この素晴らしい世界に祝福を!2 このすば2期 第2話 感想 この紅魔の娘に友人を! レビュー アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら。次回はこちら
変人のライバルも変人。不憫ゆんゆん、黒歴史オープンされるめぐみん姉ちゃんすごい!!

00244
00494
 我が名はって、紅魔族特有の名乗りだったのかよ! どんだけ名前に自信があんの!?
 めぐみんと、自称ライバル・TV版(前期OP除き)初登場ゆんゆん回
 ちゃっかり戦歴付けてるめぐみん可愛い!

 徹底して軽く扱った末、しっかり仲良し演出入れるのはズル可愛い!

くっ殺!!
 一方、ダクネスさんもホント楽しそうで何よりです。あの一言だけで、何もないのは伝わった!
 カエル師匠、今期もヌルヌルお疲れさまッス!

 歌の教科書に載ってそうなED曲のほのぼの感、相変らず異世界要素ゼロ!カズマさん頼れるゥ!!

しかしまさか、二人が堂々たる混浴になるとは…!

d7f17aaa
 くつろぎと幸福の空間(異性)。

あらすじ
 領主との交渉に行ったダクネスが帰らず、戦力不足で、またカエルに追い掛け回されるカズマ達
 これを救ったのは、めぐみんの同級生だった紅魔族族長の娘
 自称ライバル「ゆんゆん」であった

 しつこく勝負を挑む彼女を、外道殺法で叩きのめしためぐみん

 翌日も付きまとわれて勝負になるものの
 結果的に、二人は「これが黒歴史だ!」と自らの恥をカズマ達に晒してしまいめぐみんが勝った

 後猫(仮)のちょむすけが加わり、カズマはめぐみんと風呂に入ってロリニートと呼ばれるのだった

 次回、第3話「この迷宮の主に安らぎを!」

駄女神様『寒い…、寒いよぉ…、誰か私を温めてよぉ…』

00002
 00003
00004
00006
00007
00008
 あ゛ーーーー!!

それマフラーじゃねーから!
 今日は温めて! 誰か私を温めて!! じゃないんですねアクア様。とまれカズマさん開幕絶叫!
 実は、前回どっかに行ったダクネスがいった先とは…
 と

 あの領主の下に行った、ダクネスが一晩帰ってこなかったんだぞ!?

 あ゛ー!?
 なんてこった!!

 明らかに肢体目当てのエロ領主に、一つだけ約束を聞くから、とあの世間知らずが独りで…

 てっきり、実家へ力を借りに行ったのかと!?

『なーお』

00009
 あら、OPにも出ている猫ちゃんが……?
 猫ちゃん(?)が?

 何か、羽根があるわ額に十字架だわ、神か悪魔か真ゲッターみたいな…?

カズマさん『あ゛ーーー…、ってめぐみん? 何だ、その猫??』

00012
00014
00015
00018
 ちょっと! どうして私にだけ爪を立てるの!?

黒き毛皮の獣
 申し訳なさそうに申し出ためぐみん、やはり、この窮状で「この子を飼いたい」という。
 さて、クズマさんとめぐみんには懐いている
 が

 何か邪悪なオーラを感じるわね…、ねえ、この漆黒の魔獣の名前は何ていうの?

 酷い言いがかりを見た!
 が、コレ絶対間違ってないパターンだ!!

 だってクズマさんに懐いて、女神に反発するとか明らかに闇属性じゃないですか!

 とまれ、「君の名は。」と問うアクア様ですが

ちょむすけです!』『え? 今、何て…?』

00021
 ちょむすけです!

カズマ&アクア『『んー………』』

00022
00023
00024
00025
00027
00031
00032
00033
 お前、落ち着いてるなー! ダクネスは今ごろ…!!

くっ殺!
 紅魔族のセンスに、二人が押しきられる一方、高レベルのマゾであるダクネスを心配するカズマ
 きっと今ごろ、「くっ!」とか言ってるに違いない
 と

 くっ! 私の身体は自由に出来ても…、心までは……ッ!

 そんな女騎士みたいな…
 カズマさん、役には入り過ぎて美人化しとる!!

 女騎士といえば「くっ、殺せ!」、昨年1巻が出た、オークがAV業界で働く漫画でも言ってた!

 某、漫画家お料理4コマでもいつも言ってる!
 
ど、どどどどうしましょう!? ダクネスが酷い事に!』

00034
 気付くの遅いよ! かわいいなちきしょう!!
 さすがメンバー最年少!

