、代わりに飛んでくれるヤスミンカ、彼女のパワーもゆるぎないですね

 野性味溢れる腕力の持ち主!

アマンダ『スロウホンデ・ヤッツ!』

00214
00215
00217
00220
00221
00222
00226
00227
00231
00235
00236
00237
 スーシィ、可燃性のガスを撒いて、着火爆発とは手際がいい!!

ドラゴンは爆発だ!
 アマンダも「花が咲く」セコい魔法ながら、視界を塞いで追突事故に! トドメを見舞うコンス!!
 しかし、ワイバーンが“爆発する”不思議な場面も…?
 で

 え…? なに…、これ……?

 たった一人だけ
 ワイバーンの、残骸を目撃したアッコ

 爆発した理由は簡単、彼らが生き物ではなく、機械仕掛けの作り物だった…?

 犯人はドラゴンじゃない…?

ロッテ『きゃああ! アッコーーー!?

00238
 四者四様の活躍を見せる中、一人だけ、攫われてしまうロッテさん迂闊!
 ヒロインか!

 ロッテさんはヒロイン要員なのか!!

『ロッテ?! スーシィ!?』『コンスタンツェ! ヤスミンカ!』

00240
00241
00243
00245
00246
00251
00252
00253
00255
00257
00261
00262
00264
00265
00267
 ん…? アッコ!?

龍の居城
 しかし多勢に無勢、捕まってしまったスーシィ達を追う二人ですが、アッコが持ち前の幸運を発揮
 偶然、正規とは異なる“通風孔”から落下してしまう
 で

 ここ…、何の部屋? まさか 本当に魔女を食べたりしないよね?

 なんだか「ホビットの冒険」みたい
 竜に気付かれず、その間近にもぐりこむ場面を思いだします

 あと今回、ところどころ「アレ?」って思う作画がありますが、制作協力があった為でしょうか

 アッコさんが、普通に美少女っていうか!

アッコ『みんな!?』

00270
 スケールの巨大すぎる「部屋」、現れたのは、明らかに直立歩行した何か
 直立?

 と思いきや「首の長さ」で、ドラゴン感をアピールしてる!

アマンダ『不味い…! え? はぁ!? ば、ばかっ!』

00272
00273
00276
00277
00279
00285
00286
00287
00290
00291
00293
00295
00296
00298
 食べないでーーーーーーー!?

じゃかあしい!
 頭に血が上ったアッコは、とっさにドラゴンのまん前まで突っ込んでしまいあっさり捕縛!!
 勝算のない賭けは、ただの自殺行為だよ!?
 が

 誰が魔女なんか食うか…、しかも、こんな不味そうなの

 ドラゴンが、実は良い人だった…!?
 直立歩行してる!

 そりゃまあドラゴンといえば、長い寿命を持ち、種類によっては神々クラスと戦えるアレだけど!

 ドラゴンも、長生きしてるとこうなっちゃうの?!

失礼な! 美味しいわーーーー゛!?

00299
 怒りのあまり、eat me!と象徴するアッコさんすげえ!
 後先を考えてねえ!

ファフニール『防犯セキュリティシステムに引っかかったのは、お前らか。…ルーナノヴァの生徒じゃな? ちゃんと約束のカネは持ってきたのかァ?

00300
00302
00303
00305
00306
00314
00316
00318
00319
00320
00321
00322
00324
00326
00327
00329
00331
00332
00335
00336
00339
 この儂を誤魔化せると思うなよ! 儂が欲しいのは、約束のカネじゃ!

ドラゴンの怒りの借金取立て
 ここで種明かし、貧乏学校ルーナノヴァは、「ファフニール」に莫大な借金をしていたと判明
 それも、1年前から利子が途切れているのだ
 と

 ルーナノヴァには、莫大な借金があるのじゃ! この儂にな?

 こっちが悪かった…
 校長以下、すごい切なく訴えてて悲しすぎる

 何が悲しいって、そこまで経営状態が…、それも1年も利子支払いが途絶えるって相当よ!?

 貧乏貧乏と、ホント貧乏だったのねこの貧乏!!

『つまり…、魔導石は…』『借金のかたに、持ってかれた…』

00340
 ただの正当な理由だった…、それも、仮に売っても「とうてい足りない」らしい
 どんだけ借金してるのよ…

 それで警告の為、「儂は本気だぞ!」と示す為に敢えて取り上げたのだ、と。

『ファフニール様、どうかご理解を…、ルーナノヴァは年々生徒も減って、収入は今や、“魔法黄金期”の1/10にも満たなくなってしまい』

00342
00346
00348
00350
00353
00355
00357
00358
00359
 ワシを見ろ! ネット投資で莫大な利益を生み出しておる…

ルーナノヴァの終焉
 やはり、魔法文明は規模が縮小する一方、ファフ老はさっさと見切りをつけ、近代文明に依拠
 なんと今では、ネット投資で莫大な利益を得ているという
 で

 ルーナノヴァは取り潰し、ワシが売却する!

 流行らない魔法文明
 名門である、ルーナノヴァでさえコレ…

 アッコがこれまで見てきたとおり、極めて閉鎖的、前時代的なのですから仕方ないのでしょうか

 先細る一方なのに、古参が偉ぶってるんじゃあなぁ…

校長『あぁ…、ルーナノヴァは、とうとうお終いだぁ………』

00361
 終焉、借金で首が回らなくなりました、とかOBは泣いていい
 ただ「OB時代」からそうなのよね
 つまり泣く資格はない!

 危機感の薄さが、長く続きすぎたんでしょうな

アッコ 『ちょっと! ドラゴンのおっさんっ!! ちょっとくらい懐の広いところを見せてくれてもいいじゃん! お金に困ってないんでしょ? めちゃ感じ悪いっ!!』

00363
00364
00366
00367
00371
 ぜーったいダメ! 私には野望があるの! ルーナノヴァを潰させるワケにはいかないっ!!

