まほいい 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第12話【最終回】感想 魔法少女になってよかった事 アニメ画像付き レビュー ネタバレ 前回はこちら。12/30感想追記
最終回らしく、動画がちょっとダイナミック! 奇麗だけどきたねぇ花火だった!!

00090
00129
 あっさりと救出成功、いい話に繋げていく最終回…。だいやちゃんの「霊感」って天然だから
 今回の事件は、“魔法少女”と関係なしに起こりえるんですね
 でも、魔法少女だったから救えた

 意外なピンチ! けど「魔法少女で良かったね」って流れだったわけね!!

ちやちゃんが最高に
 対し、魔法少女じゃないちやちゃん、前回今回と、ただ見守ることしか出来なかったと。
 へたりこむ姿、最高に乙女!

 その分を取り返すように、鷲掴みまくるのも流石ちやちゃんだった!

魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第12話【最終回】魔法少女になってよかった事

00002
 アニメ制作は「月曜日のたわわ」と同じ、 PINE JAM社

あらすじ
 夏休みに海へ出かけたゆずか達、いつものように、だいやが持ち前の霊感で幽霊と知り合うが
 幽霊は、彼女を海へと引きずり込んでしまい…?

スタッフ
 原作:ウェブコミック作品 既刊2巻
 脚本:村上桃子
 絵コンテ:米田和弘
 演出:宮澤良太
 作画監督:嶋田和晃

幽霊の少女『また、遊びましょう…♪』

00003
00005
00006
00008
00009
00012
00013
00014
00016
00017
00021
00022
00024
00025
00026
00027
 サンタ服でこの泳ぎ! 先輩さすが!!

遊びましょう
 ざぶーん!と勢い良い音、動画で、ぐんぐん海に潜っていった真冬先輩かっこいい!
 袋、一種の「空気使い」なのが生きた!

 あ…?

 潜っていく場面
 浮かび上がり、荒い息を吐く場面とか勢いある動画!

 幽霊さん、本作でガチ悪霊とか、存在自体が不意打ちみたいなもんだった!

 彼女が去ると、やっぱりミトン達も復調

ちや『……はぁ、よかった……』

00029
 こちらも、すごく力の入った動画でへたれこんだちやちゃん、いつも暴力的で無敵の子だけど
 今回ばっかりは、何も出来なかった
 祈るのが精一杯だった

 彼女も魔法少女だったなら良かったのに、と初めて思わせる流れに。

 いや、別人みたいだった…。

ポチ君『記憶を改ざんさせて貰う…、ハァーッ!』

00032
 そしてポチくん優秀だな! 以前、パパさん相手にミトンもやったけど!!
 この数に対し、一発で有効なんだな!

『イルカにのった少女が、溺れた女の子を助けたんだって?』『え~? 動画とりたかった~』

00033
00034
00036
00037
00040
00043
00044
 撮らないで…、あげないで…、つぶやかないで~~~!

このまま…
 かくてちょっとファンタジックな記憶に改竄されましたが、問題はゆずか、魔力が切れたのは
 やっぱり、ミトンが瀕死になってしまったせいらしい
 なら

 このままミトンが死んだら…、ゆずかの変身は、どうなってしまうのかしら?

 発想が怖い!
 ミトンより、ゆずかの服の方が心配なの!?

 心配の優先順位が、とってもちやちゃんなエピソードですが、つまり全裸まったなし!

 心なしか、顔もいつもと違って見えます

『まさか…、全裸になっちゃうとか?』

00045
 ただでさえちょっと色っぽい寝姿なのに!

だいや『…あの、ゆずかさんは…? …砂風呂ですか?』

00047
00049
00051
00053
00057
00058
00059
00060
00061
00062
 とっさの判断よ

感想には個人差があります
 てなワケで、全裸対策に砂風呂…、って全裸で外にいる事自体、あんまり変わらないよ?!
 どーん! じゃなくて!!

 頑張ったご褒美に、多めに盛っておいたの~♪

 これはひどい
 むしろ、あてつけな空気を感じる!!

 先輩のどーん!が、無駄に楽しく動いてて、「最終回だから」ってサービス精神を感じる!

 先輩は存在そのものがサービスだと感じる!

ミトン『深い眠りに落ちていたようだ…』

00063
 一方、再起動したミトンさん、「死んで生き返ったみたいな気分だ」って
 やっぱり死んでたんでしょうか!?

