南鎌倉高校女子自転車部 1話 入学式ッ! 感想 レビュー アニメ 画像 ネタバレあり 公式はこちら
美しい背景、「自転車の乗り方」から! ばくおん!!を連想する主役、女子高生自転車アニメ!

00388
00134
 あまんちゅ!続き、大手JC社が制作×マッグガーデンが組んだ、女子自転車「競技」
 かと思いきや、一話まるまる「自転車に乗れない!?」って大騒ぎ!
 エンドカードが「目標」って感じ!

 原作未読ですが、アニメ版キャラデザが懐かしい感じで、エンドカードとのギャップも凄い!

背景の美しさ!
 制作発表が確か2015年と結構かかったおかげか、背景の作りこみ具合が凄いですね。
 で、眼鏡の巴ちゃんも、ロードバイクは完全に初心者か

 となると、二人揃って「ようこそ…、自転車の世界へ…」って感じに?

舞台は南鎌倉、「南」って付くと「?」ってなるけど、大仏で有名な鎌倉の物語

00003
 なお「鎌倉殿」というと、源頼朝など「清和源氏棟梁」「鎌倉幕府将軍」「幕府」の異名となる。

あらすじ
 鎌倉へ越してきた舞春ひろみは、高校入学を機に、久しぶりに自転車に乗ろうとするものの
 坂の多い長崎暮らしで、すっかり乗り方を忘れており
 四苦八苦する

 偶然巻き込んだ同じ新入生、地元娘の秋月巴に協力を得て、なんとか格好だけはつく

 南鎌倉高校へ入学する二人
 担任、ロードバイク乗りの森 四季とも個人的に親しくなった

 彼女の言葉、「思い、歩き出せばそこへ行ける」を胸に、とりあえず自転車練習に励むのだった

 次回、第2話「鎌倉探索にGo!」

『ちょ、ちょっとひろみ!?』

00000
00001
00002
00004
00005
00008
00010
00015
00017
00018
 なあにって、その自転車よ、小さい頃に乗ったっきりでしょう? ちゃんと乗れるの?

長崎⇒鎌倉
 彼女は、元々「坂の多さ」で非常に有名な長崎で育ち、今日から「南鎌倉高校」に入学!
 あの町は平地じゃない、そもそもが坂なのだ!
 長崎は!

 大丈夫だよ~、身体が一度覚えた事は忘れないって言うでしょう?

 楽天家か!
 実質、「初めて乗る」も同然の自転車

 母は心配するも、大丈夫大丈夫と、冒頭から失敗フラグを立てるとはやるじゃないですか!

 思った以上に、人生七転び八起きタイプの主人公!

『私、舞春ひろみ! 長崎からここ鎌倉に引っ越して…』

00022
 しかし、ベッタベタな自己紹介から始まりましたね。
 こういうノリ、誰が最初なんでしょう
 なんという王道!

 しかし、坂から見下ろす鎌倉の町、背景描写がとんでもなく美しい!

このまま 道がまっすぐなら♪ 誰にも追いつけない♪ 自転車は 町を駆け出す♪

00024
00028
00029
00030
00031
00032
00033
00034
00035
00036
00037
00038
00040
00043
00045
00049
00050
00051
00052
00055
00057
00058
00059
 メイン声優陣による歌かと思ったら、バンドが主/モブ声優も演じる感じのバンドさんらしい

自転車に花は舞う
 冒頭でも「懐かしい感じのキャラデザだ…」と思ったら、出てくるキャラも、全体に懐かしい絵柄!
 でも、映像がバリバリ動いてますね!
 バリバリ!

 ルビが振ってありますが、歌は「A応P」が担当!

 声優バンドでなく
 アニメ“勝手に”応援プロジェクト、おそ松さんとかも担当したガールズバンドさん

 映像のきり変わりっぷり! 絵コンテと演出は監督が組み立て、こういう感じが好きらしい

 ちょい声が甘すぎる気がするけど、気持ち良いオープニング!

