ガヴドロ ガヴリールドロップアウト 第4話 感想 レビュー いざ夏休み アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
初体験の海でテンション全開! 気遣いを忘れるヴィーネ、下着を忘れるサターニャ!!

00187
00278
 下着忘れはともかく、気付いて恥らうサターニャが予想以上に可愛い!
 元気印で、恥じらいと縁がない性格だけに可愛い!
 久々の“駄天前”ガブの姿も

 唯一、昔のガヴを知らないだけに、これまたサターニャの反応が面白かった!

犬…、来たか
 どう考えてもおかしいタイミングで犬! あの展開はもうホント卑怯! 犬が活躍し過ぎッショ!!
 EDに、「ここまでが本編です!」ってアピールを感じます

 ラストの幸せガヴに、「ああ…、もうこれでいいかな」と思わせるのは卑怯ですねえ

だいたい、前回の活躍キャラが登場する「今週もよろしく!」漫画!!


 既に水着になっているだと!? 前回はヴィーネ大活躍!
 てかサターニャ出すぎじゃないかい!

冒頭から「荒磯に波」。監督、これは東映が黙っちゃいませんな!

00000
 なお、別に千葉県の犬吠埼ではない模様。

あらすじ
 初の夏休み、“人間界の海”に憧れるヴィーネは、ガヴリールたちを誘ってでかける事にした
 蚊帳の外にされたと誤解した、サターニャとの一悶着や
 当日のどしゃぶりを潜り抜ける4人

 初の海を満喫した夏休み、その最終日、ヴィーネの家にガヴリールたちが押しかける

 宿題を片付けがてら
 ヴィーネは、ガヴリールとの出会いを思い返すが、サターニャはキモいと言い続けるのだった

 次回、第5話

ヴィーネ『海に行きますっ!!』

00001
 ちょ口元!? 今週のヴィーネちゃんおかしいよ!
 そんなキャラじゃないでしょ!?

ガヴ『行けば…、勝手に』
ヴィーネ『もうすぐ夏休み~、人間界で迎える初めての長期休暇、海のしおりも作成済み!』

00002
00003
00004
00005
00006
00007
00008
00009
00010
 テンション、高いッスね~。

委員長気質、海へ行く
 お前が低すぎるんだ! と6割の視聴者にツッコませて始まった今週のガヴリールさん
 ヴィーネ、ツッコミをも無視する珍しい突撃力です
 で

 是非、ごいっしょさせてください!

 ラフィエルも同行
 前回の為か、更に仲が良さげ

 元より何を言っても、笑って対応しそうなくらい、テンション高いヴィーネさん。

 ツッコミが趣味なのに、今週はボケてる!

『(海に行くですって…、なに話を進めてんのよ…、まず私に話を通すのがスジってもんでしょう…!)』

00011
 今週も謎の上から目線を発揮するサターニャ、ゆえにこそぼっち族である。
 これがなけりゃ、普通の子とも仲良く出来そうなのに!
 で

『(私抜きで、日にち決めだした!? …ちょっと! 私抜きでどんどん話が進んでるじゃない…!)』

00012
00015
00016
00017
00018
00019
00020
 私は忙しいと思われて、気を遣われてる…?

カップルがいるぞ!
 ヴィーネに限ってそんな事はない、と視聴者的には思いますが、ますます焦るサターニャ
 気付き方まで、しっかり昭和リアクション!
 で

 無理も無いわね…、カリスマ悪魔のスケジュールは、常にタイトだし…?

 この子、なんでもかんでもコウモリ柄ですねえ

無論、スケジュールはスッカラカンである

00021
 終業式を書き間違える、熱いおバカアピール!
 驚きの白さです!

