信長の忍び 第9話 感想 清洲同盟と元康の忍び アニメ画像付き。ネタバレ。前回はこちら
秀吉、ねね殿(当時14歳)と結婚! 圧倒的祝福…! コングラッチュレーション、ねね殿…!!

00051
00020
 遂に成就したツンデレの恋! 料理ベタ設定まで完備とか、ホントcv釘宮さんは地獄だぜフーハハー!
 サブタイ清洲同盟、後の“家康”と信長が手を結んだ事で
 遂に後ろの守りが完璧に

 満を持して、信長の妻・帰蝶殿の故郷へ、美濃攻め開始ですね…!

オチの帰蝶殿可愛すぎ!
 相変らず、緊張感の欠片もない帰蝶様に癒されるというか、信長様のツッコミが冴える!
 そこ思い出してる場合!?

 噂の「忍者」に、千鳥メロメロとかニンジャコロスベシだった!

『永禄4年、木下秀吉、浅野長勝の養女、ねねと結婚』

00000
00001
00002
00003
00005
00007
 浅野氏とは、この場合「織田氏の弓衆」である。

恋愛結婚だったという
 華やかなご成婚! ツンデレの成就がめでたい!! ヒデヨシコロスベシ! めでたい!!
 彼女らしく、早く出世しろとせっつきます
 が

 あんまり怪我しないでよね! 逃げ回ってよね! ていうかあんまり戦にいかないでよね!

 どう出世しろと!?
 ホント、ツンデレ嫁は最高だぜフハハ!!

 秀吉の身を一番に気遣うねね殿、助蔵のツッコミが無粋!!

 泣き顔がかわいい!
 
『ねね殿! 心配いりませんよ! 秀吉殿は、今はただのパシリですが…』

00008
 おや? 後の太閤殿下だから…、とか「視聴者視点」を言っちゃうのか?
 と思いきや

『いずれ、日の本一のパシリになります!!』

00009
 まあ「君主」というのは、下の為に尽くす者である。とも言うけどね!!
 ひでえ!

『千鳥さん助蔵さん、ご飯作ったけど食べていく?』

00010
 完全に毒物劇物廃棄物じゃないですかドリフターズ!?
 ナンデ紫!?

秀吉『やめたほうが良いでござるぞ! ねね殿の料理は…』
千鳥『大丈夫ですよ!』

00012
00014
 忍びはどんなものでも食べられるよう、訓練されていますから!

ひどくない!?
 さらっと、毒物呼ばわりした助蔵てめえ! と思った次の瞬間ご覧の有り様だよ!
 瞬殺じゃねえか!

 恐ろしさが引き立ったーーーーーーー!?

 後の高台院さまはすげえや!

『翌、永禄五年。三河の国』

00016
 お分かりいただけるだろうか。ちなみに、今川氏の本拠は“駿府”である。
 つまり…

??『今川義元様の跡を継いだ氏真様は、いまだ弔い合戦もせぬのか?』

00018
00019
00020
 は! 蹴鞠に明け暮れているご様子!!

後の家康である
 ご存知の通り、今川氏の勢力は絶大、勝利も時の運が大きく、義元が討たれたとしても
 弔い合戦をしていれば…、と素人目にも思うところ
 で

 もはやこれまで、我が松平家は独立をし、織田信長と同盟を結ぶ事にする!

 誰これ!?
 何「おむすび美味しいです」って顔なの!?

 とまれ部下だった「元康」は、今川を裏切り、織田と同盟を決意

 これが今回の、“清洲同盟”なのね

『殿! 今川の松平元康様が、同盟の挨拶に参られました!』

00022
 ちなみに家康、義元の敗戦時、後を追って自害しようとしたと言い伝えられているそうな
 が、断念して「父祖伝来の城」に戻ります

 この城は今川が支配していたが、桶狭間の敗戦で放棄、そこを抑えたとか。

 家康の伝記では、一大感動シーンですよね

千鳥『いよいよ会えるんですね!』
信長『元康を知っておるのか?』

00023
00024
00026
00027
00028
00029
 キャー! 元康様より、その忍び「服部半蔵様」ですぅー! 半蔵さまーっ♪

いきなり失礼!
 意外にミーハーだった千鳥殿! サブタイこれか! そんな「永禄5年」に清洲同盟が成立。
 舞台となった城が、「清洲城」なのね
 で

 お久しぶりです信長殿!

