双星の陰陽師 第39話 感想 慈愛の霊獣 -DAUGHTER'S FIGHT! FATHHER'S DELIGHT- アニメ画像付き レビュー ネタバレ 前回
“白虎”の根源は慈愛! という事は、清弦もまた慈愛溢れる男だって事よね!!

00391
00307
 繭良を「面倒なとこだけ母に似た」という清弦、いや、間違いなくアンタの血だよ!!
 誰かの為に身を投げ出す優しさ、自分そっくりだと思わぬ清弦
 無自覚さこそ、何より男前だと思う!

 繭良、超・大迷惑ゲーム馬鹿って、見事に視聴者を代弁しおったわ!!

さらば山門、馬鹿につき死す!
 一方、意外なくらい仲が良かった「谷間の世代」天将コンビがまた笑えました。山門あっさりと!!
 散り際が妙に良い作画で、また笑えた!

 白虎は慈愛、強面なのに“優しさ”を是とする天将とは、清弦さんピッタリだったのねえ

ろくろ『行くぞ、紅緒!』

00000
 圧倒的巨体、まさに「大きい事は良い事だ」であった。
 
あらすじ
 闇無の「遊戯」、超巨大ケガレの力の根源、球根破壊の為に「白虎」の力を再び借りた清弦
 対し、闇無は、彼の妻を連れて“その兄を殺した”清弦をなじるが
 繭良は父を信じた

 娘に妻を重ねた清弦、白虎も彼女に呼応し、清弦は「彼」に頼み込む

 慈愛を是とする十二天将
 白虎は、清弦の、また繭良の「他人を護る」戦いに力を貸す

 球根破壊は成功、しかし闇無は、良い余興だったと余裕を崩さず去ってしまう。

 次回、第40話「双星ときめく -FINALY THEY KISSED?-」

『瘴気が!?』

00001
00002
00004
00005
00006
00007
00008
00011
00015
00018
 レゾナンスで強化された紅緒の脚、形状自体が変化するのね

闇無遊戯
 致命打を与えるのが困難な巨体、蓄えた呪力による超復元が、撃破を至難とする樹木型ケガレ
 のみにならず、“胞子”を撒くように呪力を散布…!
 対し

 闇無! 何がしたいんだテメー!!

 まったくだよ!
 今回の事件、大掛かりながら対象は「町一つ」

 相当な呪力を費やしながら、“双星への遊戯”と称し、二人の「殺害」でなく精神攻撃を狙う闇無。

 倒せければ、育った町が滅びる…!

闇無『事は順調に進んでいる…、さて、一つ余興を準備するか』

00020
 余興大好きな闇無さん! てっきり、40~60くらいのナイスミドルかと思ったら
 前回、視聴者ビックリのイケメンフェイスを披露!
 で

 ケガレは、呪力を溜め込むほど「人に近い姿になる」とし、両目が“普通”なのがチャームポイント!

『いつになったら帰れるの…?』『私達、どうなっちゃうの…!?』

00023
00025
00026
00028
00029
00030
00033
00034
00036
 さすが山場回、ところどころ作画ががっつり艶やかな感じ!

頼みの綱は
 まるで龍黒点騒動のように、散布された瘴気は、耐性のない人々から次々と昏倒させてゆく
 ただし今回は、“回復に回れる陰陽師”がいない…!
 と

 頼むぞ…、清弦!

 打開策は一つ
 地下にある、「呪力の球根」を破壊して供給源を絶つ事

 しかし“打倒法”すら教えていった以上、この術が、闇無の本命ではないと考えられ…?

 以前、“7つの村を襲った”時は、果たして何が…?
 
繭良『烈空魔弾! 急急如律令!!』

00040
 陰陽師となった当初は、支援系をメインにしていた繭良、覇気のなさが目立ちましたが
 士門の教えを受けて、烈空魔弾も自在に使いこなすように
 つまり、間接的な父の教え!

 前回で使った剣の呪装といい、繭良さんってば身体以外も立派になって!