ひろみ『…よし!』

00062
 しかしひろみさん、鎌倉もかなり坂ばっかりっぽいのに、自転車の練習とはチャレンジャーな…
 はたまた、ボイジャーな。

 その為、「今日が入学式」だけど、かなり早めに家を出たらしい。

 つまり、近所の婆ちゃんの朝は早い…!

ひろみ『…はあッ! いよ! てやあ!! ……あ、そーか、自転車って』

00065
00066
00069
00071
00073
00075
00077
 自転車って、コレを回さないと進まないんだっけ?

眼鏡さん災難!
 しかし「乗り方忘れてる」どころか、ペダルの存在すら忘れて立って、それはないわ!!
 なるほど、この子はかなりアホなんだな!
 で

 ブレーキ!? ブレーキかけてっ!?

 って、危うく一話から人身事故!
 危なすぎィ!

 一話冒頭から、「この子、ロードに乗せたら絶対アカン子では?」と思わせる!

 コイツはたいしたヤツじゃあないか!

ひろみ『(ブレーキって)ああ、そうか!』

00079
 ペダル! ブレーキ! ひろみが忘れていたものは多かった!!
 自転車は難しいね(真顔)

 で

ひろみ『あ、ああああ!?』

00081
00082
00083
00085
00087
00088
 あなた、南鎌倉高校の新入生? …私は、秋月巴。

出会いは交通事故寸前
 風景などが好きらしく、桜吹雪舞う駅を撮影していていたら、「上から女の子が!」された少女
 彼女も、見てのとおり同じ学校の一年生
 で

 巴…、じゃあトモちゃんだ♪ 私、舞春ひろみ、ひろみで良いよ♪

 距離感近ェ!
 しかし、平然と応じるトモちゃんもなかなか

 余談ですがトモちゃんっていうと、僕は友達が少ないを連想しちゃいますね。

 作者さんの新作、「妹さえいればいい」もいずれアニメ化?

トモちゃん『それにしても、その自転車、どこか壊れてたの?』

00089
 むしろよく耐えた自転車殿、いわれなき風評被害。
 問題は別なのじゃ!

『も、問題の次元はもっと違うところにあってですね…! あの…、私…、自転車に乗れなくなってるみたい…、なんです』

00091
00093
00095
00097
00098
 一応、坂は下ってこれたんだし、ちょっと練習すれば乗れるようになるんじゃないかな?

え?(仰天)
 眼鏡が似合う巴さん、迂闊な一言が死に繋がり、「ですね練習しましょう!」「手伝って」のコンボ!
 すげえや、相手が手伝ってくれると疑わない勇気!
 自由な人だ!

 え? 手伝うの!? 私が!?

 暴走癖のひろみ
 対し、初対面から巻き込まれていく巴さん。

 この調子で「入部」まで行きそうですが、ともかく、背景すげえな!!

 トモちゃんの流れされやすさ並みにすげえな!

巴『(なんでこんなことに…)』

00099
 しかし駅前に、土が露出した広場って、なんだかすごく懐かしいですね
 児童公園って懐かしい。
 多分

 据えてある柵が、なんかすごく懐かしい。

巴『(ま…、入学式まで時間はあるし、すこしくらいは大丈夫か)』

00101
00103
00104
00108
00109
00110
00111
 ひろみ!? こいで、こいでっ!

ゼロ以下から始めよう
 丁寧な遅刻フラグを立てる巴嬢、実際、ひろみの頭の中は想像を越えた発想をしており
 再び、「こぐのを忘れる」ところからスタート!
 で

 あっちゃー…、これは大変かも…

 後悔先に立たず
 トモちゃん、ホントにお人よしなのね

 しかし第一話とはいえ、「ぶれぶれにゆれて走る」動画が、すごい奇麗。

 手間かかってる!

巴『ひろみ、もっとちゃんとこいでっ!』

00113
 それからも、ひろみが「殆ど こごうとしない」のが主な原因というか
 なかなか上手く行かないことに

 こういうとき、頑丈なママチャリは偉大だ! 重いけど!!

