BanG Dream! バンドリ! 第1話 感想 レビュー 出会っちゃった! アニメ 画像 ネタバレあり 公式サイトはこちら
テンション高すぎる女子高生バンド! OPも賑やかだったしCGクオリティも高い!!

00439
00213
 なんてパワフルな主人公だ! 一歩間違えば不法侵入とか、今時の子はアクティブですねえ
 特に、パン屋の沙綾ちゃんが明るくて可愛いと思ったら
 バンド経験者らしい雰囲気?

 文句言いつつ付き添ってくれた子や妹、迫力あるライブハウス主人も良い雰囲気!

突撃!青春族
 全体に光沢感のある作画で、ちょっとCGっぽいと思ったら、実際CGの部分も高品質。
 メイン勢のライブがどうなるか楽しみです

 香澄はちょい台詞が突飛ですけど、体験入部しまくる場面がすげえ楽しそうだった!
 
『私、むかし星の鼓動を聴いた事があって…』

00005
 つまり星の鼓動は愛。

あらすじ
 戸山香澄は、妹の明日香が通っている中高一貫校・花咲川女子学園に、高校から入学した。
 幸い、すぐに“内部進学”の山吹沙綾と仲良くなったが
 やりたい事が見つからない

 しかし、星の印を道端に見つけ、たどった先の質屋「流星堂」で星形のギターに出会う

 質屋の娘の市ヶ谷有咲を巻き込み
 ギターを弾きたいと、近くのライブハウス「SPACE」に飛び込む香澄

 この店はガールズバンドの聖地、そこでGlitter*Greenのライブを見た香澄は、魅了されてしまう

 次回、第2話「やっちゃった!」

『キラキラドキドキって、そういう事を見つけたいです…キラキラドキドキしたいです!』

00006
00007
00010
00011
00012
00015
00017
00018
00019
 キラキラドキドキしたいです!って、えらく力強い発音だった!!

憧れ転じて…?
 キラキラしたアイドルのステージを、「見つめる」側から一転、目覚めた彼女は賑々しく着替え
 そっと、誰かの部屋に忍び込む…
 で

 ああ、もうお姉ちゃんー!?

 妹さんかよ!
 冒頭から、寝てる妹にイタズラする勇気!!

 なかなかにパワフル! にしても、冒頭で着替えシーンから入る作品って結構多いですよね!

 ご入学、新たな季節の象徴ってヤツだ!

『…あっ! シワついちゃう!! …どう? 変なところ、ない?』

00021
 強いて言うなら行動でしょうか。
 のっけから何してんの!

“妹”『…耳っ! ……違う、髪っ!!

00022
00023
00025
00026
 これ? に゛ゃー♪

姉は無慈悲な朝の女王
 のっけからテンション高すぎて、妹さんの語尾を食う勢い! 語尾を食わねば生きられない!!
 だって入学式だよ入学式!
 と

 もー…、なんでそんなにテンション高いの……。

 迷惑なのは妹さん
 起こされるし、そも「始業式」は明日だし!!

 つまり今日、妹の「あっちゃん」さんは別に起きなくていいとか、ホント迷惑な姉だね!!

 寝たら死ぬぞ!

『明日だけど…、在校生は明日』

00029
 しかしいい笑顔してますねこの子!
 口にパンとかねじこみたい!

『もーっ! 早く言ってよー!!』『聞かれなかったし…』

00030
00032
00033
00034
00036
00037
00038
00039
00042
00043
00044
00046
00047
00049
00050
00051
 香澄…、食べないで行ったよ

ファースト登校
 それでも朝から、「香澄」姉さんを送り出してくれる辺り、あっちゃんさんがナイスセクシー。
 お母さんもまた、ヒロイン級に美人であった
 で

 今日からお世話になりますっ!

 楽しすぎる登校!
 アレだね、これが若さの特権って奴か!!

 と思いきや、学校への挨拶に「え゛!?」とビックリした人が居て、ちょっとホッとします。

 良かった…、ちゃんと常識がある人もおったんや…。

戸山 香澄『戸山…、戸山……、戸山…?』

00052
 決して富山でもなければ、薬売りでもなく、“戸山 香澄”が主人公
 本作、モブまで美人揃いなタイプなのね
 作画維持できるのか…?

※ラブライブ、京アニ、どちらの制作会社でもなく、「競女!!!!!!!!」などのジーベック社。

『…いい匂い』『え゛!?