※コメント欄の指摘受け修正

『お父さん、大丈夫?』『お前に心配されるようじゃ、いよいよ俺も、ヤキが回ったって事だなァ』『とか言ってー…』

00043
00048
00049
00050
00051
00053
00056
00057
 ホントは心配されて嬉しいくせに? このツンデレ・ホワイトタイガーダディ~~♪

満身創痍の最強男
 繭良の意地悪さがホント可愛い! ツンデレ白虎父って、あまりにも そのまんますぎる!!
 久々に「白虎」を呪装した清弦、支援は繭良の名コンビ!
 が

 あと少しだけ…、持ってくれよ!

 口には出さない
 しかし、「白虎」の負担は相当らしい

 士門が「朱雀」の全身呪装時、僅か5分が限度といったように、左手だけでも負担は相当か

 が、“球根”にも着実にダメージが…?

『十二天将の“白虎”…、復活していたとは』

00064
00068
00069
 思わぬ余興が、一つ増えたな?

余興を求めて
 さっきの「瘴気散布」は事前の計画だったらしく、余興とは、復活した清弦に迫ることだったと
 神威といい、バサラの目は“金色”がデフォルトなのね
 で

 闇無…!

 分かるのかね!
 さすが清弦、知識経験が豊富すぎる!!

 悠斗も金っぽい眼、失踪中の有馬様と、眼が似てるのは気のせいでしょうか

闇無『“十二天将の資格”を失ってなお、白虎の力を引き出すとは…、しかし、本来の力の1/10も発揮できていまい?』

00071
00072
00073
00074
00078
00080
00081
00082
00084
00085
00087
 繭良ちゃん、「やった!」は禁句や!!

これは余裕というもんだ
 戦闘の勘では決して負けていないのか、侮る闇無に、烈空魔弾を“正面から受けさせて”油断させ
 噴煙に紛れ、背後から狙った清弦、
 が

 後ろから狙うのは、お得意か…?

 本命は届かない
 仮に、直撃したらどのくらい効いたんでしょう

 腕を失ったこと以上に、「十二天将の資格」を失った事が、白虎を使えなくなった要因らしい

 それでも、手を貸してくれてたのね

『さすがは陰陽連の暗殺集団、“律”の頭目を務めただけの事はあるな?』

00089
 わざわざ過去を持ち出して、揺さぶりをかける闇無氏(推定1000歳以上)、これが余興か…?
 なるほど、予告は「元・暗殺者」としての過去か
 律

 組織を「律する」上で、必要な汚れ仕事を担う部署?

繭良『暗殺…?』
闇無『“同族殺し”の天若家…、お前のその罪、償ってみるか?』

00090
00093
00094
00095
00097
00098
00100
00106
00108
00110
00112
 この女の「兄」も、お前が殺したのだろう…?

天若清弦
 バサラに「罪」とか言われたくない…! しかし、ここからが“余興”の本番、奥さん登場!?
 清弦の天若家は、“暗殺者”の家系だったのだ
 と 

 またやっちゃった…、終電逃すの、今月でもう五回目だっけー…。

 畳み掛ける母の過去! 
 繭良の母さん、研究バカな人だったのね!!

 非常に熱心な人であるようで、なんだか、応援したくなるタイプって感じがします。

 苗字は“音海”のはずですが、コートが「SOUSEI(双星?)」なのはジョーク?
 
『やっぱり…、ここに居たんだね? ただいま…、ゆっ子』

00114
 そして殺される」というお兄さん…、第一印象が「土御門御影」に良く似てますが
 ともかく、笑顔がヤバそうな人なのは分かった!
 尋常じゃない!

 彼が、陰陽連お抱え暗殺者に殺された、という事は…?

音海 紫『お兄ちゃん…、どうしてこんな事を!?

00115
00118
00120
00123
00129
00131
 この男は、こうして始末されなければならなかった…、それが陰陽師の掟だ

急転直下
 しかし次の場面では、既に「兄」は惨殺され、音海紫は“暗殺者”によって昏倒させられてしまう
 兄を殺したのは、“陰陽師の掟”…?
 と

 今夜の事は、全部悪い夢だ…、兄貴の事も、俺の事も、さっさと忘れちまいな

 カットされてますが
 抵抗したらしく、仮面は一部が欠けた状態に

 清弦、他の天将より重たげな雰囲気は、こういう過去があったからなのね

『どうして…? どうしてそんなに…、悲しい目をしているの…?』

00133
 そして憎い仇である」という以上に、とっさに、彼の目の悲しみを見て取った紫さん
 これが大きな動機に

 とっさに、そこを見ちゃう人なのか…。

繭良『お母さんのお兄さんを…、殺した…?』
闇無『そうだ。罪、穢れを祓う陰陽師でありながら、お前は多くの罪を犯してきた…』

00134
00137
00138
00142
00143
00145
00146
00147
 お父さん…、何か理由があったんだよね? …分かるよ、親子だもん!