サターニャ『あー、ヒマねー、もうすぐ夏休みだけど、意外とヒマだわー。軌跡的に予定ないし、誘うなら大チャンスかな~、暑いし、水に浸かれるところがいいわよね。例えば海とか~、あー、ヒマー!(チラリ)』

00022
00024
00025
00027
00028
 何だ…、あの露骨な「行きたい」アピールは…、見てて可哀想になる…

チラッ! 
 自分に甘く他人に厳しいガヴリールをして、「可哀想」と言わしめたサターニャ様、流石の器。
 ヴィーネも、抜きで日取り云々は始めたのはあんまりだ!
 が

 後で誘おうと思ってたんだけど…、サターニャに海のこと伝えてくるっ

 忘れてなかった…
 まさか、「どうせサターニャならいつでもいい」とか思ってたんでしょうか、ヴィーネちゃん。

 いや、思われても仕方ないけど!

ラフィエル『私が伝えてきますっ …サターニャさんっ!』

00029
 きた! むしろ何故「来た」と思えるんだ!!
 相手は奴だぞ!

ラフィー『サターニャさん♪ 実は私達、今度、海に行くんですよ~♪』

00030
00031
00032
00033
00034
00035
 それだけです♪

クリティカル!
 分かってたけどそれ以上に酷いな! スパッと、「伝える」だけで切りおった!!
 一刀両断だよ!
 で

 お前、鬼だな! サターニャがポカンとしてるじゃないっ!!

 いいえ天使です!
 伝える! だが、「誘う」とは言っていない…。

 コイツ誘ってねえ! コイツ、誘っていやがらねえぜ! 天使でも悪魔でもなく「鬼」

 ヴィーネちゃん、ナイスチョイス!

ガヴリール『サターニャ! あのさ…、海なんだけど』

00036
 やっぱ私も行くわ…、お前の分も楽しんでくるから♪
 チキショウ良い笑顔だ!

ヴィーネ『トドメさすな! …ほらサターニャ、あなたのしおりよ、夏休み、一緒に行きましょう!』

00039
00040
00041
00042
00043
 仕方ないわね、付き合ってあげるわ! 感謝しなさい!!

これだから!
 やっぱり唯一の救世主はヴィーネでしたが、それすら、上から目線で応えるとか凄まじい…
 優しいヴィーネも、目が濁ってしまうレベル
 で

 じゃあ、何か質問ある?

 てっきり、その場でしおり回収かと思いましたが、耐えたヴィーネちゃんは偉い。

『はい! バナナはおやつに含まれますかっ!』

00044
 昭和の質問が来た! ホント、サターニャは可愛いな!!

※遠足のオヤツを、「500円以内」などで自主的に持ってこさせる場合
 バナナを、弁当のおかずの延長とするか
 おやつとするかが重要だった

『何だ、その質問…』『人間界では、遠出するとき、必ずこの質問をするらしいですよ?』

00045
00046
00047
00048
00049
 それは、しおりの3ページに書いてあるから♪

海の楽しみ
 そこはさすが人間界好き、しおりに、しっかり記載してるとか素晴らしい委員長体質である。
 また、「泳げなくても楽しいか?」とガヴは質問する
 が

 ガヴリール泳げないの? カッコ悪~、なんなら教えてあげても良いわよ?

 これだからサタ子は!
 日頃、他の生徒にもそうなの?

 ニヤニヤと言ってくる辺り、ドヤ顔が止まらないサターニャ可愛い!

 身近にいたら、すごいヤな奴だけど!

ガヴリール『想像するだけで吐き気がする提案だな…、却下』

00050
 毎度ながら、徹底的にサターニャに厳しいガヴリール様。
 やるんなら徹底的にだ!

 ほっぺたが、ちゃんと膨らんでるのが可愛い!

ヴィーネ『安心して? 予定しているところは砂浜で砂遊びができるわ♪ さらに海の家も充実、25ページに、各種、泳ぎ方のコツや万が一、溺れたときの対処法も載ってるからチェックしておいてね?』

00052
00054
00055
00057
 そのしおりスゴいな…、預言書?

海のしおり
 天使が預言書? とかいうと洒落になりませんが、しおり作ったのはあくまで悪魔でしたね。
 もはや、海の家で売れそうなレベル
 で

 あ゛あ! ヴィーネさん、しおりに不備を見つけましたっ!