00053
00054
00056
00057
00059
 すっごい良い匂いした! パンのっ!!

この空腹にお恵みを!
 急に何を!? と思ったら「パンの匂い」とか良いフェントだった! 良かった、いきなりレズだったら
 ホントもう、どうしようかと…。すげえ腹の音!
 で

 ウチ、パン屋だから…。いる? パンじゃないけど。

 それは良いご実家だ!
 香澄、けっきょく朝食を食べ忘れたのが響いたらしい

 しかしスカートとふとももがチラチラ、めちゃくちゃ良く動いてますね。CG的な処理?

 本作、元々“人気企画”のアニメ版らしいです

『いいの? ありがとうっ! 何組?』『A組だけど…』

00062
 この子、めっちゃ距離感近いな
 それでこそ主人公!

『山吹 沙綾』『あたしね、戸山香澄っ!!』

00063
00064
00065
00066
00067
00069
 あたしね? 妹が個々の中学に通ってて、楽しそうだなぁって!

キラキラと
 戦慄するほどのコミュ力の高さ! ちらちらと、「後のメインキャラである」的な娘の姿も。
 あと作画が、なんだか妙にキラキラしてます!
 で

 あー…、あたし「内部生(徒)」だから、何も変わらないっていうか…。

 ダルダルな沙綾
 対し、妹と制服で「この学校」を選んだという香澄

 そんなんで高校決めていいんかい! って思うけど、家に近いって理由も人も多いしね!!

 テンション高すぎて、好き嫌い分かれそうな子だこと!

『高校生だよ? 何か、始まる気がしない? …もう始まってるっ!! …新しい友達tぅ!』

00070
 なんて青春濃度が高い子だ!

沙綾『…友達認定早いね?』

00073
00074
00076
00079
00081
00082
 よろしくね? 戸山さん♪

香澄でいいよ♪
 強烈な存在感で牽引していく香澄、やがて入学式、クソ真面目そうな会長・鰐部七菜に続き
 本来なら、“新入生代表”が挨拶に出るはずが…?
 と

 市ヶ谷 有咲…、市ヶ谷? 市ヶ谷ー!

 代表不在!
 学校側、いきなりケチが!!

 扱い的にメインキャラじゃないんでしょうけれど、鰐部会長、美人さんですね。

 会長といえば、“最初は敵”が相場ですが…?

そして挿入される「盆栽と少女」

00083
 ああこのツインテールの子が、噂の「新入生代表」なんだなみたいな。
 学校に来ずに何してるんだか。

香澄『中学から学年トップ?! そんな人、いるんだ!』

00085
00087
00088
00089
00090
 ごめんっ、花園さん!

自己紹介してください!
 いわく、市ヶ谷は「あんまり学校に出てこないけど学年トップ」だそうで、要するに変人らしい。
 また、沙綾が「花園」と知り合いである描写も
 黒髪ロングさん

 皆さん、もう高校生ですから、“自己PR”である事を意識してください。

 すぐに大学進学
 社会人、“自己PR”開拓は急務よね

 そんな「自己紹介」が始まる中、怯える子から始まり、また袖口が長いロリッ子の姿も。

 個性的なクラスだなオイ!

先生『…では、牛込さん』

00092
 はい! さっきから妙に存在感のある子が!!
 香澄と反対に人見知りな子か。

『牛込りみ です! えーと…、あのー……、よろしくお願いします』

00094
00096
00098
00099
00100
00101
00102
 PRってアピールだよね…、アピール…?

自己PRです!
 いかにも人見知りっぽい慌て顔! この子の表情、妙に“手書き”っぽさがあって可愛い!!
 結局、何を話せばいいか分からなくなってしまうタイプ
 で

 戸山香澄、15歳ですっ!

 年齢はいらん!
 皆して、同い年なんですから!!

 そこがわかってない香澄、クラスメイトに笑われるも、不思議そうな顔で続行するの図

 すげえ…、この程度では心が折れないのか!

『妹がここの高校に通ってて、文化祭にきてみたら、みんな楽しそうにキラキラしててっ!』

00104
 すげえ楽しそうに「高校」を褒める香澄、これは“エスカレーター組”に評価高そう!
 第一声で、まず学校を褒めるとは
 なかなかです

『…で! あの、私、小さい時、“星の鼓動”を聴いた事があってっ!』

00105
00106
00107
00108
00111
00112
00113
00115
00116
 そういうの、見つけたいです! キラキラドキドキしたいですっ!!

