双星の陰陽師 第35話 感想 復讐の傀儡師 -I AM NOT ALONE- アニメ画像付き ネタバレ 前回はこちら
孤独な双子、千々石強襲! 闇無の術も凄い!! それ以上に紅緒様かわいい!!

00089
00475
 まさかの続く! 千々石のマジックもたいしたものですが、大騒動だった“天御柱”の護りを軽々越え
 婆娑羅を送り込む闇無、素体はそこそこで異常に器用って
 やっぱり元・陰陽師なのか?

 原因不明の大量失踪に、切り札の天将を、真っ先に送り込む御影も怪しい!

変身変身また変身!
 久々の右腕、両足に「剣」「翼」と、久々の呪装シーンも、めっちゃ力が入ってましたね!
 清弦さんも、親心を見せていて微笑ましい

 紅緒様のキューンが可愛かった!

いつか、“双星vs双生”と同じ場面からスタート。しかし…

00000
 大量の縛られたケガレ達、白いのは糸であるが…。

あらすじ
 元は一匹のクモから生まれた双子のケガレ、片割れ「百道」を失い心が壊れかけた千々石は
 闇無に、“現世”でも活動できる霊符を与えられ
 双星打倒に出陣する

 一方、遠く離れた人も助けられる術が欲しい、と試行錯誤中だったろくろ。

 斑鳩士門が割って入り助かるが
 その士門も、学校生徒たちまでもが千々石の操り人形とされ、苦境に沈む。

 次回、第36話「守るベきもの -WHAT IS REALLY IMPORTANT?-」

千々石『どいつもこいつも手ごたえがねーなー、雑魚ばっかりでつまんねーぞ、百道ィ?』
“百道”『好き嫌いは良くないぞ、千々石…』

00002
00004
00007
00010
00015
 前回同様、共にcv松岡禎丞さんが当てているのも見所。

双子単身
 かつて、「連携戦術なら誰にも負けない」と自負した二体は、“さえ”の結界に阻まれたのを端緒に
 双星、ろくろ達に敗れ去ってしまった

 残りは百道の分だ♪ 喰えよ、…喰ってくれよ…!

 壊れている…
 いや、まだマトモなんでしょうか。

 そのままブチ切れる辺り、まだ踏みとどまっているようで敵ながら痛々しい。

 状況が状況ですしねえ

千々石『…うるせええーーーーーーーー!』

00017
 捕えられた上に、八つ当たりで全滅って酷くない?!
 いや、仕方ないけれど!

 モブのケガレに厳しい!

闇無『お前の怒りは私にも良く分かる…、今まで、数多くの同士を、陰陽師に祓われてきたからな…』

00019
00020
00023
00024
00027
00028
00029
00036
00038
00040
00041
 渾身の「糸」を易々払う闇無! そりゃ、千々石さんも「ぐぬぬ…!」ってなるわ

龍黒点再び
 以前、百道にトドメを刺し、千々石の怒りの方向を「双星」へ固定する卑怯な真似に出た闇無
 その怒りを、今から行ってぶつけてこいという
 で

 行くがいい…、百道の仇、“双星の陰陽師”の元へ!

 集めた陰陽師による符“ロウエンガイム”
 瘴気が常時、身を覆う。

 のみならず龍黒点」も健在、その合わせ技で、千々石を現世に送り込む闇無。

 符は婆娑羅も使うけど、器用過ぎる…!?

『なんとか新しい技を編み出したくてさ…、相談に乗ってくれないか!』

00045
 その双星、ろくろは、一足飛びの飛躍を求めてか“オリジナル技”の開発に没頭
 特に、今は身近に十二天将がいるとあっては
 聞かない方がおかしい!

 が

斑鳩士門『お前に呼び捨てを許した覚えはない…、気安く呼ぶな』

00047
00048
00049
00050
00052
 士門さんごもっとも。

どーなんだァ?
 基本、つっけんどんな士門はもちろん断るが、師・清弦には相変らず生真面目に接していて
 毎度ながら、実に微笑ましいワンシーン
 が

 で? …どーなんだァ…、高校生活はァ……?

 意外な事を聞いてきた…!
 生真面目に、「陰陽師」としての報告を怠らない士門

 対し清弦、あの仕事の虫みたいな人が、「高校はどうだ?」と聞いてきた!

 おとんか!