※書籍版以降はクズマさん16歳、めぐみん13歳。

『もう手遅れだ…、いいか? ダクネスが帰ってきたら、いつもと変わらず優しく接してやるんだぞ?』

00038
00040
00041
00042
 分かったわ! 大人の階段登ったダクネスには、何があったのか聞いちゃいけないってことね!

水曜どうしましょう
 あ、これ聞いちゃうパターンだ…、と察するまでもなく、怒鳴り込んできたのは検察官のセナ。
 アイルトンではない方のセナさんだったが…?
 と

 サトウ・カズマ! サトウ・カズマはいるかッ!!

 からの
 OP最高ですよね!

 特に、ダクネスが嬉々と叩いて⇒めぐみんが爆風⇒アクア様が浮かして⇒カスマさんが取る!

 OPだけで一つの話になってますもの!

討伐クエスト「アクセルの町周辺に現れたモンスターを討伐せよ」

00045
 久々のカエルさん! 冬の間はロクにモンスターも出ない(よって仕事がない)はずなのに…?
 相変らず良い逃げっぷりですアクア様!

『拘留された俺を助ける為に、めぐみんが爆裂魔法を撃ちまくった…、そのせいで、冬眠中だったジャイアント・トードが目を覚ましてしまったらしい。今回は、その後始末をしにきたワケだが…』

00047
00048
00050
00052
 カエルに食べられるの、もうイヤぁぁぁぁ~~~~~~!

逃げ切れない存在の軽さ
 巨大カエルから全力逃走する女神…! もう、「ゴッド・ブロウ!」は使わないんですねアクア様!!
 完全に、トラウマじゃねえか!
 が

 カエルがこの寒さでも動きが鈍くならないとは…、逞しすぎやしないか?

 そこかよ!
 救って! カスマさん早く救って!?

 なお前期によると、肉は淡白で美味しい上、1匹につき5000エリスとなかなかの稼ぎとなる

 アクアを囮にして仕留めるのが、本パーティーの基本戦略となるが…?

めぐみん『私達も負けてはいられませんよ…、もっともっと強くなって、過酷なこの世界を…、生き抜くのです!』

00053
 さっそく死にかけてるじゃねえか!

めぐみん『いえ、アクアからで良いですよ?(冷静)』

00054
00056
00057
00060
 外は寒いですし、カエルの中はぬくいのです。

お、おう任せる
 この女、学んでやがる! そういや前に食われた時も、「ぬくいです」とか言ってたっけ!!
 てか、“杖”は差し押さえられたはずじゃないの!?
 と

 既に爆裂魔法を放った私に出来る事は、コイツを足止めしておくくらい…。

 めぐみんは賢いな…
 既に行動不能、しかも「呑まれないよう」足場を配置

 第2期、1話といい足場が活躍しすぎじゃないですかね!? めぐみん賢い!!

 セナさん、いいんですか? じゃなくてコレがいいんじゃあないか!

かじゅましゃーん! もう無理! もー無理!! 早くしてェ~!!』

00061
 一方、これはこれで逃げ足が相当スキルアップしてそうなアクア様である。
 なお女神なので、最初からパラメータ上限値の模様
 つまり「まるで成長しようがない」

カズマさん『ウチのパーティーには、ダクネスという固い“壁役”がいるのに、効果的に遠距離攻撃できる者がいない…、そこで俺が…、新たなスキルを修得した! そのスキルの名は…、狙撃♪ 狙撃♪スキルは、運が強いほどに命中率を増す、俺にうってつけのスキル!』

00062
00063
00064
00065
00068
00071
00072
00073
00074
00078
00079
00081
00083
00085
00086
00087
 ちょっと! 今、私のチャームポイントを矢がかすめ!?

このすばァ!
 対し、カズマ自慢の新スキル! すげえや、雪による射線のブレすら自動補正される運のよさ!
 しかし威力は別問題だって気付けバーカ!!
 と

 あ…、あなた達は、いつもこんな なんですか!?

 ええまあ大体…
 既に、戦績だけなら大冒険者級のカズマさん

 しかしてその実態は、ジャイアント・トードすら一撃死させられないすっとこ冒険者であったと

 アクア様、いきなりヌルッヌル!

めぐみん『ま、待ってください!』

00088
 カエルが! 今、一匹相手でこの惨状だったのに!?
 いや、正確には四匹討伐&一匹保留だけど!
 赤・青・黄色!

 って、信号機か!