エターナルフォースブリザード
 良い掴みだ! と思ったら、電波めいた事を言い出し、クラスを凍らせる高等テクニック!!
 香澄さん、中々にテク二シャンである
 が

 星の鼓動って?

 乗ってくれた!
 クラスの子ら、良い子のようで

 香澄にすれば星の鼓動=ドキドキ、そんなドキドキを、ここでも見つけたいです、と

 ドキドキする事が、彼女の出発点なのね。

香澄『変なこと、言ったかなぁ…。自己紹介』

00119
 香澄の恐ろしいところは、アレが「変な事を言った」と思っておらん事じゃ!
 こやつ、中々のニンジャソウル!

『私は良いと思ったよ?』『ほんとっ♪』

00120
00123
 じゃあ、明日から部活見学、一緒に行ってくれる?

部活
 沙綾が乗ってくれると、一瞬で持ち直す辺り、実に強靭なメンタルの持ち主です香澄さん
 ただ部活めぐりは、“事情がある”雰囲気で辞退
 で

 あたし、部活は…。

 実家の手伝い
 というには、雰囲気が怪しい。

 ラストシーンから見ても、「部活をやれない」理由があるっぽい?

 そして、後ろの静止したモブが気になる!

『…よしっ!』

00125
 これで2回目、剣道部とダンス部の強さが、妙に強調されている気が。
 ダンス、バンドとは相通じるものがありますが
 何か問題が?

香澄『見学、いいですかっ!』

00127
00128
00130
00131
00133
00137
 剣道部は前垂れに名前が、リボンの山川部長かわいい!

見学どうでしょう
 まず、強豪と噂の剣道部に始まり、一転して将棋部、そしてバドミントンと次々参加
 将棋部、ちょんまげ的ポニテの子が可愛い!
 で

 いい感じ! 次、スマッシュ!!

 可愛がられる香澄
 この子、圧倒的にコミュ力が高い!!

 どこでもてらいなく全力で、世話したくなる雰囲気があるって感じ

 先輩陣も美人!

『じゃあね~ぃ?』『いってらーっ♪』

00139
 休み時間や放課後と、ヒマを見つけては体験入部を繰り返したらしく
 早くも、クラスへの馴染みっぷりがすごい!
 メンタル強い!

 基本、“中等部時代”の人間関係があるはずなのに!

『香澄ーっ!』『おーうっ!』

00140
00141
00142
00143
00144
00145
00146
 ふともも強調しまくりだって!

走れ体験入部!
 美術部に陸上部、演劇部…、演劇部の眼鏡先輩、いかにも「良い子がきた!」って顔してる!
 あっという間に、学校の有名人になってる感が!
 すげえ

 続くバレー部とか、目がバッテンになってるのが可愛い!

 運動神経に関して
 あんまり、良くはない感じでしょうか

 一方で、授業も真面目に受けてるようで、電波なようでなかなかの優等生っぷり

 クラス内での強者!

『あっちゃん遅刻ーっ!』

00147
 しかも朝は、妹の襲撃も欠かさない! 
 夜討ち朝駆け!

 しっかりものだけど朝は弱い、かわいい。

『お姉ちゃんと来てたねー♪』『良かったねー、“あっちゃん”♪』『もー、だからヤだったんだ』

00148
00153
00155
00156
00159
00160
00161
 あっちゃんは水泳部っぽいですね、そして泳げない香澄!

走れ正直者
 妹のあっちゃんは水泳部らしく、これまた尻のアップとかあざとい…、さすが競女のXEBEC!
 馴れ馴れしい姉、これはあっちゃん恥ずかしい…
 で

 どうしよう! どれも楽しそうなんだよっ!!

 いや楽しみすぎだよ!
 一通りやったが、「楽しすぎて」決められないという

 そして楽しそうなんだよ!の発音が、またも微妙に男らしいという。

 ダサい家着がまた可愛い。

『一番、“これだ”って思ったのは?』

00162
 結局、部活も「あっちゃん(明日香)」と一緒にしようかな、とかもうやだこの姉!
 思春期の妹には、正直うっとうしい!
 が

あっちゃん『やるならやれば? あたし、もうすぐやめるけど

00164
00165
00167
00168
00170
00171
00174
00175
00177
00178
 何で!? 高校行かないの!?