『お前は若くして、十二天将になった…、同年代のダチ、いねェだろ?』

00053
 ただでさえ自他に厳しい斑鳩士門、元々弱かった故か、他人の弱さは修行の不足と考えるタイプ
 となると、畢竟「同年代の友達」なんて出来ませんよね
 同格がいないんですから

 天馬様は天馬様過ぎるのでノーカン。
 
『俺も、昔はそう思っていたがなァ…、何かとつきまとってきて……』

00054
00055
00056
00057
 うるせえはうぜーわ、鬱陶しいわ…! マジムカつくぜ!!

やれやれだ
 この限られた「高校生活」という好機、自分にもいる、「いた」ダチ公という鬱陶しい仲間達。
 清弦さん、ブチ切れつつも不器用な父心…!
 で
 
 まァ…、そんな奴らでもだ、いないよりはマシかと思う時がある…、たまにな。

 珍しく胸襟を開く清弦
 しかし、この場では士門に通じなかった

 やれやれと息を吐きますが、まんま、自分の悪いところが似ちまったなー、的な。

 昔は、すっげー素直でしたものねえ…。

紅緒『……!』

00060
00062
00064
00065
00067
00070
 おい…、しい!

でしょう♪
 その「友達候補」、昔はまんま士門と似たようなキャラだった紅緒様、お料理教室の真っ最中!
 彼女も、ダチ公なんかいらねーぜ!系でしたよね
 が

 後は仕上げっ! …お料理は意外と、気持ちが大事で

 ここで電話が!
 繭良に、「ろくろの好み」を教わる紅緒様

 ちょっとした嫁と姑ですね、ハハッ、ろくろくんって爆裂四散すればいいのに!

 とまれ、繭良ちゃんは帰ってしまい


『紅緒さまー! わい、こないだテレビで「気持ちの込め方」見ましたでー♪』

00071
 ハイ出た! そして知ってた! やると思ったアレが始まってしまった!!
 このネタってば、定着したってレベルじゃねェ!
 アキバ文化オソルベシ!

きなこ『美味しくなーれ♪ 美味しくなーれ♪ ラブ☆きゅんきゅ~~ん♪』

00075
00077
00078
00079
00080
00081
00084
00085
00087
00088
00089
00091
 ルルーシュcv福山潤氏、ホントオカマ演技に定評あり過ぎて困る!

それを…、やるのッ!?
 やっぱり始まったメイドカフェ案件! 元ネタは「けいおん!」とされますが、既に一つの文化だ!
 ヤック・デカルチャー!

 お…、おいしくなーれ、おいしくなーれ…、らぶ…!

 愛!
 愛ですよ紅緒様!!

 すっごい雑な顔で左右にゆれるのが、これまた紅緒様らしくって、ホントかわいい!

 羞恥! 羞恥が可愛いんだな!!

『きゅん…! きゅーーーーーーーーーーーん…!』

00092
 まさかの因果応報オチ!
 ざまあ!

『あっちゃー! 目がァ! 目がァァァッーーーーーーーー!』

00093
00095
00096
00097
00099
00103
00106
00107
00111
00112
 遥さんのエプロンがまた可愛い…、早く籍を入れろと!

やめてくれよ!
 見事にカレー色になったきなこが笑わせますが、香辛料の痛さで、暴れて色々ブチこんでる!
 一方、星火寮でも新妻寸前のヒトが…!

 いよいよ、夫婦生活が板に付いてきたな?

 からかわれるろくろ
 裸エプロン? と聞いて殴られる額塚 篤!!

 ばあやさん機動力高ェ! そして、ろくろが「帰らない」のも料理の為だと判明

 メシマズ、ってだけじゃなかった…!

『たまに上手くできて褒めようものなら、一週間は同じ料理が続くんだ!』

00113
 例によって味覚がおかしい上、褒めたら同じのが続くというコピペ案件。
 気持ちは分かる!

 紅緒様、相変らずその辺シンプルである。

ろくろ『だから…、“今日は星火寮で食べて帰るから、晩御飯はいらない”作戦!』

00114
00117
00120
00123
00124
00125
 ろくろ後ろー!(公式)

ろくろの大好物の…
 猫目で迫ってくる紅緒様が可愛い…! ろくろの台詞が、ますます新婚くさくなってる!
 臭う! 臭うぞ!! 新婚臭がひどいわ!!
 で

 またカレーかよ! もう一ヶ月は続いてンぞ!?

 後者じゃったか!
 褒めたら、そのまま図に乗ったパターン!!

 繭良も最初は「ひどーい!」とか言ってますが、これはちょっとろくろに同情する…!

 せめて一週間ですよね!

