機動戦士クロスボーンガンダム DUST ダスト 1巻 感想 レビュー 画像 ネタバレあり。これまでの感想はこちら前巻はこちら
“Vガンダム”より16年後、統治を失い、技術的退行を起こし始めた宇宙世紀を描く最新作!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_1976
 宇宙移民が求めた「連邦の圧力のない世界」、それは、Vガン時代にある意味実現しました
 統治をやめた連邦は、同戦役でも“政府全体として”動くことはなく
 代わってリガ・ミリティアが活動しています

 この宇宙戦国時代」と呼ばれる、Vガン当時の設定、これを推し進めた物語!

破綻した世界
 当時、大暴れしたザンスカールも、Vガンラストで象徴・実利の両首領を失っていますし…?
 時代の「穴埋め」ではなく先へ!

 一度は、富野監督と組んだ長谷川先生らしい作品なのだわ!

『これは塵どもの物語である。始まりでもなく 終わりでもない ただ宙を舞う 一片の欠片である』

IMG_1980
 Gレコの時代、“RC”へと動き続ける“過程の時代”の物語?

あらすじ
 UC0169年、故郷と両親を失いサイド5に移住して5年、レオ・テイルの住むコロニーは
 今また無法者に襲われ、大穴が開き、それでも屈しなかった彼女は
 運送会社を営む“アッシュ・キング”に拾われる

 治安の悪化した当世、アッシュは運送と、また「市民の脱出」をサポートするMS乗りだった

 アッシュもまた彼女の“眼”に救われ
 自ら経営する「無敵運送」に雇い入れた矢先、8つのコロニーを支配する“雇い主”が彼を訪ねた

 通称農業王タガナス・タヤカ」、彼のお眼鏡にアッシュは見込まれる

 また、騒動に紛れては“役に立ちそうな者”を探すカグヤ・シラトリ、彼女にも密かに目をつけられる

“大勢力”が失われ、長い小競り合いが続き、「開発」「生産」の社会的体力が失われた時代

IMG_1972
 大量の旧式機、そのレストア自体は、UC0140辺りから活発化。

破綻した時代
 最後の大戦「Vガンダム時代」から16年、開発も生産も、ロクに出来ない勢力同士でも戦えるのは
 初代ガンダム、一年戦争から“90年”も断続的に続いた争いにより
 大量のジャンクが存在する為

 新規に開発、生産するより「てっとりばやい手段がある」のが、話をややこしくしてる!

 なんだか、ガンダムXっぽい世界観。つまり、いずれは…?

何この変な頭! 特徴的な頭部を持つ「アンカー」は、アンテナにギミックが

IMG_1978
 放熱モードに際し“V字アンテナ”に変わるという仕組み

匠の時代
 主役機、「アンカー」の口吻部排気は、まんまクロスボーン系統を連想させるものですが
 機体サイズは、18m級モビル・スーツに位置
 15m級じゃありません

 また18mといえば、大体初代~ゼータガンダムの時代に主流、宇宙世紀系では旧式サイズ

 巻末で触れてますが
 開発者、謎の“名工フランク・オズ”が、元々クロスボーン関係者だったのでは?

 と、疑われています(クロボンは0130年代に開発)。

『俺の機体はガンダム! あの、伝説のガンダムなのだからなぁ…!』

IMG_1977
 確かに型番は同じ「RX」系列だけど! てかガンダムより珍しいぞ貴様!?

ガンダム伝説!
 とまれ、こまごまとした軍隊同士の衝突と、モビルスーツを操る強盗団の活動が問題化
 特に強盗など、“民間”ではガンダム伝説が一人歩きし
 お面が大流行に

 ガンダム風に外見を偽装し、箔をつけるのが流行っているそうな

 ギャバン隊長!ガンダムはいつの時代も大人気ですぜ!

主人公は、前作でモブとして登場した少年の成長した姿“アッシュ・キング”

IMG_1974
IMG_1973
 そして謎の多い少女レオ・テイル

レオ?
 獅子の尻尾という意味ありげな名前で、亡き父は、ちゃんとした“モビルスーツ関係者”だったらしい
 現代、モビルスーツへのマトモな知識が不足する中
 貴重な存在に

 治安の悪化、また「教育」の悪化で、強盗団の頭が悪いことが洒落にならない時代

 住むコロニーを度々破壊され
 平和な世界を作りたい、という願いを持つ少女

 旧作でアムロ・レイを先生が描いた際と、ちょっと作画が似てるのが気になります

 謎少女、“レ×”と似た名前ですが、単に雰囲気が似てるだけですかね?

