Fate/Grand Order - First Order- フェイト/グランドオーダー Fate/GO FGO アニメ 感想 レビュー 画像 ネタバレあり 特報パートこちら
その謎はゲームで! 謎だらけのまま終結を迎えたアニメ版FGO、マシュ可愛い!!

01078
00890
 まさかのぐだぐだアニメ化は卑怯ですわ…、さすが信長きたない! 色々ぐだぐだすぎる!!
 ジャンヌの“聖杯大戦”、Fate/Apocryphaも来年アニメ化!
 所長さん、ホント不憫なのね…

 序章映像化、「次はランサーでな?」と去った“キャスター”兄貴が格好良すぎた!

実は良い人だった悪セイバーさん?
 マシュの盾を使った戦いも、映像的に面白くて、状況に振り回されて終わる辺り「序章」って感じ
 自称後輩で謎キャラ、可愛かったです

 しかし、ホントに何も出来ない主人公ってのは、見てる方ももどかしいですな。

Fate/Grand Order “未来の消失”に対抗する物語

00000
 巨大な「地球もどき」から描かれていくアニメ版。

Fate/Grand Order
 Fateシリーズのスマホアプリ、「魔術がまだ成立していた時代」、2015年が舞台の物語。
 人類史の継続を使命とし、魔術、科学問わず結集した機関“カルデア”が
 2017年の人類絶滅を証明してしまう

 彼らは、この事態に、二つの才能を併せ持つ48名を召集するのですが…?

※当方、漠然と知っているもののゲーム未プレイです。

職員『レンズ“シバ”異常を観測!』

00002
00003
00005
00006
00007
 cv杉田氏の存在感よ!

人類の光
 騒然とする「観測施設」、巨大球体“カルデアス”とは、地球の魂を複写した擬似天体である
 彼らは、シバというレンズで“未来の地球”を観測していたのだ
 が

 カルデアスの光を取り戻さない限り、人類に未来は無いわ…。

 何か知らんが大変だ!
 Fateらしからぬ、未来感に溢れまくる冒頭!!

 舞台は2015年だそうですが、従来のFateの「魔術師」に加え、科学者も参加しているんだとか。

 で、彼女が噂のオルガマリー所長さんか

Fate/Grand Order - First Order-

00011
 冒頭は光っていた、各大陸上の「文明の光」がない、つまり誰もいないという事
 近い未来、文明が消え去る事を観測

 マスター適正者を呼び集め、「レイ・シフト」を開始するそうですが…?

そんな「人理継続保障機関・カルデア」は、雪深い山中に存在するという

00015
00016
00019
00020
00022
00025
00026
 彼女が見ていた端末は、“青空”を映していたのね。

拾い物
 さて、打って変わって静かな廊下で、眼鏡にピンクで片目が隠れたストッキング姿のヒロインは
 小動物に導かれ、「主人公」を発見する

 親方! 廊下に主人公が!!

 ヒロインが落ちてくるのは多いが
 主人公の方が、こう、道端にポンと落ちてるのって珍しいね!!

 で

『わっ!? 君は…?』

00028
 構図が、問おう。あなたがわたしのマスターかっぽい!
 わざとなんでしょね

少女『そうですね…』

00030
00033
00034
 名乗るほどのものではない…、とか?

人理継続保障機関・カルデア
 ここがどこかも分からない彼に、「人類をより長く、より強く存在させるため」の観測所カルデアだ
 と、少女は教えてくれる
 しかし

 あまり口にする機会がなかったので、印象的な自己紹介が出来ない、というか…。

 自分の事はコレ。
 あまり、名乗ったりする経験がないらしい。

 目も明らかに奇妙ですし、この氷雪吹きすさぶ「観測所」の中で、ずっと過ごして来たらしい

 えらく印象的な自己紹介であった

『…落ち着きましたか?』

00036
00037
00040
 この子、ものっそい見てる…!

フォウさん
 彼は施設に入る際に「霊子ダイブ」を受け、脳の負担で、半ば意識を失ったまま施設内を放浪
 そのまま倒れて、“フォウさん”発見されたらしい
 で

 フォウ…、さん?

 あの動物ね!
 そんな、Zガンダムのヒロインみたいな!!

 フォウさん、さっきからメチャクチャ動いてて「制作会社」のスペックを、ガッチリ見せ付けてきます!

 プリズマイリヤや、Fate UBWとはまた別の会社が製作

『フォーウっ!』

00042
 しかし、メガネに激突するのはやめて差し上げろ!
 歪むから!

 鼻当て辺りがつぶれちゃう!!

『こちらの、リスっぽい方が“フォウ”さん。カルデアを自由に散歩する、特権生物です』

00045
00046
00049
00050
00052
00056
 特権生物です、って、しれっと設定が謎すぎる!?

フォウさん!
 明らかに知性とか持ってそうな! ホント、本作って予算と時間をかけたんだなって映像ですね
 フォウさん、ホントめっちゃ動いていた!
 で

 私以外には、あまり近寄らないのですが…、「先輩」は気に入られたようですね?

 好かれ易い少年
 なんという「主人公」スキルでしょうか

 しかし、明らかに「先輩」であるはずの少女に、「先輩」と呼ばれる事案が

 彼女が言うには

『おめでとうございます、カルデアで二人目の“フォウさんのお世話係”の誕生です』

00058
 と、おっとりした口調で任命してくる「後輩」ちゃん、いやそこじゃなくて!!
 主人公が後輩じゃないの!?

“後輩”『ところで、先輩も“レイシフト”の為に集められた、マスター適正者のお一人なんですか?』

00062
00064
00065
00067
 まさか…、何をするのか分からないままここへ?

「人類を守る」機関
 主人公は、「マスター」としてサーヴァント、と呼ばれる存在を使役できる才能を有していた為
 熱心にくどかれ、よく分からないまま参加したという
 で

 観測の結果、人類は2016年12月を以って、絶滅する事が分かったんです

 人類滅んでる!?
 大丈夫、劇中はまだ“2015年”ですから!!

