信長の忍び 第12話 感想 天才は病弱さん アニメ画像付き レビュー ネタバレ。前回はこちら
レッツ・クーデター! 千鳥殿、ノリツッコミの末に見せた涙に半兵衛殿が応える!!

00067
00054
 夢の為、敵兵を容赦なく殺してきた千鳥の弱点は、やはり「情の移った相手を殺せない」こと
 忍びとしては致命的、人間としては素晴らしき美徳
 半兵衛殿は血を拭いて!

 今期最後の決戦、3分クーデター、はっじまっるよーっ!!

なお連続2クールである
 半兵衛、ほっとけば死にそうなナイスガイ! 他人が苦手で普段は山に篭ってるとか
 まんま「諸葛孔明」みたいですね

 今孔明とも呼ばれた名軍師、その策略やいかに! 大なり! 未だ大なり!!

信長の忍び 第12話 感想 天才は病弱さん

00005
 原画も吉見京子さんが独りでこなしています。すげえ!

あらすじ
 永禄6年「新加納の戦い」で信長を破った軍師、竹中半兵衛を暗殺すべく美濃入りした千鳥
 だが、美濃三人衆に重傷を負わされ
 お持ち帰りされる

スタッフ
 演出:古谷田順久
 絵コンテ:大地丙太郎/監督 全話担当
 作画監督:吉見京子

秀吉『大戦に備えて、信長様から極秘の任務を授かったのでござるッ!』

00007
00009
00010
00011
 今のうちに、甘くてとろける「美濃柿」を買い占めろ、と。

後の岐阜である
 千鳥との合流を待つ助蔵、ここで秀吉登場! やっぱりこのエピソードに秀吉は欠かせない!!
 なお、柿を買いにきただけの模様。

 確かに、知られたら恥ですね……。

 ノブ様ってば甘いもの好き!!
※甘いもの好きは史実で、柿も好物だった模様。

 ちなみに現代でも、岐阜県の「堂上蜂屋柿」といったらブランド品なのです!!

『…!』

00012
 前回から頻出する千鳥の瀕死目、正直、すごくいいと思います(真顔)。
 いわゆる○○プ目。

親切なイケメン『おや、目覚められましたか? …どうです? お体の具合は?』

00013
00014
00016
00017
00019
00020
00022
 ジョジョ3部の花京院と同じ声だそうで、なんかスゲー面白いです

回復早々のツッコミ
 一方、美濃三人衆「頑固一徹」の語源となり、後の「春日局」の関係者、稲葉一鉄に斬られ
 瀕死の狸だった千歳、手厚い看護で息を吹き返す
 なお

 あなたが大丈夫ですかー!?

 救った方が死にかけてる!

『いやあ私、身体が弱くて…、大丈夫、いつもの吐血です♪』

00023
 いつも吐血してる時点で、まったく大丈夫じゃないし!!
 衛生兵! 衛生兵ーーー!!

『私の隠れ家です、私は世間の喧騒が苦手なので…、』

00025
00026
00028
00030
00031
00032
00034
 野犬が多いのが難点ですけどね♪

よいお名前ですね♪
 絶対死肉狙いだ…! って千鳥ちゃん酷いよ!! 治療して貰い、ご飯までご馳走に。
 時は戦国 嵐の時代、こんな優しき人物がいようか!
 で

 ああ私、竹中半兵衛と申します♪

 治療も出来て
 飯も作れて、しかも病弱!

 あまりに出来たその人に、名を聞いて別れる千鳥殿、竹中半兵衛、良い人でしたね。

 本腰入れて、任務を果たさないとねえ…!

『さようなら竹中半兵衛さん、竹中半兵衛を暗殺した後、必ずお礼に伺います…!』

00035
 義理堅い忍者、千鳥ちゃん
 サンキュー半兵衛!

『…って、本人じゃないですかーーーーーーー!?』

00039
00041
00042
00045
 女性の身体は、まじまじと見てはいけないと思いまして

天才さんは紳士さん
 華麗なノリツッコミ! 対し、「くない」を見るや真剣になる辺り、半兵衛殿も戦国の人ですね!
 でも、あんな重いもの持ってりゃ気付けよ…
 で

 良いヒトだーーーーーー!?

 紳士だ!
 変態と書かない紳士だ!!

 イケメンで料理できて紳士で病弱とか、いかにも味方キャラじゃないですか!

秀吉『千鳥殿は、一流の忍びなのでござろう? だいじょぶだいじょぶ♪』

00046
 さて、今回「史実要員」として訪れたらしい秀吉に対し、助蔵殿は心配を洩らしています
 助蔵いわく、千鳥は「一流の忍び」じゃない
 大きな弱点がある

 それは

助蔵『少しでも情が移ってしまうと、殺せないんです………、まー、そんな優しい所が魅力でもあるんですけどっ♪』

00048
00049
00050
00051
00052
00054
 失態でした…、良いでしょう、かかってきなさい!

また吐いた!?
 一方、「悪い顔」をする竹中半兵衛、実際、彼は武芸にも秀でていたとされますが吐いたー!!
 あれか、気管支が弱いのかー!?
 で

 この竹中半兵衛、どうせもう長くはありません…!

 そっちの覚悟だったのかよ!

『討てるわけないじゃないですか! 治療して貰って、ご飯まで貰って…』

00055
 ぺたんと伏す千鳥、貰った恩を仇で返せる性格じゃあない…
 が、それ以上に思っていたのが

千鳥『ほんの一瞬でも、笑いあっちゃったら…!』

00056
 それが「情が移る」という事、一緒に笑った人間に、不幸になって欲しくはない
 ましてや、その手にかける事なぞ…!

 忍び、失格…!

竹中半兵衛『もう泣かないで下さい、せっかくのお顔が台無しですよ…?』

00058
00059
00060
00061
00062
00063
00064
00065
00067
00068
 そっくり返します!

レッツ・クーデター!!
 秒速で死にかける半兵衛! しかし早いのは死ぬ速度だけでなく、頭の回転も同様であった。
 分かった死のう、「斉藤家家臣」の半兵衛は死にましょう!
 そして

 あの城を、一緒にのっとりましょうっ!

 決断早すぎ!
 いやまあ、元より考えてたことなんでしょうけれども!!

 次回、今川回に続く第2の山場、第13話「風雲‼ 稲葉山城‼」

信長の忍び 感想 2016年 10月

 信長の忍び 第0話「珍しいな 幼子一人で水練とは」
 信長の忍び 第1話「信長様に会いに行こう」
 信長の忍び 第2話「織田家とゆかいな仲間たち」
 信長の忍び 第3話「突撃!! となりの今川さん」
 信長の忍び 第4話「サルとツンデレ娘」
 信長の忍び 第5話「今川軍がやってきた」
 信長の忍び 第6話「千鳥、鳥の如く」
 信長の忍び 第7話「桶狭間の中心で、義元がさけぶ」
 信長の忍び 第8話「歴史に人あり」
 信長の忍び 第9話「清洲同盟と元康の忍び」
 信長の忍び 第10話「美濃を制す者は天下を制す」
 信長の忍び 第11話「上司にめぐまれなかったら」
 信長の忍び 第12話「天才は病弱さん」
 信長の忍び 第13話「風雲‼ 稲葉山城‼」

※連続2クール作品