巴『肩に力が入ってるわよ!』『無理にハンドルでバランスとろうとしないで!』『前みて、前!?』

00115
00116
00117
00118
00120
00121
00122
00124
00125
 ひろみの、ギャグみたいに必死な顔がなんか好きです。必死だ…。

ワールドワイドガラスハート
 巴は伊達に眼鏡ではなく、冷静かつ的確な指導を飛ばしてくれるのだったが、それでも失敗連発
 そもそも、「こぎ忘れ」が多いのじゃ! 依然変わりなく!!
 で

 きっと…、この地球には、自転車に乗れない遺伝子を持った人間がいるんだ…

 ひろみ、なんてスケールがでかい
 人間が小さい!

 諦めようとするひろみ、そして、こんだけ倒れても無傷の黒ストッキング!!

 脆い心、頑丈なストッキング!

私、何やってもそこそこダメだけど、これほど酷いダメっぷりは久しぶりですっ!

00128
 言い切ったよこの子!? なんで主人公はダメ属性が多いのか!?
 成長する姿がイイからだ!
 多分!

 あと、ダメな分「学ぶ」という名目で、色々と解説を入れるのが容易だからだ! 多分!!

ひろみ『もういいよ…、トモちゃん。入学式はじまっちゃうし、これ以上つきあってもらうのは…』
巴『も…、もう一度やろうよ! ここまで頑張ったんじゃないっ!』

00130
00131
00134
00136
00139
00140
00141
00142
00145
00149
 大丈夫、ちゃんと支えるから! 自転車は、こげば進むの!!

倒れずに前に進むんだから!
 まるで作品テーマ、「頑張った自分を信じる」「支えてくれる人」「やったぶんだけ進める」という巴
 羽音もとい、ひろみは彼女に応えてもうひと踏ん張り!
 と

 それっ!

 小気味良い巴の声!
 ひろみは、ようやくスピードの乗って「走る」事に成功

 頑張って「頑張った結果が出る」事は、やっぱり素晴らしい、っていうか青春ですね!

 すんごい桜が舞ってる!

巴『そう! その調子よっ!!』

00150
 巴さんのガッツポーズも、細やかな作画で奇麗だった!!
 髪が長いから、その辺の手間も大変そう!

 しかし高校初日から大変ね!

ひろみ『…やったよ、トモちゃーーーんっ!!

00154
00155
00157
00158
00160
00163
00164
00165
00167
00168
00170
 どうしますか、巴隊長っ!

潮風に乗って
 かくて、遂に「乗れた」といっても、車道に出たら間違いなく大迷惑なのは明らか!
 とっくに駐輪場も満杯で、やむなく押していく事に
 で

 坂道がいっぱいあって、山を下るとすぐに海でっ!

 育った長崎の町
 坂と山、下ればすぐに海の町。

 鎌倉もよく似た町だし、幸先の良いスタートを切ったひろみ。九州大分の鉄輪とかもそうね!

 山があり坂があり、下ればすぐ海、風景的には最高ですね!
 
『ね、ねえトモちゃん…、学校って、まだ先なの…?』

00171
 なおひろみ選手、やっぱり自転車を押して歩くのは骨だったらしく
 すぐに音を上げてしまう事に

 てっきり、「なら私が」と巴が乗るかと思えばそうでもなく…?

巴『そうね…、あと15分くらいかな? …ほら、もう頑張ってっ! のんびりしてると入学式に間に合わないわよっ! それに、そこを曲がったら、良いものが見えるよっ!』

00175
00176
00177
00180
00182
00185
00186
00189
00190
00191
00193
00196
00197
 鎌倉の海…! …うわぁ…、小さい太陽がいっぱいだぁ…!!

詩人と海
 角を曲がってその先へ、開けた視界が美しい! オープニングのワンシーン、ここだったのね!!
 海はいい、土地土地によってまた違う!
 で

 ひろみ…、ようこそ、鎌倉へっ! 歓迎するわ♪

 地元愛は良いもんです
 なんとなく、昨年夏のラブライブ!サンシャイン!!も思い出しますね!