『え!? マズい! これではエサ…、いや、囮の人数が足りない!?』

00089
00090
00094
 いや、「囮」でも充分アウトだからねクズマさん!?

足りぬ足りぬはとにかく足りぬ
 火力不足で人数不足、このままでは、4人揃ってカエルのエサ確定の状況となったカズマ達
 何より、“カエルを倒せる攻撃力持ち”がカスマさんだけ!
 で

 お前とセナさんの二人で、足止めできるー!!

 ちゃっかり!
 セナさん、戦えないの!?

 当人いわく、あくまで監視役、そんなこと言ってる場合じゃないでしょ彼氏がいない検察官!

 が

『私はあなた達の監視をしているだけなので、巻き込まれるいわれは!?

00095
 絵に描いた様にあっさりと行ったァ!!

駄女神『カズマ、チャンスよ! 今のうちにカエルを仕留めて!

00096
00097
00098
00099
00101
00103
00104
00105
00106
00107
00113
00115
00118
00121
00123
 すみません、少しずつ呑み込まれ始めたので、そろそろ救出して貰えないでしょうか?

あはァン!
 デュラハンを倒し、誰にも止められなかった子供に大人気の機動要塞を破壊した冒険者カズマ
 その最期は、ジャイアント・トードであった…、みたいな
 と

 あー、もうこんな時にダクネスがいれば!?

 人数って大事ね!
 予告時点で、セナさんも戦えるのかと

 失って分かる大事なドM、申し訳なさそうなめぐみん可愛い! セナさん無駄にお色気!!

 cv生天目さん渾身の色気!

もう、ダメだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?

00127
 大丈夫だよ死んでも、またエリス様をアクア様が脅せばきっとなんとか!!
 これっきりですよとか言ってた気がするけど
 なんとか!

 むしろ、エリス様かわいいので是非!

????『らいと・オブ・せいばーーーーーっ!!

00130
00131
00134
00135
00138
00139
00140
00141
00142
00144
00146
 このすば♪(天使のように) 魔法演出かっこいい!!

巨乳は正義
 まだこのすば慣れしてないセナ検察官が、完全にトラウマってますが、ともかく窮地は脱出に。
 加えて、以前なら背負って帰るしかなかっためぐみん
 カエルだけに

 正直、さわりたくない…。これで歩けるだろ?

 便利よねコレ…
 噂のスキル、「ドレインタッチ」。

 触れた対象からの吸収だけでなく、逆に分け与える事もでき、爆裂魔法後のめぐみんに最適

 不死王リッチー(ウィズ)から学んだ魔の技、裁判で有罪要因ともなった

カズマ『誰だか知らないけど、助かったよ』

00149
 た、助けたわけじゃないですから!とは、少女の談。
 あ、これヒロインだって反応!

????『ライバルがカエルなんかにやられたら…、私の立場がないから…』
カズマさん『ら、ライバル?』

00151
00152
00153
00156
00158
00159
 ひ、ひさしぶりねめぐみん! 今日こそは、永きに渡った決着をつけるわよ!!

ぬるりと
 あらこの子、思ったより中二いや、思い込みが強い子なんですね。実際13歳らしいですけど
 目的は、めぐみんとの“決着”をつける事だと
 が

 どちらさまでしょう? 大体…、名前も名乗らないなんておかしいじゃあないですか!

 否定された!
 てか、「この子」もおかしい!!

 久しぶりねって台詞の棒読みっぷり時点で、なんかもう、ダメな子にしか見えないよ!!

※cv豊崎愛生さん、2006年デビュー&有名作&交友トラブル歴持ちである。

『これはきっと以前、カズマが言っていた、“オレオレなんとか”ってやつですよ』

00160
 めぐみん、いらん言葉だけはめきめきと学んでいらっしゃる…!
 登場直後に泣きそうじゃないか!

『わ…、解ったわよ! 知らない人の前で恥ずかしいけど…、我が名はゆんゆん! アーク・ウィザートにして上級魔法を操る者、やがては紅魔の長となる者ッ!』

00162
00168
00173
00174
00176
00177
00179
00181
00183
00184
00185
00187
 と、まあ彼女はゆんゆん。紅魔族の長の娘で、私の自称ライバルです。

ゆんゆん
 まんまめぐみんの名乗りじゃねえか! この一連の名乗り、紅魔族のしきたりか何かなの!?
 直後、さらっと扱うめぐみんさんも凄い酷い!
 が

 私の名前を聞いても、笑わないんですか?

