キスマイ宮田もどハマリ! 『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』 今から観ても絶対間に合う!SP 感想 画像 第2期 ネタバレ レビュー 前回
“次々回”をチョッピリ見せるアフレコ現場も! アトラ役の金元さん、監督たちも出演の特番!!

00199
00164
 放送休止にあわせ、ジャニーズ×吉本×モデルで、本作未見へ全力アピールする特番!
 アフレコ現場では、意外に(?)昭弘役の方が社交的だったり
 ギャップも面白かったです

 最後は次回映像をチラッと見せつつ、アフレコでは、41話の内容をチラ見せ

タカキ再登場!?
 第2期で、急速に仲を深めつつある昭弘とラフタ、41話も二人で「またね」的な会話をする事や
 打ち上げで、地球住まいのタカキ役が参加

 テイワズ本拠・歳星編みたいですが、通信か何かで登場するのでしょうか?
 
2017年1月8日(日) 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 特番 感想

00193
 キスマイ宮田もどハマリ! 『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』 今から観ても絶対間に合う!SP

番組概要
 2016年10月に第2期の放送がスタートした人気アニメ『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』。そんな面白さがますます加速していく『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』第2期のここまでの振り返りと怒涛のクライマックス展開をすこーしだけ先取りするスペシャル番組を放送します。

 出演はもちろん、第2期放送直前スペシャルにも出演したジャニーズイチのアニメ好き・Kis-My-Ft2宮田俊哉。直前スペシャルで「観ます!」と力強く断言した宮田のハマり具合をチェックすべく「宮田くん、モチロン『鉄血のオルフェンズ』にどハマりしてますよね?!」と今回も『鉄血のオルフェンズ』好き芸能人が出演!はたして宮田くんの視点から第2期のあの泣ける名場面や震える名台詞が語られるのか?!放送をお楽しみに!

出演
 宮田 俊哉(Kis-My-Ft2)
 佐藤 哲夫(パンクブーブー)
 向 清太郎(天津) 
 岡田 紗佳

 次回、第39話「助言」

企画「鉄血のオルフェンズを、もっと多くの人に知ってもらおう!」

00001
00002
00003
00004
00007
00009
00011
00013
00014
00016
00017
00019
00021
00023
 ズラリ並んだプラモ、結局、全然触れなかったからちきしょう!!(絶叫)

キスマイ宮田!
 アニメファンを公言し、本作は、第2期前は「全く知らなかった」「一気見してハマった」という宮田氏
 彼が、ハマッたから見ようぜ!と推すという体裁での
 特別番組

 ジャニーズといえば女性ファン、本作も女性ファンを意識している面がありますし

 その点を狙ってでしょうか(邪推)。
 とまれ宮田氏と、「吉本プラモ部」のパンクブーブー佐藤氏

 それに芸人デブリこと向氏、モデルの岡田 紗佳さんが「ファンです」という事で参加に。

 岡田さん(脚本家ではない)。

オルフェンズは、一度見始めたら止められない面白さ!

00024
 そして泣ける名作なのだ!(ナレーション)
 涙、えらく推しますね。
 ええ

 オルフェンズの涙だからね。イオク様も泣いてたしね!

芸能界オルフェンズファン・ビッグ4が、ドハマリの理由をプレゼン!

00025
00030
00032
00033
00035
00037
00038
00039
 ドハマリというと、アヘ顔してダブルピースする印象があります(拭えません)。

30秒で分かるあらすじ!
 ざっくり、火星の王を目指す物語とまとめてあって、爆笑したのは私だけじゃない!
 と思います、多分!
 で

 とにかく人間ドラマな本作、女子キャラが魅力だとアピール!

 そこなの!?
 いや、ジャニーズファン狙いなら男キャラじゃ!?

 しかし宮田氏は男性、ならば女性を推すのが正しいのかもしれません

 きっとそう!

ポイント、「女性キャラが重厚なドラマの癒しに」

00040
 みんな色々背負ってますが、たとえば初期回では、クーデリアさんの世間知らずっぷり
 それを、対比となって指摘していくミカの姿とか
 印象的ですよね

※感想には個人差があります。

宮田&岡田の溺愛キャラは?

00041
00043
00046
00047
00048
00053
00056
00058
00059
00063
00067
00068
00069
 おい、なんかメッセージが始まったんだけど!?