 この子ら、見事に制服バラバラですねえ

『皆さんのスリーサイズが記載されたページが、抜け落ちています!』

00058
 集中線定評あるラフィエル

ヴィーネ『そんなページは存在しない。…先にいっとくね? 載せない! …じゃあ次は日にちを決めましょう、いつがいい?』

00059
00060
00061
00062
00063
00064
00065
00066
00068
00069
00070
 そういえば試験あるじゃん!めんどくせー。

意外に間があった
 てっきり、本日終業日かと思うくらい、夏の準備に励んでいた4人。サターニャかわいい!
 期末試験も全く恐れない!
 で
 
 試験なんて、テキトーに済ませればいいのよ! 私には海が待っているんだから!

 一話でそんな感じのこと言って立たされたくせに!

『ですが…、赤点を取ってしまうと、夏休みの始めは全て補習になってしまいますよ?』

00071
00072
00073
00074
00075
 皆さんは大丈夫ですか?

期末試験
 結局、ヴィーネに教えてもらったサターニャ。ガヴリールは何だかんだで元天使校首席ですし!
 今回ばかりは、ラフィエルも悪意じゃなかった模様
 単純に成績が悪いのだ…

 この4人だと、サターニャだけ飛び抜けて頭が悪いという事実!

『夏休みー!』『海ー!』『駅ー!!』

00076
00077
00078
00079
00080
00081
 ちょ、何これどしゃぶりじゃない!?

ハンサムな彼女
 駅ですら楽しい4人組! 可愛さ炸裂の回ですね!! しかし列車が過ぎたら土砂降り中!
 列車ってば、なんて空気を呼んだ演出なんだ!
 が

 仕方ないから、帰ろう!

 晴れやかなのが一名!
 対し、先日のコックコートのように、無駄に色々持ってるのがサターニャ!!

 あからさまにテンション高い悪魔組可愛過ぎ!

 ガヴリールさんハンサム!

『このやり場のないイルカはどうすればいいのよ!』『片づけろ』

00082
 怒りとイルカをかけるとか、さすがですサターニャさま!
 相変らず、無駄に色々持ってる!

 後ろで目が死んでるヴィーネも可愛い!

サターニャ『なんとか…、ならんのですか!?』
ラフィエル『…はい、ではお願いしますっ。いえちょっと知り合いの方にお電話を』

00084
00085
00086
00087
00088
00089
00090
 皆さんの思いが、天に届いたのです!

コネクト!
 単に成績優秀なだけじゃなく、コネも豊富らしいラフィー、雨を止めるとはさすが!
 ガヴリール、すんげえ表情になってるし!
 で

 リアルに届けんなよ!

 文字通りの意味か!
 サターニャ、ヴィーネも深くは突っ込まない模様

 このまま中止になっても、「幻の水着回!」とか言って面白いかもですが海回続行に

 海回といえば!

『いつまで着替えているの? ノロマ共…♪』

00091
 この時点で、「あっ…と察せられるサターニャ
 慣れてきたよ視聴者も!

 いや、しかしまさかそこまでバカでは…?

サターニャ『これだから素人共は…、はっ!!』

00092
00093
00094
00095
00097
00098
00099
00100
 下に水着を着てきたの~♪ あんたもたまには、役に立つ事いうじゃないっ

完全にフラグ
 下に~、って発音が最高に可愛いサタ子! やっぱり抜群にスタイルがいい子だった!!
 場面によって、胸のサイズが安定しないサターニャさん!
 で

 ラフィーは、下に水着、着てこなかったのか?

 助言はする
 しかし、自分は「そう」しないラフィー

 チラチラ見える下着が可愛い、何気に、下着を出来るだけ描写しない辺り健全ですね!

 この辺、作風なんでしょうか

『海だ~!』

00101
 海に鳥居、広島県の厳島を連想しますが、静岡県浜松市ベースの架空の町らしい。
 滋賀の「白鬚神社」も似た鳥居があるそうな

『見てみて! すっごい広いのね~~っ!!』

00102
00103
00104
00106
00107
00108
00109
 見てみて、ドス黒くないわ!

埋められない常識の違い
 前々回「サターニャ(魚)」などがひしめく、魔界の海がまた無駄に濃い風景である
 こんなので育ったら憧れますわ
 全く!