 幽霊の毒電波、一体アレって何だったの!?

『…なんだいこれは?』

00066
00068
00069
00071
00075
00077
00078
00081
 せいぜい、このくらいだろ?

最終回ダイナミズム
 しかしミトン先生、起きるなり、適切な胸のサイズまで減らすとか実にミトンらしい!
 鷲掴み!

 永遠に眠っていても…、いいのよっ!

 生き返ったのに!
 ちやちゃん、ダイナミックなアタックね!!

 ここぞと動いてた!

ゆずか『その後、私はすぐに回復し、皆と海を満喫する事が出来ました♪』

00083
 海回初回、ゆずかは妙に海を嫌がってた上、「彼女は完璧超人だ」と強調していたので
 てっきり彼女、泳げないのかと

『だいやちゃんも、少し泳げるようになりました……』

00085
00086
00087
00089
00090
00093
00095
00096
00101
00104
00106
00109
 ゾンビ相手に、この火力では足りんーーーーーーー!

あの時の質問に
 その後は、つつがなく海水浴も終わり、そのまま楽しい花火大会になった一同。
 際し、海回の初回での質問に応える事に
 と

 私…、魔法少女になって良かったです。

 今期のテーマ
 そも第1話も、「魔法少女になってメリットはあったの?」ですものね

 秘密を共有できる見える」才能で、ちやとも前より仲良くなれたし。

 真冬先輩、めっちゃ可愛いし…!

『そうか…、真冬と、ちやとポチと…、僕は!?』

00113
 あとお爺ちゃんは!? ねえお爺ちゃんは?!

ゆずか『ミトンは……、です』

00116
00118
00120
00122
00123
00124
00125
00127
00129
00132
00133
00134
 仕事の時間よ

きたねぇ花火だ
 結局、ゆずかの言葉は花火に紛れ、ミトンという存在は、花火と共に華々しく散って…
 いやあ、奇麗な最終回でしたね
 ゆずかヒドイ

 第2期は、一期より話に動き、繋がりがあって面白かったように感じます

 特に第9話ね!
 元気があれば、仕事が出来る。仕事があれば元気が生まれる…!

 ただ9話みたいに、もっと、全体にはっちゃけた方が「ショートアニメ」的に良かった気もします

 スタッフの皆さま、お疲れさまでした!

変身! 格段に一期よりパワーアップした作画でお送りした「戦わない魔法少女」アニメ

kv2nd_4
 公式キービジュアルすごくいいよね…!

身内が元気すぎる!
 一話で、いきなり素敵な作画で変身かますわ、お父さん回のアクションがスゴいわ!
 前期よりパワーアップした感がハンパなかったですね!
 特にお父さん!

 お父さんの9話は、今期でも屈指のアホさ加減だったと絶賛したい!

 公式サイトはこちら http://mouiidesukara.com/

魔法少女なんてもういいですから。感想 2016年1月

 第1話「…あんた、僕が見えてるのか?」
 第2話「はい、水着です。間違いないです」
 第3話「ねえ、ゆずかと私は友達よね?」
 第4話「魔法少女には定年があってね」
 第5話「私は水着に変身するのが嫌です」
 第6話「会社勤めとは魔法少女の戦闘よりも過酷な労働なのかい?」
 第7話「私のコレクションになるのに」
 第8話「魔法少女の…仲間……」
 第9話「魔法少女の必要性はもう無い」
 第10話「完璧超人だよね……ペッ!」
 第11話「じゃあ、何の為の魔法少女なの?」
 第12話「僕は、ゆずかの親友になる(終)」

魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 感想 2016年10月

 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第1話「魔法少女になってメリットはあったの?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第2話「水着って変じゃないですか?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第3話「魔法少女ちや、登場ちやっ!」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第4話「一緒にゆずかを愛でませんか?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第5話「お姉さんが何でも教えてあげるね」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第6話「だって、このままの格好じゃ…」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第7話「見え過ぎなんじゃないの?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第8話「僕の話かい?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第9話「私は働く!家族のために!」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第10話「海…ですか?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第11話「選ばれし者よ! いまこそ力を合わせて囚われのプリンセスを救うのじゃ!」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第12話「魔法少女になってよかった事【最終回】」