喋ったァ!
 特に、宮田氏はアトラの嫁っぷりが気に入ってるそうで、それを力説しているとメッセージが!
 洗濯しますよ、だから鉄華団(火星)まで持ってきてね♪
 ドSか!

 よかったら、ライブ衣装洗いますよ!

 アトラからのメッセージで
 宮田氏へ、個人的な新規台詞を喋って貰う場面が。

 いやあこれは恥ずかしい…、と思ったら、なんか会話みたいになってきた!

 これは最初から仕組まれていますねえ

『見えてますよぉ、…私も、宮田さん達に会いたいな!』

00070
 というワケで、担当声優・金元さんが直接出演する流れに。
 これはご褒美なのか

 それとも現実という名の懲罰なのか

佐藤『(宮田さん)ガチ照れしてる~』
宮田『失敗しました…、OPから、めっちゃカッコつけときゃ良かったッス!』

00074
00078
00080
00081
00083
00084
 幸せ…、私、もう今日いいやとは、モデルの岡田女史である

夜明け前の宮田氏
 これも2期のシーンから、28話の「対・海賊艦隊戦」での補給時、あったかいご飯作って待ってるね
 あの場面を、自分に置き換えて喋って貰う宮田氏
 で

 左耳が超喜んでるっ!

 うーんこの
 宮田氏、それに岡田女史もこれで担当消化に

 モデルの方だけに、どんな視点なのかな?と思ったら、一緒くたにまとめられてちょっと笑います

 しかし、最近は肩だしルックが定番化してますよね

続いて、「第2期」制作発表にも参加した、吉本芸人の“プラモ部”部長

00085
 パンクブーブーの佐藤氏は、やはり「戦闘」を強くアピール
 打撃メインで、作画の手間も厳しい!
 見所!

※制作的には、「モビルスーツは頑丈で、そうそう壊れないはず」という、こだわりがあるんだとか。

「実弾」「実体剣」がメインとなったことで、“戦略性が増した戦闘”が魅力と語る

00086
00090
00091
00092
 吉本プラモデル部の公式はこちら http://yoshimoto-plamodel.com/

ガチ泣き!
 従来のビーム兵器戦以上に、関節など「弱い箇所を狙う」、硬いところを幾度も叩くなど描写が増え
 また、敵を倒すための執念が“涙を誘う”と全員アピール
 涙か!

 声優の金元さんも、収録現場でも、「皆ガチで泣くんです!」アピール

 収録はまずテスト
 その後、本撮りを行うという流れなので

 テストが終わった時に思い切り泣き、気を取り直して、本番に挑むんですと強調

 しかし、涙を推すなあホント。

最後は、天津 向がドハマリした理由が…!

00093
 アフレコ現場に行かせて貰ったら、もっとドハマリしました!!
 いや、それフツーできないから!
 ハマれない!

 というワケで「監督」、また声優陣登場のアフレコ風景へ!

『行くって言ってませんでしたっけ?』『聞いてない!

00095
00097
00099
00100
00101
00103
00105
00106
00107
00108
 体型まで言わなくてもいいじゃないですかー!

アフレコ現場へ!
 すげえや、ガーリッシュナンバーを思い出すわ!! そして監督の長井氏もテレビ出演に
 滅多にテレビに出ないって、それはまあフツーでは?
 いやまぁ

 というワケで、次々回となる、第41話の収録風景が!!

 あの花は知ってたけど
 とらドラ!の監督さんだったんですね(無知)。

 これら3作とも 岡田麿里がシリーズ構成を担当、タッグ歴の長い長井監督!!

 特にとらドラは、原作最後までアニメ化した事も大きいですよね

『その…、アンタ達は、明日には帰っちゃうんだよね?』『ああ、バルバトスの修理も終わったからな』『じゃあ!』『待ってろ、皆を呼んでくる』

00109
00110
00112
00113
 これが前半で、後半を見終えた向氏がガチ泣きした、との事。

バルバトスの不在編
 どうも、第39話~41話の1月放送分は、テイワズ本拠“歳星”が舞台になるらしく
 ラフタは歳星に残る模様
 で

 勢い込むラフタ、鈍感な昭弘は、彼女の気持ちに気付かない…?

 これがAパート?
 描写が、完全に死亡フラグすぎる二人

 ガンダム乗りだけに、昭弘が生き残り、ラフタの死の寸前に本心を知る流れにしか…!?

