ガヴドロ ガヴリールドロップアウト 第3話 感想 レビュー 友と勤労と虫刺されの夏の日 アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
働かないバイト回! 良かった…、マスター(地毛)が報われて、本当に良かった…

00317 -
 問おう、彼が不幸なマスターか? なんでも好意的に評価してくれる得難い人材!
 バカ舌サターニャにさえ、「冷めてる!」と言われ不憫だったので
 ヴィーネ来店にホッとした!

 ドヤ顔ピンポン! 蹴り忘れられたサターニャかわいい!!

×働かない ⇒○店に損害
 店の看板を妙にアップにするなぁ、と思ったら、最後で光らせる演出も面白かったです。天使か!
 謎の光! そしてガヴ(cv富田)のエロ声!!

 珍しく(無自覚に)、ラフィーに反撃できたサターニャ様さすがだった!

前回、第2話の活躍キャラを引き継いだ放送告知は


 やっぱり委員長良かったですよねー。サターニャは第1話⇒2話を担当
 名前なしなのに、人気作“ガルパン”主役声優!
 原作絵、めっちゃ可愛い!

 初カラーなのか…。

また取られてる!?

00000
 メロンパン!? 開幕早々、サターニャ不憫!!

あらすじ
 ネトゲ課金の為、バイトを始めたガヴリール、エンジェル喫茶のマスターは彼女を好意的に誤解
 留学生だから苦労しているだろう、と何くれと世話を焼き
 恩を仇で返され続ける

 また、ヴィーネはサフィエルと仲良くなり、うっかり激辛わさびシュー食べかけた

 そんなある日ガヴのエアコンが壊れ
 ヴィーネの部屋に転がりこんで、「謎の光」を大活躍させる。

 一方サターニャは、からしシューを食べ、ドヤ顔して、昏倒して蚊に食われるのだった 

 次回、第4話

『商社時代に、ブラジルで出会ったとびきりのコーヒー豆から、私のコーヒー好きは始まった…』

00001
00002
00003
00004 -
00004
 日本3大サラリーマンが脱サラして開店する自営業、すなわち喫茶店!

失敗は始まった
 御歳61歳、cv梅津 秀行氏が演じる、いかにも優しげな喫茶店マスターの独白から始まった今回
 脱サラから20年、町に佇むこだわりの喫茶店である…
 が

 おおっ。中々似合っているねえ、天真くん♪

 あっ、今週の被害者だ…
 冒頭40秒、一瞬で理解できた人間関係!

 バイトを始めたガヴリール、いかにも人の良さそうな店主、これは不憫な予感しかしない…!

 そう覚悟したのに、想像を越えて酷かった!(総じての感想)

マスター『学校もあるのに、大変だねえ~』

00009
 課金の為なら、仕方ありません
 せめて建前くらいは!

マスター『課金…? え…、えーと! …お客様がきたら“いらっしゃいませ”。よろしくね』

00010
00012
00013
00014
 へい らっしゃい!

怒るのは野暮!
 バイトを探していたマスターは、「お金に困っていたから」という、風変わりな女子高生を雇った
 開口一番、八百屋みたいな挨拶しおって!
 が

 この子! 名前が外国人っぽいし、日本語があまり分からないのかも…

 好意的解釈!
 自己解決し、「それでいいよ」と受け容れるマスター

 思えばこれが失敗の始まりでしたねえ、変な挨拶された時点で、お店にはマイナスなのに!

 いや確かに美少女だけど!

『すみませーん』『へい』

00016
 もうやだ、この江戸前口調!

マスター『(天真くんも心細かったろうに…、せめて、ここくらいは彼女の気の休まる空間にしてあげたいものだ…)』

00017
00018
00019
00020
 マスター、オーダーはいりまーす。たぶん…、カフェオレって奴です。

あいまいだなぁ!?
 異国で心細い留学生だと誤解したマスター、対し、いきなり雑な仕事をするガヴリールである。
 いやいや、「たぶん」って何だよおかしいでしょ多分!?
 で

 私は、ホットが飲みたいです

 聞いてねえ!
 アイスか、それともホットなのか!?