 あちらは静岡県伊豆半島、そして本作は、神奈川県鎌倉市が舞台の物語

 しかし、頬の染め方が恋してるみたいね!

しかし、広い道路である

00199
 ママチャリのAパートの始まり、Bパートはロードバイクから!
 電車と併走、イイ風景!

ロード乗り『ふう…、良い風。ホント、走るには最高の道ねっ! …それはそれとして』

00206
00209
00210
00212
00215
00218
00220
00222
 南鎌倉高校ってどこかしら…、ナギサに貰った地図は大雑把過ぎて、さっぱりわからん。

生富士
 初日の通学路は、多かれ少なかれ新鮮さがあるものですが、県外からならひとしおですね!
 で、ロードの女性は口振り的に、教師の人…?
 さて

 おお~、写真で見るのと一緒だよ~!

 違ったら怖い!
 しかし、通学路に富士山とは風流な。

 一方ロードの女性は、パン屋の「ナギサ」の地図で迷ってますが、OPのパン屋さんの事か

 私の店って事は、彼女らは大人なのね。多分。

『ここからだと、70kmってところかな? 左手にあるのが江ノ島』

00223
 トモちゃんさんの堂に入った観光案内、江ノ島って有名ですよね、色んな作品に出てますし
 孤独のグルメでは、ゴローちゃんが行ってますし
 ろんぐらいだぁす!でも亜美が

 波も含めた一枚絵で、とても奇麗! 観光地で売れそうな一枚絵!!

巴『ああ…、この辺トンビが多いのよ? 何か食べるときは、くれぐれも気をつけてねっ!』

00225
00226
00228
00231
00235
00236
 初日で教師と遭遇するのは基本!

トンビとロード乗り
 トンビに対する、トモちゃんの実感あふれる助言が笑えます。そんな彼女達にロードの人が
 しかし、そんなにトンビが飛んでるのか鎌倉。
 で

 道、教えてくれないかな?

 とロードの人
 しかし、ホント全身ピッチリですね

 ばくおん!!で(原作よりソフトに)、自転車乗りの人がネタにされてたのを思い出します。

 ていうか、明らかに遅刻寸前だから急げよ!

『? 教えるも何も…』

00238
 目の前が学校! オープニングそのままの「背景」、コンクリートが古びてる感じといい
 背景美術に、めっちゃ気合入ってますね!
 てか生徒いねえ!

 遅刻寸前!

ひろみ『えへへー、朝早かったものだから、ご飯食べられなくって…、でも大丈夫!』

00239
00240
00242
00245
00249
00252
00255
00256
00262
00265
00266
00267
00268
00270
 トモちゃんの雑な顔いいよね!

来るわよ!
 必殺!トンビが油揚げ!! 「来るわよ!」とか、先生がバトルアニメばりの声を出す緊張感!
 安心し、早弁(遅弁)しようとした瞬間の悲劇!
 で

 だから言ったでしょ、トンビには気をつけてって…、私も何度もってかれた事か

 ドタバタで駆け込んだ学校
 美しい「無人の」桜並木…、ってやっぱり遅刻じゃないか!!

 まずはクラスを確認してから、体育館に向かいなさい、と先生らしい助言をしてくれる場面も。

 しかし、生徒かと見紛う若さであった。

ひろみ『ンー…、あった! 私、B組だ!』

00271
 仲良く並んだ「優子」「鏡子」の字面のそろいっぷりが、変に笑えます。
 ていうか、女子校なの?
 いや

 タイトル上は、「南鎌倉高校」となってますが、どうも女子校らしい。多分。

『一年間よろしくね、ひろみ♪』『うん、トモちゃん♪』

00278
00279
00280
00282
00283
00284
00286
00287
00288
00289
00290
00292
00293
 おっこちてるクマの被り物の存在感!

