リトルウィッチアカデミア 第3話 感想 レビュー Don't stop me now アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
“魔導石のいらないホウキ”、その真実! 飛んで撃って、しがみついて!! アッコさん力技!

00364
00551
 その秘密は、“ホウキじゃなかった”ってワケか! あの翼って何だったんでしょうね
 てっきり、アッコに懐くのかと思っていたので意外な結末でした
 自由になりたかったのか…?

 カエルの足や人間大砲! 細かいネタが、後で生きてくるのも楽しかった!

クール格好良いダイアナ!
 勝手に借りだと思ってた彼女も、思ってなかったアッコさんも微笑ましい。
 EDも、しれっと新しい画面になってて笑えます。

 ラストのホウキ飛行作画、めっちゃすごかった!

『本棚に戻れ! 戻れってば!! ノットオーフェ、オーデン、フレトールっ!』

00000
 それでもカブは抜けません…、的な。

あらすじ
 シャリオの杖どころか、容易な飛行魔法すらおぼつかないアッコ、しかし校内ホウキリレーに
 かつて、彼女が優勝したと聞いて“隣に写真を並べてもらう”と
 強い熱意で参加を決める

 結局飛べず、スーシィの策で卑怯&優勢に進めるアッコ!

 しかし試合中に「流星丸」と再遭遇
 単独飛行する伝説のホウキに、アッコは惚れこみ強引にしがみついてしまう

 結局準優勝に終わったが、自由に飛んでいった流星丸の姿がアッコの瞳に焼きつくのだった

 次回、第4話。

アッコ『やっぱダメかぁ…、はあ』

00001
00003
00006
00008
00010
00011
00012
 魔法天文学のアーシュラよ。…あ、そうだ! 私があなたの指導役になりました

個別指導のYou Can Fly
 ようやく邂逅を果たした二人、しかし、第1話で声しか聞いていなかったアッコさんは気付きません
 また、「先生もシャリオを知ってますか?」とさっそく質問
 で

 ええ…、まあ……。

 うーんこの。
 また、ようやく“呪文”も唱えるように

 しかしこれまた1話と違い、やっぱり、シャイニィロッドは力を貸してくれないのでした。

 やっぱ、自分の意思があるタイプなんですかね?

『ロッテから聞いてます、拾得物は学校に届けなきゃダメだって。でも!』

00014
 先生に対しても、いつか、シャリオに直接返すんだと主張するアッコさん。
 が、シャイ…、もといアーシュラ先生は
 意味深な返答を

『…それはあなたのところに現れたのだから、あなたが持っているべきよ。運命と魔法が、きっとあなたを導いてくれるわ…?』

00017
00018
 先生! 名前書いていいですか? 私のホウキっ!!

マイマジック!
 聞けよ人の話! 魔女の話聞かないと、カエルにされちまうぞアッコさん!!
 まるで、“返さなくていい”と言いたげな先生ですが…?
 で

 これで空を飛べるようになるんだ! 信じる心が、あたしの魔法っ!

 アッコさんノリノリ!
 だってね、魔女と言えばホウキと宅急便だよ!!

 渾身の台詞をスルーされたアーシュラ先生、ホウキを渡しただけで、帰ってしまう事に

 ちらちら見える素顔、美人さんよねえ

アーシュラ『信じる心が…、あたしの魔法、か』

00000
 まるで、夢破れた人のように呟くアーシュラ、シャリオの言葉が虚しく響く
 その言葉、今やどれほど空虚か…
 寂しい人だわ

ロッテ『アッコ…、落ち着きなよ』

00022
00024
00025
00027
 落ち着けないよぉ! だってこれから、“飛行魔法”の授業だヨ!!

武勇伝と“仕組み”の話
 まるで冬眠後のクマが食事に急ぐように、いつも以上に、落ち着きないアッコさんの姿が!!
 昔は、飛ぼうとして屋根やらから落っこちたものよ!
 が

 魔導石もないところで、飛べるワケない。

 魔法の原動力
 それは、「個人」じゃないて…?

 魔法を使うには「魔導石」が必要で、ルーナノヴァは、あの輝く塔にあるらしい

 シャリオの杖の七つの石も、魔導石なんでしょうか?