 平然カズマ
 彼女は、「名前」が恥ずかしいのね

 その割に、しっかり仮面ラ~イダのポーズを取るあたり、仕来たりを守る真面目な子らしい

 立った! フラグが立った!!

カズマさん『世の中にはな? 変わった名前を持っているのにも関わらず、“頭がおかしい爆裂娘”なんて、不名誉な通り名で呼ばれる奴もいるんだよ』

00189
 私の事ですか?! それ私の事ですか!?
 ヌチャア!(効果音)

粘液めぐみん『私が知らない間に、いつの間にかその通り名が定着していたのですかー!?』

00190
00191
00192
00194
00196
00200
00201
 これが私の目を欺く演技だという可能性も捨ててはいませんよ? では。

このめぐみんがひどい!
 とまれ、ゆんゆんが「勝手にライバル視」して、それをめぐみんがテキトーにあしらっているらしい
 一方、まだ心が折れてなかったセナさんは早々に退場
 頑丈である

 こんな状況で、俺だけ取り残されるのは困るのだが……。

 全くである
 アクアは、肉の換金と回収の依頼に

 体よくロリっ子二人の介護を押し付けられたカズマさん、毎度ながら主人公体質である。

 ああもう、可愛いなこの二人!

めぐみん『しょうがないですねえ…』

00202
 しかしいい加減に相手にするのも疲れたのか、ならば勝負しましょう、それも体術でという
 魔力切れの今、魔法戦が出来ないので妥当ではある
 が

ゆんゆん『いいの? 学園では、ろくに体術の授業に出なかっためぐみんが、昼休みの時間になると、これ見よがしに私の前をちょろちょろして勝負を誘って、私からお弁当を巻き上げていたあなたが…!?』

00204
00205
00207
00208
00209
00210
00213
00215
00217
00220
00221
00224
00226
00227
 私だって…、死活問題だったんです…。家庭の事情で、彼女の弁当が生命線だったんのですよ!

え、いいの…?
 学生時代も、勝負したいゆんゆんと、お弁当を奪い取りたいめぐみんで利害が一致し
 毎度、めぐみんが巻き上げていたらしい
 が

 むゥ…、体格的にはゆんゆんに軍配が上がりそうだ…

 とはカズマさん
 話を聞くに、めぐみん必勝のはず

 しかしゆんゆんは嬉々として受けるし、そもそも、体格(決しておっぱいではなく)で彼女が優位

 では果たして、めぐみん必勝の兵法とは…?

『め…、めぐみん…!? その…』

00228
 ここで種明かし、光が差して、ようやく分かったのは、めぐみんがヌルヌルテカテカだと…!
 めぐみん、これまでどんな戦法で勝ってきたのよ!?
 で

めぐみん『そうですよ…? この全身ねっちょりは、全てカエルのお腹の中の分泌物です…、さあ…、近付いた瞬間に思い切り抱きついて…! そのまま寝技に持ち込んであげます…!』

00229
00231
00234
00237
00240
00244
00245
00247
00248
 私達、友達ですよね? 友人というのは、苦難を分かち合うものだと思います♪

天使の笑顔/粘液FIGHT
 かくて、ゆんゆんは戦意喪失、かさにきためぐみんは渾身で抱きつき粘液まみれのご褒美に!
 何という事でしょう、美少女がぬるぬるでくんずほぐれつ!
 で

 今日も勝ちッ!

 ゲス声だった!
 ホント、cv高橋李依さん最高ですね!

 おそらく学生時代も、めぐみんはルール無用の残虐ファイターだったのでしょうね

 さすがクズマさんの仲間や! 

『や…、やめろぉ! おのれぇ…!!』

00249
00250
 くっ殺!

その頃の
 一方、懸案のダクネス、「貴族らしい格好」で内臓がひっくり返る程コルセットを締めてた模様
 中世の下着で、下女が手伝い死ぬほど締め上げたことで有名
 なお

 くっころ! とは「くっ…、殺せ!」の略で、追い詰められた女騎士の定番

 快楽に負け
 そのまま即堕ちまでワンセット

 でもララティーナの場合、性騎士だからかえって大丈夫だねお元気そうですね。

 くっころ!

カズマ『あの子、泣いて逃げちゃったなー』
めぐみん『カズマ、戦利品です。返済の足しにしてください』

00251
00253
00256
00257
 私くらいの規格外の大魔導師には、無用なものなのです!

