双星の陰陽師 第41話 感想 レビュー 十二天将 堕つ! -HAVE A NICE NIGHTMARE,12GUARDIANS- アニメ画像付き レビュー ネタバレ 前回
悠斗復活! 安倍晴明 生誕以前より 在るバサラ(?)闇無、これで終わったのか…?

00393
00445
 死屍累々の最終章! 犠牲が多すぎて、むしろ復活展開がありそうですが問題は兄貴
 年末からこっち、ずっと捕まってたの!?
 新OPも良い感じ!
 
 OPではさえちゃんが、また土御門御影の正体も示唆、彼も平安時代から存在…?

1200年の計画
 安倍晴明生誕が1100年前、闇無の野望、これを阻止する一環で天御柱作ったんでしょうか?
 呪いまくる“式神”、鈩も凄い叫びだった!

 道化エンドを迎えた闇無、本当にこんな事で終わってしまったのか…!?
 
闇無『堕ちたか』

00000
 とか言ってる場合じゃなかった闇無氏(1200以上)

あらすじ
 龍黒点騒動に端を発する一連の騒動は、十二天将を消耗させ、“呪力を奪う”闇無の策略であった
 難敵を滅ぼし、その圧倒的な呪力を我が物とする事で
 自身を“最上位の存在”とする

 闇無、1200年の計略の総仕上げに、10人の天将は枯れ果ててしまう

 しかし、彼に600年に渡る恨みを持つ“式神”だったタタラが
 身を捨て、闇無に致命傷を与えた

 闇無は捕らえていた悠斗を狙うが、この結末を待っていた悠斗に逆に吸収されてしまう

 次回、第42話「故郷は禍野 -SAY IT AIN'T SO,ROKURO!-」

『お父さん…』『ああ、ヤバいぜコイツは…、ろくろ達を探すぞ!』

00001
00002
00003
00004
00005
00009
00010
00012
 存分に楽しんだか…? 双星よ

敢闘賞
 ご丁寧に「倒し方」まで教え、巨大ケガレを出現させた闇無、倒されても惜しくないのは明白だった
 ろくろと紅緒は、その“意図”を考える余裕もなく…
 と

 準備が整うまで、お前達の敢闘はよい余興だった…。礼を言わせて貰おう

 挑発に余念ない闇無
 けっきょく二人は、彼を追って龍黒点の先へ

 それは敵本拠地へと行けるって事であるが、孤立無援でもあるのよ!?

 清弦さん、一歩遅かった!

『何なの!? ちゃんと説明してよ!』『どこまでも、計画通り、って事か…』

00014
 いち早く、浮上現象にも行き当たってましたし、どこまで「読めた」んでしょうか
 戦えなくなった分、時間が空いた上に経験知識が豊富
 師範、参謀にピッタリな気もする清弦さん

 陰陽連としても、とっとと本部に戻って欲しがってる気もしますね。

重なっては離れて 傷付けあった二人 もう一度 ゆこう

00015
00016
00017
00018
00020
00021
00024
00025
00026
00028
00029
00030
00032
00033
00034
00039
00040
00041
00043
00045
00046
00047
00048
00051
00052
00053
00055
00058
00060
00061
00063
00064
00065
00066
00067
00068
00069
00070
00071
00072
00073
00074
00075
00076
00077
00078
00080
00081
 過ぎていった幸せな日があって、また幸せに出会って、清弦さんの存在も嬉しい!

カナデアイ
 ここから最終話の50話まで! “破星編”突入にあわせて、二人を振り返り、その先へ続く新曲へ!
 やっぱり、本作らしくラブソングな感じよね!
 と

 重なっては離れて 傷付けあった二人 もう一度 ゆこう

 在り続ける土御門御影
 彼と「天御柱」、そして「小枝」、珠洲の姿も。

 最後がキスシーンで締めになるのも、なんともラブソングな最終オープニングだった!