大好きなんだから!
 ここぞと親子に亀裂を入れようとする闇無、しかし、元より「父の雰囲気」で何かを察していた繭良
 父はむしろ辛い想いをし、押しこめ生きてきたはずだ
 と

 恥ずかしいこと、言ってんじゃねェぞ…。

 確かに恥ずかしい!
 が、「他人の言葉」より近くの父!!

 繭良ちゃん、「元暗殺者」は信じたけれど、それも故あってだろうと揺るがない!!

 ジト目な清弦さん、めっちゃ愛されてるなホント!!

闇無『人間の持つ、“愛情”ゆえの信頼か……』

00149
 さすが繭良、闇無も多大な皮肉と共に拍手するレベル!
 ろくろも士門も果報者よな!
 しかし

 この物言いからすると、別に闇無、“元人間”ってワケではないらしい。残念。

『この者(音海紫)を招いたのは、何も昔語りをしたいわけではない、これは遊戯だ…』

00152
00154
00157
00159
00160
00163
00165
 以前、ケガレ堕ちした繭良を殺そうとした事もあった清弦、シビアな判断を強いられてきたのね…。

遊戯王
 曰く、音海紫は「呪力」を吸われている、死ぬ前に助けられるかな? というゲームなのだと
 繭良では、触手すら突破困難
 ならば

 大人しくそこで見とけよ…、紫は必ず、俺が助けるからよォ…。

 男、清弦…!
 満身創痍で「最強の婆娑羅」に挑む…!!

 ろくろ達のといい、本当に「誰か」の為に身を投げ出す清弦、妻の為に!!

 殺めて来た事も、彼の場合、「罪を重ねさせない」優しさなんでしょうか

山門『十二天将の力はその程度か! 弱い、弱い、弱すぎるぞォ!! …いやあ、俺が強すぎるのかなァ♪』

00168
 一方、今週も全力で偏差値が低い山門の姿が! なんて雑魚っぽい人なんだ!!
 超すごいケガレ、婆娑羅の一体なのに!

『噂通りの馬鹿力だな?』『一撃でゲームオーバーの、とんだクソゲーっスねェ…』

00170
00171
00172
00174
00177
00179
00180
 待ってろよ闇無ィ! 十二天将を全て喰らって、貴様を越えてやるぞォ!!

谷間の世代
 しかし、意外や「解る」と言う勘久郎、だって有馬たち“上の世代”は怪物で、士門達も育ってきてる
 それでも、「いつか天下を取る」と誓い合った盟友同士!
 ベストフレンド!

 ちょ! その話はやめろって、勘ちゃん!!

 だが待って欲しい
 憲ちゃん、露骨に「もっと言って」って顔ッスよ!!

 お前らここまで仲良かったのか…、素だと、憲ちゃんも「勘ちゃん!」って出るのね!!

 山門がえらい顔に!

山門『お前ら、俺をバカにしてんのかーーー!!』

00183
 やだ、ぼっちのバサラがなんか言ってる!
 山門は怒っていい!
 泣いていい!

 存分に、笑われていい!!

『長期戦になると、パワーで押しきられそうだなぁ?』『そういやあ、天馬は、婆娑羅を瞬殺したそうッスねえ?』

00184
00185
00187
 時は金なり、瞬殺するぞ!

出番終了のお知らせ
 このまま、一気に決戦なるかと思いきや、意外や場面は清弦達にチェンジ!!
 天馬を踏まえ、癪だが“二人がかり”で
 瞬殺するというが…?

『いくぜ…!』『楽しませてくれよ、白虎?』

00188
00189
00192
00194
00195
00198
00200
00201
00202
00203
00204
00206
00207
00208
00209
00210
 よお馬鹿虎…、俺に残された呪力、根こそぎくれてやるぜ!