 何も分からない主人公の為に、順序に従い、かなり懇切丁寧に語ってくれる少女

 説明の長さに、ちょっとビックリしました

『遂に新たな異変を観測しました、それが“空間特異点F”』

00070
 何故、人類は2016年に滅亡するのか? 探っていくと、2004年に異変が見つかった
 つまり初代Fateの舞台、“冬木市”。
 空間特異点F

 そこに、“2016年までの歴史”に存在しなかった、観測できない領域が発見。

『カルデアは、これを人類絶滅の原因と仮定し、“レイシフト実験”を国連に提案、可決させました。…つまりは、タイムスリップのようなものですね』

00073
00077
 霊子転移、レイシフト、人間を霊子にして過去に転移させるというもの

「探索」任務
 本来の歴史に存在しなかった、新たに生まれた「観測できない過去」に、人間を送り込む実験
 直接探索する、“レイシフト”が実施させることになった
 と

 タイムスリップって、実用化されてたんだなぁ…。

 とは主人公の談
 いや、人類絶滅とかじゃなくて!?

 明らかにおかしな少女と、どっかズレた少年、二人のボーイミーツガール作品

 しかし、丁寧な解説であった

『挨拶が遅くなってごめん。俺は藤丸 立香、印象的な自己紹介じゃなくて申し訳ないけど…、よろしく』

00079
 一通りの解説後、ようやく自己紹介しあう二人。
 やっぱりズレてる子であった

 こういうところ、どっか士郎さんに似てますね

『…君は、いつからここにいるの?』

00081
00082
00083
00089
 二年前からです。

私にとっては
 どこか、おずおずと手を差し出す少女に、パッとその手を取った藤丸少年! こいつコミュ強いな!
 対し、「取られた手」をびっくりしたように見る少女
 で

 いえ、“私にとっては皆さん先輩”なので…。

 だから「後輩」
 この態度、彼女クローン人間とかその辺なのか?

 ひどくおずおずとした彼女に、パッと手をとった姿が印象的です。

 うん、やっぱ士郎さんの系譜だわ!

『マシュだ。マシュ・キリエライト…、そこにいたのか』

00090
 そういう君は、cv杉田の怪しい人!
 怪しい人・ジョースター!!

“レフ教授”『そろそマスター適正者のブリーフィングが始まる、管制室に…、おや?』

00093
00094
00102
00106
00107
00108
 レフだよ! リフでもなければ、傷薬でもないよ!!

ボディランゲージ
 怪しい人は、「補欠だけど悲観しないでね?」的に藤丸を諭すも、事態を飲み込めてない彼は
 ただただ、困惑するばかりだった
 で

 私はレフ・ライノール、ここの“技師”の一人だ。

 もう説明会が始まる
 急がないと、根に持つ「所長」に睨まれるぞ、と

 慌てた藤丸だったが、“マシュ”が案内してくれ、なんとか間に合いそうだったってワケですが…

 何故、こんなに彼を気に入るのか?

『マシュが、自分から誰かに関わるなんてね…、マシュ、彼のどこがそんなに気に入ったんだい?』

00111
 いわく「人間です」「訂正します、人間らしいです」と、Fateなどタイプムーン作品においては
 魔術師とは、“人でなし”だとか言われますから
 それで、でしょうか

 マシュが普段見ている人間とは違う、ただの一般人」、そこが気に入ったらしい。

レフ教授『ふむ…、カルデアにいる人間は、一癖も、二癖もあるからね』

00114
00118
00119
00122
00124
00125
 特務機関カルデアにようこそ!

オルガマリー・アニムスフィア
 藤丸もビックリ! 深山の施設の本体は、地下に広がる大空洞と巨大建造物であった。
 彼以下、集められた“48名”へ所長は言い放つ
 が

 あなた達は、“人類史を護る為の道具”に過ぎない事を、自覚するように!

 まあ酷い!
 いわく、「二つの才能」を併せ持つ48人

 すなわち「霊子ダイブ」「魔術回路を持つマスター適正」、この二つを併せ持っている事である

 二つも必要なら、そりゃ絞り込まれますわな。
 
オルガマリー『…静粛に! 納得が行かないのなら、今すぐこのカルデアを去りなさい!』

00126
 そんな希少な面々に、「道具だ!」と言い放つ美少女所長! あかんダメなヒトだった!?
 が、若い身空で重責にあるせいなんでしょうか
 上下関係はしっかりと!

 やっぱすげえよオルガは!

『…結構。このカルデアは、これまで多くの…、ん?』

00133
00135
00138
00142
00144
00145
00147
 先輩、先輩はファーストミッションから外されてしまいました。…個室に案内します。

誇りと苛立ち
 個室ですって!? と変にテンションが上がったのが私だけじゃないはず! きっと多分!!
 うっかり、居眠りして逆鱗に触れてしまった藤丸君
 で

 魔術の世界は、実力はもちろん、家柄が物を言います。

 彼女の怒り
 それは、「魔術師以外に頼る」現状

 魔術師は血統主義なのに、今回「適正者」が少なすぎて、藤丸みたいなのも頼らざるを得ない

 所長は「12家門」当主の一人、その誇りがイラだたせてるらしい

『ここは地上より、ずっと高い場所にあるのに、ちっとも青空が見えません』

00150
 やっぱりこの子、デザイナーズチャイルドとか、クローン人間とかそんなんだな!(確信)
 カルデア以外知らないっぽい!

 二歳児?

藤丸『青空か~、確かに、二年もこんなところにいたら、見る機会ないよな』

00151
00156
00159
00160
00161
00162
00164
00166
 本作、マシュのスカート作画に対する気合の入れ方が異常(絶賛)

面白い人「たち」
 てなワケで、自分も“レイシフト”に参加するのに、わざわざ遠くまで送ってきてくれたマシュちゃん
 天使か! 懐かれる藤丸くん主人公すぎ!!
 で

 ここはボクのサボり場だぞっ! 誰の断りで入ってきたんだいっ!!

 変人その2!
 空き部屋を、サボり場に使ってたらしい

 寮生活あるあるですが、こうみえて医療部門トップだという

 尊大、怪しい、変人、見事なスリートップだ!!