青天の霹靂
 とにかく妹大好きな香澄、なのに、当の妹は「高校は別のところに行く」と言い出してしまい
 寝耳に水だと、母を慌てさせてしまう事に
 と

 むりっ!!

 対し香澄
 風呂で、水泳の特訓!!

 妹さんに少しでも近付きたいんでしょうけれど、ホント、あっちゃんの真意とは…?

 チッ、なんて透明度が低い風呂だ!

『ん~、すずしい~~』

00180
 妹さん姉さんを嫌がってるようで、大好きじゃねえか!って絵面
 え…、妹って膝枕する生き物だっけ…!?
 良い子か! 

『…もういい?』『だめ~♪』

00181
00182
00183
00184
00186
00188
00189
00190
00191
00193
00194
00196
 あっちゃん、キャンプ行った時の事、覚えてる?

星の鼓動は愛
 そも、「キラキラドキドキ」の原点を一緒に味わったのも、妹さんだったんですね。
 香澄は、これ以来“星の鼓動”が口癖になった
 でも

 お姉ちゃん、もう高校生でしょう?

 そんな姉が恥ずかしい!
 妹の明日香は、一足先に「大人」な考えをするように。

 たぶん、本心では姉が好きだけど、この辺の擦れ違いが原因で反発してる?

 変わらない姉が、疎ましいし羨ましい…?

香澄『高校生だよっ!』

00198
 ぺったんこなようで、アングル次第では、それなりに胸が成長中なあっちゃん
 ともあれ、香澄の目には“星空”が焼きついてる
 それがキラキラか

 今は、ロクに星が見えない空の下だから、なお憧れているのね。

香澄『…んっ、ふふふふ♪』

00199
00200
00201
00202
00207
00208
00209
00211
00213
00214
00215
00216
00219
00220
 メロンパン、焼き立てです♪

袖があまってる子!
 メロンパン沙綾ちゃん可愛い! 放課後も制服で、上からエプロンつけて実家を手伝ってるのね
 放課後も、遊びまくりな香澄と対比に
 で

 ウチは厳しいよ~? 朝は早いし夜は遅い、睡眠時間は二時間っ!!

 どこまで本気!?
 対比描写で、ホントに忙しそうな雰囲気も

 実際、パン生地の仕込みなんかで、パン屋さんは大変だとも聞きますけれども…?

 とりあえず「ウッソー♪」って、可愛いな沙綾さん!

『…見つかるといいね?』

00221
 溢れる友情、良い子ですよね
 そんで瞳孔が独特

 本作、みんな瞳孔が星みたいになってて独特。

香澄『うんっ!』

00222
00224
00225
00226
00228
00230
00231
00233
00234
00235
00237
00238
00241
00242
00243
00246
 沙綾、親御さんとの会話を聞く限り、別に、逼迫した感じはなさそう?

星巡り
 その帰り道、当初「渡るはずだった信号機」に間に合わず、ちょっと先まで足を伸ばした結果
 小学生の工作みたいな、“星”を拾うことに
 が

 あはっ♪

 星はあちこちに
 なんだか、不思議の国のアリスみたいですね

 星飾りは何故か、延々と連なっており、楽しくなってしまった香澄はどんどん横道へ

 ようこそ…、不思議の世界へ…。

ほら、道路標示も こう言ってるのに!

00247
 妙に意図的な感じのする「とまれ」、なお止まる気はなかった模様
 なんだか、ファンタジーっぽい流れですが
 誰かの仕業なのか…?

 それとも、ただの「運命」なのか? 

『(質屋)流星堂…?』

00249
00250
00251
00255
00258
00259
00260
00262
00263
00265
 すみませーん…?

にっこり少女の発見譚
 星が導いた先は「流星堂」、それも、まんま終着点のように“星マークのギターケース”が。
 おめでとう…、待っておったよ、的な
 でも

 完全に不法侵入だと思ったら、ツインテールさんに見つかった!

 趣味は盆栽
 幼い髪型、しかしデカい。

 髪型の割に(?)、えらくスタイルが良いなこの子!!

 トランジスタグラマーってヤツだ!

『両手を挙げろォ!』

00268
 って、この子もやっぱり、まともじゃなかった!!
 ドロボウと勘違いした!
 わかる!