『チビ助ェ…、お前に一言いっておく』

00126
 今週の清弦さんのパパっぷり異常。

清弦『男なら、出された晩飯は黙って食えェ…!』

00128
00129
00131
00132
00133
00134
00135
00136
00138
00140
 紅緒様の「さぁ…、帰りましょう」の色気が素晴らしい(そして死ぬ)。

もしかして恐妻家?
 元より、「自分と繭良を案じて離婚した」と理解していたり、清弦を誰より理解する奥様だそうで
 畢竟、恐妻家だった清弦である
 で

 イヤだー! お前、今までカレーに溺れる夢にうなされて起きた事あるかー!

 こっちもこっちで
 変なところで、師匠に似ちゃってまあ。

 ちなみに「鬼平」で知られる池波氏は、こういう時「お膳をひっくり返せ」が座右の銘でした

 昭和は遠くなりにけり。
 
『こりゃ、一生浮気できねーな?』

00141
 こういう作品だと、次々惚れられるのも定番ですが、ろくろは全くそんな事がないですねえ
 なんという鉄壁夫妻。

※学校では、いまやモテモテらしいですが。

ろくろ『う゛…、いつにも増して、強烈なカレーだった…!』

00143
00145
00148
00150
00151
00153
 だいたいきなこが悪い。

求める力
 学問に王道ナッシング! とはいえ、「遠くはなれた人も守る力」の代表例が今、身近に居ます
 朱雀専用、“飛翔術”持ちの士門から学ぶのか?
 で

 この手が届く人だけじゃなく、離れた人も守れる、そんな技を…!

 陰陽師唯一の「飛翔」
 ろくろの求める術と、まんま合致するのが気になります

 ともあれ、ろくろは頭を絞り、士門は今日も孤独な調査がからぶりサーカスに終わる日々。

 まあ、今回のパターンは異例すぎますしねえ

『裏庭の木に、釘で刺された人形があったんだって~』

00156
00159
00163
00164
00165
00167
00169
 え? 裏庭には二羽ニワトリが居るですって!?

厭魅だよね?
 翌日、校内で「うしの刻参り」が話題になり、さっそく調査に乗り出す士門。勤勉魔神である。
 ホント、馴染もうとしない士門ですが…

 無論、調査だ…、オレの第一は、“陰陽師の任務”を果たす事だ…!

 生真面目士門
 さて、人形といえば「うしの刻参り」

 また繭良が言った、「厭魅(えんみ)」とは、まじないで呪い殺すことである。

 エンヴィーではない。

繭良『どうしよう! クラス委員なのに授業をサボるなんて! あたし、おサボりヤンキー委員長になっちゃうー!』

00172
 その髪と胸の時点で、充分ヤンキーっぽいから問題ないね!
 気合入ってるッスねパイセン!
 マジリスペクトッス!

『僅かな呪力の痕跡を辿っているみたい…、それを辿れば』『手がかりを見つけられるかもな!』

00173
00174
00175
00178
00179
00180
00181
00183
00184
00186
00187
00190
00191
00194
00200
00202
 お、音海! ビクビクするな!! 陰陽師たるもの、平常心でいなければ!

人形遣いの復讐劇
 際し、士門君が良い目に遭う事もありましたが、そもそも「痕跡が残っていたこと」自体が罠!
 手がかりをみつければ、誰だって追う
 で

 あいつらは、赤の他人のクセに、最強のコンビを名乗ってけしからん…!

 龍黒点で誘い込む千々石
 うしの刻参り、「異常事態」そのものが罠だったと

 今回、人形遣いがすっかり上手くなった千々石、悲しい一人上手って奴だ…!

 龍黒点が便利すぎる!

千々石『会いたかったぞ…、双星の陰陽師…!』

00204
 ところで誰か、そろそろ百道人形にツッコんでくれませんかね!

『昨日…、“信州中央支部”との連絡が、途絶えたそうじゃ…』

00205
00206
00207
00209
00212
 前回の黒服クラスだけでなく、白服組も姿を消したとみるべきか

戦の兆しの神隠し
 闇無の「呪装」は、現世での自由だけでなく、自身の“ケガレの気配”も、ほぼ遮断してしまうらしい
 今のところ、士門くんがちょっぴり気付いたのみ
 で

 十二天将に…?

 陰陽師の神隠し
 それは、既に「七割の支部」の連絡を絶ったという

 この緊急事態にあって、「有馬御影」は、十二天将を調査にさしむけると決定し…?

 判断、ちょっとおかしくないかい…?

『あいつ…、呪装しているのか…!?』

00215
 一方、ろくろ達は「瘴気の呪装」だと看破、神威なんかも符を使っていますしね
 妙に器用なのは気になるところ

『あなたの連れ、百道とは確かに戦った! でも、“祓う”までには至っていないはず…!』

00216
00228
00230
00231
00233
00236
00237
00239
00240
00241
00242
00243
00244
00248
00253
00255
00259
00261
00263
00265
00271
00273
00276
00277
00278
00280
00281
 久々のダブル解放! 作画もめっちゃ良かった!!