 この子って、元首席ですし、記憶力は並みより良いはずなんですが…

 やる気がないと、ここまでスペック活かせないものか…!?

マスター『お客様の注文を、教えてくれるかな?』

00021
 はあ?

マスター『…す、すまないねえ天真くん? もう一度、注文を聞いてきてもらってもいいかい?』

00022
00023
00024
00025
00026
00027
 また私が行くんですかぁ~~~?

そうだよね大変だよね!
 これは酷い、仮にこれが第1話冒頭なら、視聴を打ち切るレベルのどうしようもなさ!!
 もちろん、カフェオレなどではなく
 と

 はい? アイスキャラメルマキアートで。

 要約しすぎ!
 いや、店に損害を与えるのはまだマシ!

 まったく改善の余地がない時点で、もうダメだよこの天使! 継続ダメージしか残らないよ!!

 が

『すいまーせん、にほんご、むずかしーくて』

00028
 さすがガヴさん頭が良い…! 好意的解釈を、積極的に悪用するガヴ!!
 これちょっとタチが悪すぎる!

マスター『(そ…、そうか! 彼女には、言葉の壁があったじゃないか!! …急にカタコトになった気がするが)』

00029
 おい、マスターの方がよっぽど天使じゃねえか!
 オッサン天使か!

マスター『いいんだよ天真くん…、最初から上手くいく人間なんていないんだ…!』

00030
00031
00032
00033
00035
00036
00037
 櫓三年に棹八年、一人前になるには時間がかかるよ、ということわざ。

バイト初日
 ってむしろ日本語堪能じゃねえか! 櫓も棹も「舟をこぐ」道具、船頭修行の難しさから転じて…
 無意識なのか、マスターをおちょくってるのか!
 で

 お客様もいないし…。今日、あがろうか?

 夕方五時半
 早くも、バイト初日終了に

 となると「どうだったかい?」と、聞くのが人情ってものです

 が

『どうだい? 初めて働いてみた感想は?』『ダルかったです

00038
 しょ、正直だね!? これすら許容したマスター、さすがにどうかと!

マスター『そ、そうだ天真くん、コーヒーは好きかい? 仕事終わりのコーヒーは、また格別でねえ。実は私、ブレンドコーヒーには少々自信があってね…』

00039
00040
00041
00042
00043
00044
00045
 コーヒーの良さを、少しでも解って貰えれば…。

どうだい?
 自慢のコーヒーを奢ってくれるマスター、「自慢」だけに、酷い事を言われたらショックだろう…
 と、視聴者もハラハラして見守る一瞬であった
 しかし 

 いただきます。

 意外に神妙なガヴリール
 てっきり、「早く帰りたい」とか「苦い」とか言うかと…。

 しかし彼女は、薀蓄を黙って聞きながら、興味深そうに淹れる様を見ていてくれる。

 それだけで、こんなにホッとするなんて…。

『よくわかんねッス』

00046
 だよねー! まだ早かったかねー!?
 良かった、まだマシな反応だった!
 吐くかと思った!

ガヴリール『マスター。…働くのはダルいけど、ここでのバイトは続けられそうです』

00047
00048
00049
00050
00051
00052 -
00052
00056
 人がこないところが良いですよねっ。

そこかよ!
 手酷い一言を浴びたマスター、しかし「まだ早かったか」と自省する辺り、このオッサン天使である
 ガヴは、更に追い討ちで「客が居ない」とか言うし! 
 が

 ああ天真くん、次のシフトどうしようか? 今週、どこかで入れそうなところがあれば

 全プラス解釈した店長
 これで継続雇用とか、善人過ぎて心配なレベルだ!

 しかしガヴ「無理です」

『週2以上で働くなんて、キツくて体力的に無理ですっ!!』

00058
 そうだね! 身体を休める事は大切だからね!!
 マスター、クビにしても良いのよ!?
 すべきなのよ!?

『また来週きまーす』『はーい! おつかれさまーっ!!』

00059
00060
00061
00063
 今日のコーヒーは、一段と美味しいねえ…。

たそがれマスター
 結局ノーフォロー、完全に優しさに付け込まれている店長、さすがにどうかと思う話であった
 週一って、もう雇う意味がねえ!
 てか

 なんで「地毛」って説明した! ?