 でも、そこで「両手をあげろ!」は、絶対フツーじゃねえよ!

『簡単に見つかるとは、とんだシロートだなっ! 初犯?』

00269
00271
00272
00274
00275
00276
00277
00278
00280
00281
00284
00286
00288
00290
00292
00294
00295
00296
00297
 ウチの生徒か。って物言い、やっぱり“一年生代表”らしい。

ギターの質流れ
 香澄を、ドロボウだと思って詰問した「有咲」だったが、遠慮を知らない香澄に競り負けてしまう
 あのギター、質流れ品の“ゴミ”らしい
 で

 ちょっとだけ! ちょっとだけェ~~~~~~~!!

 先っぽだけ!
 ちょっと、先っぽだけだから!!

 すごいな会って数分で、もう完全に流してる、流されている! この子スタイルいいな!!

 星のギターに、強い興味を持ってしまう香澄

『…触ったら、出てってよ』『うん…』

00300
 同じ学校だった時点で、有咲は、もう警察に突き出す着はなくなったらしい
 根負けしてしまい、ギターに触ったら
 すぐ出てけと折れる

 甘いな…、香澄さんがその程度で満足するはずあるまい!

香澄『…星のギター…!』

00301
00302
00303
00305
 う、うわ、鳴った!?

止められない止まらない
 よりによって「星型」であった事が、キラキラ大好きな香澄に火をつけ、ますます楽しそうに!
 拙いなりに、実に楽しそうに弾いていく香澄
 が

 もうちょっと! もー、ちょっとぉ!!

 ハイ終わり!
 有咲、ズバズバと物を言うな!!

 その風景に、まったく感慨など持たず、「はい終わり」という有咲ちゃん強い! メンタル強い!

 香澄さん、さすがに図々しい!!

有咲『そんな弾きたいなら、楽器屋さんか、ライブハウス行けよ!』

00308
 ライブハウス!? どこにあるのっ!
 はい踏んだ!

 有咲ちゃん、地雷踏んだよ!!

『知らねーよ!』『わかった! 探してくるっ!!

00310
00311
00312
00313
00315
00316
00318
00319
00321
00322
 あたしがいなかったら、ホントにドロボウだよ!? わかってんの!

宇宙スペースNo1
 香澄は早く「星ギター」を弾きたい、有咲は追いかけ取り返したい…、つまりハサミ討ちの形となり
 前科者にも出来ず、ライブハウスまで付き合う有咲。
 良い子か!

 ライブハウス…、スペース…?

 よりによって!
 ググって見つけたライブハウス、これも“星”の関係。

 ここまで来ると、乙女座の私には、センチメンタリズムな運命を感じずにはいられない!

 あの星は誰の仕業なのか!? ただの運命!?

『どこかのバンドの人かな?』『聞いてみる?』

00324
 その間もギターを離さなかったので、一緒に並んだモブの人に誤解される場面も
 有咲ちゃん、まだ友達でもないのに苦労しすぎである
 思ったより苦労人だ!

香澄『あのー…、ギター弾きたいんですけどっ!』

00325
00327
00329
00331
00332
00333
00334
00335
00336
00339
 ここは練習スタジオじゃないよ!

貫禄勝ち
 まさかの弾きたい宣言で、スタッフさんをも硬直させるが、「オーナー」登場でようやく暴挙終了に
 このスタジオ、“オーディション”で演じられるか決まるらしい
 が

 見てくかい? …見てもいないウチから決め付けるんじゃあないよ。

 感じるのは強い自負
 足が不自由ですが、迫力は充分!!

 ライブハウスに偏見、“ヘッドバンギング(ヘドバン)”とか、危ない連中だという有咲

 オーナーは、まずは見ていけと諭すのですが…?

『高校生かい?』『ちがいますー!』

00343
 チケット代でもケンカ腰! 負けず嫌いの有咲は、「高校生じゃない」と口走って1200円!
 なお、素直に“高校生です”と言ったら600円!
 有咲完敗!

 迫力のオーナーに対してだけは、香澄も珍しく素直な模様。

有咲『なんだよ~、“ガールズバンドの聖地”? なんでこんなところが…』

00345
00346
00347
00349
00352
00353
00355
00357
00358
00360
00363
00364
00365
00367
00369
00371
00372
 すごいねっ!

