月曜日のたわわ 第11話 感想 その11 丸々見逃した彼女のハイティーン時代を 後悔と共に想像する遊び アニメ画像付き ネタバレ レビュー 前回はこちら。ニコニコで配信
“胸の名札”は特盛り…、いや、おっぱ…、徳森さん! 気付けなさ過ぎる再会のたわわ!!

00097
00094
 最高に運命ロマンティックな特盛り回! そもそも、素敵な青春を送ってた前提が必須だけど
 こんな再会、そりゃドキドキするよ! てか気付けよ!!
 胸ばっか毎日見てたくせによー!

 気付けないほど、「胸」しか見てない! 特盛りさんがたわわだった!!

ぺったん娘いいよね…
 のっけから、いつもと違うと思ったら、そういうサブタイだったのね
 ふっかふかの肉まんステマ回!

 最終話一歩手前、てっきり後輩ちゃん回が来ると思った!

“全て遠き青春”『東京かあ…、遠くに行っちゃうんだね』

00000
 cvは金元寿子さん、鉄血のオルフェンズ「アトラ」役など

あらすじ
 月曜の朝、久々に“中学時代”の夢を見た、そんな「彼」の朝はコンビニを覗く事から始まる
 そこに「彼女」がいたら、寄るのが日課となっていた

スタッフ
 演出&絵コンテ:古賀一臣
 作画監督:三井麻未、清水裕輔

“中学時代”『就職とかも、やっぱそっちだよね? 頭いいもんね…、同窓会とかさ、何年後かわからないけど、ちゃんと来てよね?』

00001
00004
00005
00006
00007
00008
00009
00011
 うんと大人になって、ぎゃふんと言わせちゃうからっ!

同窓会のお知らせ
 月曜日なのに、ぺったんこな「夢」で目覚めた朝、頭が良いから、と東京の高校に行った彼は
 地元に戻り、立派な社畜となっていた
 で

 おはようございます、急に寒くなってきましたね~。

 同窓会の案内
 今回、久々に“彼女”に会うかもしれない

 そんな思いを抱きつつ、コンビニを「覗いて」から入る彼、お目当ては美人店員さん!

 安心のタレ目ヒロイン!

『はい、いつもの栄養ドリンクといつものコーヒーと、いつものゼリー飲料…っと』

00013
 顔を会わせたら、注文する間もなく、既に「専用セット」を揃えてくれている店員さん
 彼、常連さんなのね!

 そして安心のたわわ!

 ウーム、やっぱり本作は月曜日のたわわだった!

『ちゃんと食べないと、一週間持ちませんよ~? 一緒に肉まんはいかがですかぁ?』

00016
00017
 え? …ふたつ? バカなこと言ってると、バス、行っちゃいますよ?

常連さんのたわわ
 店に入るなり、既に揃えてあるって事は、「店員さん」も「彼」が来ると分かっててやってるワケで
 そんなの、寄らない理由がないってコンビニの話
 ただし美人に限る

 肉まんなら、その胸の二つをくださいな、と言わんばかりのセクハラ野郎!

 ただし美人に限る!

そんな彼が、バス通勤中に思い出す「夢の続き」

00018
 今回の「彼」はまったく喋らず、キャスト欄にも名前はありません
 あったら怖いですが

 思い出すのは、青春の日々…!

『あ。』

00021
00022
00023
00024
00026
00027
00028
 もーっ! そっちがもっと早く起きればいいだけなのにーっ!!

毎日ぺったんこ
 そんな彼女の台詞からして、「また一緒かよ? あーあ朝から憂鬱だなー」とか、言ってたらしい。
 彼女は、休み時間も“つきまとって”きてた…
 と

 またえっちなの見てる! …ちょっと! 今、私と見比べた!?

 何この青春!?
 両手を、腰に当てて叱ってくる「ご近所さん」だと!?

 事あるごとに口げんかする二人、彼の趣味は、「彼女」と正反対の「たわわ」だったと

 中学時代から巨乳好き、三つ子の魂ワンハンドレッドまで!!

『…え? いやあ、そんなんじゃなくてっ!』

00029
 つまり、夫婦扱いだったんですね分かります。
 ハハッ死ぬがいい!

 けれど「彼女」とは、中学卒業で別れたっきり…、なんて過ぎ去りし青春の日々。

そんな彼が、ふと「夜」コンビニの立ち寄ったところ

00030
 ちょっと店を覗き込む、けれど夜だし、「店員さん」はいないのだと確認すると
 店に入らず、そのまま目的地へ。

 なんて露骨なお客!
 
いつもの作業着で「中学の同窓会」に出た彼、そこで見たのは、たわわな美人であった。が

00032
00034
00035
00036
00041
00042
 ちいさい、でかい。

同窓会のたわわ
 野郎にたかられている「たわわ」な美人! てか、ホントこの作者さんロリ巨乳好きなのね!!
 囲まれるほどに低く、不釣合いにたわわなボディバランス
 趣味か!

 同窓会に特有の、「アレ? あんな奇麗な子いたっけ?現象である。

 無論、その逆もある
 その逆の方が多いと思ってはいけない!!

 実際、その逆の方が多いし、変に着飾ってるほど痛々しかったいやなんでもないです!