白蓮虎砲「纒神呪」
 久々に発動した切り札、式神“十二天将”の力を全身に拡大したとっておきの纒神呪!!
 その様を、繭良は「奇麗」と素直に表現した
 対し

 見事だな、天若清弦。十二天将の資格を失ってなお…、そこまで…。

 悠然と振舞った闇無
 しかし清弦、目を見張るほどの加速!!

 天将でも「獣」がモチーフですし、瞬発力こそ、最大の武器なのかもしれませんね

 どてっぱらにブッスリよ!

『へっ、ありったけの呪力でも…、五秒と持たねェとはな…!』

00212
 解除された清弦、別に、意図的ではなく「限界」だったと。
 本当に、力を使い果たしてたのね…
 が

闇無『いや、たいしたものだ』

00215
00216
00218
00222
00224
00228
00229
00233
00234
00236
00239
00240
00241
00244
 惜しかったな…、“師(もろ)”よ…、お前には感謝せねばなるまい。

護られてばかりで
 いわく「師」から貰った呪力がなければ、致命傷になりかねなかったそうですが、清弦は完敗に
 余興は終わりかと、むしろ残念がっている闇無
 が
 
 来い…、婆娑羅! お前をやっつけてやるっ!!

 繭良奮起!
 強敵に、あまりに幼い言葉がまた泣ける

 ずっと、護られてばかりだった自分を変えたい、とはいえ相手があまりに悪すぎる!

 清弦に対し、「贖罪は叶いそうにない」と嘲笑する闇無ですが…

『ふ、ふふふ……』

00245
 奮起した繭良に、闇無氏、本当に嬉しそうじゃありませんか!
 ホント、この人は何をしたいのでしょう
 決戦は来期か

 強くなりたい神威、美味しく食べたい師、探求したい珠洲と婆娑羅はいずれも趣味人

 余興、というのが彼の“趣味”なんでしょうか?

繭良『お父さんこそ、無理しないで! お父さんとお母さんは、あたしが守るんだから!』

00246
00250
00251
00252
00253
00256
00257
00259
00260
00263
00265
00266
00267
00269
00271
00273
 それこそ、お前たち“人間の愚かさ”そのものだ。…つまらない価値観だ

だから絶対護って見せる
 無力なりに、奮戦する繭良に対し、そうやって「大切なもの」の為に身を投げ出す事こそ愚かだ
 闇無は、そうした“人間の価値観”こそ否定する
 対し

 あたしはお父さんもお母さんもすっごく好きで、すっごく大切!

 真っ向対峙する繭良
 彼女こそ、闇無が「一番愚かと思うタイプ」なのね

 大切なものの為に身を投げ出すは愚か、町を襲うことも、清弦の奥さんを連れてきた事も

 人間の価値観の否定、それが闇無の遊戯であるらしい。

闇無『ならば…、この状況を覆してみるのだな?』

00274
 繭良は、「あなたに人間の何が解る」って問いましたが、それこそ肝なんでしょうか
 闇無の遊戯は、要は人間を試すこと
 何があったのか?

 山門とかと違って、根っから悪い奴じゃないみたいですが…?
 
繭良『あたしね…、嬉しいんだよ。何も出来なかった私が、今こうして、お父さんとお母さんの為に戦えるのが…、すっごく嬉しいの!』

00277
00278
00279
00281
00284
00285
00286
00287
00289
00292
 繭良の母、彼女の兄は「瘴気で犯され、自我を失った化物になる術」の被害者だったらしい。

天縁若虎
 なおも、笑い続ける愛娘の姿に、「自分を追ってきた乙海 紫」の姿がダブって見えた清弦。
 当時、清弦も“記憶消去”を施し損ねたらしい
 が

 清弦さんがああしてくれなれば、兄さんは、たくさんの人を襲うようになっていたんでしょう?

