ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第35話「目覚めし厄祭」放送時。感想はこちら
第2期スタート以来、注目を集めていた「ガンダム」がキット化! そのシステムとは?

c16db8eb
TOY-GDM-3137_01
 2016年 12/1(木)より出荷、箱横に「フラウロス」正式名とカラーが描かれ、そちらでも話題に
 キット的には、HG キマリスのフレームを流用し
 外装はもちろん新規に

 特筆すべきは「突き手」付属で、しかも、珍しく“左手用”も付属します。

ランナースイッチなし
 キマリスと違い、派生商品に向けたランナースイッチは、特に見当たらないようです。
 色再現は、全身の黒いラインが要塗装ポイント

 PC-002ポリと軟質関節の併用。
 
原型機は記載なし、「阿頼耶識コネクタ」を持たず、機能不明の動力炉を持つ

IMG_1825
 メカデザインは「Gレコ」でお馴染みの形部一平氏。

ASW-G-XX ガンダムヴィダール
 ラスタル・エリオン麾下「アリアンロッド」月外縁軌道艦隊所属、搬入時、フレームレベルで破損し
 現在の技術で補填され、現在の姿として
 オーバーホールメンテを終えた

 本機は、「阿頼耶識」接続コネクタがなく、“代わりに”独自のシステムが採用

 完成が手間取った要因だが
 劇中では、「阿頼耶識」特有の空間認識力を発揮している

 型式番号は一応秘匿、ただ特異な膝の推進器や戦闘スタイルなど、キマリスを彷彿とさせる

 パイロット共々、「隠す気がない」正体は、果たして本当にガンダム・キマリスなのか?

シールは意外に大きく、前腕や胸部に中心に使用

IMG_1830
 また前述の通り、特徴的な肩の黒いラインや、膝バーニアの赤はシールも無いので
 特に肩は、要塗装ではないでしょうか

 シールを使わないと、前腕が驚きの青さに。

ランナーA 「ガンダムフレーム2」

IMG_1831
 もちろん、当時の紫フレームから成型色変更

ランナーA
 軟質グレー成型、懐かしの「HG-IBO 11 ガンダムキマリス」から流用。
 形状的にはガンダムフレーム共通ですが

ランナーB「HG ガンダムヴィダール」

IMG_1833
 現シリーズは色プラ復活でランナー数減、不慣れな層を考慮か

ランナーB
 色プラ成型、一部は軟質素材で、特徴的な「バーストソード」も、刀身と柄で色が異なり
 設定に近い色を再現

 正直、柄と刀身が同じ色なのを覚悟してたので嬉しい!

 対象年齢の割に「尖った」造形
 ちなみに、1/100 フルメカニクスも「対象年齢8歳以上」なので、尖り具合は同等と思われます

※マスターグレード、HGサンダーボルトは15歳以上で“鋭い”造形。

ランナーC「HG ガンダムヴィダール」

IMG_1836
IMG_1837
 本体ブラックはミッドナイトブルー90%に、ホワイト10%とブラウン少量

ランナーC
 加えて、2013年以降のPC-002の計3枚+ポリと、組み立てやすい数に。
 腰部、刀身の“替え刃”ギミックは省略

 替え刃そのものは、ランナーAに3本づつ繋がった状態で付属。

 前アーマーの赤はシールが付属。

「第三のエイハブ・リアクター」は、その用途不明として解説

IMG_1827
 角度手首で「抜刀」ポーズをスムーズに再現。

生命維持システム?
 本機は、「アイン・ダルトン」が組み込まれている、と考えられている事から
 背部動力炉は、彼を含むシステム用と考えられます
 さて、その正体とは?