『小さい頃の夢が、叶うんだよっ!』『解ったから、落ち着いて…』

00029
 よっぽど楽しみだった事が、3人だけで、ぽつんと座ってた事からも伝わりますね
 待ちきれず、校舎を出てきたんでしょうか
 とまれ校庭に集まって…

『これより飛行魔法の授業を行う、新入生は特別授業、後の者は高速乗りの訓練をする事』

00031
00032
00034
00035
00037
00039
00043
00047
00050
00054
00055
 先生の声、「魔女の宅急便」のキキ役だった方じゃん!

アッコさんふともも大王
 外部生は二人だけ、しかし、既に飛べたスーシィはともかく、アッコはやっぱり飛ぶ事が出来ない
 いわく、「こんなに飛べないのは初めてだ」
 と

 大声コンテストなら優勝できそう…。

 呪文は“ティア・フレーレ”
 飛ぶイメージを持って、呪文と共に大地を蹴る!!

 それだけの初級魔法で、慣れれば、呪文さえ不要になるはずなんですが…。

 うーん、このパワフルな無力さ!

『イィィィ…、ヤッホォウ!』

00057
 一方で、レギューキャラらしいアマンダ・オニール華麗な曲芸飛行!
 こういうアニメ、トリガー社の真骨頂よね!

『あなたー! 授業中は曲芸禁止! 何度いったら分かるのー!!』

00059
00062
00063
00064
00065
00066
00067
00068
00070
00071
00073
00074
00075
00076
 8秒02! 速い! 新記録よ、ダイアナっ!!

ほうきリレー
 同じくコンスタンツェ・アマーリエはサボってるし、ヤスミンカ・アントネンコは何か食べてるし
 そして、ブッちぎりなのがダイアナ・キャベンディッシュだった
 と

 今年のほうきリレーは、ダイアナが本命だな。

 時計がまたひどい!
 精霊か使い魔か、そこまでしなくても!!

 正式な手順を踏んでも発動しない、って事は、シャリオの杖が動かないのも単に?

 てか1話の森も、魔導石に類するものがあったんでしょうか

ハンナ『あーら、アッコ? まだホウキに乗れないのぉ』

00079
 ダイアナ取り巻きコンビ、茶髪がハンナ、黒髪がバーバラというらしい
 第1話冒頭の、「いじわるトリオ」も彼女ら

 え、エイブリーさんは!?

バーバラ『あなたにはコレがお似合いよ♪ オルイホン・デアッツ!!』

00081
00082
00083
 練習すれば、できるようになるよ…?

有り余る想像力
 あげく、杖をゴーカートにされてしまうアッコさん! いやコレはコレで楽しそうだよ!?
 この学校、こんなだから生徒が減ってんだよ!
 多分!

 運動神経だけは、自信があったのになぁ。

 ですよねえ
 禁断の森、なかなかの健脚でした

 ではなぜ飛べないのか? 聞いた限りじゃ、ドコを直せばいいやらさっぱり…?

 空を飛ぶイメージ、想像力は誰より豊かっぽいし…?

アッコ『…ん? あれ、何やってんだろ』

00089
 噂のほうきリレーの練習、リレーってだけあって、チーム戦なんですね
 つまり、ダイアナがいれば勝利確定
 アッコがいれば敗北確定

ロッテ『ルーナノヴァ杯、ほうきリレー。3人1組でバトンを繋いでゴールを目指す、伝統のレースなんだよ♪』

00091
00093
00095
00098
00099
00100
00101
00102
00104
00107
 私も出る! 優勝して、シャリオの隣に写真をかざってもらうっ!!

夢よ近づけ!
 燃える闘志、迫る開催! やっぱり、優勝経験者には若かりしシャリオの姿もあり
 俄然、アッコは闘志を燃やすのですが…
 と

 はぁ…、じゃあ あたしは、修理に出したホウキを取りに魔道具カフェに行くから

 優勝者たち
 右上は、昨年の優勝者らしい

 1500年の歴史を数える割に、41枚しかないので、ここ41年の入賞者だけなんでしょうね

 とまれ、第1話で壊れた杖の受け取りに…?

『魔道具カフェ!? なにそれっ!』『…アッコもいく?』

00108
 うんうん! ロッテの「いく?」もかわいい!
 さすがベテランcv折笠さん!