ロマニ・アーキマン『いやいや、要はただのお医者さん、ってだけだからねェ』

00170
 見ての通り気さくな変人で、通称は「ロマン」と、変な風に略されているらしい。
 それがロマンだ!

『…つまり、所長の逆鱗に触れてファーストミッションから外された…、と。ならボクと同類だ』

00172
00175
 所長に「ロマニが現場にいると、風紀が緩む」って追い出されちゃってね。仕方なく拗ねていたんだ

ああ誤解
 追い出された者同士、親近感を持たれてしまい、「標高6000m」の施設概要の解説を受ける。
 今回、藤丸くん説明されてばっかね!
 が

 急いでくれ。“今は医務室”だろう? そこからなら二分で到着できるはずだ。

 レフに誤解されるロマニ
 ああ、これ「参加者」が酷い目に遭うパターンだ……。

 ちなみにレフ教授は、技術的なトップらしく、“シバ”という観測装置の開発者だという。

 レイシフト(霊子転移)システムは、オルガの父・前所長が構築。

『…多くの才能が集結して、行われるんだ』

00180
 また、「霊子演算装置」を提供してくれたのは、EXTRAや“月姫”シリーズにも登場した機関
 アトラス院であるという。
 で

 同院は、一般的な魔術師の総本山「時計塔」と同格、“魔術三大部門の一角

 カルデアが垣根を越えた組織である事が窺えます。

ロマニ『…まさか、カルデアで停電なんて!』

00183
00184
00189
00190
00193
00196
 無事なのは…、カルデアスだけか? …人為的な破壊工作の可能性がある。

カルデア大火災
 が、やはり発生した大事故! って、やっぱり不自然に「擬似地球」だけが無事だったことから
 Dr.ロマンは、“破壊工作”の可能性を示唆
 で

 カルデアの火を消すわけにはいかない! 君は急いで、来た道を戻るんだ!

 やっぱり47人は…
 いや、Dr.ロマン“も”巻き込まれるはずだったと

 レフ教授が分かりやすく犯人! ともあれ、動力を確保すべくロマニ氏は奔走

 しかしこの光景、まるで冬木の大火災ですな。

機械音声『レイシフト、最終段階に移行します』

00198
 一方、動き出したシステムは止まらず、2004年1月30日の冬木市へ座標を固定
 ご存知、初代作“Fate/stay night”
 その発売日である

『マシュ、しっかり! 今、助ける!!』

00204
00205
00206
00209
00212
00220
00221
00224
00229
00230
 観測スタッフに警告、“カルデアス”の状態が変化しました…。

100年先まで
 マシュを辛くも発見するも、個人では救助不可能、更に彼らの眼前でカルデアスが変化を始めた
 地球は燃え上がり、“100年先まで”人類の生存確認できず
 と

 先輩…、ここはちっとも…、空が見えない……。

 無常な警告音声
 あと90秒で、“館内洗浄を開始する”と。

 謝るマシュに、藤丸は「何とかなるよ」と言うと、運命を共にするようにどっかと座り込んだ

 かくて

『霊子変換を開始します、霊子転移<レイシフト>開始まで、3、2、1…、全工程クリア、“ファースト・オーダー”、実証を開始します』

00235
 彼らの与り知らないところで、「霊子実験」は継続しており、そのまま彼らは“霊子”に変換
 過去への、タイムスリップが実施されてしまった

 これが“補欠で無力で素人”の少年が、マシュ、フォウと“グランドオーダー”に参加した経緯だ、と

 目覚めれば、「2004年の冬木市」のはずですが…?

『ここは…!?』

00239
00243
00244
00246
00247
 まあ、ふとももがまぶしい!

復活のマシュ
 が、なんと「冬木市」は既に壊滅しており、たちすくんでいた藤丸は謎の赤い射光に襲われる
 彼を救ったのは、同じく転移した“マシュ・キリエライト”
 が

 詳しい話は後ほど! とにかく、今は伏せていてください!!

 戦闘モード!?
 潰れたはずの下半身、立派に再生してる!

 明らかに「敵サーヴァント」くさい猛攻に対し、ひたすら耐えるマシュ、マシュ頑丈!

 キービジュアルの姿になってる!

cv諏訪部『ほう…?』

00252
 そんな彼らを攻撃したのは、お馴染みcv諏訪部で、剣を「矢」に変えるアーチャー
 即ち、アーチャーであった

 今回のアーチャー、いきなり弓兵してる!

『マシュ…、その格好は?』

00259
00261
00265
00266
00267
00268
 まあヘソが眩しい!

聖杯戦争
 が、マシュへの攻撃で「位置がバレた」アーチャーは、“ルーン魔術使い”に不意打ちを受け撤退
 藤丸は、サーヴァント同士の交戦に救われる格好に
 で

 マスター、指示を! 私と先輩、二人でこの事態を切り抜けます!

 今度はマスター!
 この子、次々勝手に「呼び方」を決めちゃうのね!!

 そこに響いた、夜気をつんざく乙女の悲鳴! 次々と走っていく“竜牙兵”の姿!!

 とすると、今度の敵は“キャスター”…?

余談:竜牙兵

00277
 たぶん竜牙兵と思われ、普通のガイコツ兵じゃなくて、「竜の牙」から作られた魔法生物の類
 ガイコツ兵は、死体の再利用みたいな連中だが
 こっちは元が竜なので強い

 元ネタはギリシア神話で、退治した竜の歯を、女神の勧めで蒔くと「武装した男達」が出現

 彼らは殺し合い、残った5人が“テーバイ人”の祖先に。
 これを元ネタにした映画から転じて、「竜牙兵(ドラゴン・トゥース・ウォリアー)」として定着した。 
 
『何なのよ…、なんで、私ばっかりこんな目に!?』

00272
00273
00280
00283
00285
00294
00295
00300
00303
00305
00309
00311
00317
00318
00320
00321
00324
 助けて…、レフ!

オルガマリー・アニムスフィア所長
 逃げていたのは所長! だがやはり「竜牙兵」だったらしく、並みの魔法では掃討は困難であった
 竜牙兵は、それなりの判断力を持ち、並みの戦士よりも強い
 が 

 どういう事!