 お前らのとこの海って、すげえな…。

 そして4人、手前から並⇒大⇒特大⇒小
 何がと言いませんが

 珍しくポニーテールにまとめてるガブリールも、ちょっと新鮮で可愛いですね

 人体並みのボリュームで笑えます

『私…、今日、パラソルの影から出ないから』

00111
 対し積極的にサボっていくサボリールさん、水着は気合入ってるのに!
 フリルで、ボリュームを見事にカバー!

サターニャ『わかったわガブリール! 私達が、海の楽しさを教えてあげるっ! それで、こっちの方が楽しいと思ったら、海で遊びなさい!』

00112
00113
00114
00115
00116
00117
00118
00119
00120
00021
00121
00122
00123
 いぇーい! ハイタッチする悪魔組かわいすぎ!!

波乗りサタチュウ
 そこで、無駄に勝負仕立てにするのがサターニャ! のっけから大失敗するのがサターニャ!!
 この子ってば、少しは考えることが出来ないのか!
 で

 私が教えるのは…、波乗りよ!

 波がねえよ!
 TVを見て、楽しそうだと思ったらしい

 ヴィーネとラフィーは映画好きだし、この子ら、ホントTVとか大好きですねえ

 さっそく、イルカを活用するサターニャが可愛い!

『あ…、イルカの上に、立ちました!』『やるじゃないサターニャ!』

00124
 ツッコミ不在過ぎる海回、そもそも波がないのに、上に立っても意味がない!
 というか、浮き輪の上に立つって何気に凄い!
 サターニャ様すごい!

『落ちた…、帰ろうかな』『はいはい、次は私!』

00126
00127
00129
00130
00132
00133
 というわけで、私は砂のお城を作ります!

地道大将
 昭和のリアクションするサターニャ! 続いて、几帳面なヴィーネが提案したのは砂の城作り
 そんなの子供っぽい…、かと思いきや
 と

 崩れないように、霧吹きで水をかけます…、そして少しずつ形を整えていきます…。

 思った以上に専門的だった…
 何だかんだで、ヴィーネちゃんもズレてらっしゃる

 ラフィエルのストーキングテク並みに、プロっぽい手際で城を作るヴィーネ

 無言で見守る3人、いたたまれない…

『…地味』

00134
 がーん!? むしろ、言われないと思ったヴィーネちゃんにビックリだよ!
 天使か!

 泣き顔が可愛すぎる!

ヴィーネ『ラフィーお願い、あなたが最後の砦よ~!!』

00135
00136
00137
00138
00139
00140
00141
00142
00143
00144
00146 -
 崇高で高貴な悪魔の、サターニャさんにしか務まらない事なんです!

すいか割り
 殺駆三兄弟もびっくりのスイカ割り! やると思ったけど、人間スイカ割りの時間がきちゃったよ!
 ガヴリールも、この時だけは食いつく鬼畜っぷり!
 が

 サターニャ…、そんな身体を張ってまで…!

 まさかの尊敬
 唯一の善人、ヴィーネさえ止めない!!

 今週のヴィーネちゃん、海に憧れるあまりテンションおかしすぎて可愛い!

 スイカ割りやろうぜ! お前スイカな!!

ガヴリール『ここまでされたら、仕方ないな…、私の負けだ』

00146
 一緒に遊ぼうか…!
 おまわりさんこっちです!

ラフィエル『じゃあ、目隠ししますね?』

00148
00149
00150
00151
00152
00153
00154
00155
00156
 ズレてる! 目隠しズレてるから!!

メカクシティアクターズ
 まさかの、目隠しすら放棄とか完全に殺る気の目だ! 天界、なぜこんな危険物を放置する!
 でも、今回はまさかのヴィーネまで加勢…
 と

 いやあーーーーーーーーーーーーっ!?

 無茶しやがって…。
 半笑いで迫ってくるガヴリール怖すぎる!

 これがギャグマンガじゃなかったら、完全に苛めだったよコレ!

 ヴィーネの応援が無駄に爽やか!

『…で? 次はなにするんだ?』

00157
 しっかり寸止めで済ます優しさ…優しさ?
 ガヴもやる気になってきた!