 夢のその先へ! って感じの歌詞とかも本作っぽいです

しかし「土御門御影」、この人、何なんでしょうね

00036
 植物、天御柱の先端か、それとも「苗木」なのか、意味深な感じの映像
 周囲の人々も社会も、変わり行く中をずっと生きてきたって
 果たして、どんな気持ちなのか

 彼こそ黒幕なのか、とも思いましたけど違うっぽいですね

ろくろ『教会…?』

00084
 それっぽい根っこが生えてますが、実は、闇無の本拠地「教会」とは
 世界結界、天御柱の下層部にあった事も判明
 あの樹、下は禍野だったのね

※公式あらすじより

天馬&士門『双星…!』『お前達! なぜ来た!!』

00083
00086
00087
00088
00090
00091
00092
00096
00099
00100
00103
00107
 ここはお前達の最期の地…、そして、俺の始まりの地となる。

闇の果てへ
 延々と巨大ケガレ群と戦い続け、すっかり消耗した上に、「六壬神課」でブーストまでやって
 鳴神町を支えた十二天将、完全にガス欠状態!
 と

 今の俺達の呪力じゃ…、やるだけ無駄だ。

 更に「石化」まで!
 呪力を吸われ、死ぬ寸前…

 また、“黒い光”は十二本出てたはずですが、やっぱり「土御門御影」の姿は見えない模様。

 ちょっと! 誰か少しは言及してあげて!?

ろくろ『待ってろ! 今、助ける!!』

00109
 ろくろ、完全に失敗フラグだぞろくろ!?

『星装顕符・焔、重奏陰陽術式 アストラルディザスター!』

00111
00113
00114
00115
00116
00117
00118
00119
00120
00127
 こいつは呪力を吸い取る! 俺達の陰陽師の攻撃は、効かないどころか格好のエサだ!

スパイマスター
 そんな便利な代物が…、開始早々、いきなり打つ手を失ったろくろ達に明かされたのは
 闇無に、行方不明だった「悠斗」が協力していた事実
 で

 きゃつの流す情報で…、計画は、全て思惑通りに進んだ。

 あ、そっち…
 悠斗、ずっとここに埋め込まれてたのね

 十二天将と六壬神課の関係、そうした情報をもたらしたのが、悠斗だったと

 37話ラストから見て、天将たちがどう動くかも全て予想してたそうな
 
『文字通り、全てだ…、1200年を越えて練り上げた、俺の計画全てが』

00129
 そしてさらっと言い放った闇無! お前、1200年前から自我があったの!?
 或いは、当時“人間だった”って可能性もありますが
 ともかく1200年!

 ちなみに、歴史上「安倍晴明 生誕」が921年、約1100年前ですが…?
 
『龍黒点…?』『…ケチくさい作戦だ!』『憲ちゃんにケチとか言われたらお終いッスねえ』

00130
00131
00133
00136
00140
00141
00143
00144
00145
00147
 そうや…、規模の割には得るものが少ない…、作戦が雑すぎる

「龍黒点」の真相
 以前、闇無が明かした真実のおさらい、“龍黒点”で人々を瘴気に染めても陰陽師がすぐ対応する
 本当の狙いは、“陰陽師に祓わせる”事だった
 と

 龍黒点の騒動で、瘴気を祓うのに尽力した者ばかり…!

 瘴気には細工があり
 祓うと、「祓った者」に潜伏する特性があった

 しかも“吸った人間を操れる”細工があり、闇無の合図によって、一斉に姿を消す事になる

 全国一斉に…、ある意味、もう勝ったも同然じゃないか!

『多くの人を助け、さぞ気分が良かったであろう…』

00149
 そういう事かよ…、この外道が!!
 おう、言ってやれ言ってやれ!
 美玖さま言ったれ!

 一定の業界だと、ご褒美っぽいけど言ってやれ!!

闇無『後は、“仮面”の力で禍野に導けば良い…、雑魚共を一掃する事で、狙いをお前達に絞ることが出来た…』

00150
00151
00153
00154
00156
00158
00160
00163
 呪力さえ奪えば、後は奴等に用はない…。

同士討ち
 攫われた術師達は、呪力供給に用いられ、その呪力が“無限増殖する巨大ケガレ”を動かしていた
 と、山門も言ってましたが、結局「止まるまで」戦いました
 つまり…

 一応…、礼を言うべきかな?