 マシュさん無双!
 これが噂の、スタイリッシュ盾アクション!!

 今回の作画力の大半を費やしたんじゃないかってくらい、華麗な盾アタックだった!!

 それで、こんな変な形だったのか!

『“デミ・サーヴァント”でしょ! そんなの、みれば分かるわよ!』

00336
 すいません視聴者にはさっぱり分かりません! デミは「亜」という意味
 来期、“亜人ちゃんは語りたい”は
 デミと読むよ!

 ドリフターズでも、エルフやどわぁふは「亜人<デミ・ヒューマン>」と呼ばれてたのう、お豊! 

オルガマリー・アニムスフィア『私が聞きたいのは、“どうして今になって成功したのか”って話よ!』

00338
00340
00345
00346
00351
00352
00353
00354
00357
 英霊としての能力と“宝具”を譲り渡す代わりに、特異点の原因を排除して欲しい、と

「十字の盾」の英霊
 救われたのに態度がデカイとか、やっぱすげえよオルガは! いわくマシュは死の寸前に
 英霊と融合、“亜・英霊”となって転移したらしい
 で

 それで? 補欠採用した“一般枠”がマスターに?

 ホントに態度がデカい!
 更に、畳み掛けるように「カルデア」との連絡も復旧

 所長以下、上位者が死亡及び行方不明となった為、「医療トップ」に過ぎないロマニが指揮官に

 無論、“レフ教授”も消息を絶ったらしい

ロマニ『(候補生47人は)全員が、危篤状態です……、このままでは』

00359
 ふざけないで!

オルガマリー所長『直ぐに凍結保存に移行しなさい! “死なせない”のが最優先よ!!』

00362
00363
00364
00368
00369
00374
00377
00378
 死んでさえいなければ、後でいくらでも弁明できる…、47人の命なんて、背負えるはずないじゃない…

計算
 やだカッコいい…! と思ったら冷静な「自己保身」、オルガの性格が垣間見えるワンシーン。
 カルデアは、8割が停止し“外部との通信”も出来ない状況
 で

 にしても…、英霊と人間の融合、デミ・サーヴァント、まさかこのタイミングで成功するとは…

 元々研究中だったらしく
 英霊召喚自体は、「既存の技術」だったようで。

 召喚していた正体不明の英霊”、過去に存在した英雄が、マシュと融合してくれたらしい

 盾といい、“騎士”だったようですが…?

『今回のことで、“協会”からどれだけの抗議があるか…、手ぶらでは帰れないわ! 悪いけど、つきあってもらうわよっ!! マシュ、藤丸っ!!』

00379
 カルデアは魔術協会「時計塔」、アトラス院、国連など、色んなところから協力を得ているが
 彼らに対し、組織も、所長も若い「カルデア」は
 立場が弱いらしい

 なんとなく、初代の遠坂凛っぽい。

ロマニ『<今すぐ、そこから逃げてください!>』
マシュ『敵影反応! これは…、サーヴァント!!』

00381
00385
00386
00387
00390
00393
00401
00402
00407
00411
00412
 サーヴァントとは英霊が召喚され、誰かの「使い魔<サーヴァント>」となったもの。要は英霊。

聖杯戦争
 ここでは「聖杯」を奪い合い、七騎の英霊が戦う儀式が、“誰にも知られず終わった”はずだった
 しかし歴史が変化した、“特異点F”では異常事態に
 と 

 見知らぬサーヴァントに見知らぬマスター、ああ…、なんて瑞々しい。

 ライダーさん!?
 今回、随分とまあ邪悪っぽい装いで!!

 悪く言えば雑魚っぽい! ちょっと「Zero」を連想させるけど、言動がいちいち雑魚っぽい!!

 彼女は、“マスター”を持たないのか単独で出現

『うふふ…』

00417
 わ、ワカメの人じゃないか!?
 既にやられてる!?
  
『あれは…』『元・人間よ! あのサーヴァントに石にされたみたいね』

00418
00420
00427
00434
00437
00439
00442
00443
 わ、ワカメさんが収穫されたァ!?

さよらなら間桐慎二
 今回、いつもの「ライダー」が、“ランサーのメデューサ”で召喚されたらしく、愛用の鎌で大暴れ!
 なおFGOでは少女で、アニメ版オリジナルらしい
 で

 言動には注意しなさい…、“戦う”と口にした以上、もう行為は始まっているのですから!

 ライダーさん怖い!
 メデューサ、ギリシャ神話の怪物だからね!!

 扱う「槍」は、伝説上、彼女を殺すのに用いられたとされる曲刀、ハルペーがモチーフらしい。

 心構えを教え、ついで自身の武器を教える鬼教官!

『気をつけなさい? 私の槍は“不死殺し”の槍、この槍でつけた傷は、何をしても治らない…!』

00445
 元ネタは、前述の通り「元ネタ」で彼女を殺した武器で、不死の“神”にも有効な神の武器。
 ギリシア神話の主神ゼウス、その祖父神ウラヌスの睾丸を切り落とし
 去勢する事件にも用いられた

 ギリシアこわい!

メデューサ『肉体を完全に治癒する奇跡であっても…、わかりますか? 僅かでも受け損なえば…、貴方は一生、サーヴァントとして不出来になるのです!』

00446
00450
00452
00458
00460
00465
00466
00468
00470
 私では敵いません! 逃げてください、先輩!

蛇の髪持つ「元・女神」
 本来の性能なら、神でも治癒不能の傷を残す「ハルパー(アダマスの鎌)」、敗北を覚悟するマシュ
 結果、その覚悟が“さっきの英霊”を感心させた
 その声!

 良いガッツだ…、小娘は小娘だが、それなりの兵<つわもの>じゃねェか

 ルーン魔術 
 その声、いつもと全然違う格好!!

 さすが英霊、メデューサも、現れた「キャスター(魔術師)」も、彼らが“漂流者”だと承知の上

 ドリフターズ!

メデューサ『何故、“漂流者”の肩を持つのです?』

00473
 あァン? テメエらよりマシだからに決まってンだろうが!
 兄貴!

