信長の忍び 第11話 感想 上司にめぐまれなかったら アニメ画像付き。ネタバレ。レビュー 前回はこちら
頑固一徹とは稲葉一鉄が語源!? 千鳥にも重傷!? 美濃三人衆、すごい奴らだった!

00020
00034
 千鳥、「なんじゃこりゃあ!」って、太陽にほえろ!をパロってる場合か! 視聴者にわからんぞ!
 てっきり、モブ程度の扱いかと思った3人衆がメインとなり
 苦労と強さが光る!

 そして、もしもの時は跡を継ぎますという帰蝶様、可愛すぎだコレ!

「続く」を許さぬ名軍師!
 オチで、あっさり名乗っちゃうのもテンポ良くて笑えます。良いキャラしてるぞ苦労人!
 殺すつもりが救われた!

 この奇縁が「繋がる」と思うと、やっぱすげえよ三人衆は!

第11話「上司にめぐまれなかったら」

00003
 てっきり「竹中半兵衛」メイン回かと。

あらすじ
 信長の美濃攻略を阻んだ名軍師、竹中半兵衛を暗殺すべく、千鳥は密かに美濃入りする
 現在の「岐阜県南部」である

スタッフ
 演出:古谷田順久
 絵コンテ:大地丙太郎(監督/全話担当)
 作画監督:大島美和、秦野好紹

斉藤龍興『あーっはっはっ! 飲めや歌えよーーーーっ! 斉藤家ばんざーいっ!』

00004
00005
00007
00008
 この当時、彼はまだ16歳くらいなんだそうな。14歳で家督を継承。

日々之宴会
 時は永禄6年(1563年)、織田信長を「新加納の戦い」で破った斉藤のバカ殿様、今日も宴会…
 稲葉一徹が立ち上がる!

 もう我慢ならん! 行ってくるっ!!

 燃える爺さん!
 彼こそ、美濃三人衆「筆頭」!

龍興『良いではないか! 脱~げ~~~~♪』

00010
 たいのか!?って、そこの二人も空気読め!!
 違う!

 この時代、既に「ヨイデハナイカヨイデハナイカ!」があったのか…!?

龍興『わかってねーなー稲葉、ほら、格言にもあるだろう?』

00011
00012
00015
00017
 英雄、色を好む

稲葉一鉄
 お前のどこが英雄やねん! てか、色を好んでだからどうした!?
 わかってねーなー!

 好みすぎィィィーーーーーーーーーー!

 稲葉一鉄
 彼が、美濃のツッコミリーダーか!

信長様『千鳥…、生きて帰ってこい! 今、お前を失ったら…』

00018
 よくある人情の欠片もない悪魔キャラとは、まったくイメージの違う善人系の信長様。
 もっとも、実際「身内」には甘い人だったらしく
 裏切りさえ許すことが多々

 おかげで、松永弾正とかには二度も裏切られてるとか。

帰蝶殿『殿…、その時には』

00020
 私が跡を継ぎますねっ!

信長のくのいち
 まったくブレない帰蝶殿のキャラには、ホント、恐れ入るばかりです!
 歴史上も、逸話が結構多いしね!
 かわいすぎ!

 千鳥、絶対帰ってこい!

 ちなみに「濃姫」というのも彼女で、美濃国の高貴な女性、という通称なんだとか。

千鳥『しまった…、これは斉藤家の罠だ! 侵入者を警戒して、複雑な道を作ったんだ!』

00021
00022
00023
00024
00025
00027
00029
 ここがどこか全くわからない!

ただの迷子
 一方、信長の忍びから「美濃の迷子」にクラスチェンジした千鳥は、なんと3人衆に見つかっていた
 偉い人だろうに、3人だけで歩いてるのか!
 仲良しか!

 た、旅のものですが! 迷わないように、目印を!!

 ちーさま、連続でボケだと!?