 術師全滅…!?
 既婚者、霧が峰清水隊長も既に…!?

 同士討ち、十二天将だけで、全国の陰陽師の総呪力を打ち破ったって事でしょうか

 敵の正体は味方、まるで残酷なおとぎ話!

コーデリア『K・I・L・L…、KILL! KILL!』

00165
 いつも以上に繰り返す勝神 コーデリア、これは生かしておけない…!
 あと「仮面の力で」って言ってましたね
 その為の仮面だったのか

 全国に龍黒点を広げる為の仮面(?)、各地に門を開く為の仮面、そういう用途だったのね

天馬『鳴神町の陰陽師だけを残し、町を浮上させ、俺達十二天将をおびきよせた…!』

00166
00167
00168
00169
00170
 六壬神課の儀を行うしかない、全て、アンタの読み通りにウチらは動いたいう訳やな!

狙いは十二天将
 鳴神町に陰陽師が残れば、住人を救える可能性が生まれ、十二天将も尽力せざるを得ない、と
 住民が全滅する前に、なりふり構わずやるだろう
 と

 ようやく、俺の思惑を理解できたようだな?

 600年前は7つの村が犠牲に
 その時も、十二天将が事態収拾に当たるも村人は全滅。

 龍黒点騒動以来の狙いは、十二天将を消耗させ、彼らを倒し呪力を奪う事にあったと

 ただ、ガス欠だからこそ捕まったはずですが…?

『双星の陰陽師! なぜ俺が、お前達を殺さないか、解るか?』

00173
 そしてろくろ達を決死で戦わせた理由は、危機的状況が、呪力を高めるからだったと
 狙いは天将、その余禄として「より実りを大きくする」為
 と

 ちょうど、バサラ“師”が得意とした事と同じなんですね。

『俺に呪力を食われる相応しい存在となれ…、双星の陰陽師』

00175
00176
00178
00182
00184
 全ては我が宿願の為、陰陽師共の呪力を喰らい、最上位の存在となり…。

闇の果て
 現バサラで唯一、「人と同じ目」に至った闇無、それは“呪力を上げて”強くなる事こそが
 上位存在を目指すのが、彼の野望だったから
 と

 俺は…、禍野と現を統べる…、王となる

 それはどうかなぁ…
 いや、オチがちょっと弱いですよ闇無!

 1200年もかけた、それだけ、“最強の式神”を持つ十二天将が別格だから?

 個人というより、彼らでさえ持て余す“十二の式神”が狙い…?

闇無『そこで見ているがいい…、十二天将の最期をな?』

00186
 そしてとことん二人を後回しにするのは、目の前で十二天将を殺し
 感情を揺さぶって、呪力を高める為だという
 十二天将…

 タイトルや「既に力尽きた」描写から、てっきり“ケガレ堕ち”させるのかと。
 
闇無『十二天将…、その呪力! 全て俺が貰う!! さらばだ……』

00187
00190
00194
00195
00198
00200
00201
00202
00203
00205
00207
00210
 すまない…、焔魔堂……。

十二天将、堕つ
 遂に本腰を入れて「呪力吸収」にかかった闇無、見る見る枯れ果て、石化していく天将たち
 中でも、“自分は強い!”と自負を見せてきた士門が…
 と

 そんな言葉聞きたくねえ! お前は十二天将だろ!? 最強なんだろ!? 何諦めてんだよ!