※感想には個人差があります

号泣した向氏、何があったか話せるわけはありませんが

00114
 とんでもない事、悲しみが襲うので耐えてくださいとのこと
 うーん…?

 ああ、さっきの最初はラフタが好きだったんですけどー(宮田)か!

 アレって前振りだったのか!?

向氏、監督に「もう誰も死にませんか?」と質問に

00116
00117
00118
00119
00122
00123
 誰かが死ぬ! それは確実! そう、コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!

サブタイトルは
 対し監督は、みんな必死に生きようと努力してるから精一杯頑張るんじゃないか、とのこと。
 まあ、これは答えられませんよね
 で

 続いてサブタイトルは、シリーズ構成の岡田さんが考えているとの事

 いわば「脚本の監督」さん
 もちろん当初は、イメージのズレでリテイクを頼んだ事もあった

 けれど今は、岡田氏のあげるサブタイが、一発オッケーで採用ッスよヒャッハーだそうな

 毎回、サブタイがピッタリですよね

続いて、向氏による「お願い」とは…?

00124
 もちろん声優として出させてくれ、ですよね分かってますよ!
 わかってたとも!

※感想には強がりがあります

演じるのは、おそらく「オルガが酔い潰れるまで騒いだ」第9話のバー、第41話で再び訪れる!?

00125
00127
00129
00130
00131
00133
00134
00135
00136
00138
00140
00142
00144
00145
 オルガが「家族サービス」したくて、珍しく酔い潰れた酒場でしょうね。アレ好きホント。

ガヤ役
 劇中、「ガヤガヤ…」みたいに、何言ってるのか分からない「ガヤ」声は、基本的に声優陣が兼役
 今回は、三日月・昭弘・シノ役、3人と競演する事に
 で

 ちょっと、居酒屋になっちゃってる

 とダメ出しに
 今回、「静かなバー」ですものね

 とはいえ3人もノリノリで、見てるほうも笑えるじゃないか!

 意外に、昭弘役の方が気さくに喋ってる!

続いて、単独で「バーテンダー」の役も

00149
00150
00151
00153
00154
 素晴らしい肉を使ったローストビーフが…、あると思います!

木村ァ!
 ここで相方のネタをいれるんかい! ちゃんと、声優の方々も「持ちネタ」把握した上なので
 ガッチリ、会話が成立しててちょっと笑えた!
 イイハナシだ!

 明らかに「昭弘としての台詞」じゃないので、これまた「モブの会話」になる模様。

そんなこんなで、向氏も参加した「第41話」が1月末にオンエア!

00155
00156
00158
00162
00164
00167
00168
 アジーの人って、ガンダムBFのレイジ役だったの!? 國立幸さん!

打ち上げにて
 歳星を離れるという41話で、初めて、歳星を訪れた際に印象深いバーに行くのが面白いですね
 また、打ち上げには「タカキ役」の方も参加
 つまり?

 なお今回の件に対し、宮田氏、メイスで向氏にカチこみたい!との事

 それはもうアレですね
 海賊首領戦のように、ドンドコぶん殴るんですね!!

 打ち上げの面々では、昭弘、ダンテとデブリ組がきて、チャドさんがいないのが変に笑えます

 チャドの霊圧が…、消えた!

予告は「10秒、アドリブで喋る」仕様です!

00169
 好き勝手喋ってる感のある予告は、やっぱり好き勝手に喋っていた話も。
 コレも、前にどこかで聞きましたね

 タイトル以外は好きに喋って貰うので、だいたい10秒くらいになるんだそうな。

最後に「誰が一番良かったか」、また、新クール映像が公開!!

00170
00171
00172
00173
00175
00176
00177
00178
00179
00180
00181
00183
00184
00186
00187
00188
00189
00190
00191
00193
00194
00195
 不満な宮田氏、あとでMSで戦いましょ! って、ガンダムBFですねガンプラバトル!

新クール映像!
 ジャッジはアフレコに参加した向氏、って、良いとこ取りばっかじゃないですかちきしょう!!
 で、“スピナ・ロディ”を専用カラーにしたアミダが!
 かっこいい!

 懐かしの労働者騒動、労働者達が作業機を勝手に持ち出し、酷い目に遭ったアレ

 骨格はマン・ロディ等と同じ
 鈍重な同機以上に、軽快な運動性能を持つと思われます。

 乗るべきが乗れば、丸腰でも強い!