 ズラっぽいとでも思ったの!?

ヴィーネ『ラフィエルさんってすごいわね! 勉強もスポーツも出来るなんてっ!』
ガヴリール『ああ…、だってアイツ、天使学校の次席卒業だし』

00065
00066
00068
00070
00073
00074
00075
00076
00077
00078
00079
00080
 言いたい事あるなら言えよ…。

犬はオプションです
 薄々思ってたけど、公式でストーカー予備軍…、いや予備軍だからセーフ!!
 ヴィーネちゃん、「私はラフィエルを知らないんだな」
 と 

 悪魔が天使に、任意事情聴取という奴ですねっ!

 いや違う!
 てか、何で悪魔が「警察側」なの!?

 ついストーカー予備軍だと思ってしまった相手に、いや、深く知ろうというヴィーネちゃん

 お前は天使か!!

ラフィエル『冗談ですよぅ♪』

00085
 それにしては軽快な先制パンチであった。

ヴィーネ『とりあえず、今日は親睦会という事で…』
ラフィエル『はーい♪ ところでヴィーネさん、私の事は“ラフィー”で、良いですよ♪』

00087
00090
 なおキャラ作りの一環として、私は呼び捨てにしません、と断る模様。

キャラって何よ! 
 いちいちヴィーネを翻弄していくラフィー、趣味を聞けば「いきなりプライベートな…」と他人行儀!
 そんな、まるで今ナンパしたばかりみたいな!
 で

 せっかく、ツッコミが趣味のヴィーネさんと一緒なので。ボケないとと思いまして

 ただの平常運転じゃねえか!

ヴィーネ『私…、趣味でツッコんでるワケじゃないからね?』

00091
 違うんですかーーーーーーー!? そんなァ!!
 cv花澤さん絶好調ッスね!

ヴィーネ『…驚きすぎでしょう』

00092
00093
00094
00095
00098
00099
00100
00103
 両方を日本語にして、字幕と音声の違いを見るのが面白いんですよ~♪

君の那覇
 元よりクラスで人気がありそうな、現代でいえば陽キャラ派の二人。趣味といえば映画鑑賞。
 が、そこでも視点が独特なのがラフィーである
 てか

 地の果てまで追って、必ず決着を着けてやる!(俺はおまえを許さない)

 またマニアックな!
 クラスの人! 人気者の中身はとんだ変質者ですよ!!

 隠さないフルオープンの変質者!

ラフィー『あ! そういえば大変なことに気付いたんですよ!!』

00105
 洗濯機、あるじゃないですか!
 会話が完全にドッジボール

 相手にブチ当てるつもりしかない!!

『洗濯機を回して、長時間放置した後に、洗濯物を干すと…、ものすごく臭いんですよ!』

00106
00107
00108
00109
00110
00111
00112
 わかる! あれ、最初ビックリするわよね!! 何事!?って思ったわ!

コイツ最高に天使
 理解できちゃった! 変態のようで、フツーに真っ当な事も話してくるからラフィエルは怖い!!
 いや、そんな重大な話かどうかは置いといて!
 で

 あ、あとね? 怖い番組とか見ちゃったとき…。

 共感したヴィーネ
 ここぞと、自分の怖がりっぷりを暴露

 ヴィーネちゃんやっちまったな! ホントこの子、どこをとっても可愛いな!!

 いい歳して、ぬいぐるみ抱いてるのかよ!

『…って、(誰もいないか)確認したりするわよねー♪』

00113
 あ、それはちょっと分からないです。
 わかるはずもなかった!

ヴィーネ『赤っ恥ィ!?

00114
00115
00117
00118
00120
00121
00122
00123
 うん…、悪魔っぽくないでしょう?

急にテンションが…
 そんな聖魔逆転っぷりが本作の笑いどころですが、当人には、コンプレックスであるヴィーネ
 むしろ、そんな事を気にする時点でマジ天使。
 で

 苺ホイップシュー、カスタードシュー、激辛からしシューです♪

 閑話休題
 ラフィー、悪魔の注文!!