ロッテ『魔導石の力が弱いから、町ではあまり魔法は使えないの』

00110
00113
00116
00118
00119
00121
00122
00123
00124
00125
 魔法アイテムを扱ってて、中で、お茶する事も出来るんだよ♪

なんか違う!
 てっきり、スタバみたいなカフェかと思いきや、スーシィが似合いそうな店だったというオチ!
 フツーの町にコレとか、風評被害が広がらない!?
 で

 カエルの足になるジュース? カメレオンの舌になるキャンディー…?

 第1話の町なんでしょうか
 でも、なら「普通の町」で魔法使ってたシャリオって…?

 とまれイヤそーに見回してたアッコ、個人的には、こういうのも割と「魔女」イメージなんですが…

 魔女=シャリオ、それじゃギャップですわな。

『もしかしてコレ…、伝説のホウキ、流星丸だ!!』

00126
 ええ!? 流星号ですって!?(鉄血のオルフェンズ視聴者)
 流星って名が付く奴ァ、どこでも問題児だぜ!
 ハハッ!

ロッテ『昔…、魔女が一本のホウキで、大西洋を渡ったって言われているの』

00129
00134
00137
00139
00145
 つまり、翼よ、あれがパリの灯だ!みたいな?

強い早い危険!
 実は杖自体に魔力が込められており、魔導石のない大西洋を、単独横断する事が出来たという
 しかも、ジェット機を追い越したって伝説もあるくらい!
 でも 

 乗った魔女が落ちたことにも気付かず、飛び続ける危険なホウキ…!

 それで封印に
 アッコは、「貸してください!」と頼み込むが…

 わざわざ“外に出たら戻ってくるタグ”が付けられ、出すだけでも、県庁に怒られるという!

 何より店主のオッチャン、上機嫌に…

『今年の優勝候補は、なんたってダイアナちゃんだもの♪』

00151
00154
 魔法界での有名人、って第2話評は、伊達じゃあなかったんですね。
 優勝候補、そして人気ナンバーワン!
 可愛い才女!

 業界新聞(?)にも載るレベル!

アマンダ・オニール『伝説のホウキ、ねえ…?』

00155
 そして、目をつける「飛行魔法が大得意」なアマンダ。
 悪い子だな!(確信)

アッコ『どいつもコイツもダイアナダイアナって! あたしも優勝候補だよっ!! …ホウキに乗れれば』

00156
00157
00160
00162
00164
00166
00170
00175
00179
00180
 ホウキに乗れないんでしょう? コレ、参考になるかと思って…。

先生、ありがとうっ!!
 じっくり話をしたそうな雰囲気なのに、アッコさんに、勢いで押しきられてる感のあるアーシュラ
 初等部の教科書を差し入れるも、それだけ持ってかれた!
 で

 薄々気付いてたけど…、アッコってバカでしょ。

 3連敗!
 まず、ホウキで掃除しよう!!

 とは教科書の教えでしたが、これって、ホウキをダシにしたただの教育では…。

 ホウキに土下座する人、初めてみたよ!

アッコ『スーシィもでるんだよ! もう、出場届け、出しちゃったもん!!』

00183
 じゃ、不戦敗だね。 とはスーシィの返事
 アッコも大概だが、スーシィも大概!
 言葉にまで毒がある!

 が

ロッテ『へー…、優勝したら、トロフィーと、ルーキッチ先生から景品も貰えるんだ』

00187
00188
00189
00192
00194
00195
00197
00198
00199
00201
00202
00203
00204
 きっと良いものに違いない…♪

おたすけェ!?
 幸か不幸か大不幸か! スーシィの好きな薬学、前回の鍋煮込み先生から景品が出ると聞き
 彼女による、スパルタ猛特訓が始まってしまう!
 と

 アッコみたいなタイプは、身体で覚えるのが一番さ…♪

 魔女か!
 いや、魔女なんですけど!!

 スーシィの、(自分に)正直で、(自分を)裏切らないスタイルってホントすき。

 巻き込まれる側は大迷惑だけど!

アッコ『あーーーーーれーーーーーー!?』

00205
 手を止めるも、何ごともなかったかのように作業に戻るサイクロプス、ミノタウロスたち。
 なんて勤勉な職員なんだ…

アッコ『殺す気かーーーーーーーーーーー!

00206
00207
00209
00211
00215
00217
00220
 そろそろ、飛べるようになったんじゃない?