 追ってきた乙海紫
 暗殺集団、「律」を知られた以上は処分せねばならない

 清弦は、まるで「最期に、仇の自分を見せて、恨みを吐き出させよう」とばかりに会いに行く

 が、出てきたのは“感謝”の言葉

『おい…、どうして俺に、恨み言の一つもぶつけない? 復讐する為に、俺を探していたんじゃないのか?』

00293
 殺されてやる事はできないけど、せめて、恨み言くらい全部言わせてやろうとしたのでしょうか
 しかし彼女、「そんな事、考えてません」
 と

 紫さん、心底「え? そんな風に思われてたの?」的な発音でちょっと笑えます。

『じゃあ…、どうしてだ? 何故、俺の事を探していた?』

00298
00299
00301
00302
00305
00307
00310
00311
 それは…、その……、気になっちゃったからです。

アンタ何がしたいんだ?
 対し紫は正直に、「清弦が辛そうに見えた」事を打ち明け、それゆえに探し回っていたという
 彼が辛そうで、探す内に“兄が怪物になりかけてた”と知った
 つまり

 清弦さんの力になりたい…、って答えじゃ…、ダメですか?

 男殺しな…。
 でも、要はそういう事ですよね

 彼が辛そうだったのが不思議で、彼が「仲間の為に仲間を殺す」と知った、そして思った

 そんな彼に、何かしてやりたいと思ったと。

清弦『ここから…、逃げるぞ』

00314
 放っておけば処分される「紫」、今度は、自分が暗殺される側になるリスクを負って
 清弦が何を成し遂げたか?

 外伝小説「双星の陰陽師 -天縁若虎-」をご覧ください、らしい。

面倒な男『…ったく、面倒なとこばっか、母親に似やがって!』

00318
00320
00322
00326
00328
00330
00333
00335
 おい…、馬鹿虎…、てめえに頭を下げるのは、これが最初で最後だ…!

繭良に力を貸してくれ
 清弦さん、そうやって「誰かの為に身を投げ出す」「汚れ役を背負う」とか、まんまアンタだよ!
 繭良は母に似てるが、父にも似てる!!
 似すぎ!

 力を欲するか? 天若の娘、…お前が望む力とは何ぞ?

 喋ったァ!?
 始祖の式神という“十二天将”

 白虎は繭良の前に現れると、「望む力」とは何かと、心のあり方を問いかける

 そりゃ、“誰かの為の力”なのでしょう。

『私は…、私の願いは、あの頃から変わってない』

00339
 そして繭良の場合、原点はろくろ、友達を殺さざるを得なかった自分に泣いたろくろ
 彼の為に、何も出来なかった事が
 繭良の原点だと

 あの時、「自分は無力だ」と泣いていたのは、ろくろだけじゃなかったと。

『私が強くなりたいと思ったのは、大切な人を護る為…、お願い白虎、私に力を貸して!』

00340
00342
00344
00352
00350
00348
00354
00356
00358
00361
00362
00363
00364
00365
00366
00368
00369
00372
00375
00380
00381
00386
00390
00391
00394
 我が力は破壊に非ず、我が爪は殺戮に非ず。…我が白き爪は、慈しみにこそ力を宿す

獣爪顕符「白蓮虎砲」
 生まれたての「新・十二天将」を、呪力だけだと闇無は侮ったものの、繭良はひたすら力任せ!
 護りの結界を、自ら内側から破って突撃するレベル!
 で

 どっか行っちゃえ…、この超・大迷惑ゲーム馬鹿ーーー!!

 球根もフッ飛んだ!!
 そして、白虎曰く「慈しみ」が力の源だと

 さながら野生の獣が、子を守る時こそ強いとされるように、“慈愛”こそが力を引き出せる!

 強面なのに、慈愛属性とか清弦さんまんまじゃねーか! 

繭良『…お母さんっ!』

00402
00404
00407
00408
00409
00411
 どーお、お父さん、私の爪の方が大きいよ♪

よくやった
 もちろん母も無事で、期せずして、揃ってしまった天若家によるコントとなってしまうのだった
 なお、デカけりゃ良いってもんじゃない模様
 ハハッ!

 デカけりゃ良いってもんじゃねえ。

 本当にそうかな?
 清弦さん、微妙にふて腐れてるっぽくてちょっと笑えます。

 一応、「一度だけ」って話ですが…?

闇無『少々、遊びすぎたようだ。…罪の償いは少しはできたか?』

00415
00416
00418
00419
00422
00424
 余興としては、充分だったな?