 と

しかし「彼」好みの美人さん、ふと、髪をくるくると……

00044
 当時と変わらない仕草で気付く、ってイイよね…、すごく青春感があります
 中学時代の誰かの仕草

 なんとまあ、ロマンチックな回だろうか!

『あ…っ』

00045
00046
00048
00049
00051
00052
00053
00054
00055
 それでね…、女子校は出たけど、そんなに頭も良くないし、お父さんの始めたコンビニ手伝ってるの

女子校は出たけど
 更に、「どこかに良い人いないかなあ」とか、付き合ってる人は居ない事を語ってくる彼女。
 わざとか! わざとなのか!
 で

 ねえ…、ホントに…、ホントのホントに、今日の今日まで気付かなかったわけ?

 唖然としすぎィ!!
 サブタイ回収、流れゆく「ハイティーン」時代

 女子校時代はぺったんこ、が、卒業後から、ぐんぐんたわわに実ったらしい。

 今や、カバンの紐が胸に埋まるレベルです

『どこかに良い人いないかなあ…、とか思ってても、声かけてくるのは、ヤンキーばっかりだし…、ねえ聞いてる?』

00056
 そりゃもう、皆して胸をガン見で、欲望丸出しの視線ばっかり受けてた事は想像に難くない
 てか、さっきの「再会」では小さく見えましたが
 身長は普通?

 回想シーンでは、「男性」と比べて、さほど背が低く感じません。

 お前の中学、背が高い奴ばっかだな!

『ねえ…、ホントに、ホントのホントに、今日の今日まで気付かなかったわけ?』

00058
00059
00060
00061
00063
00064
 胸の名札に、苗字書いてあったでしょ? なんで気付かないのよ? 

胸の名札
 つまり、名札に目がいかないほど、胸そのものばかりガン見してたんですね分かります
 彼女、“私、変わった?”と笑って続けます
 が

 背が伸びたとか、よく喋るようになったとか?

 そこじゃねえし!
 いや、分かってて言ってるの!?

 性格はあんまり変わらない、つまり中学時代そのまま、素直じゃないって話というか

 で

『じゃあ…』

00067
 言いよどむ彼女、彼女が自負する、「当時と一番変わった所」といえば…
 ハイ、変わったところと言えば…

『…奇麗に、なった?』

00067
00069
00073
00075
00077
00078
00080
00081
 これは照れる。

彼女の自信
 いつも「自分が店にいるか」確認してから、彼が入ってくる事もお見通し
 そりゃ、自信も付きますよね
 で

 じろじろ見られたくはないけれど…、“意識しちゃうくらいになった”って事だものね?

 カメラさん露骨すぎィ!
 ちょっと、どこちょっと「じろじろ見すぎ」ですよ!!

 視線が露骨!

『…肉まん、たべたい?』

00082
 いや、彼女の方がもっと露骨だった!
 ハイそうです!

『もうちょっとお話つきあってくれたら、蒸し立てのふかふか出しますよ~? お客さん♪』

00085
00087
00088
00090
00091
00094
00095
00097
 ホントは、朝ごはん作ってくれる人をつかまえて欲しいけど…、とりあえず一歩前進ね♪

ふっかふかの徳盛りさん
 あの後、ふかふかを召し上がったのか否かが、視聴者としては気になるところですが…
 いやいや、名前まで露骨過ぎるwwwwwwwwwwww
 さて

 はい♪ では今日も、頑張っていってらっしゃい♪

 お約束!
 かくて、「彼」の朝は更に幸せになったのでした

 ま、「夜も」かもしれねーけどな!

 ハハッ!

ここにきて新キャラ! 「月曜日のたわわ」、次週で最終回!!

06fab76b
00098
00100
 なおBlu-rayは「コミケで」先行販売。

月曜日のふかふか
 そんで、Blu-rayには新規2話が収録ですが、「表紙」のキャラは出尽くしたと思っていたし
 そも、いきなりぺったんこだし!
 意表回!

 いやあ本当、ロマンティックが止まらない回でしたね

 昔の少女漫画みたい
 いや、少年漫画でも「再会」は珍しくないですが

 いやあロマンスティックだった。

月曜日のたわわ 感想 2016年10月~12月 配信限定 ショートアニメ

 月曜日のたわわ 第1話「月曜日のたわわ その1」 配信はこちら
 月曜日のたわわ 第2話「その2 しっかり者のつもりだが スキの多い後輩」
 月曜日のたわわ 第3話「その3 TAWAWA SPORTS」
 月曜日のたわわ 第4話「その4 ブルーマンデーの天使」
 月曜日のたわわ 第5話「アイちゃんと決戦の身体測定」
 月曜日のたわわ 第6話「身持ちの堅いつもりだが ガードの緩い後輩」
 月曜日のたわわ 第7話「アイちゃんと一夏の思い出」
 月曜日のたわわ 第8話「絶対によく効く鎮痛剤」
 月曜日のたわわ 第9話「アイちゃんとパン屋の制服」
 月曜日のたわわ 第10話「アイちゃんとマラトンの戦い」
 月曜日のたわわ 第11話「丸々見逃した彼女のハイティーン時代を 後悔と共に想像する遊び」
 月曜日のたわわ 第12話「アイちゃんと大人の階段【最終回】」

 ニコニコ配信公式 http://ch.nicovideo.jp/PBM
 原作:比村奇石 先生ツイッターはこちら https://twitter.com/strangestone