にゃんこデイズ 第4話 感想 レビュー 友子とあづみ アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
無邪気な言葉は凶器! あづみと友子の幸福の為、じいやは犠牲となったのだ…

00026
00011
 友子が救われて何より! と思ったら、爺やさんが尊い犠牲になっていた
 お嬢、そいつはちょっと非情ですぜ!
 かわいい!

 友子の猫モフ講座、“脇の下”ってのは初耳ですねえ…

耳の後ろも効くよ!
 モフられるしーの絵面が、目がハート過ぎてちょっとヤバかったですね!
 完全にイッてやがる!

 実際、すんごい幸せそうにしますものねえ

2017年 1月29日 にゃんこデイズ 第4話「友子とあづみ」

00000
 ある意味、一番操縦しにくい子ではなかろうか

あらすじ
 クラスのアイドル、白鳥あづみと仲良くなった「はず」の友子ですが…。

スタッフ
 脚本、絵コンテ、演出:平池芳正 監督
 作画監督:大島美和

まー『友子いないと、つまんないっ!』

00001
00002
 ああもう…、学校行ってるんだから、仕方ないでしょう

友子の末期戦
 猫に心配されるご主人…、猫好き同士、仲良くしましょうと言われた友子さんですが
 ホントに大丈夫か、猫に心配されるとは末期…!
 で

 友子さん、ちゃんとお話できているんでしょうか…

 そもそも「飼い主不在」に寂しがる子たち、何て良い子達なんでしょうかね!

友子『ぜんぜんダメでした!』

00003
 いっそ清々しいねこの子!
 イイ発音!

友子『周りに人が多すぎて、近付けもしなかった…』

00004
00006
00007
00008
00009
00011
 もー…、早く帰って猫もふしたいっ!

猫モフ
 腹にアゴの下、脇の下と「気持ち良い」ポイントを責めると、猫は気持ちよいワケだし
 人間も、気持ちよがる姿に癒されるという
 で

 しーは脇の下…、変わってるなぁ…。

 絵面もな!
 これって、すごい好循環ですよね

 おまけに野良猫の場合、次からは猫から寄ってくるという展開になる!

 しかも脳波コントロールも出来る!

『ホントいくじなしだなぁ私…、帰ろう』

00012
00013
00015
00017
00018
00022
00025
00026
 小長井さーん! 良かったー、まだ帰ってなくて…、一緒に帰ろうっ!

何なんだこの展開…!
 しかし、元々白鳥さんから申し込んできた関係だけに、彼女に誘われ喫茶店に行く
 後ろから来る演出が、また良い感じだった!
 が

 一緒に帰りたい人が出来たから、明日から爺やの送り迎えはいらないよっ

 爺やさんショック!
 友子の勝利には、爺やの犠牲があったのだ…!!

 この調子で、また3話くらい「友子とあづみ」でワンセットだったりするんでしょうか?可愛い!

 次回、第4話

にゃんこデイズ 感想 2017年 1月~3月 ショートアニメ

 にゃんこデイズ 第1話「私と、にゃんこ達」
 にゃんこデイズ 第2話「ネコとの休日1」
 にゃんこデイズ 第3話「ネコとの休日2」
 にゃんこデイズ 第4話「友子とあづみ」
 にゃんこデイズ 第5話「?」