当面は、「鋼鉄の農夫タガナス」「月下の白鶴カグヤ」が物語を牽引する模様

IMG_1979
IMG_1971
 王と呼ばれるだけに、“ガンダム顔”で偽装し鼓舞する事もあるらしい?

4人の物語
 共に、木星系の顔を持つ「ウォズモ」、同じく脚部シルエットを持つカグヤ機、現代の木星は…?
 ウォズモは、両手がビーム・ローターに似た防御機能を持ち
 最新鋭なんだそうな

 タガナスは王、食料供給者というビジネスを持ち、表立った立場が特徴

 対しカグヤも有名人ながら、「目的」を持ち暗躍しているようで…?

収録

Aaa_002 - コピー
 主役機最大の特徴が“融通性”、18mサイズも「部品流用しやすい」為か?

 角川コミックス・エース『機動戦士クロスボーンガンダム DUST 1巻』長谷川裕一、ガンダムエース
 MOBILE SUIT CROSS BORN GUNDMAE DUST、KADOKAWA発行
 2016年12月(前巻2016年5月)。

収録
 PROLOGUE
 第1話 灰とライオン
 第2話「願い」はまだ胸の中
 第3話 無敵運送の普通の一日
 第4話 どこかで賽はふられていた

メカニック解説
 型式なし アンカー 及びUC0169年のモビルスーツ事情

 旧作「CROSSBONE(海賊)」から、「CROSS BORN(交差し、生まれる)」に表記変更

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

※トップに戻る

U.C.0133.機動戦士クロスボーン・ガンダム 感想











 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(新装版)“ジョニー・ライデンって知ってるかい?”
 機動戦士Vガンダム外伝“逆襲のギガンティス”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 1巻“木星圏”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 2巻“総統を討て”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 3巻“勝てない”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 4巻“F91 再び”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 5巻“地球不要論”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 6巻【最終回】

U.C.0136.機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人 感想







 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
 鋼鉄の7人 1巻“F99”神の雷と死の旋風
 鋼鉄の7人 2巻“新総統が怖いもの”
 鋼鉄の7人 3巻【最終回】

UC.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想















 ゴースト 1巻“エンジェル・ハイロウに欠けたモノ”
 ゴースト 2巻“エンジェル・コール”
 ゴースト 3巻“ファントム起動”
 ゴースト 4巻(刊行当時)
 ゴースト 4巻“V2ガンダム1/2”
 ゴースト 5巻(刊行当時)
 ゴースト 5巻“ジャブロー陸海空”
 ゴースト 6巻(刊行当時)
 ゴースト 6巻“宇宙細菌の殺しかた”
 ゴースト 7巻(刊行当時)
 ゴースト 7巻“キゾ中将の正体”
 ゴースト 8巻(刊行当時)
 ゴースト 8巻“核vsフォントと蜃気楼鳥”
 ゴースト 9巻(刊行当時)
 ゴースト 9巻“トビアとキンケドゥ”
 ゴースト 10巻(刊行当時)
 ゴースト10巻“最強最後のサーカス”
 ゴースト 11巻(刊行当時)
 ゴースト 11巻“地球圏の全てを使って”
 ゴースト 12巻【最終回】(刊行当時)
 ゴースト 12巻【最終回】“ゴーストの名は”

UC.0169 機動戦士クロスボーン・ガンダム ダスト DUST 感想














 DUST 1巻(刊行当時)
 クロスボーンDUST 1巻“灰とライオン”
 DUST 2巻(刊行当時)
 クロスボーンDUST 2巻“幽霊”と巨人
 クロスボーンDUST 3巻“農業王の憂鬱”
 クロスボーンDUST 4巻 特装版“カグヤの事情”
 クロスボーンDUST 5巻“アッシュは目指す”
 クロスボーンDUST 6巻“首切り王と料理人”
 クロスボーンDUST 7巻“F89”再投火の日
 クロスボーンDUST 8巻“世界の鍵”アンカーV2!
 クロスボーンDUST 9巻“宇宙世紀、終焉の始まり”
 クロスボーンDUST 10巻“ブラン・ファントム”
 クロスボーンDUST 11巻“史上最大の撤退戦”アンカーV3!!

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

※トップに戻る