 勝手に激辛を一個注文、ロシアンルーレットをしたい、と提案するラフィエル

 店員さん、ヒロイン級に可愛いな!!

『辛いのを食べたら奢り、というのをやってみたかったんですが、どうでしょう♪』

00124
 あるある! この子ら、ほんと地上について詳しいですね!
 特に二人の場合、映画好きなら尚更か
 ヴィーネはさっそく一つ

 が

ヴィーネ『(激辛っていっても、限度があるだろうしね)。いっただっきまー♪』
ラフィー『ちなみに…』

00125
00126
00127
00129
00130
00132
00133
00134
 激辛シューを食べたら、その日は眠れないくらいに辛いらしいですよ♪

危ねェェェェッ!?
 バカな! 今回の親睦会はヴィーネが提案、店を選んだのもヴィーネだったように見えましたが
 ラフィエル、どんだけ目ざとくメニューを読んだのか!
 と

 く…、まさかここまでシュークリームに追い込まれるなんて…!

 急激に劇画調に…!
 笑うラフィー、「お前、答え知ってるだろ」感!!

 親睦会を持ちかけた相手に、こうも厳しい精神戦を強いる、天使ってどんだけ怖いのか

 ガヴリールに続き、天使きびしい!

ヴィーネ『いただきます…!』

00136
 いちごだー♪ 私はセーフだったわ!
 効果音もかわいい!

ヴィーネ『ラフィーは? …って大丈夫?!』

00138
00139
00140
00141
00142
00145
00148
00149
00150
 まぎらわしいわ!!

え!?
 もちろんラフィエルが当たるはずもなく、フツーに、「またやりましょうね♪」とお開きムードに
 てっきり、答えがわかっててハメたのかと…
 が

 サターニャじゃない? 今、学校の帰りなのね

 哀れな子羊が
 ラフィエル、見事な瞬間移動!!

 これが神足通って奴ね! 或いはただのストーカー魂って奴だ!!

ヴィーネ『…ってアレ?』

00151
 サターニャさんっ! シュークリームが一つあまっているのですが、どうですか?
 ノータイムで罠にハメる鬼畜!

ヴィーネ『行動、早ェェッ!?』

00152
00154
 美味しいじゃない

えぇえ!?
 なお、前回の通り舌もバカなので、サターニャさまは平気でしたという話。
 全方位で味オンチ!

 サターニャ、味オンチだからね

 珍しくサターニャ大勝利だった!

サターニャ『遂に…、この時がきたわね…!』

00155
 そのまま今週のサターニャパート、彼女が挑む場所とは…!
 背景が完全にバトル漫画!

サターニャ『喫茶店に入る日が…! なんか、雰囲気的に入りづらくて、ずっと敬遠してきたけど…、人間共の事は全て網羅しないといけない…!』

00156
00157
00158
00160
00161
00163
00164
00165
00166
00168
00170
 へい らっしゃい。

あざーしたー
 誰しも「喫茶店」は最初は入りにくいもの…、と思ったら、中からガヴリールが出てきたと思ったら
 流れるように腹パン! からのきらめく吐瀉物!!
 で

 殴って店の外に捨てました。でも大丈夫、あいつ、学校の知り合いなんで

 言い切ったよ!
 そうか、普通の客にはしないんだな!!

 バイトパート再び、マスター、どんだけ胃を痛めればいいの!?

 サタ子は物理的に腹痛だけど!

知り合いでも、殴っちゃダメだよねぇ!?

00171
 こんな当たり前の事を問い返さねばらんとか、マスターさんマジ過酷!
 早いなー、もう一週間経ったのね。

『何すんのよガヴリール!』『それに、こいつ丈夫なんで』

00172
00173
00174
00176
00177
 いえ…、コイツに命令されるのがイヤなんで、いっそヤッちまおうと思っただけです。

怖いよ天真くん!
 いざガヴリールに、「客」として横暴が出来ると知った途端、この笑顔! この悪魔!!
 そりゃあ、殺っちまいたくなるってモンである
 が

 お詫びといっては何だが、一杯サービスさせてくれないか?