闇と共に去りぬ
 闇無もまた、それ以上追撃をするような真似はせず、当然そのまま撤退しまう事に
 元より、球根破壊されるのも想定内でしょうし
 と

 ありがとう…、白虎。

 ありがとう
 これを言ってくれる人は強い。

 天将も、力を貸したくなるってもんでしょう。きっと。

『俺を瞬殺するだと…? 笑わせるな! 貴様らごとき虫けらが、最強の俺に勝つなど、万に一つもねェんだよ!』

00425
 その頃、喋るたびに「視聴者の中での強さランク」がぐんぐん下がってる山門
 また出番が来るとは!

 しかし、残り僅か数分で出番がきたという事は…!?

雲林院 憲剛『いーや、お前はもう、“破産”してるんだよ』

00428
00429
00431
00433
00434
00435
00436
00438
00440
00444
00445
00448
00449
00450
00452
00453
00457
00458
00461
 頭が熱くなって周りが見えない…、なんともチョロい商売相手だ

ご利用は計画的に
 実は、とっくに「反射結界」を張り巡らし、たった一発のエネルギー弾を複数回当てる憲ちゃん!
 おっと、なんて効率的な攻撃だ!
 で

 人間相手でも、それくらい正確にメスを振るえればなァ?

 本体瞬殺…!
 山門、ちょっとカッコイイ作画で瞬殺…!!

 そして勘ちゃんさん、「ヤブ医者」の渾名は伊達でなく、ホントに手術が苦手らしい

 ダメじゃんこの医者!!

『それじゃあ、昔みたいに実験体になって貰うッスかねえ?』

00462
 どうも昔、そのメスの「実験台」になったらしく、ガチで怯える憲ちゃんさん!!
 トラウマって何があったんだよ!
 意外に面白いぞ!

 この二人も、野望や「谷間の世代」という自嘲、色々あるのね!!

『憲剛がきてくれて、助かったッスよ?』『高くつく、って言ったろ? …ふん』

00464
00466
00467
00470
00473
 再生しねえ! …って事は!!

再生終了のお知らせ
 以前は、合体ケガレの中に収まってた山門、何を思ったか「本体」を露出させたのが敗因
 一応、パワーは十二天将即死クラスだったらしい
 で

 俺達もやるぞ、紅緒!!

 再生終了!
 後は、ひたすら削るのみ

 こうなるとちょっとRPGみたいですが、ともかく、天将も集結して総攻撃の模様

 後は、ここからどう“ピンチになるか”ですが…?

余談、「天若」清弦

00289
 天若といえば、日本神話の「天若日子」の逸話を連想しますが、彼もまた使命を持ちつつも
 恋に落ちて、その使命を放棄した…という事で
 知られています

 今回、紫を逃がす=使命を放棄した姿に、そういう意図で名付けたのかなってちょっと思いました

 御伽草子などに登場し、民間に人気があった、というのも連想させますね。

2017年1月11日 第39話「慈愛の霊獣 -DAUGHTER'S FIGHT! FATHHER'S DELIGHT-」

00475
 今回は「小説版」のネタも投じたとのことでスタッフロールにも掲載。

スタッフ
 脚本:大知慶一郎
 絵コンテ:増田敏彦、影山楙倫
 演出:ふじもとよしたか
 総作画監督:貞方希久子、崎本さゆり
 制作協力:アモ

予告『繭良の母です♪ ヘッベルは言いました、“友情と恋愛とは、人生の幸福を生み出す。ちょうど、二つの唇が魂を頂点にするキスを生み出すように”。…ね? あなた♪』『だから、何が言いてェんだ』

00489
00490
00491
 次回、愛だね愛! 「天地鳴動編」最終回ですよ!!

恋に落ちたシェイクスピア
 予告と次回サブタイがラブラブすぎる! ときめくサブタイです!! これを越えれば最終OPだ!
 いまだ、天御柱に潜伏しっぱなしの兄さんが動いてませんが
 次回ラストで大騒動パターン?

 白虎の根源が慈愛、誰かの為に手を汚す姿も、転じれば優しさだよなと

 清弦さんは尊い
 また「瘴気に侵された陰陽師」って、今の陰陽師達そのもの…?