 やっぱり初代Fate,“ランサー”の兄貴じゃないか!!

『俺は、“キャスター”のサーヴァント、故あって奴とは敵対中でねェ…、敵の敵は味方、ってワケじゃないが、今は信頼して貰って良い…。構えな、お嬢ちゃん』

00475
00477
00483
00484
00490
00491
 腕前はともかく、度胸じゃアンタは負けてねえ!

光の御子
 これは「聖杯戦争」、サーヴァント同士は敵対しており、せっかくだからと手を貸してくれることになる
 遥かに高レベルのキャラが、一時加入する感覚!
 で

 仮契約だが…、健気なお嬢ちゃんに免じて、俺がアンタのサーヴァントになってやるよ

 ランサーvsキャスター!
 奇しくも、彼がいつも召喚される“ランサーの英霊”との決戦!

 キャスターがすごいのか、メデューサがアレなのか、かわしまくるキャス兄貴すげえ!

 メデュは、「一撃致命」で強すぎますしね!

『逃げ足で精一杯…、魔術を唱える暇も無いようですね!』

00493
00496
00498
00509
00510
00514
00517
00518
00523
 お嬢ちゃん!

メデューサ(ランサー)撃破
 さすがに肉弾スペックでは劣ったものの、マシュの「無敵の盾」で弾かせ、狙った位置に飛ばすと
 既に、仕掛けを終えていた“ルーン魔術”で一撃!
 と

 ルーンに詠唱なんて要らねェっての…、能無しが! 学びなおしてこい!

 まさかの一撃死!
 てっきり、後で復活してくるのかと!!

 正確には「地雷」から、本命の連弾を叩き込むコンボでしたが、ランサー(メデューサ)退場に。

 彼女はギリシャ神話、彼はケルト神話、知識不足が敗因に。

神出鬼没な「アイルランドの大英雄」、光の御子 クーフーリン

00527
 通称は「ランサー(Fate/staynight)」。

キャスターの兄貴
 今回、特に解説はなかったものの、実は「キャスター」「バーサーカー」への適性も持つ大英雄。
 日本での知名度の低さから、戦車、城壁の宝具も使えず
 割とネタにされやすい「兄貴」である

 ちなみにランサーは、「機動力」「運動能力」「一対一の白兵戦」に優れたクラスとされる。

 FGOでは“関係者”も登場、屈指の人気キャラになっているとか。

キャスター『おう、おつかれさん! アンタの援護のおかげだ、気にすんな?』

00529
00530
00531
00534
00535
00544
00545
00546
00547
00548
00549
00553
 ハッハッハ! けっこう、良い体してるなぁ!

「擦りかえられた」戦争
 ようやく話が通じる英霊に出会ったと思ったら、彼が唯一の“生存者”、「負けていない」だそうな。
 彼らの聖杯戦争は、気付けば「すりかわっていた」という
 で

 真っ先に聖杯戦争を再開したのは、“セイバー”の奴だ……。

 街は燃え人々はいなくなり
 やがて、セイバーが次々と英霊を倒し「汚染」した。

 キャスターはランサーとアサシンを倒し、バーサーカーは放置OK、残るは汚染アーチャーのみ

 一応、セイバーさんが“元凶”って事に…?

『ああ…、この土地の心臓を護ってやがるのさ…、汚染された大聖杯を』

00559
 特異点Fの異常を正すため、黒いセイバー、「セイバーオルタ」を倒せ、と
 基本、“聖杯の呪いに侵された姿”ですが…?
 善から悪へ

 本来のセイバーが、「理想の為の清らかさ」とすれば、こちらは理想の為に“非情”となった姿

 同じ理想を求めながらも、圧政犠牲も良しとする“王”の姿だとか。

キャスター『アーチャーの野郎は俺がなんとかする! アイツとは、もう一度、ハッキリ決着を着けなきゃならねえからな!』

00564
00565
00567
00568
00573
 合理的な判断ね? いちいち、台詞が遠坂さん家っぽい。

所長さんかわいい!
 元々、時代を越え召喚される「彼ら」には、ほかの時代の事情には興味を持たない“鉄則”がある
 キャスターは、アーチャー打倒の為に手を組むという
 また

 にしても珍しいな…、アンタ、マスター適性がないのか?

 オルガ所長は「一流」である
 しかし奇妙に、“呪いか?”と言われるほどマスター適正「だけ」ないという。

 後々の展開を思うと、ホントに呪いだったのかもしれませんが、さて何故そんな事をしたのか。

 また、憂鬱で可愛いマシュですが

『至って平常運転です…、ですが…、先輩、私は“宝具”が使えません』

00579
 マシュの告白! 英霊の切り札「宝具」、真のスペックを引き出そうにも「英霊」としての名前
 元英霊が、既に消え去ったことから分からないという
 名乗っておけば…!

 自己紹介って、ホント大切なんですね!
 
『あなただけの責任じゃないわ、マスターが優秀なら! 契約したサーヴァントを、解析できるはずなんだからっ』

00580
00581
00583
00587
00588
00591
00593
00594
00599
00600
00603
00609
00611
00612
 宝具ってのは「本能」だ。本能が呼び起こされるような事が起これば、自ずと目覚める…

いつもの学校で
 キャスターは藤丸を狙い、意図的に“本能”を呼び覚まそうとするが、オルガまでもが彼を護るや
 フッと笑って、そのまま姿を消してしまう
 と 

 やっぱり、先輩は「人間」ですね。私は嬉しいです、先輩と契約できて。

 無力なマスター
 Fateでの、原点めいた関係ですね

 マシュの場合は、自分のせいだと悔やんでくれるやさしさが、「人間らしい」と好ましかったようで

 似た状況で、英霊に当り散らす奴もいますしねえ。

マシュ『ここにも、青空があったんでしょうか…?』

00614
 どこまでも「青空」に焦がれるマシュ、そして壁際のナイスガイ状態のオルガさん。
 彼女も、根は悪い人じゃないのでしょうけれども
 多分

 やっぱり独りだけ浮いてる感が。

キャスター『精が出るな?』
オルガマリー・アニムスフィア『こんなものでも、ないよりマシでしょ』

00618
00620
00623
00625
00627
00628
00633
00635
00642
00647
00653
00660
00661
 俺の読みが正しければ…。