知った事か!
 もはや「大人の理屈」が詰んだ今、打破する希望は、アッコの“子供のわがまま”しかなかった
 わがまま放題、無理放題!!
 が

 借りたもんは返す! それがこの世の道理じゃ!!

 ですよねえ…
 いわく、もうルーナノヴァも長くない

 彼は魔法文明自体に見切りをつけ、まだ価値があるうちに、売ってしまいたいのだと

 時代を見てきた、長命種らしい視点かもしれません。

『払う必要はありませんわ…、これを』

00376
 しかしダイアナとかいう救世主が!!
 でも、借金をどうやって…?

『あなたが、1000年前にルーナノヴァと交わした“借用書”です』
校長『あれ…、借用書だったの?』

00377
00378
00381
00382
00383
00384
00386
00388
00389
00390
00393
00394
00396
00399
00400
00401
 はい、ですが古代ドラゴン語なので、誰も読めなかったのです。

12歳でマスターしました
 実は、借用書には「利息」について何も書かれておらず、人間側が“読めない”事を利用して
 学園を騙し、カネを巻き上げ続けていたと判明
 で

 これまで、利子として支払った金額は、既に元本を上回ります。

 大昔の契約だから無効だ!
 龍は食い下がるが、「なら借金も無効だよ?」と

 結局、むしろ過払い金が発生し、後で取りに来るぞコノヤロー、…という事になった

 過払い金の返済は、ダイアナ・キャベンデイッシュまで!

『以上の理由に於いて、まずは魔導石をご返却いただけますか? ミスター・ファフニール!』

00402
 まさかの、完全勝利
 ダイアナ最強すぎる!

 以前、バドコックの授業の不備を指摘しましたが、まさか校長をも上回るとは…。

『ふん…、今更ドラゴンやら魔法やら、お呼びじゃなかろう。この科学の時代…、魔法はそう遠くない内に、消え去る運命じゃよ…』

00404
00405
00406
00407
00409
00410
00413
00416
00417
00421
00426
 そんな事ないよ! 魔法は今も、皆を感動させることが出来るよ!

今に分かる
 強欲龍ファルニール、しかし彼の行動原理、「カネは人間もドラゴンも関係ない」というように
 全ては、自分達が“消え去る側”という悲哀だった
 が

 見てて、いつかすごい魔女になって、世界をあっと言わせてやるんだからっ!

 対する無邪気な夢
 彼女、「シャリオ」と同じ赤い瞳

 アッコの青さを「久々」だと…、“消えたシャリオ”もまた、彼を追い詰めた一因なんでしょうか?

 強欲だけど、憎めないおっさんでした。

『さよならおじさんっ、がめついのも程ほどにね♪』

00427
 懐かしそうに目を伏せ、「彼の日常」に戻るファフニール翁。
 感化はされても、手を止める事はない

 借金契約すら1000年前、彼は、どれだけの魔女と栄光、挫折を見てきたのでしょうね

アッコ『…で、あたしたちは結局洗濯かっ!』

00429
00431
00432
00433
00437
00439
00440
00442
 ライバルとしては、不足は無いけどねっ!!

強敵と書いて強敵と読む
 再び洗濯に戻る中、他の多くの生徒同様、アマンダも「ダイアナは特別だ」とする姿勢が
 今回、改めて「完璧すぎてヘドが出る」
 と

 お前…、学校一のおちこぼれのくせに…♪

 唯一くじけないアッコ
 色んな意味で、彼女は「魔法世界の現実」を知りませんものね

 アマンダとどっちがおちこぼれか、最悪決定戦を始めますが、やめてロッテが巻き込まれる!

 なんだかんだで、いい友達が出来たって話!

2017年2月5日 リトルウィッチアカデミア 第5話「ルーナノヴァと白い龍」

00402
 今回は、「アルスラーン」「うどんの国の金色毛鞠」のライデン社が制作協力に

スタッフ
 脚本:佐藤裕/大塚雅彦
 絵コンテ:福田道生
 演出:有冨興二
 作画監督:和田 佳純/八木 元喜/鳥山 冬美
 制作協力:LIDENFILMS

涙あり笑いあり冒険あり! より深く踏み込んでいく「魔法社会の衰退」

00262
 アマンダチームとは良いケンカ友達って感じ!

衰退と部外者
 色んな意味で「知らない」からこそ、天井知らずに、諦めないアッコさんを描く話。
 龍とか、長生きしすぎて諦めてる感じでしたものね
 もうダメだと

 それはダイアナに対しても同様で、臆さず立ち向かう姿勢が印象的です

 だからこそ並び立てる
 少なくとも、メンタルの上では並び立ってる!!

 でもまあいっそ、ダイアナが校長になった方が、上手くいくんじゃないかな!?

 ダイアナ、たぶん経営学でも校長よりスゲーよ!!

リトルウィッチアカデミア 感想 2017年1月~6月

 リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」
 リトルウィッチアカデミア 第2話「パピリオディア」
 リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」
 リトルウィッチアカデミア 第4話「ナイトフォール」
 リトルウィッチアカデミア 第5話「ルーナノヴァと白い龍」
 リトルウィッチアカデミア 第6話「ポラリスの泉」
 リトルウィッチアカデミア 第7話「オレンジサブマリナ―」
 リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ 」
 リトルウィッチアカデミア 第9話「ブライトンベリーアンデッド紀行」
 リトルウィッチアカデミア 第10話「蜂騒ぎ」
 リトルウィッチアカデミア 第11話「ブルームーン」
 リトルウィッチアカデミア 第12話「What you will」
 リトルウィッチアカデミア 第13話「?」