ヴィーネ『他の海の遊びといえば…』

00158
00159
00160
00161
00162
00163
00164
00165
00166
00167
00168
00169
00170
 うわっ!? ぬるぬるする…、ナニコレ!?

天使と悪魔のナマコ戦争
 ちなみにガヴが投げたのは黒ナマコなので、中華じゃ高級食材だって鉄腕DASHでやってた!
 ぬるぬるする黒いものvs、刺さると評判のクラゲ合戦!
 で

 おいおい何すんだ!

 一人だけフランクフルト!
 ガヴだけ、ひたすら協調性がないのがガヴらしい

 そのまま海の定番、砂蒸し状態…、鹿児島の砂蒸し風呂とか最高ですよね!

 ひたすら「定番」、ヴィーネちゃんもどんだけ憧れてたのか

『お、あれ、やべえ…、コレなんか落ち着く…、すっげえ…』

00171
 明らかにいたずらされるフラグ…! 温められた砂の全身保温効果やべえ…
 海の熱い砂は、踏むだけでも気持ちいいんですから
 埋まった日はそれはもう…

サターニャ『へ? 何? どんな感じ? …へ? 何でお前がここに!?

00172
00173
00174
00175
00177
00178
00179
00180
00181
00182
00183
 ちょ! まさか!! あんた!?

フォー・アクション!
 さっきのお城セットが見事に活用されてて笑えますが、もっと酷いのはまさかの犬!
 この犬、どんだけ神出鬼没なんだよ!
 顔!

 やめてぇぇぇぇえええええええ!

 最高に絶望感
 まさか、本作でここまで絶望しようとは…

 相手が野生の力だけに、スイカ割りってレベルじゃない恐怖だった!!

 誰だよこの展開考えた奴は!

サターニャ『びゃぁぁっぁぁぁぁぁぁ!?』

00185
 安心しろ、海水だ! どこからシナリオだったんだよ!!
 この犬、賢すぎる!
 寸止め!

 サターニャよりよっぽど賢いよ!
 
サターニャ『きゃぁーーーー!』

00187
00187
00188
00189
00190
00191
00192
00193
00194
 で…、下着を忘れてきたと。お約束だなあ…

ノーパン悪魔
 早いもので水着回も終わり…、って恥らうサターニャが、今週一番セクシーでしたね!
 この悪魔! って「悪魔はお前だろうが」って
 で

 謀ったわね…、この天使!

 マイエンジェル!
 全く以って、ただの褒め言葉っていうね!!

 結局、それと分かった時点でヴィーネが買いに行ってくれた辺り、親切の塊ですわ

 肩だしTシャツも健康美!

サターニャ『よくやったわ…、褒めてあげる!』

00195
 そしてスムーズに墓穴を掘る安定のバカ!
 なお

『あぁーん! ごめんなさーいっ!』

00196
00197
00198
00200
00201
00202
00203
00204
00205
00206
 超疲れたわー…、明日ぜったい筋肉痛だわー…

来て良かったでしょ?
 結局、即座に泣きが入ってしまう辺りが、サターニャを憎めないポイントというか
 ガヴもまた、文句タラタラの帰り道
 でも

 ま…、それなりにね?

 意地っぱり
 そして、寝顔は天使

 四人揃って寝顔が天使で、ガヴが、そのままヴィーネにもたれかかるのがまたズルい

 口ではともかく、世話を焼かれるのが嫌いじゃない、って感じがホント好き。

『かっぼっちゃっをトントン♪ むにむに潰して、カボチャのスープを作ります~♪』

00210 -
 ここで早々にED、つまり「本編は終わったよ」というボケなんでしょうね
 ガヴ! サターニャ! 犬!
 終わったよ…

 なんと、一大イベント期間「夏休み」自体が終わってしまった模様。早いなオイ!

ヴぃーネ『夏休み楽しかったな~、やること全部、新鮮だったし♪ 今日で夏休みも終わりだし、充実した一日にするぞ~、おーっ♪』

00210
00212
00214
00216
00217
00218
00219
00220
00221
00222
 ヴィーネ! 宿題見せて!! お邪魔します!!!