爆裂魔法以外は…
 この宝玉、ゆんゆんから奪い取ったのかと思いましたが、特にそんな様子もなかったですし
 カエルの腹にでも、詰まってんでしょうか? 夢みたいに。
 で

 さっきのこより めぐみんのほーが びじんだなって(棒読)。

 カズマさん…
 相変らず、「爆裂魔法」以外に興味がないめぐみん

 一向に改善のないめぐみんに、呆れるものの、「お前美人だなー」と誤魔化すクズマさん。

 が

『それはどーも、ありがとう! お礼に、ぎゅっ♪ っとハグしてあげましょう~!』

00258
 こ、こっち来んな?! 
 そして可愛い!

 一連の台詞がめっちゃ可愛かった!! なお

『もっと喜んで良いですよ? ぬるぬるの女の子に抱きつかれるだなんて、場合によっては、お金を払うヒトだっていますよっ!』『カエルくさい!

00261
00263
00264
00267
00268
00271
 うう…、こんな嬉しくない抱擁は初めてだ……。

都民ファースト
 さながら伝染病か、或いはただの嫌がらせのように、またヌルヌルを押し付けるめぐみん!!
 彼女、どんだけヌルヌル状態なんだよ!
 で

 れでぃーふぁーすと…、って知ってますか?

 シャワー!
 風呂! その尊い空間をどちらが先に!!

 しかし「ぬるぬる女の子に金を払う」って、まんま、泡のお嬢さんの話じゃないですか!

 性の営みは、世界を越えて共通!

『俺は、真の男女平等を願う者…、都合の良いときだけ女の権利を主張し、都合の悪いときは“男のくせに”、とか言っちゃう輩は赦さない人間だ…ッ!』

00272
 何故でしょう、カズマさんが言うと、男女平等も危険思想としか思えない好例
 どっかの鋼の錬金術師みたいな!
 で

『レディー扱いされたいというのなら、まずは一端のレディーになってからにしたまえ!』
『今、私を子ども扱いしましたね!?』

00273
00274
00277
00280
00281
00282
00285
00286
 なるほど、カズマが私を女と見ていない事は良く分かりました…

パンツにだって穴がある
 先を争うように風呂場に飛びこんだ二人! おっと、ここで先に脱いだのはクズマさんだ!!
 先手、半裸! テコでも譲らないアルキメデスの意思!
 が 

 ならばいっそ、一緒に入りましょうかッ!

 脱いだァ!
 やっぱ、めぐみんのマントは絵になるね!!

 めぐみんいわく、カズマとは3歳差なんですが、13歳は中学生で16は高校生!!

 カズマには、パンツも脱げるほどガキにしか見えない!

『そうだな、一緒に入れば解決だな』

00287
 平然と…、これが真の男女平等主義者乳首なのか!
 父性すら感じさせる! 

『先に言っておくが、俺にお約束とかは通用しないからな! たとえばだ、俺にめぐみんが惚れて、俺が他所で他の女に迫られたとする、そんな俺に嫉妬して理不尽な暴力でも振るおうものなら、俺は遠慮なく反撃する! 俺はやるときはヤる男だからな!! そこらへんはちゃんと覚えておけよー!!』

00288
00289
00290
00291
00293
00296
00299
00300
00302
00303
00308
00310
 お、あれだけ挑発しておいて一緒に入らないのか? とんだ根性なしめ!

風呂は命の洗濯です
 えらく具体的に「暴力ヒロイン」を挙げるカズマ! が、呆れて引き下がろうとしためぐみんは
 安い挑発に乗って、あっさりと服を脱ぎ捨てる暴挙に!
 で

 何ですか入りますよ、入れますよお風呂くらいッ!

 あぁん♪じゃねえ!
 股間オープン! クズマさん今週も絶好調ッスね!!

 そのままホントにご入浴とか、これは「ちょろい」と言われても仕方ない! 仕方ないですね!!

 やだもう、めぐみん担当回って楽しい!

『なあ…、猫って、風呂嫌いじゃなかったか…?』

00311
 話題逸らしのごとく、どうでもいい話を振るカズマさん、「キレイ好きなのですよ」との事
 いや、それ以前に羽根が生えてんだけど
 そこはいいの…?

 これ絶対、闇のなんとかだよね…?