 マスターさん辛い
 結局、その分を補填するのが彼の役目であった

 まあいきなり腹パンしといて、一杯サービスで済ます、ってのもどうかって話はおいといて!

 タダと聞けば、色めきだつサターニャですが

サターニャ『じゃあ…、この店で一番高いお酒もらえる?』

00179
 ここは酒場じゃねえよ! 置いてる店もあるけど!!
 強いて言えば墓場だよ!
 マスターの!
 
ガヴリール『お前、喫茶店知ってる? ここには酒なんて、置いてないっての…、そもそもお前、酒飲めンのか?』

00180
00181
00182
00183
 飲んだ事は無い!

約束されたデッドエンド
 いちいち可愛いサタ子! 薄い本で、“なら酒を奢るよ”と酔い潰されて以下略ですね解ります!!
 後、「レッドマウンテン」はケニアのコーヒーですね!
 そんで

 ブレンドコーヒーだね…!

 火がついた!
 適当に、一番上から選ぶサターニャ

 結果、一番の得意だ、旨いと言わせて見せるとはりきっていくマスター!!

 演出が完全にガンダム!

ガヴリール『マスター…、その話はもう大丈夫です』『必要ないです!』

00185
 二段階に渡って断られるマスターの金言! せっかくのボヴィー氏が!!
 キメ台詞潰しって酷くない!?

ガヴリール『ほら…、ブレンドコーヒー持って来てやったぞ』
サターニャ『あァん? “ブレンドコーヒー、お持ちしました”…でしょう?』

00188
00189
00191
00192
00194
00195
00196
00197
00198
00199
00200
00201
00202
00203
00204
00205
 だって私は、お客さんなんだから♪

溢してもよろしいですか?
 無料コーヒーに、ここぞと上から目線に出るサターニャだったが、ガヴは更にその上を行く!
 コーヒー、こぼしてよろしいでしょうか?
 と

 では、ご一緒にお砂糖とミルクもおこぼししおましょうか?

 サービスかよ!
 一瞬、コーヒーが消えてるんだけど!!

 てっきり床に落としたのかと思いましたが、一通りボケたら、後は普通に出すガヴリール

 ツッコミで忙しいなサターニャ!

ガヴリール『なに、そんなにコーヒーが飲みたいの?』

00206
 おや? コーヒーの話題が
 と、思うじゃん?

『別に、そんなに飲みたいわけじゃないわよ!』

00207
00208
00209
00210
 アンタが、私をもてなす姿が見たいのよ!

理由に過ぎないわ!
 今週、このパートに作画力を費やし過ぎじゃないですかね?! マスターショック!!
 ニュータイプの次は、ファンネルの集中砲火か!
 で

 つまりオマケよオマケ!!

 心が痛い!
 演出が完全にガンダムだった!!

 翻弄されるマスター、動画工房社らしい、よく動く描写だったッスね!!

 そこに力を入れるのかよ!

『て…、天真くん。そろそろコーヒーをお出ししてあげて…、私の身が持たないから…』

00211
 むしろ心ではなかろうか。

ガヴリール『…コーヒー、お持ちしました』

00212
00213
00214
00216
00217
00219
00222
 冷めてる! おいしくない!!

サタ子でさえ!
 元より何でも美味しく食べてしまう、幸せな舌と頭を持つサターニャ、しかし今回ばかりは!!
 冷めてしまったせいで、「まずい」と断じてしまう事に
 と

 ギャー!!

 とばっちり!
 いや、「不味い」は解ってたけど!!

 しゃべりすぎたせいで冷めたとか、マスター、完全に被害者じゃあねーか!!

 何あの心の地雷!?

『ふう…、若い子は難しいねえ…、私のコーヒーでは、喜んでもらえないのだろうか…』

00223
 マスターがクソ真面目すぎてホント不憫。
 実際、若いと分からないでしょうし

『あのー、一人なんですけどー』『若い子だ…!?