 36話でようやく和解
 斑鳩士門、せっかく仲良くなっただけに…

 食い下がるろくろ、士門の強さをちゃんと認めてるのが辛い

 が、ここに助けが来る事もなく…

すばる『もうあかん…、早よ逃げえ…、…逃げな! あかん…』

00212
 同じく、紅緒にとって師匠であるすばる
 最期まで気遣った末に枯渇 

『すばる様! 待って! 私はまだ……!!』

00214
00215
00217
00218
00219
00220
00221
00222
00223
00224
00225
00226
00229
00230
 素晴らしい…、禍野と現を統べる王に…、相応しい力だ…

闇無、新生
 また全身タイツか! もとい、十二天将の全力形態“纒神呪”を連想させる姿に変化
 ケガレ特有の印も露出し、急激にセクシーな姿に…!
 と

 まるで…、生まれ変わったようだ…

 目は特に変化せず
 強いて言えば、髪のアクセントが白く変化

 爪の形も白虎みたいに変化しましたが、繭良たちは無事なので、特に関係ない模様。

 清弦から奪わなかったのは、“十二天将狙い”と気付かせない為?

『奪った呪力で何いってやがる!』『そんなもの、絶対認めない!』

00231
 お二人ごもっとも! でも一番効率的ですものね
 ケガレ特有の強化法

 目的は最強

 ろくろ・紅緒・悠斗と“同じ目的”でもあったんですね。

闇無『認めなければ! どうだというのだ…? 御幣島すばるの言った通り、“逃げる”のが最上の策だが…、どうする? 双星の陰陽師』

00232
00233
00235
00237
00239
00240
00243
00245
00246
00249
00250
00252
00253
00255
00256
00261
 ならば見せてもらおう…、お前達の力を

「やったか」禁止
 そのまま殺せば一発ですが、やはり、敢えて二人に「逃げる」選択肢を与える闇無。
 というより“挑発”、また言葉責めか!
 で

 やはり呪力が増しているか…。

 変化する前の時点で
 ろくろの武器、「右腕」が全く通じなかった闇無

 今やレゾナンスしようが、攻撃は全く通じず、力の差を見せつけるばかりに

 +αが、天将11人分とかチートすぎる!

『ならば』『これだ!』『『リユニオン・スパイラル・ヘイル!』』

00262
 全力かァ? BGMも止まる完全防御!!
 ラスボス特有の強さだ!

 しかし「新シリーズ第1話目」というのが、ある意味フラグだった!

『ふざけんなこの!』『レゾナンスしているのに…、こんなにも差があるの!』

00266
00268
00271
00273
00277
00278
 十二天将の呪力は、俺に、こんな力も授けてくれた…

十二天将
 絶対的な能力差のみならず、すばるの銃火器、のみならず“十二天将・青龍”の呪装や
 蹉跎桜の大鎌、美玖殿の人形殺法まで!
 と

 十二天将の技を借りるのは少々癪だが…、お前達にはちょうど良かろう!

 呪力の収奪
 それ自体は、これまでも多発した事態です

 しかし単に力を奪うだけでなく、固有能力まで使うのは、初めてのケースではないでしょうか。

 好意的に見れば、“十二天将”が、まだ独立しているって事なんですかね?

紅緒『ろくろ!?…ぐっ!』

00283
 しかしシュールな攻撃だ!
 黒いから尚更に!

『もうお終いか…? 威勢が良かったのは…、最初だけか?』『闇無ィ…!』

00287
00289
00291
00294
00298
00301
00302
00303
00307
 騰幻蛇堕(とうげんだだ)…、急急如律令!

その男「鈩」
 ここで強襲したのがタタラ! 予告で見た通り、この男だけは飲み込まれていなかった!!
 天将専用霊符、“騰蛇”騰幻蛇堕で大暴れじゃないか!
 で

 闇無…、倒す…、倒す倒す!!

 完全にキレた!
 これまでも、闇無に異常な敵意を見せてきたタタラ

 対し闇無も、しれっと士門くんの「朱雀」使ってるし! やはり“十二天将”の個人呪力だけじゃない

 彼らの式神も、完全に取り込んでいるのか?(或いは模倣?)

闇無『そうか…、お前は“式神”。人と同じ技は、効かぬという事か』

00310
 そして明かされた「鈩」の正体、彼は人間ではなく、きなこと同じ式神
 獣耳っぽいのは、そのせいだったの!?
 式神が式神使ってるの!?