 闇無をゲーム馬鹿呼ばわりしてクスっとしましたが、果たして、彼の目指す「闇の果てとは…?

 次回、第40話「双星ときめく -FINALY THEY KISSED?-」

双星の陰陽師 感想 2016年4月~2017年3月 連続4クール

 双星の陰陽師 第1話「運命の二人 -BOY MEETS GIRL-」
 双星の陰陽師 第2話「双星交差 -A FATEFUL FIGHT-」
 双星の陰陽師 第3話「すれ違い -A HERO'S WORTH-」
 双星の陰陽師 第4話「禍野の音 -BOTHERSOME TWOSOME」
 双星の陰陽師 第5話「十二天将 朱雀 -THE GUARDIAN SIMON-」
 双星の陰陽師 第6話「紅緒と繭良 -GIRLS'PARTY-」
 双星の陰陽師 第7話「新たなる試練 -UNBElIEVABLE GAME-」
 双星の陰陽師 第8話「ろくろの気持ち -SHOCKING CONFESSION-」
 双星の陰陽師 第9話「交錯する悲劇 -TRAGEDY COMES WITH SMILE-」
 双星の陰陽師 第10話「すばるの修行 -THE FICKLE GUARDIAN-」
 双星の陰陽師 第11話「新婚さんおきばりやす -FANTASTIC MOMENTS-」
 双星の陰陽師 第12話「勘弁しろし -BASARA BOY KAMUI-」
 双星の陰陽師 第13話「君の勇気 私の勇気 -ZERO MILLIMETERS APART-」

 双星の陰陽師 第14話「浴衣と星と願い事 -TANABATA SPECIAL-」
 双星の陰陽師 第15話「ひとりぼっちに さようなら -THE AWAKENING OF LOVE-」
 双星の陰陽師 第16話「陰陽師として -SALVATION THEN WAILING-」
 双星の陰陽師 第17話「師がくれた赤い証 -NEW TALISMAN FROM MASTER-」
 双星の陰陽師 第18話「決戦前夜 -TRIUMPH OVER FEAR-」
 双星の陰陽師 第19話「罪もけがれも -THE 10 SECONDS DECISION-」
 双星の陰陽師 第20話「ふたりの道 -TO THE FUTURE WITH US TWO-」

列島覇乱篇
 双星の陰陽師 第21話「双星新生 -SWEETIE FAIRY-」
 双星の陰陽師 第22話「ケガれてんじゃ~ん -PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM-」
 双星の陰陽師 第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」
 双星の陰陽師 第24話「ケガレの見た夢 -WHAT IS BEAUTIFULL?-」
 双星の陰陽師 第25話「天・元・空・我 -COME BACK! SOUTHPAW-」
 双星の陰陽師 第26話「双星vs双生 -BASARA TWINS' STRINGS-」
 双星の陰陽師 第27話「ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-」
 双星の陰陽師 第28話「鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE-」
 双星の陰陽師 第29話「さえとの約束 -MISSING EXORCIST MASTER-」
 双星の陰陽師 第30話「いつまでも笑顔で -LOVELY SMILE FOREVER-」
 双星の陰陽師 第31話「そばにいるから -WAI WA KINAKO YA!-」

天地鳴動篇 第32話~第40話
 双星の陰陽師 第32話「混沌の中に -SEEKING THE PAST,SEEKING THE FUTURE-」
 双星の陰陽師 第33話「師の恩返し -I WANT YOU TO EAT ME-」
 双星の陰陽師 第34話「名コンビじゃねぇ! -WACHI vs WASHI & WATASHI-」
 双星の陰陽師 第35話「復讐の傀儡師 -I AM NOT ALONE-」
 双星の陰陽師 第36話「守るベきもの -WHAT IS REALLY IMPORTANT?-」
 双星の陰陽師 第37話「恋の町 舞い上がる -TELL ME HONEST FEELINGS-」
 双星の陰陽師 第38話「鳴神町最凶の日 -NO WAY TO RUN,NO PLACE TO HIDE-」
 双星の陰陽師 第39話「慈愛の霊獣 -DAUGHTER'S FIGHT! FATHHER'S DELIGHT-」
 双星の陰陽師 第40話「双星ときめく -FINALY THEY KISSED?-」