ライブハウス「SPACE」
 実は、ガールズ&パン…じゃなくて、知る人ぞ知るガールズバンドの聖地、小さな店は客で一杯!
 オーディション突破は、本物の“称号”なのね
 なお

 知らないバンドばっか!

 そりゃそうである
 ガールズバンド、そのカリスマ的な店。

 お客には圧倒的存在感で、クラスの人見知り子さん、牛込りみさんの姿も。

 スタッフさんも全員美人だ!

『かわいい!』『“Glitter*Green<グリッター・グリーン>”』

00373
 最初に歌うガールズバンド、衣装は手作りか市販品か、その作画は手書きで描かれ
 CGの用意のない、つまり非レギュラーキャラ(今回限り?)らしい
 さすが、可愛い子揃い!

『SPACE! 遊ぶ準備は出来てますかーっ! …オッケイ、行くよーっ!!』

00377
00378
00379
00381
00382
00383
00384
00386
00389
00390
00392
00393
00394
00395
00396
00397
00398
00399
00400
00401
00402
00403
00405
00406
00407
00408
00409
00410
00411
00412
00413
00414
00415
00416
00417
00418
00420
00421
00425
00427
00429
 すごい…、すごいすごい!!

出会っちゃった!
 初の劇中歌は「Don't be afraid」、ここで、冒頭シーンの決意に戻ってくるってワケね!!
 観客には、“バレー部の前髪の人”なんかの姿も
 と

 これだ…、これだッ!!

 スタッフには「花園」さん
 また、“ナツキ”に誘われた沙綾が帰ってしまう場面も。

 流れからすると、バンドの人が、「見に来て欲しい」って誘ったんでしょうか?

 観客の声、光の演出が素晴らしかった!

祈る(祈る) 空に(空に) 弧を描く流星が Happinessと Miracleを 乗せて

00430
00432
00433
00434
00435
00436
00437
00438
00439
00440
00442
00443
00444
00445
00446
00447
00448
00449
00450
00451
00452
00453
00454
00455
00456
00457
00458
00459
00460
00461
00463
00466
00467
00468
00469
00470
00471
00472
00473
00474
00475
00476
00477
00478
00479
00482
00483
00484
00485
00486
00487
00488
00489
00491
 制服着替えて 部屋を飛び出した 夢見た星が まぶた くすぐる

ときめきエクスペリエンス!
 本作、“オープニング”をエンディング曲に使用して第1話終了! ガールバンドらしいOP!
 また実際に、声優さんがバンドを組んでる「連動」も本作の特徴
 で

 放て 響け 明日へ 走り抜けて

 仲良すぎ!
 最初は、タイトルの順番を間違っちゃってるのね!!

 まだぎこちないメンバーからすると、別人みたいに仲の良い5人からスタート!

 めっちゃくるくる回るオープニングだった!

2017年1月21日 BanG Dream! バンドリ! 第1話「出会っちゃった!」

00145
 作画班はびっくりの人海戦術!

スタッフ
 脚本:綾奈ゆにこ/シリーズ構成
 絵コンテ:大槻敦史/監督
 演出:中野剛、大槻敦史
 総作画監督:水野辰哉、谷口義明
 作画監督:小島智加、水野辰哉、岸本誠司、河島久美子、谷口義明、長屋侑利子、新井達也

次回、「やっちゃった!」

00263
 盆栽大好き有咲ちゃん可愛い!

ガールズ&バンド!
 他作が3話目に入ろうかというタイミングでのスタート、温存されてきただけあって!
 もはや、執念すら感じるくらい「動かす」第1話!
 動きまくりよ!

 オープニングを見終えると、「ああ、このキャラがメインなんだみたいな。

 特に仏頂面の「花園さん」
 同じクラスですが、ライブハウスでスタッフもしてるのね

 かなり「運命」を強調する第1話、妹の進路、登校しない有咲、沙綾の行動など謎を振りまく事に

 次回、第2話「やっちゃった!」


 BanG Dream! バンドリ! 第1話「出会っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第2話「やっちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第3話「逃げちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第4話「怒っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第5話「ドキドキしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第6話「作っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第7話「ケンカしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第8話「走っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第9話「バイトしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第10話「驚いちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第11話「歌えなくなっちゃった」
 BanG Dream! バンドリ! 第12話「キラキラしちゃった!?」
 BanG Dream! バンドリ! 第13話「歌っちゃった!【最終回】」