『なぁ…?』『はい…?』『あの子、ほっといても良かったのか…?』

00313
 ていうか雪が積もるレベルなのに、あんなセクシールックでよく平気ですねゆんゆん
 ま、アクア様なんか穿いてませんし
 めぐみんロリッ子だし

 一時期、冬のフル装備だったのが懐かしいですね。

 いわく「どうせまた会えますよ」、ライバルを自称するおっかけですから、と

カスマさん『あの子も同じ歳なんだよなー…』
めぐみん『おい! 今、私を見て思った事を、正直に言ってもらおうか!』

00312
00317
00319
00321
00324
00326
00327
00328
00332
00334
00336
00338
00339
00341
00343
 成長は人それぞれだよなって思ってな…。

人は二人で風呂は一つ
 むしろ13歳であの巨乳がおかしい気がしますが、まじまじと、めぐみんの肢体を眺めるうち
 ようやく、カズマに疑問が浮かんだらしい
 と

 何で俺とめぐみん、一緒に風呂に入ってるの?

 ちょっと照れとる!
 ようやく、女の子とお風呂だと自覚したらしい

 というかこの状況を見られたら、洒落にならないのだとようやく自覚したらしい

 どんだけ、生暖かいヌルヌルが嫌だったのよ!

ただまー!

00344
 ハイ帰ってきた駄女神! カズマさんホントに幸運高ランクなの!?
 てか「ただまー!」って雑すぎる!
 駄女神!

『“フリーズ!” 持ってくれ、俺の魔力!! アクアに見つかったら、ロリニートだの、ロリマさんだの、不名誉な渾名を広められてしまうぅぅぅぅぅう!』

00345
00347
00349
00351
00352
00356
00357
00359
00360
00361
00362
00364
00366
00367
00369
 危うく俺が、ロリコン認定されてしまうところだった…!

存在の雑すぎる軽さ
 ちょむすけ有能! とっさに、フリーズで扉を凍らせたカズマに、慌ててカバーするちょむすけ!
 やべえよ、「彼(?)」がいなかったら放送禁止だった!
 が

 あ、めぐみん? 悪いけど動けないから、身体拭いてくれよー。

 この男!
 どこまでも子ども扱いするカズマ!!

 対しめぐみん側は、「ロリコン扱い」でなく、もっと別な関係に思われると考えたらしい

 めぐみんってば、おませさんですねえ

『おい。私と入ったらロリコン認定される件、そこら辺の話をちゃんとしようじゃないか…』

00371
 思った以上に本気で怒られるカズマさん、ロリ扱い、そこまで嫌なのめぐみんさん!
 コンプレックスは根深かった!

 大丈夫、13歳ならまだ中1、中2(病)そこらって年齢ですし!!
 
『ちょ、アクア! アクアー!? ロリっ子にいたずらされるー!?

00374
00377
00379
00383
00385
00386
00387
 ロリニート…。

「あ」「あ」
 そんなワケで、不名誉な称号と「12匹討伐」の報酬をゲット、第2話相当なら5000*12で6万か
 実際カエルは鶏肉に似た味で、中華料理で重宝されてるとか
 で

 ちわーっス、これ、買い取って欲しいんだけど…

 翌日ウィズの店に
 そこで、ホントにバッタリ「ゆんゆん」と再会してしまう

 めぐみんはああ言ったけど、翌日さっそく再会とかサイクル短すぎィ!!

 で

我が名はゆんゆん! なんという偶然、なんという運命のいたずらっ! こんなところで鉢合わせになるとは、やはり終生のライバル!』

00388
 皆さんがウチの店によくいらっしゃると聞いたそうで、朝から待ってらしたんですよ
 と、バラしたのはウィズであった
 鬼畜か!

 きたない、やっぱり魔王軍幹部きたない!!

ゆんゆん『ななな何を言っているんですか店主さん! 私はマジックアイテムを買いにきただけですよ! これくださいっ!!』

00389
00391
00392
00393
00394
00396
00398
00400
00401
00403
00407
00408
 このすばっ!

孤独の紅魔
 これ絶対あとで何かの原因になるアイテムだ! もとい後ろの淫獣、なにやってんの!?
 曰く、「人様の家を訪ねる」のはハードルが高かったらしい
 で

 煮え切らない子ですねえ…、これだからぼっちはっ!

 めぐみんに言われた!?
 どうも、「紅魔の里」ではめぐみんが標準的

 ゆんゆんは自分の名前が恥ずかしくて、紅魔の里では、浮いていたらしい。

 まともな方がハブられる過酷な環境…!

めぐみん『学園では、だいたい独りでご飯を食べていました…』

00411
 なので昼食もぼっち飯、だから、めぐみんと「お弁当を賭けて!」勝負になった事も
 ゆんゆんは、すごく嬉しそうだったそうな
 慈善事業だったのか…

 ていうか、ガヴリールドロップアウトといいぼっちヒロイン多いな今期…!