成果が出るかも!
 あんだけ、死にそうな目に遭わされてるのに、一言もツッコまないロッテさんもいい性格である
 なお、やっぱり飛べなかった模様
 で

 他の手を考えるか…。

 コントだった!
 しかし、何が原因なんでしょうねえ

 アッコさんのノリやすい性格がめっちゃ出てた! あんだけされても、ケロッと仲直りする精神力

 さすが、トリガー製作作品の主人公である。

校長『これより、第1333回、ルーナノヴァ杯ホウキリレーを開催します』

00222
 やたら巨大な職員が目を引く開催宣言、奥の人は、さっきも出てきた一つ目巨人らしい
 いわゆるサイクロプス(目からレーザーが出るわけではない)
 幻想生物のバーゲンセール!

ワンガリ『全世界のほうきリレーファンの皆さまこんにちは! 実況は、ルーナノヴァ・ネットワークがお送りします!!』

00223
00224
00227
00230
00231
00233
00234
00235
00236
00238
 アナウンサーの「ワンガリ」、顔の模様や素足、アフリカ系の呪術師なんでしょうか

切り札は我にあり
 さっそく始まった開会式、シンプルめな作画ながら、可愛い子揃いなのも本作の特徴
 もちろん、さっき店にいた「アマンダ」の姿も
 が

 こら…、静かにしろっ!

 盗ってきてる…
 対、ダイアナ用のつもりでしょうか

 また、「一般家庭からの学校入り」と、アッコさんも十分に注目株のはずです

 が、やっぱりスルー!

『優勝候補のダイアナ選手ですっ! 意気込みをッ!!』

00239
 アナの声もうわずってる! 魔法世界注目のレース、マジ有名人なのね
 もちろん、「普段通りに飛ぶだけ」と

 エリートの返答である。

『ん~…』

00240
 むくれるアッコ、ちょっと自意識過剰でしたけどかわいいよね…。

ネルソン『出場チームは集合ォ!!』

00241
00242
00245
00249
00251
00254
 ネルソン先生は高山みなみさん、すなわち名探偵バーロォ!である。

イヤミの定期便
 ルールは簡単、ただ、「バトンの腕輪」を破損しちゃいけないというのが目立ったルールでしょうか
 また、「魔導石のチャージを忘れるな」の一言も
 と

 あーらアッコも出るの? また補助輪つけて差し上げましょうか?

 あらイヤミ!
 この子ら、昭和よね!!

 校内は魔導石の力で飛べるはずですが、個々人も、小さな石を持っているっぽいですね

 第1話のワープゾーン、レイラインから力の供給を受けているんでしょうか

『言わせておけばいいよ! どうせ勝つのはウチらだしっ!!』

00255
 策を講じた上ですが、ここで「言わせとけ!」ってなるスーシィかっこいい!
 まあ、策はアレだったんだんですけど!
 アレね!

ロッテ『すごい自信だけど…、私、そんなに速くないよ?』
スーシィ『大丈夫、ロッテは普通に飛べばいいから♪』

00257
00259
00260
00263
00264
00265
00267
00269
00271
00274
 他のホウキに栄養剤をあげといたから…、競争相手がいなければ、楽勝楽勝♪

勝てばよかろうなのだ!
 まだ生きてるの!? 強力栄養剤をかけただけで、こうも芽吹くとはホウキの生命力すごい!
 とはいえ、さすが卑怯に定評あるスーシィ!
 が

 これって…ホウキ?

 アマンダチーム
 メカマニア、コンスタンツェ・アマーリエ・フォン・ブラウンシュバンク=アルブレヒツベルガー!!

 さすがドイツ人、名前が長すぎる!!

 こんなのアリなの!?

スーシィ『ホウキをカスタマイズしてるのか…、アレじゃ、栄養剤が効かないはずだ』

00275
 ていうか明らかに魔法じゃなくて、プロペラとかで飛んでる気しますが
 基本は、ちゃんと魔法で浮いてるからオッケー…?
 やはりドイツの技術は凄い

ワンガリ『現在トップは、魔女隊のフードファイター、ヤスミンカ・アントネンコ! 貫禄の横座り飛びィ!!』

00276
00278
00279
00281
00283
00284
00285
00286
00287
00291
00293
00294
00296
00298
00299
 おーっとこれはどうした事だー!ヤスミンカ選手、コース・アウツ!!