 一瞬、「十二天将・騰蛇」そのものかと思いましたが、普通に“式神”らしい。

紅緒様『鈩様の力は、敵、味方全てを巻き込む! 故に十二天将・最凶! “最も災いなる者”、すばる様の…、言ってた通り!』

00311
00313
00320
00322
00324
00326
00327
00330
00334
00335
00336
00337
00338
00339
 許さぬ…、許さぬ許さぬ!!

十二天将“最凶” 
 所以は、この暴走同然の力の奔流! 同じ天将でも、力を節約する憲ちゃんや士門とは違う!!
 その怒りの源泉は、“600年前”にあった
 と

 闇無ぃぃぃぃぃぃぃぃいぃっぃ!!

 応永年間!
 噂の“村浮遊事件”の参加者!!

 当時も、十二天将が事態を収拾しましたが、村人は一人残らず呪力を吸われて死亡

 その時以来、ずっと闇無を恨んできたのね!
 
『やったか!!』

00342
 ちょ、ろくろ君それは禁句や!!
 なんてベタな!

『鈩ー!?』『な…、に……?』

00345
00347
00351
00352
 さすがに「貴人」、鸕宮 天馬の技は効いたであろう…。

まだ終われない
 一瞬、本気で驚愕していた闇無ですが、やはり平気の平左、どころか「天馬」の一撃とは!
 これに耐える鈩、600年間の無念らしい
 と

 まだ…、だ…、まだ終われない……!

 人間離れした容姿
 生身なのに、狩衣のように各部が発光する鈩

 同じ効果があるんでしょうか

『騰幻蛇堕…、“纒神呪”!』

00356
00359
00360
00361
00365
00368
00378
00380
00381
 お前の技は俺には届かない…、600年を無駄にしたな、タタラよ?

纒神呪
 清弦、美玖殿に士門に続く“纒神呪”! ナーガラージャみたいになっちゃったよタタラ!!
 彼の神将は、“炎に包まれた蛇”とされる騰虵!
 蛇!

 闇無…、闇無! 闇無ぃぃぃいぃぃぃいぃぃぃぃいぃ!!

 闇無も慌てず“勾陳”!
 大家族の天将、五百蔵 鳴海の防御能力!!

 闇無はタタラの正体も良く知っており、煽ること煽ること!!

 最凶だろうが、所詮は“一体”に過ぎないし!

闇無『この呪力の高まり…?! まさか、お前!』

00383
 しかし「勾陳」の無敵防御も、回り込んで攻撃するタタラ!
 闇無も顔色を変わった!

鈩『闇無ィ! 呪う! 呪ってやる!! 闇無ぃぃいぃぃぃぃぃ!!』
闇無『ぬぉあああああああああああああああああ!?

00385
00389
00393
00402
00403
00407
00410
00413
00414
00415
 鈩め…、自らの命と引き換えに、俺に“崩壊の呪い”をかけるとは…

瀬戸際
 十二天将の全力形態、プラス“自己犠牲”で放った一撃! 遂に闇無に通じたどころか
 放っておけば、このまま崩壊する瀬戸際に
 が

 奴の呪力を頂く…! 石鏡悠斗!! お前の呪力をいただくぞ!

 それはアカン!
 呪力補給に、よりによって悠斗!!

 ここで誰より「容易に」吸い出せる相手、闇無にすれば、非常食のつもりだったんでしょうか

 でもそれだけはアカン!

『…!?』

00419
 やはり闇無驚愕、意識がないはずの悠斗はズブズブと闇無に…。
 ズブズブじゃねえか!

闇無『…フ。鈩よ、600年の因縁に勝ったのは…、俺のようだな。…さてどうする? 双星の陰陽師? ここで退くのも悪い事ではないぞ

00420
00421
00423
00425
00427
00429
00430
00434
00435
00436
00438
00440
00441
00445
 こうなる事も…、お前の思惑通りだったという事か…! どこから…!? いや

総てか
 やはり悠斗に乗っ取られた闇無、十二天将に勝利しても、必ず消耗すると踏んでいたのか
 彼で回復するはずが、全部もってかれた闇無!
 兄貴大勝利!