『居るわよ、私にだって友達くらい! ふにふらさんとか、どどんこさんとかが、“私たち友達よね?”って言って、私のおごりでご飯を食べに行ったり!!』

00412
00414
00415
00417
00418
00420
00421
00422
00423
 やめろ! それ以上は聞きたくない!?

爆裂ジャンキー
 いまやすっかり面影がありませんが、元々、高校ニートでコミュ障だった(?)頃もあるカズマさん
 とんだ飛び火だぜ! 色んな意味で聞きたくねえ!!
 が

 他の魔法も覚えなさいよね? スキルポイントだって、溜まったはずでしょ

 立場的には
 彼女、めぐみんの助言者でもあったみたいな

 めぐみんはもちろん話を聞かず、最近のポイントも、威力アップや高速詠唱につぎ込んだ模様

 やべえ顔してやがるぜ!

『勝負勝負って、同級生なのに殺伐としてるわねー』

00426
 一方、「後輩(エリス神)」がいるくらいだし、同級生もいそうなアクア様ですが
 どこ吹く風であった。
 で

アクア様『ん? ねえねえ、これなんて良いんじゃない? “仲良くなる水晶”!!』

00428
00430
00432
00434
00436
00437
00438
00439
00440
00441
00442
00443
00445
00446
00449
00453
00458
00459
00460
00461
 上手く使えたら仲良しになれるんですか♪ 嬉しそうだなゆんゆん!!

「あ゛?」
 またも売り言葉に買い言葉、紅魔特有だという、高い魔力をつぎ込んでの魔力合戦!!
 めぐみん、一発芸しかないのに挑発に弱すぎィ!!
 で

 こんなにも投影されたのは初めてです! 二人とも、すごい魔力です!!

 仲良くなる水晶
 えらく、ざっくりした名称の水晶と「投影」?

 何が起こるのか、見守っていたカズマが驚愕の声をあげる! 驚愕するような水晶…!?

 投影は、学生時代のめぐみん…?

カズマ『何だ…、これ…!?』

00463
 あれ…、パンの耳を集めているのか…!?
 欠食児童、だと…!?

アクア『え…、ちょっと待って…!?』

00464
00465
00468
00469
00470
00472
00474
00475
00479
00481
00484
00485
00486
00488
00489
00492
00494
00496
00497
 わー♪ ねーちゃんすごーい♪

哀・おぼえていますか
 学生時代、ひたすら貧困で「ねーちゃんすごい!」だっためぐみん! 妹さんいたのかお前!?
 こめっこちゃん、cv長縄まりあ可愛いな!
 で

 もう…、悪魔が友達でいいかな……。

 ゆんゆん悲惨…
 ぼっち過ぎて、「独りでチェスの対戦」をやらかす始末。

 あげく“友達に奢っていた”のも、奢る為に、わざわざバイトをしてたらしい

 良い子か!!

『『わ゛ーーーーーーー!?』』

00498
 どっかで見たポーズみたいになってて可愛いな!
 てか何で黒歴史なの!?

 ああ、この投影って、“∀ガンダム”の黒歴史のシーンまんまだコレ!

ウィズ『これは、お互いの恥ずかしい過去を晒しあうことで、より友情や愛情が深くなると言う…、大変、徳の高いものなの…、です…』

00499
00501
00503
00504
00505
00506
00513
00516
00517
00518
00521
00522
 このすば!?

そしてアクア何してる!
 なるほどの種明かしでしたが、ウィズがどんどん「あ、悪い事したな…」ってなっててひどい!
 結局、水晶球を壊して借金がかさむことに
 で

 もう…、勝負事にこだわるほど子供でもないですから。

 めぐみん大人…
 てか、ゆんゆんそんなに勝負したかったの…

 水晶の代金云々でなく、「勝負が…」と呟き続けるゆんゆん、死んだ目が可愛いですね…。

 しれっと、カズマにつけるウィズも酷い!

『そういえば、昔、発育勝負をした事があったね? 子供じゃないって言うなら、また、あの勝負をしても良いわよっ♪』

00523
 狙ってか天然か、「一番めぐみんが気にしてる」勝負を持ちかけるゆんゆん
 この子も、なんだかんだで良い性格してる!
 が

『だって…、私はもう…、ここにいるカズマと一緒に、お風呂に入るような仲ですから…♪』

00525
00526
00530
00531
00535
00540
00542
00543
00544
00545
00546
 きょ、きょ、今日のところは私の負けにしといてあげるからー!