美濃三人衆『くない!』『苦内だ!』『苦無じゃね?』

00030
 美濃三人衆、ツッコミの息が合いすぎだろこいつらァ!
 なお、「内」「無」どっちも正しいとか

『お前、忍びだなッ!』

00032
 おっとまず刀を抜いたのは「稲葉一鉄」! 徹じゃないよ「鉄」だよ!
 鉄は熱いうちに打て!

ナレーション『特筆すべきは、“頑固一徹”の「一徹」は、この稲葉一鉄から来ているのであるッ!』

00034
00035
00037
00039
00040
00041
00042
00043
 マジかよ稲葉すげーじゃん!!

レジェンド頑固者
 いきなりトリビアから始まった立ち回り! とはいえ、無敵無敗のスーパー忍者なら…
 と思ったら、意外に苦戦する!
 で

 この太刀筋…、三人とも只者じゃないですね!

 そりゃすげえや!
 千鳥、今回は下見のつもりで「忍び刀」も置いてきてしまったらしい

 重い上に、隠しにくいですしねえ

『知らんのか! 稲葉だ!』『氏家!』『安藤!』

00045
00046
00048
00050
00052
00053
 三人合わせて、美濃三人衆~~~♪

マキビシ・ランチャー
 もうコイツら大好きだ! なんでそこで「デュワ~♪」やねん! 良いキャラしすぎでしょ!
 おかげで、辛くも千鳥は逃げ仰せます
 で

 ぎゃー!? まきびしか!?

 この足では追えぬ…!
 追撃を避ける、「情報収集要員」として、実に正しい攻撃をした千鳥!

 やっぱすげえよ千鳥は!

『これが噂のまきびし…!』『拙者も初めて見ます!』『別の理由で止まるなー!?』

00054
 ちきしょう、何かと思えば、少年みたいにキラキラした目をしやがって!
 本作、みんな「忍者」好きすぎ!?

 こいつら良い奴すぎ!

千鳥『竹中半兵衛を討つのが…、私の任務なのに……、あれ…、身体が重い…?』

00055
00056
00057
00059
00060
00061
00063
00065
 な、なんじゃこりゃー!?

太陽にほえろ!
 しかし千鳥、ジーパン刑事こと松田優作をパロって倒れ、謎に青年に助けられてしまう。
 千鳥、いわゆる「レ○プ目」って奴だ!
 で

 果たして、この謎の青年の正体は!

 byナレーション。

『私…、竹中半兵衛と申しますが、どうされました?』

00068
00069
 いきなりばらすなよ!

天才は天然さん
 おお、正体は次回に引っ張るのかと思ったら、それが今回のオチとかズルくない!?
 なお本作は連続2クール、まだまだ続くヨ!
 半兵衛!

 しかし思った以上に良いキャラ、かつ良い腕をしてた美濃三兄弟、もとい美濃三姉妹。

 じゃなくて三人衆ですが
 リーダーの一鉄は、後の三代目将軍時代に有名人「春日局」の関係者

 彼女の外祖父、養祖父でもあるそうな。

信長の忍び 感想 2016年 10月

 信長の忍び 第0話「珍しいな 幼子一人で水練とは」
 信長の忍び 第1話「信長様に会いに行こう」
 信長の忍び 第2話「織田家とゆかいな仲間たち」
 信長の忍び 第3話「突撃!! となりの今川さん」
 信長の忍び 第4話「サルとツンデレ娘」
 信長の忍び 第5話「今川軍がやってきた」
 信長の忍び 第6話「千鳥、鳥の如く」
 信長の忍び 第7話「桶狭間の中心で、義元がさけぶ」
 信長の忍び 第8話「歴史に人あり」
 信長の忍び 第9話「清洲同盟と元康の忍び」
 信長の忍び 第10話「美濃を制す者は天下を制す」
 信長の忍び 第11話「上司にめぐまれなかったら」
 信長の忍び 第12話「天才は病弱さん」
 信長の忍び 第13話「風雲‼ 稲葉山城‼」

※連続2クール作品