 また特徴的なバーストサーベルは、キマリスでの、「刃を掴まれる弱点を克服

 同時に、残った刃が爆発するので“バースト”なんだそうな。

「阿頼耶識のコネクタ」を持たず、阿頼耶識の挙動を実現したシステム

8c184e4a
f8c99798
 コクピット頭部脇のボックスは、戦闘終了時にうっすらと発光。

第34話「ヴィダール立つ」
 地球編では、タカキ駆るランドマン・ロディが、“背後を見ずに障害物を避け後退する”姿に
 マクギリスが「阿頼耶識」と呼ぶ場面が

 こうした“周辺状況(空間)の把握”が、阿頼耶識の真骨頂といえます

 だからこそ
 以前、シノがアイン・ダルトンに「対策」として密着された際、長所を生かせませんでした

 本機は、それ以上の挙動を実現していると言えます

ヴィダールは、機体自体が意思を持つ?

img_67
img_13
img_53
 厄祭戦では、自己判断能力を持つ機械「モビルアーマー」が大暴れしており…?

独自のシステム
 本機は、機体とパイロットを繋ぐコネクタがなく、それ以外の何かで接続している感もありません
 無論、“パイロット自身が機械化されている”と思われる点から
 見えない部分で繋がっている可能性も

 でも機体に対する、ヴィダールの態度から考えると「意思を持つ機体」と考えたほうが?

 と、私は思う次第。
 グレイズ・アイン、あの錯乱に対する回答なのかなと。

 シノが危ない!

ヴィダール、その仮面の下は

5bec5dc9
1970a53e
 声は幾らでも変えられるし、「知識」だって或いは…?

「仮面」の面白さ
 また、パイロットがガエリオで機体がアイン、というのは誰しも予想するところですから
 逆である、という可能性もありますよね
 どうなんでしょう

 ジュリエッタへの「近くに居る」も、(キミの)近くに居る、って意味かもですし。

 いずれにせよ種明かしは近い!

悪魔の名前を捨て、「ギャラルホルン」と同じ元ネタ、北欧神話の神の名を得たガンダム

00000
00001
 アリアンロッド艦隊で長期間整備、調整が行われていた機体。機体の存在、特にシステム周りは最重要機密とされ、その詳細は艦隊でもラスタルら限られた人物しか知らない

 第2クール、公式は型式記載がないのよねー。

「戦後」の神
 元ネタは「ヴィーザル」と考えられ、ギャラルホルンが鳴り響く最終戦争「ラグナロク」に際し
 北欧の主神、父神オーディンを食い殺した大狼フェンリルを倒し
 戦後も生き残る神様

 ルプス、「狼」の二つ名を得たバルバトスに対し、怪しいネーミング。

 やっぱミカはすげえよ!

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1期 感想 2015年10月~2016年3月

 第1話「鉄と血と」
 第2話「バルバトス」
 第3話「散華」
 第4話「命の値段」
 第5話「赤い空の向こう」
 第6話「彼等について」
 第7話「いさなとり」
 第8話「寄り添うかたち」
 第9話「盃」
 第10話「明日からの手紙」
 第11話「ヒューマン・デブリ」
 第12話「暗礁」
 第13話「葬送」

 第14話「希望を運ぶ船」
 第15話「足跡のゆくえ」 
 第16話「フミタン・アドモス」
 第17話「クーデリアの決意」
 第18話「声」
 第19話「願いの重力」

 第20話「相棒」
 第20話副音声
 第21話「還るべき場所へ」
 第22話「まだ還れない」
 第23話「最後の嘘」
 第24話「未来の報酬」
 第25話「鉄華団<完>」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 感想 2016年10月~3月

 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話 第2期 第1話「新しい血」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話 第2期 第2話「嫉心の渦中で」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話 第2期 第3話「夜明け前の戦い」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第29話 第2期 第4話「出世の引き金」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第30話 第2期 第5話「アーブラウ防衛軍発足式典」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第31話 第2期 第6話「無音の戦争」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話 第2期 第7話「友よ」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話 第2期 第8話「火星の王」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第34話 第2期 第9話「ヴィダール立つ」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第35話 第2期 第10話「目覚めし厄祭」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第36話 第2期 第11話「穢れた翼」

関連記事

 “発掘ガンダム”のギミックとは? ガンプラ情報より(第29話「出世の引き金」放送時)
 『ガンダムフラウロス』 彩色、正式名公開! “コクピット”は…? (第34話「ヴィダール立つ」放送時)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 感想 漫画

 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 1巻“仇の名はガンダム”