真っ向勝負!
 百道を殺したのはお前達だ! やはり、闇無の嘘を信じ込んでいた(?)千々石の挑戦!!
 小細工抜き、まずは真っ向勝負から!
 が

 それで本気か!

 彼は婆娑羅
 やはり、ケガレ腕でも押しきれないろくろ

 そこで「大技」に切り替えたろくろ、こればかりは、千々石も防御に徹したらしい

 ろくろも、着実に強くなってるのね

紅緒『いける!』

00283
 禍野扉の開錠、ろくろとの戦いに気を取られた隙に、まず「禍野」に送り返そうとした紅緒
 被害を最小に抑える為に

 が

『悪いな百道! わざわざ会いに来たのに、追い返すのか? つれないなぁ~! もっと遊ぼうぜ!』

00287
00294
00301
00302
 スピード自慢の紅緒様ですが、最近はちょっと辛い!

レゾナンス
 千々石を護ったのは百道人形! 人形遣いは伊達じゃない!! 元々は「クモ」である為か
 また、「百道の力」で遥かに強くなっている
 で

 レゾナンス…、破るのは、至って簡単だ。

 対抗手段
 それさえ、あっさり封じられてしまう

 元々バサラは、天将クラスでも徒党を組んで戦う相手、二人だけでは勝てるハズなし!

 で、千々石の「策」が

『破るのはいたって簡単だ…、ただ、お前達二人を引き離せばいい』

00305
 だが待って欲しい、ここまで動きを封じられると、レゾナンス云々関係ないよ!?
 手を取る、どころか身動きも出来ない!

 が

『ハハハ! 百道、どっちからやる?』『“アイツの…、右腕からだ”』

00311
00313
00324
00332
00337
00338
00340
00346
00350
00352
00356
00357
00358
00366
 双星は戦う必要が無い…、下がっていろ。

天翔顕符「朱染雀羽」
 絶体絶命の窮地、今だ謎ある「右腕」狙いが仇になるか…? と思ったら士門くん登場!
 めっちゃくちゃ久々の「炎の剣」だ!
 久々!

 双星と戦いたければ…、俺を倒してからにするんだな!

 初登場時の炎の剣
 今回、しっかり色合いや質感まで描写されている!!

 糸使いの千々石、対し、炎であり剣である士門、士門の相性優位を感じる!

 が

繭良『あ…、あれ?』

00372
 士門の強さに悔しがるろくろ、一方で、これだけハデに暴れても「誰も出てこない」
 場面は暗く、まるで夜のようになっていますが…?

 繭良ちゃんによる前振り!

ろくろ『え…!? ちょ、すっげー! 飛んでる!?』

00376
00377
00385
00386
00387
00388
00393
00396
00403
00405
00411
00413
00414
00421
00424
00427
00429
 士門の飛行術が、本の何ページかまでそらんじてる繭良ちゃん!

得意げ繭良ちゃん
 そして、繭良との特訓回で繰り出した「朱雀」としての真価、誰より広い行動半径を与える
 式神、朱雀の羽根を展開する士門

 我が朱雀の翼は、どこまでも追いかける! 敵を仕留めるまで!!

 特訓回の大技!
 清弦らと違い、「纏う」レベルではありません

 士門はまだ成長の余地を残しつつ、千々石を圧倒、遂に勝利したかに見えましたが…

 光が出てない…?

ろくろ『やったぜ!』

00432
 ろくろ君、フラグ立てるな!

きなこ『バサラを、たった独りで倒すやなんて、スゴすぎやでー♪』

00435
00443
00446
00453
00455
00458
00460
00464
00465
00467
00468
00469
00475
 何故、俺がここを選んだか分かるか? お前達に関わる人間が大勢居るからだ…!

簡単には死なせない
 しかし、いつの間にか人形に入れ替わっていた千々石は、戦いの中で「糸」を絡みつかせていた
 真髄は体内に侵入し、骨まで絡みつくのだという
 で

 さあ…、誰から殺そうか?

 親しいものを殺す
 ただ、その為だけに学校を選んだという千々石。

 士門も「呪い」に縛られ、人質を取られ、清弦達は気付くことが出来ていない…?

 ここは、“私から殺せ”か…?