 ダンナを救う内助の功!

予告アミダ『出会いがあれば別れがあり、痛みがあり、叫びがある…。戦うしか出来ない子供たちよ、それでも忘れるな、お前達は、決して散らない華の名を冠している事を』

00196
00197
00198
00199
 バルバトスさん休場中なのに存在感すげえ!

歳星編突入?
 予告では、昭弘とラフタが別れの挨拶をしてる感じ、しかし実際にはラフタも歳星へって事は…?
 ともあれ、アフレコ突撃パートとか面白かったですね!
 良かったかはともかく!

 色々、面白い内情や今後の話、興味深い特番であった!

 スタッフも正月は休む!
 さすがサンライズ、大手会社さんですね!!

 来期、イオクさまはどんなドヤ顔ダブル日曜日のたわけをやらかしてくれるのか!

 次回、第39話「助言」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1期 感想 2015年10月~2016年3月

 第1話「鉄と血と」
 第2話「バルバトス」
 第3話「散華」
 第4話「命の値段」
 第5話「赤い空の向こう」
 第6話「彼等について」
 第7話「いさなとり」
 第8話「寄り添うかたち」
 第9話「盃」
 第10話「明日からの手紙」
 第11話「ヒューマン・デブリ」
 第12話「暗礁」
 第13話「葬送」

 第14話「希望を運ぶ船」
 第15話「足跡のゆくえ」 
 第16話「フミタン・アドモス」
 第17話「クーデリアの決意」
 第18話「声」
 第19話「願いの重力」
 第20話「相棒」
 第20話副音声
 第21話「還るべき場所へ」
 第22話「まだ還れない」
 第23話「最後の嘘」
 第24話「未来の報酬」
 第25話「鉄華団<完>」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 感想 2016年10月~3月

 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話 第2期 第1話「新しい血」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話 第2期 第2話「嫉心の渦中で」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話 第2期 第3話「夜明け前の戦い」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第29話 第2期 第4話「出世の引き金」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第30話 第2期 第5話「アーブラウ防衛軍発足式典」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第31話 第2期 第6話「無音の戦争」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話 第2期 第7話「友よ」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話 第2期 第8話「火星の王」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第34話 第2期 第9話「ヴィダール立つ」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第35話 第2期 第10話「目覚めし厄祭」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第36話 第2期 第11話「穢れた翼」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話 第2期 第12話「クリュセ防衛戦」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第38話 第2期 第13話「天使を狩る者」
 キスマイ宮田もどハマリ!『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』今から観ても絶対間に合う!SP 
 
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話 第2期 第14話「助言」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話 第2期 第15話「燃ゆる太陽に照らされて」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話 第2期 第16話「人として当たり前の」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話 第2期 第17話「落とし前」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話 第2期 第18話「たどりついた真意」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話 第2期 第19話「魂を手にした男」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話 第2期 第20話「これが最後なら」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話 第2期 第21話「誰が為」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話 第2期 第22話「生贄」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話 第2期 第23話「約束」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第49話 第2期 第24話「マクギリス・ファリド」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第50話 第2期 第25話「彼らの居場所【最終回】」

関連記事

 “発掘ガンダム”のギミックとは? ガンプラ情報より(第29話「出世の引き金」放送時)
 『HG イオフレーム獅電』ランナーレビュー&機体設定(第32話「友よ」放送時)
 『ガンダムフラウロス』 彩色、正式名公開! “コクピット”は…? (第34話「ヴィダール立つ」放送時)
 『HG ガンダムヴィダール』ランナーレビュー&機体設定(第35話「目覚めし厄祭」時)
 『HG モビルアーマー ハシュマル』彩色サンプルが更新(同上)
 2017年2月発売ガンプラ予約開始(同上)
 『HG レギンレイズ イオク・クジャン様専用機』プレミアムバンダイ受注開始(第38話放送時)
 2017年1月発売ガンプラ「ヘルムヴィーゲ・リンカー」他ボックスアートなど公開 (同上)
 2017年2月発売ガンプラ「新MS C(ジュリエッタ機?)」シルエットなど公開(同上)
 2017年2月発売ガンプラ「ガンダムバルバトスルプス新形態(仮)」シルエット公開(同上)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 感想 漫画

 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 1巻“仇の名はガンダム”

追記履歴