00224 -
00224
00228
00231
00234
00235
00236
00237
00239
00241
00242
00246
 おいしいっ! 私、こんな美味しいコーヒー飲んだ事ないですよっ!!

救われた…!
 もうヴィーネちゃんが来た時点で、「救われた…!」って感じでしたね。マスターご褒美パート
 ようやく、思う存分にうんちくを語れた模様
 良かった…
 
 じ、実は私、ブレンドコーヒーには少し自信があってね…。

 怯えるマスター!
 大丈夫ですか? お口に合わないかも?

 完全に守勢に回ったマスターが、たった一言で救われる…、魂が堕ちる瞬間って奴だ!

 やっぱり、ヴィネット以下略ちゃんが大天使だったか!

『天使だ…!』

00247
00248
 なお悪魔だった模様。
 ライトアップ!

 良かった、マスターの心は確かに照らされた!!

ガヴリール『エアコン…、壊れてるじゃん…!!』

00249
00251
00254
00255
00256
 うそうそ、壊れてるなんてウソっ♪

神は死んだ!
 家電が壊れた時あるある! しばらく待てば、直っているに違いない…という幻想をぶち殺す!
 てっきり、リモコンの電池が切れたパターンかと
 が

 何でこんな季節つくっちゃってんのよ! 神さま考えてんのか!!

 主を罵倒したァ!
 キリスト教は、みだりに主を疑っちゃイカんでしょ!!

 いわく疑いは主を嘆かせ、神の怒りを誘い、苦痛を与えるんじゃないですっけ!?

 つまり、エアコン破損は神の試練!

『さっさと、業者に連絡して修理を……』

00258
 そして惜しげもなくふとももを見せ付けるガヴさんである。
 が、更なる神の試練が!

ガヴ『…蚊に食われてる』

00259
00260
00261
00262
00267
00271
00272
00274
00275
00276
 エンジェル・シールドっ♪

せいなるはどうをはなった!
 蚊に対抗する為に、聖なる力を身に纏うガヴリールさん!久々の天使モードじゃないか!!
 なお、蚊には聖なる力など通じなかった模様
 で

 よぉし上等だ! まとめて相手してやるからかかってこいやお前らー!!

 怒りの殺虫戦!
 むしろ、キレた時のガヴが一番かわいかった!!

 おっそろしくシュールな光景ですが、なるほど、蚊がいかに恐ろしい生物かって話ですね!

 CGが妙にリアルでキモかった!

ピンポンピンポーン

00277
 あ゛!?

サターニャ『あっはは♪ ガヴリール~? ヒマだから相手しなさ~い♪』

00278
00280
00282
00284
00285
00286
00288
00289
00291
00292
00293
294-
297
00300
00302
 おいクソ悪魔…、私は今、機嫌が悪いんだ…、ナメた真似してるとその脳天カチ割るぞ…。

宗教じゃないから!
 ピンポン押しまくるサターニャ可愛い! 今週でも屈指に可愛い!! と思ったら死んだァ!
 あーん! またサターニャが死んだ!
 この人でなしー!

 すみません、勧誘はお断りしておりますので…。

 そのまま避暑地へ
 ガヴ、サタ、そしてヴィーネのアパート初公開!!

 イマドキなガヴ、高そうなサタ、で、ヴィーネのアパートは微妙に昭和感が漂ってる…

 入り口側は、そうでもないんですが

『うわは~♪ 生きとし生ける者に祝福あれ~~♪』

00303
 ドロップアウト以来、最高に天使っぽい姿だった!!
 エアコンとは神の祝福だったか…

ヴィーネ『つまり…、エアコンが壊れて蚊が出たからウチに来たと。…とりあえずお風呂入ってきなさいよ。…ちょ、何でここで脱ぐのよ!?

00305
00307
00309
00311
00312
00317 -
00317
00319
 女同士だし、別に良いでしょ? それに、聖なる光でガードされてるし。

販売促進のご加護
 深夜アニメ名物「謎の光」! そっかー、あれは番組を潰させまいとする聖なる光だったか…
 背中を流させようとしたり、ここぞと百合百合してる!
 で

 不自然な光が!?