 今まで僕を利用していたつもりだったみたいだけど…、残念…、それ実は逆なんだよね

 あまりに呆気ない…
 いや、闇無は「アニメオリジナル」でした

 最後は原作側”の悠斗との決着で終わるだろう、とは思ってましたが、こうもあっさり!!

 ろくろ達との力の差、えらい事になっちゃったよ!?

『久しぶりだねェ~、会いたかったよ~~、ロ~ク~~♪』

00446
 実に21話ぶり! 偏執ホモでシスコンを拗らせた兄が遂に帰還…!
 闇無…、そんなウソでしょ闇無ィ…!?

また、悠斗の目は「闇無」と似た金色ですが

8b9c307a
 それこそ昔っから金色なので別に関係ない模様
 でも、当時から眼帯なのが伏線だったり…?
 どうなんでしょうね

最後のエンディングテーマは、最初のオープニング・アーティストが担当!

00448
00449
00450
00452
00453
00454
00455
00456
00457
00460
00461
 ふーたーつ星が またーたーくー♪の、和楽器バンド再び!

蛍火
 ああ鉄華団の二番艦…、いや何を言ってるのか、少し聞き取りにくいタイプだけど好きな曲だ…
 アニメーションも、妙に乙女チック!
 乙女チック!

 特に天馬様、完全にヒロインの顔なんだけどどうなの!?

 美玖殿と桜
 名コンビ、妙に可愛いなオイ!!

 有馬がそっちにいないのが気になりますが、清弦達、40代トリオもちょっと笑えます

 無表情なコーデリアが、やけに乙女チックなのも可愛い!

次回、梵字(?)で埋め尽くされた部屋で、何が起こるのか…?

00466
 予告の時点で、ちょっと作画がアレとか思うのはともかく!

故郷は禍野
 次回、「ろくろ、そうじゃない!」という副題からして、また勧誘劇場が…?
 ろくろの出生地、それが禍野なんだぜ~
 みたいな?

 また、梵字といえば、天御柱に無数に漂っていたはずで

 天御柱の重要な部屋なんでしょうか?

2017年1月25日 双星の陰陽師 第41話「十二天将 堕つ! -HAVE A NICE NIGHTMARE,12GUARDIANS-」

00196
 触手プレイとか思っちゃいけない

スタッフ
 脚本:玉井☆豪
 絵コンテ:ユキヒロマツシタ
 演出:種村綾隆
 総作画監督:貞方希久子、崎本さゆり
 制作協力:マウス

予告・悠斗&ろくろ『ねえロク…? アイスキュロスは言ったってさ。“倒れし者を、その上、蹴りつけんとするのが人間の性なり”。良い言葉だねェ♪』『何なんだよアイスキュロス! スウィーツ(笑)みたいな旨そうな名前のくせに!』『ツッコむところ…、そこ?』

00231
 退場するとは思ってたけど、これでは道化だよ!

ラスボス出現
 となると、御影は味方…? 有馬が生死不明になった際も、現場に居合わせてたっぽいですし
 密かに助け、神託で“死んだ”と嘘をつき、周囲を欺いたんでしょうか?
 そうすれば自由に動けますし

 実は禍野で、彼が攫われた陰陽師を助けたり、もしや十二天将を助けてたりとか…?

 被害が大きすぎるので
 何らかの理由で、生還する(死んでなかった)と思えますがどうなんでしょ

 描写的には、石化しようと生きてるケースがあるのは、今回、タタラがやりましたし!

