“そらのおとしもの”作者作品。公式はこちら。水無月すう プランダラ 7巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレあり。前巻はこちら
現代とは理想郷、誕生の真相とリヒトーの後悔。守りきれたと思ったのに!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_3806
IMG_3814
 行き詰った世界を見捨て、作った理想郷。アビスは地上、アビス送りは死ではなかった
 アビスからヘリが出てきたなら、地上でも変化があったって事だし
 陽菜の母たちも生きてる可能性が…?

 後悔だらけな中で、子作り宣言で未来を繋ぐ陽菜ちゃんが希望だった!

あなたの未来を!
 とことん、「あなたを生かす! これは私の自分勝手だ!」ってスタンスが、男前だったと思う!
 リヒトーの後悔、死にたい気持ちは確かだろうし
 死ぬべき理由もある

 受け入れた上で、私が背負うぞ!って言い切った感じが男前だった!!

増えすぎた人を減らす戦争、“人を廃棄する戦争”が始まった

IMG_3823
 ヒャッハー! 女はお楽しみだー!!

あらすじ
 廃棄戦争、国連軍は、「議会」投票権バロットを、複数所有する極東連邦へ騙まし討ちを敢行
 際し、リヒトはバロット使いに目覚めて国連軍を圧倒するが
 人を殺さない軍隊、という理想を失う

 以降、リヒトと「撃墜王」らを騙し、シュメルマンらは“7つのバロット全てを集めさせた

 彼らはバロットを用い、受精卵から国民を新規に生み増やして歴史を抹消
 高度3000mにアルシアを建国

 地上を「アビス」と名付け、彼らから一切の資源を奪う事で、アルシアを300年守り続けた

 理想郷アルシア、その真実を知った陽菜は服を脱ぐ

「戦争は決して起こせない」、絶対の前提条件を覆したのは…?

IMG_3824
IMG_3822
 今までの道安の非道は、彼女達を軍人にさせない、って覚悟だったんですかね

世界が騙した
 議会は未知のシステムだから、「今、何が議決されているか?」は、誰にも分からない
 日本以外が結託し、密かに“戦争許可”を半年早めていた
 こうなると、日本は気付けない!

 戦争がいつから始められるか」、この一点を騙すだけで良かった!

 核兵器使用許可まで!
 この世界は、とにかく「資源がない」時代

 少量の資源で最大の破壊、核兵器ほど、適した兵器もないワケだ!

※と私は思ったけど、どうなんでしょ核兵器って

ごめんな…、父ちゃん、お前らを守ってやれなくて

IMG_3821
IMG_3820
IMG_3819
 後年は、ジェイルの養父になったり、シュメルマン同様「子育て」にこだわる事に

「閃撃の撃墜王」誕生
 前巻、ご褒美してくれたり何かと活躍した彼女、「咲」を守って奮戦した髭の人!
 てっきり、死んだと思ったら一命を取り留めて
 また命を懸けちゃった!

 後から思うと、ここで止まってくれたあたり、国連軍の真意も感じますね

 リヒトの刀も“バロットの複製”
 シュメルマンに託され、ずっと持っているのか

 現代のシュメルマン、すっかり人格が壊れたように見えるのは…?

リヒトの覚醒、覚醒を促す捨て身の突撃により、クラスの皆は救われた!

IMG_3818
 玄治も救われた!

アンハッピーエンド
 敵兵を蹴散らし、ノンキに「閃撃の撃墜王だ!」とか、名付けるクラスメイトにちょっと笑いましたが
 ここから、後は一気にバッドエンド一直線でしたね
 玄さんマジ玄さん

 彼と咲は、少なくとも「最後の撃墜王」じゃないんですよね

 ラストシーンにいたし

国連軍『貴様らを、一人殺せば1日分の食料が…』

IMG_3817
IMG_3816
 隊長の「ウソ」に協力したほかの兵士も、心は一つだったんでしょうね

奪う時代
 リヒトの「殺さない軍隊」を折ったのは、殺さないと仲間が死ぬぞ、と彼が“教えてくれた”為
 当初、大暴れしたのは自暴自棄に陥ってた
 って事なのでしょうね

 でも少年達に希望を見た、だから死なせたくなくて、命を捨てて生かそうとしたと

 核なんてウソさ
 最後、ポロッと明かしたのが印象的です

 ここで「学んで」おかないと、次はもっと酷い奴に出会い、リヒトが殺されるのは目に見えてる

 そういう、優しさだったんでしょうね

リヒトのカウントは、「みんなの代わりに敵を殺した数

IMG_3815
IMG_3812
IMG_3810
IMG_3811
 数え切れないほど出てきたのは、それでか

撃墜王たち
 その後、クラスメイトも真相を知って、道安たちも撃墜王の素質があると発覚
 また、恍惚の表情でリヒトを操るフィレンダ
 彼女が元凶か

 元凶というか物事を悪くした原因、最後はシュメルマンとの直接対決なんでしょうね

 意外や、アラン大尉も撃墜王だったんですね
 実際、今も生きてますし

 ただ彼だけ歳を取っているのは、「後悔していない」という事らしい

私は、あなたの子供を産みます

IMG_3814
 彼を寂しくさせない手段、子供を作ろう! やっぱすげえよヒナは!!

300年の約束
 ラストは、リヒトと子作りに挑むシーンで終わってますが、まあ断られたんでしょうね
 しかし、細そうな見た目なのに!
 まったく!

 あなたの人生をぐちゃぐちゃにしてでも!

 リヒトの決意を尊重して
 彼を幸せにする、それは「陽菜(わたし)のわがままだ」と

 リヒト、ここまで言わせてはもう…!

現代「アルシア王国」は、3人が決めた選民だった

IMG_3809
IMG_3808
IMG_3807
IMG_3806
 クラスメイトは取り残され、孤児を救い、彼らの取り分を残すべく命を絶ったと

アルシア建国
 国土は上空3000mに作り上げられ、議会の力で、地上から一切の資源を奪い去ってしまった
 国民は全て、受精卵から1から「作りなおした」為
 誰も真相は知らない

 地上は「アビス」と呼ばれ、資源を失った為、アルシアに侵攻する事が出来ない

 疑問を持ったアルシア国民も
 議会が監視し、「アビス送り」と称して地上に落とされてしまう

 反対したリヒトの兄貴分、時風は反乱を起こし、正気を失ったリヒトにより殺害されたと

 もっとも、本当に死んだかは…?

収録

IMG_3805
 ラストは熱い子作り宣言、間違いなく断られるね!(確信)

 角川コミックス・エース「プランダラ 7巻」。水無月すう。
 月刊少年エース連載、KADOKAWA発行。
 2017年5月(前巻2016年12月)

収録
 第24話「騎士」
 第25話「閃撃の撃墜王」
 第26話「ボクのカウントは」
 第27話「選民」

 地上=アビス軍が子供兵士を送った理由も納得、燃料は一体…?

プランダラ 感想 水無月すう

 プランダラ 1巻
 プランダラ 2巻
 プランダラ 3巻
 プランダラ 4巻
 プランダラ 5巻“約束された戦争”
 プランダラ 6巻“廃棄するための戦争”
 プランダラ 7巻“戦争で手にかけたもの”

 そらのおとしもの 20巻(完)