お邪魔します!
 音速でフラグ回収するヴィーネさん! 充実した夏休み最終日? そんもの…、ウチにはないよ…
 夏野菜のカボチャを、てきぱき料理するヴィーネさん嫁すぎる!
 が 

 だってヴィーネってそういう人だから!

 そう信じてるから!
 ガヴリール、謎の信頼感!!

 それこそ、どっかの猫型ロボット並みに頼ってる感がありますねお邪魔します!!

 お邪魔します!の新しい活用法!!

ガヴリール『諦めてさ…、宿題、みせよ? ね?』

00224
 常に謎の上から目線を提案する本作、まるでヴィーネがダダこねてるみたい!
 背中にくっつくスタンドみたいなツラしやがって!

『だけど、半分はひとりでやりなさいよ。どうせ、もう一人来るだろうし…』

00226
00227
00228
00229
00230
00231
00232
 ヴィネット、宿題見せて! 忘れてたっ!!

知ってた!
 ラフィエルを呼んで包囲網を形成するガヴ、どうせ、すぐにサターニャが来ると呼んだヴィーネ
 すっかり、4人行動が定着して微笑ましい限り
 で

 サターニャさん、この参考書がとっても分かりやすいんですよ♪

 どう考えても嫌がらせ!
 出身からすれば、相方は逆なハズなんですが!!

 あと余談ですが、何故か悪魔組はノースリーブ、と服装に統一感があるのも面白いですね

 アレだ、EDでも悪魔組の方が露出が激しいし!

『あ、ごめんなさい♪ これ、天界で使ってた悪魔祓いの教科書でした♪』

00233
 致命傷になりかねない嫌がらせも辞さない!

サターニャ『…ねえ、ガヴリールとヴィネットってどこで会ったの?』

00234
00236
00237
 あんまり、思い出したくないんだけど…

何があったの…?
 本作、サターニャをラフィエルが見初める場面は、第1話で描かれていますけれども
 ガヴリール組は、まだ描かれていません
 で

 全力を尽くしても、あたしなんかの力じゃどうにもならない事があるって思い知らされたのよ…

 何があった…。
 いや、全力で「矯正しよう」としたんでしょうけど

 ただ出会ったのは入学前”で、ガブが“駄”天したのは、宿題中でした

 つまり、そういう事なのね

ガヴリール『何か、特別なことあったっけ? 何事もなく、今に至ってるだろ?』

00238
 認識の差が! 基本的に雑すぎるんだよ色々と!!

ヴィーネ『まあいいけど…、あれは、私が初めて人間界に来た日だったわ。私は、自分のアパートの場所が分からず、困っていた…』

00239
00240
00241
00242
00244 -
00244
00245
00246
 あのー…、何かお困りですか?

お人形みたい!
 久々! まだ天使だった時代のガヴ、第一印象は「お人形さんみたい!」と感動したらしい
 サラサラの金髪…、って今のクシャクシャと真逆ですねえ
 で

 もし迷惑でなければ、探すのをお手伝いさせて頂けませんか?

 声まで変わって!
 そりゃ、うまる程じゃないけど声まで別人だ!!

 ガブの方がかなり小柄なので、上目遣いになってるのも破壊力が高い!

 ヴィーネさん、一発でコロリだったのね

『ちょっと待って! 誰! これ誰!! …一致しないわよ全然!?』

00247
 強烈にツッコミを入れるサターニャ! サタ様を、ツッコミに回らせる大器!
 ラフィーも天使学校じゃ次席

 唯一、サターニャだけが「堕落以前」を知らないのよね!

ヴィーネ『そういえば、サターニャは知らなかったわね?』

00248
00249
00250
00251
 見る影も無いとは、この事ね…。 イイ顔ですサタ様

敬虔な彼女
 当時は天使とも悪魔とも知らず、期せず同じ学校だと分かって、運命すら感じたらしい
 最早愛を超え、憎しみをも超越し…宿命となった!
 で

 神様が、私達を引き合わせてくれたに違いありませんねッ♪

 近い近い!
 昔は、天然タラシだったのね

 神への感謝も忘れない、素敵な存在Ⅹだったあの頃、光の粒子できらめくミニスカ!

