信長の忍び 第17話 感想 レビュー 引きこもり終了のお知らせ アニメ画像付き ネタバレ。前回はこちら
平和”を貪った斎藤龍興、その詭弁は一理ある! なくはないが時代が悪かった!!

00044
00048
 岐阜って目立たなくなりそう♪ 帰蝶殿がオチをつけ制圧完了! 信長が「侵略者」なのは確か
 しかし他国を侵してでも、豊かにする事で「攻められなくなる」と説く千鳥
 実際、信長も今川相手に守勢でしたし

 強い国を作る事が、結果的に戦をなくす。気付けなかった龍興の罪は重かった!

「成長」が眩しい美濃編!
 師匠も言ってましたけど、今回、千鳥殿も見事に成長してましたね! いや外見はともかく!!
 これまで、信長と見聞を広めたからこそ!

 善政、発展を目指す事なく、ただ浪費するだけでは、戦国は生きられなかった!

2017年1月24日 信長の忍び 第17話「引きこもり終了のお知らせ」

00004
 桶狭間は永禄3年、もう7年も経ちました。

あらすじ
 永禄10年(1567年)、墨俣城完成と美濃三人衆の内応を受け、遂に信長は美濃への最終侵攻
 世に言う“稲葉山城の戦い”を開始する

スタッフ
 演出:安倍祐ニ郎
 絵コンテ:大地丙太郎/監督 全話担当
 作画監督:本橋秀行

『永禄10年、美濃三人衆の寝返りを聞くや否や、信長は、美濃・稲葉山に攻め寄せる』

00005
00006
00007
00009
00010
 あっと言う間に稲葉山城! 終わる時はあっという間だよ!!

我ら三人衆!
 さっそく、三人衆と顔あわせする信長様、主城を攻める彼らも、心なしかやる気が違います
 たまった鬱憤を晴らす時!
 で

 我ら美濃三人衆! 常に三人で一人にございます~♪

 また合唱か!
 このノリ、すっかり定着しましたね

 登場当初、合体するのかとか言われてた頃が懐かしいわ!

『なら、俸禄も一人分で良いな?』

00011
 俸禄=給料、そりゃねえよ信長様!?
 また裏切るぞコラァ!

織田軍に囲まれたァ!?

00013
00016
 稲葉山城は天下の堅城、簡単には落ちません!

たわー!
 とはいえ半兵衛編で語られた通り、山に作られた本城の護りは堅固!!
 後は、“主君が戦場に出るか”で士気が変わる!
 が

 太りすぎて入んねーっつーの!!

 ダメだこりゃ!
 ちなみに「真田丸」でも話題になった豊臣秀頼公

 彼も身長197cm、体重161kgという、とんでもねえ体格だったらしいよ!!

 大きい事は以下略だ!

『織田軍が、場内に侵入しましたァ!!』

00018
 陥ちるの早いな天下の堅城!?
 これだから5分アニメは!

 ちなみに落城は、挙兵から僅か半月後だったという。

斎藤龍興『だわー!? お、女共はどこにいった!?』

00019
00021
00022
00023
00025
00026
00027
00028
 女ですけど何か?

敵は来んなー!
 やっぱり千鳥どの強ぉい! 一瞬で数人きり伏せるとか、どこが諜報要員だ忍者こわい!!
 しかし、彼女は斎藤龍興を斬らないという
 で

 討たないよ? だって美濃一国を治めてきたほどの御方でしょ?

 やだ可愛い!
 敵とはいえ、「君主」への礼儀か?

 と思ったら

『いさぎよく切腹させてあげようよっ♪』

00029
 フハハ怖かろう! 王の首とは、いつか民の為に落ちる為にある!
 ハラキリショウタイム!

龍興『何だよお前らは…、なんで攻めてくんの!?バカじゃねーの!?』

00030
00032
00033
 自分の国だけで満足してりゃいいじゃん! 戦ばっかしてるから、乱世終わんねえじゃん!

一理ある?
 どうしようもない無能のようで、彼もまた、「国盗り」に躍起になった今川義元や
 祖父、斎藤道三が亡くなった事を思っていた
 と

 バーーーカッみてえ!