聖剣使いの騎士王
 キャスターは、セイバーが騎士王アーサーだと推測したが故に、“敢えて”マシュをぶつけるという
 アーチャーもまた、“マシュの英霊”を警戒したからこそ狙ったのだ
 と

 ほう…、面白いサーヴァントがいるな? “盾”か…。

 再戦に際しても
 アーチャーは、何故かマシュを優先して狙った

 実際、アーサー王伝説には「盾」にまつわる騎士が存在し、“彼”だと考えたのかもしれません

 FGOのテーマ上も、ピッタリの英霊となります。

セイバーオルタ『構えるが良い、名も知らぬ娘…、その護りが真実かどうか、この剣で確かめてやろう!』

00668
 善から悪に反転しつつも、非情さを得た事で、むしろ「王」の風格が増したとされるセイバーオルタ
 おお、ボス戦って雰囲気になった!

 なお食の好みも反転し、ジャンクフードが大好きらしい。

アーチャー『…ガラ空きだ!』

00669
00672
00675
00678
00682
00685
00690
00691
00698
00700
 おらよ! 大仕掛けだッ!!

アイルランドの光のパクリ
 一方、「セイバーの為」戦うアーチャー、早くも偽・螺旋剣? キャスター相手に出し惜しみなし!
 が、“空中にルーンを固定する”応用技で近接に!
 実は

 俺の師匠には“冥界の門”を呼ぶ術があってな…、それの応用、パクリって奴だ

 なんて正直な英霊!
 魔術師なのに、接近戦用に“空間を限定する”キャスター!

 互いに「いつもの二人」の記憶を持つらしく、“いつものケンカだ”と、近接戦を所望する大英霊!

 やだこの人、自分のクラスとか考えてない!

『キャスタークラスでか? いつもより、頭が良くなったんじゃないのかね?』

00705
 へ! 頭のデキと趣味嗜好は、別って事さね!
 キャスター補正で「知性」アップとは思えない暴挙!
 が

 それより近接戦が大好きだから仕方ないね!

オルガマリー・アニムスフィア『助けに行くつもりなら足手まとい…、ううん、それ以下よ』

00712
00719
00723
00728
00730
00731
00737
00741
00747
 そこで目を逸らさない! 前を向いて、毅然としなさい!!

マスターとして
 また「大聖杯」を前にして、セイバーと交戦に入ったマシュは、当然ながら一方的に翻弄される
 しかし騎士王も、過剰な追撃は決してしない
 と

 今あなたが、マスターとして本当にすべき事は?

 これがゲームなら
 マスターとして、指示を出したりできるんでしょう

 けれど藤丸、ここで起死回生の手段が思いつくはずもなく、マシュを応援する事しかできず…!

 一般人、無力って辛い…。

キャスター『勝負あったな! ニブったんじゃねえか? てめえ!』

00752
00755
00759
00764
 一方、こっちも今週屈指の「動画」だったキャスターvsアーチャー!

この人でなし!
 互いに「いつもと違う姿」ながら、汚染のせいか格の違いか、アーチャーを圧倒する兄貴すげえ!
 が、斬り弾いた剣がフラグすぎる!
 また 

 まったくだ、事ここにきて、他人の心配とはな!

 剣には気付けた
 しかし、「藤丸達を気にかけた」のが…

 エクスカリバー発動の兆候を気にかけたことで、キャスターは、戻ってきた夫婦剣の強襲に…!

 またランサーが死んだ…!?

セイバーオルタ『応えよう、その瞳に…!』

00767
00768
00771
00778
00779
00781
00785
 約束された勝利の剣(エクスカリバー・モルガーーーーーーーーーン)!!

竜の吐息
 マシュが「聖剣」の直撃をしのいでいた頃、キャスターは、ふと「最強の盾と矛」の逸話を思い出す
 矛盾、“だいなし”って事だな、とアーチャーは言った
 が

 その話、いつも思うんだよな? モノが同じなら、使う奴の技量次第なんじゃないかって

 そりゃランサーさんらしい
 彼は、さっきオルガからせしめた「石」で奇襲!

 絶体絶命の拘束から、“知恵”で逃れたかに見えたものの、夫婦剣はブッスリ…

 やっぱり死んだ…!?

アーチャー『!?』

00790
 が、いわゆる変わり身の術なのか、泥のように変色したキャスターから
 剣が抜けず、汚染されるアーチャー

 森の賢者を、ナメんじゃねえ!

 ウッドマンをナメんじゃねえ!

悪いねえ? “キャスター<こっち>”は、全部が新ネタでよう』

00792
00794
00797
00801
00804
 きたない、さすがアイルランドの光の御子きたない!

技のデパート
 どころか「刺された」体から抜け出すや、今回のとっておきらしい、巨大なカカシを召喚し
 アーチャーを叩き伏せてしまう
 が 

 ふう…、確かに、無いよりはマシだった。

 まあ刺されたしね…
 しかし、今回の兄貴は新技ばっかりでズルいわ!

 弓矢で戦わないアーチャーと、魔法を使わないキャスター、二人らしい戦いだった!

 キャスター兄貴、汚染英霊4キル!

マシュ『く…っ!』

00805
00812
00815
00819
00821
00822
00826
00828
00831
00837
00838
00841
00847
 信じて。

最も穢れ無き騎士
 一方、力負けしかけたマシュだったが、「マスター」藤丸が、意図せず令呪を使った事で
 彼のことを信じるや、“宝具”が発動
 城塞!?

 あの盾は…!

 反転直撃!
 なんて事、反転セイバーさんに反転して直撃が!!

 ことここに至って憎悪の表情(?)を見せるセイバー、生前の騎士王と、「彼女の英雄」の因縁か

 しかし藤丸さん、すげえワープ能力だった!

セイバー『エクスカリバー…!』

00848
 が、令呪ブーストしたとはいえ、格の違いは依然として歴然
 さすがセイバーさん、一発じゃ落ちない!