昨日今日明日
 このくらいの歳に効く、痛烈アダルトアタック! めぐみん酷い、酷いめぐみんさすが!!
 しかし、サラサラと「手帳」に書き記してるじゃないか!
 そう

 今日も勝ちッ!

 付けてるのかよ!
 めぐみん、実はゆんゆん大好きでしょ!?

 賑やかな子ねぇというアクアに、サラッと、「お前もな」と相槌するカズマさんも真骨頂!!

 めぐみんってば、ホンット可愛いな!

何も言わずに 家を出て こんなとこまで来たけれど 日暮れと共に 泣き虫が 心細いと べそをかく

00547
00548
00550
00552
00554
00556
00558
00559
00560
00561
00562
00563
00564
00566
00567
00568
00569
00570
00571
00574
00575
 赤く染まる 町の空を カラスが鳴いて 行き過ぎる♪

おうちに帰りたい
 そして第2期で初のEDは、小学校の教科書にでも載ってそうな、飛び出した人の
 第1期と逆に、カズマが“帰りを待つ”のも良いですね
 好対比

 今すぐ ごめん と謝って ああ 早く おうちに帰りたい

 てか釣りの場面!
 お爺ちゃん、デストロイヤー作った人そっくりじゃん!?

 第1期も好きですけど、EDに関しては、こっちのがなんだか好きですね

 またも異世界感がゼロだけど!

2017年1月18日 この素晴らしい世界に祝福を!2 第2話「この紅魔の娘に友人を!」

00231
 めぐみんのハートフル・ハグ演出最高でしたね! 主要スタッフ回

スタッフ
 脚本:上江洲誠:シリーズ構成
 絵コンテ:金崎貴臣:監督
 演出:江原康之
 作画監督:中澤勇一、佐藤この実
 総作画監督:江原康之

予告「報告書」担当はアクア様、次回、「この迷宮の主に安らぎを!」

00578
 第2話がめぐみん回なのは、前期と共通なんですね。

圧倒的めぐみん回!
 一緒に風呂に入ろう!ってくだりで、見事に開き直る辺りはさすがクズマさん!!
 でも、いざとなると恥ずかしさが戻ってくる辺りも
 やっぱりカズマさん!

 新キャラゆんゆん、意外に中二病的&ぼっちとか、今期はぼっちヒロイン豊作ですね!

 このすば!連発
 安心のカエル大暴れといい楽しかった!!

 一方ダクネス、まさか、あのまま独りで交渉にいったとか、そこまで世間知らずだったとは…

 次回、第3話「この迷宮の主に安らぎを!」


 この素晴らしい世界に祝福を! 第1話「この自称女神と異世界転生を! 」
 この素晴らしい世界に祝福を! 第2話「この中二病に爆焔を!」
 この素晴らしい世界に祝福を! 第3話「この右手にお宝(ぱんつ)を!」
 この素晴らしい世界に祝福を! 第4話「この強敵に爆裂魔法を!」
 この素晴らしい世界に祝福を! 第5話「この魔剣にお値段を!」
 この素晴らしい世界に祝福を! 第6話「このろくでもない戦いに決着を!」
 この素晴らしい世界に祝福を! 第7話「この凍えそうな季節に二度目の死を!」
 この素晴らしい世界に祝福を! 第8話「この冬を越せない俺達に愛の手を!」
 この素晴らしい世界に祝福を! 第9話「この素晴らしい店に祝福を!」
 この素晴らしい世界に祝福を! 第10話「この理不尽な要塞に終焔を!」


 この素晴らしい世界に祝福を!2 第1話「この不当な裁判に救援を!」
 この素晴らしい世界に祝福を!2 第2話「この紅魔の娘に友人を!」
 この素晴らしい世界に祝福を!2 第3話「この迷宮の主に安らぎを!」
 この素晴らしい世界に祝福を!2 第4話「第4話「この貴族の娘に良縁を!」
 この素晴らしい世界に祝福を!2 第5話「この仮面の騎士に隷属を!」
 この素晴らしい世界に祝福を!2 第6話「煩わしい外界にさよならを!」
 この素晴らしい世界に祝福を!2 第7話「このこのふてぶてしい鈍らに招待を!」
 この素晴らしい世界に祝福を!2 第8話「この痛々しい街で観光を!」
 この素晴らしい世界に祝福を!2 第9話「この不浄な温泉街に女神を!」