 うーんこの。
 実際、道三は「国盗り」が原因で死亡というか

 息子と対立するも、国盗りで出世した経緯から家臣団に嫌われ、味方がいなくて戦死したそうな

 もちろん、その道三の“国盗り”あってこその地位なんですけど

戦に勝てば、国が豊かになり、国が強くなれば、他国に侵略される事もないんです』

00034
 対し千鳥は、なら何で、侵略する気が起きない強国にしようとしなかった?
 平和とは、あって当然のものじゃない
 それが時代だと

『悲しいけどこの乱世では、“戦に勝つ事”が領民の為なんです。信長様は、そんな乱世を終わらせようとしている…、だから…えーと、戦もせずに、かといって従えようともしない、“何もしない戦国大名”って、それだけで罪だと思うんです!』

00035
00037
00039
00040
00041
00042
00044
00045
00046
00047
00048
00049
00051
  今川義元は東海三国を領し善政を敷いた、また斎藤道三は一代で美濃を強国にのし上げた!

よく言った千鳥!
 元々が戦災孤児であり、この数年、信長に従って「乱世」を見てきた千鳥の言葉
 この時代、“何もしない”のは罪なのだ
 と

 貴様如きが、義元や道三を語るな!

 所詮は詭弁
 信長様、怒りのストライク!!

 何もしない奴が、「結果」だけで、実際にやり遂げた連中を語るんじゃあない!!

 義元殿だって、本当に凄い人だったんだよ!

『の…、信長め。この俺様を足蹴にするとは…!』

00052
 おや…? クソニート様子が……?

『もう怒ったぞ! 今日から俺は本気を出すッ!

00053
00055
00056
00058
00059
00060
 明らかに遅すぎるーーーーーーーーー!

伊賀の国
 斎藤龍興の熱い脱ニート宣言! 当時20歳、やれる、まだやれるよぼっちゃん!!
 なお、再び稲葉山城に戻る事は叶わなかったという
 で

 信長が、我が伊賀にとって脅威とならねば良いが

 フラグたておった!
 誰あろう、千鳥たちの大師匠・百地丹波が再登場!!

 一種の派遣業みたいなものですが、たとえ、敵味方になろうと容赦無用の取り決めあり!

 眼帯の人も久々ね!

『ところで千鳥は…、少しは成長しておるのか?』

00062
 なお気にかけていたのは、「娘として美人になったかのう」であった
 エロオヤジか!

 もう16歳、当時としては適齢期を過ぎてますかね?(ねねの結婚は14歳、現在20歳という事になる)

帰蝶『感謝します殿、再びこの眺めを見られる日が来るなんて』

00063
00064
00065
00066
 岐阜…、ですか。良き名ですね。将来目立たなくなりそう気もしますけど

フッ、何をバカな
 遂に美濃制圧と「岐阜」への改名、著名な指針“天下布武”へと乗り出していったのである…、と
 この時、信長公33歳、まさに男盛りであった!
 人生50年!

 約400年後、的中する…

 ナレーション酷い!?
 さあ、いよいよ「天下統一」に欠かせぬ事業、上京の始まりだァ!! 帰蝶どのかわいい!!

 次回、第18話「京が俺を呼んでるぜ」

信長の忍び 感想 2016年 10月開始

 信長の忍び 第0話「珍しいな 幼子一人で水練とは」
 信長の忍び 第1話「信長様に会いに行こう」
 信長の忍び 第2話「織田家とゆかいな仲間たち」
 信長の忍び 第3話「突撃!! となりの今川さん」
 信長の忍び 第4話「サルとツンデレ娘」
 信長の忍び 第5話「今川軍がやってきた」
 信長の忍び 第6話「千鳥、鳥の如く」
 信長の忍び 第7話「桶狭間の中心で、義元がさけぶ」
 信長の忍び 第8話「歴史に人あり」
 信長の忍び 第9話「清洲同盟と元康の忍び」
 信長の忍び 第10話「美濃を制す者は天下を制す」
 信長の忍び 第11話「上司にめぐまれなかったら」
 信長の忍び 第12話「天才は病弱さん」
 信長の忍び 第13話「風雲‼ 稲葉山城‼」

 信長の忍び 第14話「出世は大変でござ~る」
 信長の忍び 第15話「みんなで築こう墨俣城」
 信長の忍び 第16話「一夜で築いた事にしといて‼」
 信長の忍び 第17話「引きこもり終了のお知らせ」
 信長の忍び 第18話「京が俺を呼んでるぜ」

※連続2クール作品