 これなんてラブコメ!?

サターニャ『ストップ! ストーップっ!!』

00252
00253
00254
00255
00257
00258
00259
00260
00261
00262
00264
 話せって言っておいて何だけど…、ごめん、キモい

真実はいつも一つ
 言うに事欠いてひでえ事を言うサターニャ、なお当人としては「あの頃は若かった」だそうな
 たった半年前、天使を堕とすには十分だ!
 で

 ていうかもう、作り話じゃないの?

 それもラフィが即否定
 今回、まるでサターニャが一人だけマトモな人のようです。

 これが別の状況なら、サターニャを、皆で騙してるんじゃないか?ってパターン

 悲しいかな真実!

『ガヴのおかげで、無事、アパートに到着したのよ』

00265
 思えば、悪魔の家の傍に、お地蔵様ってのもシュール
 地蔵菩薩も苦笑い

ヴィーネ『これからの学校生活、お互い、充実したものになるといいですねっ!』

00267
00268
00269
00273
00275
00277
00278
00280
00281
00283
00284
00285
00286
00288
00291
 あ…、あの! 実は私もここに引っ越してきたばかりで…、友達がいなくて

友達になってくれませんか
 しかし何か言いよどんでいたガヴリール、実は彼女もまた、孤独で友達が欲しかったのだと…
 そんな空間、キモくて無理だと言い切るサターニャ
 そこまで言うか! 

 それはこの後の話、ガヴリール堕天編になるのよ…!

 で、この後むちゃくちゃ堕落した

『じゃあ、私がこのページを自力で解いたら話しなさいよ!』

00292
00294
00295
00296
 うん…、これは無理ね

それ無理♪
 ネトゲ堕ちしたガブを更生する為、全力を出し切って、ウソのようにボロ負けしたというヴィーネ
 責める側が折れるほど、圧倒的なダメ人間だったのか…
 なお

 もう少し粘れよ!

 こっちもダメだ!
 サターニャ、バカっぷりを貫いてらっしゃる!

 でも視聴者も当初は思いましたが、ラストの幸せガヴを見てると、これはこれでありですよね

 この緩みきった笑顔は良かった!

2017年1月30日 ガヴリールドロップアウト 第4話「いざ夏休み」

00297
 まさかの一話で夏休み終了!

スタッフ
 脚本:鴻野貴光
 絵コンテ&演出:矢花馨
 作画監督:小川浩司、飯泉俊臣、吉田肇、渡辺舞
 総作画監督:桑原直子
 エンドカード: 黒田bb
 制作協力

台本とコンテの表紙には、幻の浴衣姿を捏造!


 自分で捏造とか言っちゃったよオイ!
 色がない、髪型も服装も違うとなると
 完全に別人ね!

 この浴衣姿、Blu-rayとかのイラストに採用されるパターンだな! さては!!

そんなワケで水着回、あくまで「豪華なCパートでしたね」って回だった!!

00205
 ラストシーンがホントに天使。

強襲!
 まさかの夏休み全1話! ハイスピード決着でしたね! 4人とも寝顔が天使なのはズルい!
 サターニャの扱いも板についてきて、痛々しさより笑える感じが!
 それにしても、犬の奇襲は酷かった!

 あれが予測不可能ですよ! 顔芸含めて!!

 久々の「出会い」も補完
 一人だけ蚊帳の外で、これまたサターニャが凄い顔してて笑えます

 季節ハズレ上等のサービス回でしたね!

 次回、第5話

ガヴリールドロップアウト 感想 2017年1月~3月

 ガヴリールドロップアウト 第1話「もう戻れないと知ったあの日」
 ガヴリールドロップアウト 第2話「天使と悪魔と委員長」
 ガヴリールドロップアウト 第3話「友と勤労と虫刺されの夏の日」
 ガヴリールドロップアウト 第4話「いざ夏休み」
 ガヴリールドロップアウト 第5話「その幻想を壊されまくった天使」
 ガヴリールドロップアウト 第6話「サターニャの逆襲」
 ガヴリールドロップアウト 第7話「?」