双星の陰陽師 第35話 感想 復讐の傀儡師 -I AM NOT ALONE-

00091
 今週は「マジックバス」社が制作協力に

スタッフ
 脚本:成田良美
 絵コンテ:ユキヒロマツシタ、三宅和男
 演出:村山靖
 総作画監督:貞方希久子、崎本さゆり

予告『生田長江は言ったよ! “自分の前に、敵がいっぱい現れた時は! 振り返ってみよ、味方がいっぱいいるものだ!”』『…それを、何故オレに言う』『一人…、上手だからだよ』『…えっ?』

img_sub8
 予告の士門くん、ぶっちゃ「え…っ?」ってなってて笑うわ!

公式トップ更新
 孤高、いいかえればぼっち上等な士門を気遣い、助言しようとして自爆する清弦さん!
 夫のあり方を説いたり、今週ホント「お父さん」だった!
 良い人か!

 前回が大陰コンビだったように、今回も天将、士門が焦点なのね!

 なんでもありな闇無
 対し、御影の無謀とも思える采配の真意とは…?

 こう引っ張ると、やっぱり、有馬の意思で動いてだけなんじゃって気もしてくるね!

 次回、第36話「守るベきもの -WHAT IS REALLY IMPORTANT?-」

双星の陰陽師 感想

 双星の陰陽師 第1話「運命の二人 -BOY MEETS GIRL-」
 双星の陰陽師 第2話「双星交差 -A FATEFUL FIGHT-」
 双星の陰陽師 第3話「すれ違い -A HERO'S WORTH-」
 双星の陰陽師 第4話「禍野の音 -BOTHERSOME TWOSOME」
 双星の陰陽師 第5話「十二天将 朱雀 -THE GUARDIAN SIMON-」
 双星の陰陽師 第6話「紅緒と繭良 -GIRLS'PARTY-」
 双星の陰陽師 第7話「新たなる試練 -UNBElIEVABLE GAME-」
 双星の陰陽師 第8話「ろくろの気持ち -SHOCKING CONFESSION-」
 双星の陰陽師 第9話「交錯する悲劇 -TRAGEDY COMES WITH SMILE-」
 双星の陰陽師 第10話「すばるの修行 -THE FICKLE GUARDIAN-」
 双星の陰陽師 第11話「新婚さんおきばりやす -FANTASTIC MOMENTS-」
 双星の陰陽師 第12話「勘弁しろし -BASARA BOY KAMUI-」
 双星の陰陽師 第13話「君の勇気 私の勇気 -ZERO MILLIMETERS APART-」

 双星の陰陽師 第14話「浴衣と星と願い事 -TANABATA SPECIAL-」
 双星の陰陽師 第15話「ひとりぼっちに さようなら -THE AWAKENING OF LOVE-」
 双星の陰陽師 第16話「陰陽師として -SALVATION THEN WAILING-」
 双星の陰陽師 第17話「師がくれた赤い証 -NEW TALISMAN FROM MASTER-」
 双星の陰陽師 第18話「決戦前夜 -TRIUMPH OVER FEAR-」
 双星の陰陽師 第19話「罪もけがれも -THE 10 SECONDS DECISION-」
 双星の陰陽師 第20話「ふたりの道 -TO THE FUTURE WITH US TWO-」

列島覇乱篇
 双星の陰陽師 第21話「双星新生 -SWEETIE FAIRY-」
 双星の陰陽師 第22話「ケガれてんじゃ~ん -PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM-」
 双星の陰陽師 第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」
 双星の陰陽師 第24話「ケガレの見た夢 -WHAT IS BEAUTIFULL?-」
 双星の陰陽師 第25話「天・元・空・我 -COME BACK! SOUTHPAW-」
 双星の陰陽師 第26話「双星vs双生 -BASARA TWINS' STRINGS-」
 双星の陰陽師 第27話「ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-」
 双星の陰陽師 第28話「鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE-」
 双星の陰陽師 第29話「さえとの約束 -MISSING EXORCIST MASTER-」
 双星の陰陽師 第30話「いつまでも笑顔で -LOVELY SMILE FOREVER-」
 双星の陰陽師 第31話「そばにいるから -WAI WA KINAKO YA!-」

天地鳴動篇 第32話~第40話
 双星の陰陽師 第32話「混沌の中に -SEEKING THE PAST,SEEKING THE FUTURE-」
 双星の陰陽師 第33話「師の恩返し -I WANT YOU TO EAT ME-」
 双星の陰陽師 第34話「名コンビじゃねぇ! -WACHI vs WASHI & WATASHI-」
 双星の陰陽師 第35話「復讐の傀儡師 -I AM NOT ALONE-」
 双星の陰陽師 第36話「守るベきもの -WHAT IS REALLY IMPORTANT?-」