“そらのおとしもの”作者のファンタジーバトル作品。水無月すう プランダラ 6巻 感想 レビュー ネタバレあり。これまでの感想はこちら前巻はこちら
過去を変えればリヒトは助かり、リヒトを救えば現在が消える

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_2103
IMG_2104
殺さない軍隊だ! と理想を得た瞬間、「廃棄する為の戦争」勃発!
 人口超過が原因なら、人を減らせば問題解決!
 人を「廃棄する」戦争か

 世界は“戦争を放棄”、その合意自体がウソだった…!?

意外や良い人シュメルマン
 実は、「戦争に見せかけ口減らしする」密約が成立していた
 そのくらい、首脳陣同士に繋がりがある
 だが、実はハブられてた!
 それが日本!

 きたないまったく! 世界きたない! 

『多数派の意見を叶える』議会、だが日本は欺かれて…?

IMG_2109
IMG_2108
 徐々に絶望していったビデオレター、最後の本音だけ「にぃに」に戻るのが切ない…

あらすじ
 ナナにより300年前、廃棄戦争寸前へと飛ばされたジェイル達
 ナナは、リヒトを救って欲しかったのだが
 同時に矛盾に苦しむ

 リヒトが撃墜王にならねば、歴史が変わってしまう

 どうすれば?
 答えは、“リヒトに殺させない”事

 その上で、廃棄戦争に勝てれば良いのだ!

 だがリヒトの手術中、廃棄戦争が勃発

 アラン大尉たちが、“騙されていた”真実とは…?

手術を受けた人間は、後悔した時「年齢」が止まる

IMG_2107
 強くなりたいという孤独な少年に、激励をした「義父」。良い男ね…。

時を止める後悔
 アラン先生は、後に軍を掌握。しかし外見が老いているのは
 彼が、情熱的に改善の手段を求めてきた証か
 後悔せず突き進んできた!

 もちろん、異なる要因で生きてるだけかもですが

 シュメルマンは若いまま
 彼は、「撃墜王の原型」なので別扱い?

 今回リヒトを実験台にし、後悔で時が止まったのか?

 シュメルマン、ただ家族が欲しかっただけなのか…?

リヒトを救えば歴史が変わり、「現在の王国」は消え去る。その矛盾の解決は

IMG_2106
IMG_2105
 ごほうび“一之瀬さん”いいよね…、どうなったんでしょう

殺さない軍隊
 リヒトの夢、「殺さないで目的達成する軍隊」を叶える!
 その上で、アルシアを建国できればいいんです
 歴史もさほど変わらないはず
 と

 結論が出たものの、不可能だと決定付ける巻?

 子供の理想は奇麗だけど
 大人の現実は汚くて、嘘も騙まし討ちも何でもあり…?

 現アルシアは、「議会」がアルシアだけを救う事で成立。

 犠牲を出さない建国など、最初から無理?

「裏切者」なペレは、お人よしに惹かれるんでしょうか

IMG_2110
 なお告白できなかった模様。しなかったでしょうけれども

撃墜王の真相 その1
 シュメルマンは“議会と同調、バロットなしで奇跡を起こす”能力者
 量産できれば、趨勢は変わるハズだとされ
 本人は反対するも決行

 バロットなしで奇跡、バロットと「掛け算」すれば、数倍の力

 それが“撃墜王”。
 リヒトは、仲間が殺さなくて良いよう暴れてるのね

 またフィレンダ達は、議会への投票能力を持つオリジナルを収集

 バロットを集め、議会を僅か3人で起こしたのか?

 今の社会は、僅か3人の願いで出来てる…?

収録

IMG_2102
 戦争勃発…! ひ、髭の人ー!?

 角川コミックス・エース「プランダラ 6巻」。水無月すう。
 月刊少年エース連載、KADOKAWA発行。
 2016年12月(前巻2016年7月)

収録
 第20話「ラブレター」
 第21話「露見」
 第22話「きしむ音」
 第23話「廃棄するための戦争」

 前巻ラストと被せた「戦争」のタイトルがまた上手い。


 毒贄クッキング 1巻“据え膳 食わぬは魔物の恥”
 毒贄クッキング 2巻“人類”の行方
 毒贄クッキング 3巻“ロリエル降臨”
 毒贄クッキング 4巻“最終回”謎と答えと大団円!

プランダラ 感想 水無月すう

 そらのおとしもの 20巻(完)
 プランダラ 1巻
 プランダラ 2巻
 プランダラ 3巻
 プランダラ 4巻
 プランダラ 5巻“約束された戦争”
 プランダラ 6巻“廃棄するための戦争”
 プランダラ 7巻“戦争で手にかけたもの”
 プランダラ 8巻“立派になりやがって”
 プランダラ 9巻“誰にも屈服しねぇ”
 プランダラ 10巻“メイド・イン・アビス”
 プランダラ 11巻“議会-アルシング-、開会”
 プランダラ 12巻“撃墜王、出揃う”
 プランダラ 13巻“裏切りとキス”