 ではBlu-rayで消えるのは
 Blu-rayは、神の恩寵が及ばないからですね解ります。

 歩きだしたガヴリールに、きっちり、謎の光も追随するあたり聖なる力さすがすぎる

 これ、Blu-rayだとホントどうするんでしょうね(販促)

『あー、さっぱり…、良い湯だった…』

00320
 ヴィーネのシャツが、いわゆる彼シャツ状態に。
 なんてゆるゆりな回なんだ…

『…なんで今、においをかいだ!』『いやー、ヴィーネちゃんは良い匂いですなあ』

00323
00324
00326
00329
00331
00332
00333
00334
00335
00337
 やめろ! ほらここ座って!虫に刺されたところ、薬塗ってあげるから!!

至れり尽くせり
 そんなんだから、ますますガヴが堕落していくと思うと、立派に悪魔業をしている不思議
 天使を甘やかし、悪魔に堕とす大変なお仕事です
 で

 あぁん!

 渾身のエロ声!
 ガヴにも、こんな声が出せたのか…。

 いや実際に出してるのは、cv富田さんですけど、なかなかのスピードとパワーでしたね

 あと謎の光!

『きゅ、急に塗るからビックリしたんだって! この…、ばかたれが!

00338
00339
00341
00343
00345
00347
00351
 バカタレ?!

どうでもいい事
 結局、それからもエロ声を近隣に響かせた挙句、夕食までご馳走になった末に泊まったそうな
 もういっそ、このまま住み込めって話!
 で

 何か忘れているような…。

 最後まで復活できず
 サターニャさん、ギャグマンガ体質なのに!

 ラフィエルとお茶して、マスターに感謝されて、最後はガヴとイチャイチャしたヴィーネ回!

 主人公ガヴ、ヒロイン・ヴィーネって感じだった!

2017年1月23日 ガヴリールドロップアウト 第3話「友と勤労と虫刺されの夏の日」

00239
 第1~3話で全て脚本が違うものの、ゆるゆり・うまる参加組なのは変わらず。

スタッフ
 脚本:杉原研二
 絵コンテ:誌村宏明
 演出:堂川セツム
 作画監督:天﨑まなむ、山野雅明、佐藤このみ、中野裕紀、小倉寛之、渡辺舞、保村成

エンドカードは「生徒会の一存」の、狗神煌先生!

00354
 ちなみに女性であり、アダルトゲームのイラストも担当されている。

マスターが救われた…
 働かないバイト回! いや働かないっていうか、完全に営業妨害だよねっていうか…
 ラフィの、「ツッコミは趣味じゃない!?」って叫びが
 最高にcv花澤さんだった!

 何気に1話ガヴ、2話サタ、3話ヴィーネと、アパート外観が出てくるのも見所な気がします

 昭和的でヴィーネっぽい
 こうなると、ラフィエルがどんな魔境に住んでるか気になる…。

 いまいち出番が少なく感じるので、そろそろ、メイン回がきて欲しい気がします。

 冒頭の犬、出オチ状態のバイトと今週も笑えた!

 次回、第4話

アニメ ガヴリールドロップアウト 感想 2017年1月~3月

 ガヴリールドロップアウト 第1話「もう戻れないと知ったあの日」
 ガヴリールドロップアウト 第2話「天使と悪魔と委員長」
 ガヴリールドロップアウト 第3話「友と勤労と虫刺されの夏の日」
 ガヴリールドロップアウト 第4話「いざ夏休み」
 ガヴリールドロップアウト 第5話「その幻想を壊されまくった天使」
 ガヴリールドロップアウト 第6話「サターニャの逆襲」
 ガヴリールドロップアウト 第7話「ヴィーネの悪魔的な日々」
 ガヴリールドロップアウト 第8話「秋の学校生活」
 ガヴリールドロップアウト 第9話「聖夜と晦日になんか来た」
 ガヴリールドロップアウト 第10話「天使と悪魔故郷に帰る」
 ガヴリールドロップアウト 第11話「楽しい日々はいつまでも……」
 ガヴリールドロップアウト 第12話「ガヴリールドロップアウト!【最終回】」