友達100t出来るかな
 入学式、「頭の良さそう」「運動できそう」「外国の人」と、的確にレギュラーに目を巡らすひろみ!
 今更ながら、“友達が作れるかな?”と心配に
 と

 そうだよ…、知らない土地だもん…、知り合いなんていない

 走る最悪の想像…!
 冒頭は楽天、今は悲観と感情の波が激しい!!

 もっともトモちゃんへの華麗な強引さ、「お前がぼっちなら世の9割はぼっちだ!」と言いたい!

 体育の先生、こけしみたいで可愛い!

『時に迷い、戸惑うこともあるでしょう。不安に押し潰されそうになる事もあるかもしれません…、そんな時は是非、隣を見てください。そこにはこの学校で共に学び、成長していく仲間達がいるはずです…』

00295
 しかし、どこか入学式ではお約束ともいえる言葉が、この状況に驚くほどピッタリ
 不安に押し潰されても、隣には友達がいる
 良いスタートじゃないか…!

 しかしトモちゃん、ちょっとOLっぽいキャラデザですね。

巴『…どうしたの?』
ひろみ『ううん…、なんでもない(…そうだよ、…友達なら、もう!)』

00298
00299
00301
00305
00308
00309
00310
00311
00313
00314
00315
00317
00318
00321
 高校生という、子供から大人になる貴重な時間を、…様々な経験と共に過ごす事になります

望みさえすれば
 ひとまず、安心を得たひろみを待っていたのは、やはり担任だった「森四季」とクラスメイトたち
 最初の挨拶は、“あなた達は望むべき年齢だ”
 と

 望みさえすれば、どこへでも行くことが出来る自由…?

 様々な経験が「出来る」と
 これまでの事も、これから経験できる事も。

 個々人により経験は違う、けど何をしたいか思い、歩き出せば、どこへでもいける自由がある

 すべては、まず「思い歩き出す」事から始まるのだ、と。

森 四季 教諭『私に言える事は一つ、楽しくあれ! それだけですっ。いっぱい見て、聞いて、体験して食べて、高校三年間を、精一杯過ごし、それぞれの「楽しい」を見つけてください! そして願わくば、その“楽しい”が、友達と共にありますように!』

00323
 経験を生み出すのは、まず「望み」歩き出すこと、「楽しくしよう!」という明確な意思を持つ事!
 長い人生、“自分はコレが楽しい!”と思えるものを見つけ出す
 自由な日々が高校にある

 その「行動半径」を広げる手段、また目的そのものともなるのが、「自転車」なのでしょうね

ひろみ『思い、歩き出せば、そこにいける…』

00325
00326
00327
00328
00329
00332
00335
00337
 なにあれ自転車…!? すっごい速い! もうあんなに小さくなっちゃった!?

GO!ひろみ
 とはいえ、しがない女子高生、まずは自転車に乗れるようになって移動範囲を広げよう!
 トモちゃん意外にスパルタだった!
 で

 いいなぁ…、あんな風に走れたら、どこでも好きなところにいけそうな気がする!

 鎌倉と言えば観光地ですが
 移動手段に、レンタルサイクルが鎌倉駅などにあるそうな。

 折りよく、女性ばかりのサイクルチームを見かけたひろみは、ますます自転車にハマっていく事に

 今のチーム、後のレギュラーもいたんでしょうか?

過ぎてゆく今日の人 のびる影 追い越して 空色の地平線を いくつも雲が踊り出す♪

00346
 エンディングテーマは、いかさんによる「にじゆめロード」、男声と女声声が入り混じる主題歌!
 疾走感があって、すごく作風に合ってますね!
 でも「いかさん」って!?

 コメントで指摘を頂きましたが、女性シンガーで、男声も女声も両方を歌われてるのだそうな

 いわゆる“両声類”ってアレなのでしょうか。

ひろみ母『そういえば…』

00338
00340
00342
00344
00345
00354
00355
00357
00358
00359
 あの子が乗ってた自転車って、補助輪が付いてたわね…。

今回のオチ
 五人で石段に座ったキメカットが、これまた、どこか昔のアニメっぽいエンディングを終えた
 後日談じゃありませんが、今回のオチ
 で

 ちゃんと、自転車に乗れたのかしら?