必勝の罠
 ちなみに中の人は、「ばくおん!!」や「南鎌倉」の主人公と同じ声、cv上田麗奈さんである
 しかしスーシィの卑劣な罠により、あっさりコースアウトに
 で

 きひひ…、たーんとお食べ♪

 周到すぎる!
 このレース、ルール無用すぎやしないかい!?

 とはいえ毒を入れたりしないだけ、まだ優しい部類かもしれない!!

 まあ、効きそうな外見には見えないけど!

『…アタシはアマンダ、あんたと同じ反逆者さ。仲良くしようぜェ~♪』

00300
 一方、秘密兵器「流星丸」を取り出すアマンダ、ロックな子なのね
 もちろん、おじさんが言ってた“警報”プレートは
 とっくに外されている

『痛っ!? …おとなしくしな! あたしが乗りこなせないホウキなんか、無いんだよ!』

00302
00303
00305
00307
00308
00310
00312
00316
00318
00319
00321
00323
00324
00326
00329
00332
00333
00335
00336
 って、思うじゃん?

飛ぶ⇒跳ぶ
 自信家アマンダの失態で、「流星丸」が自由を取り戻していた頃、アンカーのアッコも秘策を披露!
 すなわち、さっきの魔法カフェで見たアイテム!
 と

 なんですの!? その無様な飛び方は!?

 カエルの足にする薬
 これを使って、ホウキで「跳んだ」ワケか!!

 あのいかにも魔女っぽいクスリが、こんなところへ繋がってくるとは!

 アッコさん汚い!

ワンガリ『これはまさかの掟破り! ホウキの、カエル飛びだぁ!!』

00338
 本気で渋面を作るダイアナ、レアで人間味があってますます可愛い!
 しかし、アッコ「勝てばいいんだよ」って
 完全に悪役だよ!

 この試合、魔法界に中継されてるらしいのに!?

ダイアナ『…一体、何をしているのっ!』

00339
00342
00344
00347
00350
00351
00354
00358
00361
00364
00366
00370
 ゲロゲロゲロゲロクワックワグハァ!?

青春は花火のように
 ここでようやく「第1区間」組が追走を開始、とはいえ、稼いだリードは圧倒的だったはずだが
 アッコが、“ホウキ”と出会ってしまう
 と

 あ…、やっぱり! 伝説のホウキだ!!

 いちいちギャグマンガ!
 やっぱり、「この子なら飛べる!」って展開になるのか!!

 と思いきや、気難しいホウキは急転、アッコもやっぱり振り落とされてしまった!

 今週、受験生の人は見ちゃいけないアニメだ!!

アッコ『待てぇ! 逃がすかぁ!!』

00373
00378
00380
00382
00384
00387
00389
00390
00393
00396
00399
00400
00404
00405
00406
00408
00412
00415
 やったぁ! ほうきに乗れたぁ!

天と地と
 しかしここからがアッコの本領発揮! 海外ホームコメディみたいなノリで世界一周してる!!
 大西洋横断、なんてレベルのスピードじゃねえよ!
 でも

 絶対に…、離さないんだからぁ!!

 アッコさんすげえ!
 執念も演出も、コミカル&さすがアッコさん!!

 海中もオッケーとか、この世界の魔女、めっちゃ汎用性が高いですね!

 雲の演出も美しい!

アッコ『……ダイアナ!?』

00417
00418
00422
00426
00428
00430
00432
00433
00435
00441
00442
00446
00447
00448
00449
00450
00451
00453
00455
 これで、この間の借りは返したわよ。

借り?
 が、傷だらけだというダイアナに、傷の一つや二つや三つ! 四つや五つや六つ!!と来た!
 まさかのセルフ人間砲弾!?
 で

 アタシは本気に! 乗るったら乗るんだからーーーーー!

 執念しかねえ!
 どころか、鎖で身体をガッチリ拘束する勇気!!

 何度振り落としても、何度も何度戻ってきて、終いにはこの有り様とか人間こわい!!

 魔法の杖もドンビキするレベル!

アッコ『振り落とそうなんムダよ! 地獄の底まで離さないッ!!』

00456
 ヒロインがしていい顔じゃねえよ! さすがアッコさん!!
 杖をドンビキさせる人間なんて初めて見たよ!
 一番怖いのは人間!

 トリガー社のこういう勢い大好き!
 
ロッテ『アッコ…、大丈夫かなあ』

00458
00460
00463
00464
00466
00468
00469
00470
00477
00480
00482
00483
 アッコ!? アッコがホウキで飛んでるゥーーーーーーー!!

