ムサシマル著。蒼き鋼のアルペジオ トリビュート クロスライン 1巻 感想 レビュー ネタバレあり。
“人類を知る為に” 函館に逗留するハルナ達、人間の生活におおはしゃぎ!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_2289
 本編も第13巻で「初章」が完結、どうも、互いに理解しようとせず戦いばかりだった人類と霧が
 新章からは、互いを観察し相互理解へと向かおうとするようですが
 ある意味、その先駆け的なコメディに

 タカオたち「東京組」に続き、海鮮豊富な函館に住む、ハルナ達の日常がスタート!

マヤが本当に元気でねえ…
 特に、アニメ版で「カーニバルだよ!」だったマヤの存在感に、妙に微笑ましいものが
 意外にというか、まっとうに“人類”に馴染んでます

 元から音楽が大好きだった事から転じて、「人」への理解も深いのでしょうか

タカオ達の「ソルティ・ロード」に続き、函館より愛をこめて!

IMG_2287
 紅茶を飲みたいというマヤから、コーヒーショップを開店する事に

人と霧の交差線
 函館は、食料的にはそこまで逼迫している感はないものの、漁をヤクザが仕切っていたり
 法が、イマイチ機能しにくい時代なのは相変らず
 例によって人助けすることに

 また、「豆」が輸入できませんから、民間ではコーヒーが貴重だという場面も。

 政府にパイプがあるから
 無自覚に豆を譲り受け、トラブルに巻き込まれる事も。

「世間知らず四人組」の生活の中で、蒔絵そっくりの子に出会う場面も

IMG_2286
 同様の「作られた子供」かと思ったら、単なる他人の空似であった

王子と乞食
 蒔絵には「人間の生活」が必要だと、彼女、アヤカと一時的に入れ替わらせる話も。
 しかし、このご時勢に“お金持ちのご令嬢”というと
 親がロクでもないワケで…

 思った以上にタチの悪い親御さんでしたが、ちょっと不憫なオチに。

 アヤカ、そのまま同居するのかと思いましたが
 次の回には登場せず

 豪奢な暮らしから一転し、このご時勢、世間知らずの一人暮らしという心配な結末に。

収録

IMG_2288
 敢えて味覚を調節せず、激辛カレーに挑む勇気!

 YKコミックス「クロスライン 蒼き鋼のアルペジオ トリビュートコミック 1巻」。
 ムサシマル、原作Ark Performance(コンビ名)、ヤングキングOURS連載作品。少年画報社。
 2016年12月

収録
 第1話~6話まで収録。巻末&カバー下にオマケあり。

クロスライン 蒼き鋼のアルペジオ トリビュートコミック 感想

 クロスライン 蒼き鋼のアルペジオ トリビュートコミック 1巻 “視察ですか? 函館に逗留したい?”

蒼き鋼のアルペジオ 感想

 蒼き鋼のアルペジオ 7巻
 蒼き鋼のアルペジオ 8巻
 蒼き鋼のアルペジオ 9巻
 蒼き鋼のアルペジオ 10巻
 蒼き鋼のアルペジオ 11巻
 蒼き鋼のアルペジオ 12巻
 蒼き鋼のアルペジオ 13巻“初章 完結”

■外伝
 ソルティ・ロード 1巻(TALI)※タカオ主役の外伝。
 ソルティ・ロード 2巻
 ソルティ・ロード 3巻(完)
 霧クマs THE COMIC 全一巻

 蒼き鋼のアルペジオ「公式うすい本」
 アニメ版、1話感想、2013年10月放送開始。原作者自ら再編集。

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 感想

 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 7巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 8巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 9巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 10巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 11巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 12巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 13巻“GREETING CARD”