 ママさん天然か!
 心配は、無駄じゃなかったのね!!

 しかしママさんも若い、むしろ巴ちゃんと姉妹なんじゃないかって若さだ!!

 回想でもカットされる「お父さん」に全米が泣いた!

『明日にも乗りたくなる、ロードバイクの魅力が満載っ!』

00360
 そしてまさかの実写パートである!
 OPの人ね!

 で、個人的に意外なことが。

『今回は、フレームの選び方を学びますっ!』

00361
00362
00363
00370
00373
00374
00378
00382
00383
00385
00386
 クロモリは鉄、カーボンは炭素素材、そしてアルミ、カーボンが人気なのが解る気がしますね。

A応援P!
 実写パートでは、まず毎回パーツを選んで行き、一台の自転車が組みあがるところまで。
 まずフレームですね。
 で

 意外だったのがクロモリ、これって「鉄」だったのね!

 人気作の弱虫ペダル
 主人公、小野田君が「これがロードバイク!」と感動したのが“クロモリ”だったんですよ!

 彼は作中屈指の怪物と読者に評されますが、そもそも、フレームからして重いヤツだったのか…

 弱虫ペダルも今期から「続編」新作、確か、前期は計5クールでしたが…?

2017年1月6日 南鎌倉高校女子自転車部 第1話「入学式ッ!」

00185
 絵コンテと演出を一人、しかも監督が、脚本はシリーズ構成さんと主力スタッフ投入!

スタッフ
 脚本:砂山蔵澄
 絵コンテ&演出:工藤進(監督)
 作画監督:古澤貴文
 アニメ制作:J.C.STAFF、A.C.G.T、二社共同制作

本作の制作は、昨年では「食戟のソーマ」「ふらいんぐうぃっち」などの大手、JC社が共作!

00350
 原作は以前、スクウェア・エニックスと一騒動を起こし、今は傘下だというマッグガーデン出版
 昨年、「あまんちゅ!」と同じ出版社
 同じアニメ制作会社!

 複数作品を同時に作る事も多い大手、J.C.STAFF社が、A・C・G・T社と共同制作!

 なんですが「MARGINAL#4」「うらら迷路帖」「スクールガールストライカーズ」と
 4作同時制作って、えらく攻めてるッ!?

 本作では、原画や動画にかなり海外勢が参加して制作された模様。

次回、鎌倉探索にGO! 歴史ある観光都市!!

00387
00388
 今回のエンドカードは憂姫はぐれさん! 第6話くらいですかねー?

シリーズ構成:砂山蔵澄
 ばくおん!!とは当然原作が違い、原作の会社も違い、アニメ制作会社も違うのに
 何故か、強力に「ばくおん!!」を感じるのは主演の威力と
 主人公の性格か!

 なお、アニメ制作会社は違いますが、「脚本監督」ともいえるシリーズ構成は実は同じ人。

 ちなみに、弱ペダ新作も同じ人に交代されてるんですだぜ!!
 ウソみたいだよ!

 まずは観光色が強い回になりそうで、その意味でも楽しみですね! キャラデザがちょっと古い!

 次回、第2話「鎌倉探索にGo!」

南鎌倉高校女子自転車部 感想 2017年 冬 1月~3月

 南鎌倉高校女子自転車部 第1話「入学式ッ!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第2話「鎌倉探索にGo!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第3話「女子自転車部、はじめます!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第4話「夏海ちゃんはわたさない!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第5話「自転車を選ぶのってむずかしい?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第6話「はじめてのレース!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第7話「わたしにできること?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第8話「みんなと一緒に!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第9話「クマさんからの挑戦状!?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第10話「輪行で行こう!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第11話「自転車って、ふしぎ」
 南鎌倉高校女子自転車部 第12話「道はまだまだつづいてる」
 南鎌倉高校女子自転車部 第13話「特別編」