アマンダ失格!
 執念でホウキに乗るアッコ!呆然とした声になったアナウンサー、cv村川梨衣さんホント良い!
 が、ここで所有権を主張したのがアマンダ!
 だが

 あたしのホウキだよ、返せっ!!

 ここで先生!
 ああ、勝手に流星丸を持ってきた件が…?

 でもそれなら、アッコも失格に成るのかと思いきや、アマンダ失格はレースルールによるもの

 つまり

『アマンダ失格ー!!』

00486
 バトンじゃなくてドーナツだぁーーーーーー!!
 その発想はなかった!

 あ、このネタの為にブレスレット形だったのか!!

『すごいよ! アッコがホウキで飛んでるよ!』『しがみついてるだけでしょ?』『それでもすごいよっ!!』

00489
00490
00494
00496
00498
00499
00502
00505
00509
00514
00518
00525
00530
00531
00533
00535
00536
00539
00540
00542
00543
00544
 熱意だけはあるようですわね。

おおぞらをとぶ
 しかし、土壇場で「拘束具」が空中分解してしまい、アッコは惜しくも準優勝に終わってしまった
 アレはホウキ…、というより“鳥”のようなモノだったらしい
 また

 熱意だけよね…、でも……、いつか。

 嬉しげなダイアナ
 熱意はある、確かに「認める」声の響き。

 しかしアーシュラの言葉は、「その熱意もいつかは途切れる」、と言いたげなような

 アーシュラ先生は、もう“燃え尽きてしまった”んでしょうか…?

2017年1月22日 リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」

00203
 初代エヴァの副監督(現カラー社・相談役)、摩砂雪氏が絵コンテ!

スタッフ
 脚本:うえのきみこ
 絵コンテ:摩砂雪
 演出:篠原啓輔
 作画監督:五十嵐海/斉藤健吾

次回、第4話! エンディングイラストは、毎回一部がさし代わっていく模様

00547
00550
00551
00552
 優勝のご褒美の「壺」は、、触手だった模様。ダメじゃん!

Don't stop me now!
 魔法の杖、最後は自由になった流星丸のように、「今は私を止めないで」って回。
 同時に、アッコの熱意を示したサブタイだった
 そんな気がします

 誰も止めないで! 今、私はやりきりたいんだ!!って情熱の回!

 アーシュラも同様で
 そして、今は「燃え尽きてしまった」のかな…、みたいな。

 魔道石のいらない特別な杖、「彼」が自由になりたかった理由、それって生き物だったから?

 動画も凄かったし、ラストの飛翔がキレイだった!


 リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」
 リトルウィッチアカデミア 第2話「パピリオディア」
 リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」
 リトルウィッチアカデミア 第4話「ナイトフォール」
 リトルウィッチアカデミア 第5話「ルーナノヴァと白い龍」
 リトルウィッチアカデミア 第6話「ポラリスの泉」
 リトルウィッチアカデミア 第7話「オレンジサブマリナ―」
 リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ 」
 リトルウィッチアカデミア 第9話「ブライトンベリーアンデッド紀行」
 リトルウィッチアカデミア 第10話「蜂騒ぎ」
 リトルウィッチアカデミア 第11話「ブルームーン」
 リトルウィッチアカデミア 第12話「What you will」
 リトルウィッチアカデミア 第13話「サムハインの魔法」
 リトルウィッチアカデミア 第14話「ニューエイジマジック」
 リトルウィッチアカデミア 第15話「チャリオット・オブ・ファイア」
 リトルウィッチアカデミア 第16話「ポホヨラの試練」
 リトルウィッチアカデミア 第17話「アマンダ・オニール・アンド・ホーリー・グレイル」
 リトルウィッチアカデミア 第18話「空中大戦争スタンシップ」
 リトルウィッチアカデミア 第19話「キャベンディッシュ」
 リトルウィッチアカデミア 第20話「知性と感性」
 リトルウィッチアカデミア 第21話「ワガンディア」
 リトルウィッチアカデミア 第22話「シャリオとクロワ」
 リトルウィッチアカデミア 第23話「Yesterday」
 リトルウィッチアカデミア 第24話「アルクトゥルスへの道」
 リトルウィッチアカデミア 第25話「言の葉の樹【最終回】」