 が

『我が魔術は炎の檻、炎の如き、緑の巨人! 因果応報、人事の厄を清める森!!』

00853
00859
00861
00864
00865
00867
00868
00870
00871
00873
00878
00880
00881
 よくぞ、ここまで持ち応えたな…。

ウィッカーマン
 今回、「森の賢者」ドルイドとして現れたキャスターの奥義は、“巨大な人型の檻”に生贄を収め
 焼き殺す古代の儀式、“ウィッカーマン”を真似たもの
 が

 護る力の勝利か…、なるほど、“穢れなき”あの者らしい。

 セイバーさん直立してる!
 マシュの英霊が、円卓の騎士“ガラハッド”だと理解するアーサー王

 その真意を語らぬまま、彼女は、「グランドオーダー」は始まったばかりだと継げて去る

 と共に、「冬木の聖杯戦争」終結でキャスターも送還。

『結局、どう運命が変わろうとも、私独りでは同じ末路を迎えるという事か…』

00885
 いずれあなたも知る…、アイルランドの光の御子よ
 グランド・オーダー


 聖杯を巡る戦いは、まだ始まったばかりだ、と。

『坊主! お嬢ちゃん! 後は任せた! …次があるんなら、その時は、“ランサー”として召喚んでくれ』

00890
00891
00906
00908
00909
00916
 あなたは「真名」を得ても、英霊そのものになる欲が微塵もなかった…。

駆け出すオルガ
 去り際までカッコ良かった兄貴! またマシュの無欲さにこそ、「英霊」が力を貸したと所長は分析
 彼女の盾に、仮に“ロードカルデアス”の銘を贈る
 が

 君たちがここまでやるとは。計画の想定外にして、私の寛容の許容外だ

 黒幕登場…
 が、オルガさんが空気も読まずに!

 生きていた「レフ教授」、彼女を慕うオルガマリーは、たまらず飛び出してしまう

 この子、どんだけ教授が恋しかったの!?

『ええ、そうなのよレフ! “予想外のこと”ばかりで、頭がどうにかなりそうだった!』

00921
 所長、最大の予想外はこれからだぜ! としか思えないよ教授ッ!!
 迷子の子供か!

 どうも、家族からして仕事一徹のまま亡くなり、「頼れる人」が彼以外にいないらしい

レフ教授『本当に、“予想外のこと”ばかりで頭にくる…、ロマニ? 君には“すぐに管制室に来て欲しい”と言ったのに…。君もだよオルガ? 爆弾は、君の足元に設置したのに、まさか生きているなんて…、いや? 生きているというのは違うなぁ…』

00923
00924
00928
00930
00936
00942
00946
 君はもう死んでいる…、肉体はとっくにね?

オルガマリー・アニムスフィア
 やはり所長は爆死しており、無自覚な魂だけが「霊子」として転移し、レイシフトに成功していた
 全てを暴露し、レフは“聖杯(?)”を取り込んでしまう
 と

 さあ見たまえ、“アニムスフィアの末裔”。これがお前達の、愚行の末路だ…。

 セイバー撃破時の「結晶」
 その力があれば、レイシフトどころじゃなく“直接繋げる”事も可能!

 レフは元々、所長の一族を愚かだと思っていたと明かし、直系当主の彼女を「火」にくべてしまう

 マスター適性のなさは、“一族”そのものの呪い…?

レフ教授『最後に、君の望みを叶えてあげよう。“君の宝物”とやらに触れさせてあげよう、…人間が触れれば、分子レベルで分解される。生きたまま、無限の死を味わうといい』

00962
00964
00967
00971
00972
00973
00976
00977
00982
00985
00986
00989
00990
00995
00996
00999
 まだ、誰にも褒めてさえ貰えなかったのに! 嫌ぁぁぁぁぁああああああ!

レフ・ライノール・フラウロス
 早くに家族を失い、重責を負わされ、強がるだけ強がって生きてきた「所長」は無惨に焼死
 レフは、自分が“魔神”の名前を持つと明かして宣言する
 と

 お前達は、…何の価値もないゴミクズのように、跡形もなく燃え尽きるのだ!

 人類は「滅ぼされる」
 人類は、72柱の魔神フラウロスが仕える“王”の寵愛を失った為だと

 既に擬似地球カルデアスに護られたカルデアを除き、2015年の世界も、とっくに滅んだという

 過去を変えない限り、世界は終わったままだ、と

『この特異点もそろそろ限界か…、セイバーめ、聖杯を与えられながら、この時代を維持しようなど…、余計な手間を取らせてくれた』

01005
 そしてセイバーが「聖杯」を護っていたのは、彼らに、聖杯を与えられておきながら
 敢えて使わず、この“過去”を維持し続けていたのだという
 彼女なりの反抗だったんですね

 セイバーの強さゆえに手も出せず、そのまま維持されてきた感じ?

 が、奪われたことで“過去”は崩壊を始めた

マシュ『地下空洞が崩れます! いえ、それ以前に“時空”が安定していません! ドクター、至急“レイシフト”を実行してください!』

01009
01011
01014
01016
01017
01018
01020
01021
01023
01025
01027
01030
01032
01034
01038
01040
01041
01043
01045
01048
01049
01051
 ありがとう…。

先輩のおかげです
 かくて、辛くも“2015年 現代”に戻ってこれた二人は、世界一幸せなハグをして終了…
 ではなく、ずっとこれを見守っていたDrロマンにより
 指令が下される

 俺に…、出来るのなら!

 オルガマリー前所長は死亡
 カルデアは八割停止し、復旧しようにも“外部”が消滅し資材が足りない

 従って、残り47人の適正者も復活の見込みがなく、畢竟、藤丸が全て背負うことに

 サーヴァントと言い切られた事か、先輩の事か、マシュ辛そう!

Drロマン『我々が戦うべき相手は、歴史そのものだ…。キミの前に立ちはだかるのは、多くの英霊…、伝説になる

01053
01055
01058
01060
01061
01064
01065
01069
01070
01072
01078
01081
 生き残るには、未来を取り戻すには、これしかない…!