 次回、第42話「故郷は禍野 -SAY IT AIN'T SO,ROKURO!-」

双星の陰陽師 感想 2016年4月~2017年3月 連続4クール

 双星の陰陽師 第1話「運命の二人 -BOY MEETS GIRL-」
 双星の陰陽師 第2話「双星交差 -A FATEFUL FIGHT-」
 双星の陰陽師 第3話「すれ違い -A HERO'S WORTH-」
 双星の陰陽師 第4話「禍野の音 -BOTHERSOME TWOSOME」
 双星の陰陽師 第5話「十二天将 朱雀 -THE GUARDIAN SIMON-」
 双星の陰陽師 第6話「紅緒と繭良 -GIRLS'PARTY-」
 双星の陰陽師 第7話「新たなる試練 -UNBElIEVABLE GAME-」
 双星の陰陽師 第8話「ろくろの気持ち -SHOCKING CONFESSION-」
 双星の陰陽師 第9話「交錯する悲劇 -TRAGEDY COMES WITH SMILE-」
 双星の陰陽師 第10話「すばるの修行 -THE FICKLE GUARDIAN-」
 双星の陰陽師 第11話「新婚さんおきばりやす -FANTASTIC MOMENTS-」
 双星の陰陽師 第12話「勘弁しろし -BASARA BOY KAMUI-」
 双星の陰陽師 第13話「君の勇気 私の勇気 -ZERO MILLIMETERS APART-」

 双星の陰陽師 第14話「浴衣と星と願い事 -TANABATA SPECIAL-」
 双星の陰陽師 第15話「ひとりぼっちに さようなら -THE AWAKENING OF LOVE-」
 双星の陰陽師 第16話「陰陽師として -SALVATION THEN WAILING-」
 双星の陰陽師 第17話「師がくれた赤い証 -NEW TALISMAN FROM MASTER-」
 双星の陰陽師 第18話「決戦前夜 -TRIUMPH OVER FEAR-」
 双星の陰陽師 第19話「罪もけがれも -THE 10 SECONDS DECISION-」
 双星の陰陽師 第20話「ふたりの道 -TO THE FUTURE WITH US TWO-」

列島覇乱篇
 双星の陰陽師 第21話「双星新生 -SWEETIE FAIRY-」
 双星の陰陽師 第22話「ケガれてんじゃ~ん -PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM-」
 双星の陰陽師 第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」
 双星の陰陽師 第24話「ケガレの見た夢 -WHAT IS BEAUTIFULL?-」
 双星の陰陽師 第25話「天・元・空・我 -COME BACK! SOUTHPAW-」
 双星の陰陽師 第26話「双星vs双生 -BASARA TWINS' STRINGS-」
 双星の陰陽師 第27話「ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-」
 双星の陰陽師 第28話「鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE-」
 双星の陰陽師 第29話「さえとの約束 -MISSING EXORCIST MASTER-」
 双星の陰陽師 第30話「いつまでも笑顔で -LOVELY SMILE FOREVER-」
 双星の陰陽師 第31話「そばにいるから -WAI WA KINAKO YA!-」

天地鳴動篇 第32話~第40話
 双星の陰陽師 第32話「混沌の中に -SEEKING THE PAST,SEEKING THE FUTURE-」
 双星の陰陽師 第33話「師の恩返し -I WANT YOU TO EAT ME-」
 双星の陰陽師 第34話「名コンビじゃねぇ! -WACHI vs WASHI & WATASHI-」
 双星の陰陽師 第35話「復讐の傀儡師 -I AM NOT ALONE-」
 双星の陰陽師 第36話「守るベきもの -WHAT IS REALLY IMPORTANT?-」
 双星の陰陽師 第37話「恋の町 舞い上がる -TELL ME HONEST FEELINGS-」
 双星の陰陽師 第38話「鳴神町最凶の日 -NO WAY TO RUN,NO PLACE TO HIDE-」
 双星の陰陽師 第39話「慈愛の霊獣 -DAUGHTER'S FIGHT! FATHHER'S DELIGHT-」
 双星の陰陽師 第40話「双星ときめく -FINALY THEY KISSED?-」

双星の陰陽師 破星篇 41~50話
 双星の陰陽師 第41話「十二天将 堕つ! -HAVE A NICE NIGHTMARE,12GUARDIANS-」
 双星の陰陽師 第42話「故郷は禍野 -SAY IT AIN'T SO,ROKURO!-」