作戦名
 まさにロマン! 人類の未来を取り戻すには、発見された“七つの特異点”を攻略あるのみ!!
 歴史を護る為に、歴史と戦う物語!
 GO!

 作戦名は…、人理守護指定“グランド・オーダー”!

 魔術世界最高位の使命
 それが、人類を守護する「グランド・オーダー」だと。

 セイバーも知っていた名前、前回と、比べ物にならない程の空の穴に立向かう二人!

 いい第一話だった…、完!

「特報」パートは別途に記事化しています。

01402
 特番パートはこちら http://gno.blog.jp/izumi/15382867.html

特番パート概要
 Fate/Grand Order ぐだぐだオーダー アニメ版パート
 Fateシリーズ振り返り
 新作PV集

 Fate/Grand Order “七つの特異点”シリーズふりかえり
 同 第2部制作告知
 同 1.5部制作 PV映像

 新作アニメ 劇場版 Fate/stay night」Heaven's Feel PV映像
 同 Fate/EXTRA PV映像
 同 Fate/Apocrypha アニメ化! PV映像

孤独の中で育った「当主」、オルガマリー・アニムスフィア

00385
 ザ・傲岸不遜なお貴族様。しかし

MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア
 以前、「月姫」シリーズが軸の作品にゲスト出演、その時は述懐、レフ教授との会話が主だった為
 年相応の面や、父への憧憬が描かれていました
 本編、こんなに早く退場するんですね

 こういう形で、彼女の物語を補完したのかな、って今だと思えます。

Fate/Grand Order First Order

00967
 所長の最期が悲惨すぎる。声も力が入ってた…

あらすじ
 西暦2015年、人類存続を図る機関カルデアは「人類絶滅」を証明、阻止の為に過去転移を計画
 が、内部にもぐりこんでいた“実行犯”、レフ・ライノール・フラウロスに利用され
 転移才能者が全滅してしまった

 唯一残された、“才能持ち”の藤丸立香は、正体不明の英霊と融合したマシュと共に旅立つ

 最初の特異点「2004年 冬木市 聖杯戦争」を乗り越えた二人は
 レフにより、オルガ所長を失った

 人類存続の為、新たに発見された7つの特異点を解決すべく、時を越える旅路が始まる(終)

2016年13月31日 Fate/Grand Order - First Order- フェイト/グランドオーダー

00603
 声優ラジオが始まったり、TVシリーズにしたいって感じがある

スタッフ
 ストーリー原案:奈須きのこ
 監督:難波日登志
 脚本:関根アユミ
 絵コンテ:三条なみみ/塚田拓郎
 演出:安部元宏/塚田拓郎
 作画監督:坪山圭一、中野祐貴、杉泊朋子、後藤圭佑
 アニメ制作:Lay-duce/「マギ シンドバッドの冒険」「Classroom☆Crisis」
 ボンズから独立した米内則智氏が、2013年設立

壮大な「チュートリアル」完結! 絶対許さねえぞcv杉田氏!!

00412
 ランサー・メデューサ(大人版)は本作オリジナル英霊だったそうな

チュートリアル
 いやあ、いつもと違う英霊たち、兄貴キャスターたちがカッコ良かったですね!
 戦闘作画はともかく、描写は少し物足りませんでしたが
 日常系アニメの脚本家さんだとか

 そこは、バトル作品慣れした方が担当した方が、より見応えのある描写になったのかも。

 まだまだ未熟な二人が
 これから、どう歩いていくのか知りたくなる、見事なゲーム販促だった!

 いや皮肉じゃなくて、ホントに「序章」って感じで、続きが見たくなるアニメでした!

 2017年もFate作品は多数アニメ化ですね!

漫画版 Fate/Apocrypha 感想 東出祐一郎×石田あきら

 Fate/Apocrypha 1巻“開幕前夜”

漫画版 Fate/stay night -Heaven’s Feel- 感想 “桜ルート”

 Fate/stay night -Heaven’s Feel- 1巻
 Fate/stay night -Heaven’s Feel- 2巻
 Fate/stay night -Heaven’s Feel- 3巻

MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア 感想

 MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア 1巻
 MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア 2巻 完結“多すぎて一言では言えません”

漫画 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! ドライ! 感想

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 3巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 4巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 5巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 6巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 7巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 7巻 感想追記
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 8巻“ありがとう、さようなら”

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 全2巻+α
 いもかみさま -妹神様- 1巻(同原作者)
 アニメ一期感想&エンドカード一覧
2014年 アニメシリーズ第2期 感想

 2wei!第1話「イリヤ grow up!?」
 2wei!第2話「イリヤ×イリヤ」
 2wei!第3話「日常ブレイカー」

 2wei!第4話「嵐の転校生」
 2wei!第5話「それは、つまり」
 2wei!第6話「嘘と強がりの向こう側」
 2wei!第7話「激突! クッキンシスターズ!」
 2wei!第8話「彼女の名は」
 2wei!第9話「独りの戦い」
 2wei!最終話「その手が守ったものは(完)」

2015年 アニメシリーズ3期 感想

 第1話「鏡にしてるみたいでイヤなんだけど」
 第2話「トリコロール・バースデー」
 第3話「命短し腐れよ乙女」
 第4話「てーまぱーく・ぱにっく!」
 第5話「浴衣と花火」
 第6話「Blue glass moon」
 第7話「執行者」
 第8話「監視者」
 第9話「金色の少年」
 第10話「世界の片隅で君の名を(完)」

2016年 アニメシリーズ4期 感想

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第1話「銀色に沈む街」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第2話「邂逅と再会」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第3話「君の本当の敵」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第4話「弱虫の妹へ」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第5話「リトルレディ、襲来」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第6話「凍てつく敵意」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第7話「人形とぬいぐるみ」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第8話「人と道具」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第9話「イリヤの選択」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第10話「姫の元へ」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第11話「独りじゃない」
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第11話感想 追記“カウンターフェイター”
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第12話「繋いだ奇跡(最終話)」

 劇場版のベース Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 7巻 感想追記