 一時、「織田家」に捕えられ人質だった元康殿
 人に歴史あり

 が、この笑顔の下に傑物があるのは、日本史に名を刻んだ事から明らか

 信長様も…

信長『フッ、相変らずの笑い顔で、何を考えておるのか分からん奴よ…』

00030
 腹減った~、じゃないスか?

『服部半蔵は俺だけど? ああ、忍びだったのは親父の代までで、俺はれっきとした武士だよ♪』

00031
00032
00033
00034
00037
 史実です。代々、「半蔵」を名乗っていたそうな。

助蔵の怒りは有頂天!
 しかし、意外や「二代目(この人)」以降は武士だったらしいですねー、って奥義書を見せるの!?
 と思ったらコレだ!

 秘伝になってない!? 先回りされてるしーーーーーーーー!?

 ダメ息子じゃねえか!
 実際、初代は伊賀出身の忍者だったという。

 初代は伊賀を出て、室町12代将軍足利義晴に、そして元康の祖父・松平清康に仕えたとか

 で、彼はその二代目ってワケね(世にいう「服部半蔵」は、この二代目)。

元康『では信長殿、これより私は、“東国平定”に力を注ぎます』
信長『うむ、儂は京を目指す…』

00039
00040
00044
00045
00046
00048
 じゃ、今日から織田家とは盟友だからよろしくね? 可愛い女忍びさん♪

ヤツは敵だァ!!
 とまあ、勝手に燃える助さんはともかく、「同盟」の清書を灰にして、二人で飲んだというレジェンド
 これにより、織田家は“背後”が安全となりました
 で

 いよいよ本格的に、「美濃」攻略に取りかかる…!

 いわば「防戦」だった義元戦
 対し今回は、信長さまの「宿願」だった戦いなのね。美濃といえばアレ。

 帰蝶殿に熱く語りかけるノブ様!

『お前との約束を、果たす時がきたぞ!』
『はい、思い出します。私が美濃から嫁いできた日の事を…』

00049
00051
 寝癖ひどーい! 今日「輿入れ(結婚)」の日なのに~

輿入れ記念日
 宿願に燃える信様、対し、柄にもなく穏やかに語り出す帰蝶様…、だと思ったかバカめ!
 かわいい!

 待て! どこから回想を始める気だ!?

 ノブさま見えてるの!?
 この人、毎回ツッコミに忙しいな!!

次回、美濃を制すものは天下を制す! その「宿敵」とは…!!

00052
 氏真さまも、父が偉大だった為に、大変だったらしいですよ?

元康の忍び!
 なるほど、半蔵様ってば有名人! 師匠から聞いていたという「服部半蔵」との出会い!!
 テンションあがってたちーさま可愛い!!
 助さん燃える!

 この同盟は、家康にとって「反乱」でもあり、この前年“人質”を氏真に処刑されているそうな

 また清洲同盟自体は、前回の「信長公記」には記載がないとか 
 次回、第10話

 美濃を制す者は天下を制す

信長の忍び 第9話「清洲同盟と元康の忍び」

00000
 半蔵の声優「VALSHE」さん。後期OPを担当予定の女性歌手で、ニコニコ動画出身。

あらすじ
 三河国大名の松平元康は、長く臣従を強いられてきた今川家と決別。
 信長と同盟を結ぶために清洲城にやって来た。千鳥は元康に仕えている服部半蔵に興味津々!

スタッフ
 演出:平良哲朗
 絵コンテ:大地丙太郎
 作画監督:菅井嘉浩

信長の忍び 感想 2016年 10月

 信長の忍び 第0話「珍しいな 幼子一人で水練とは」
 信長の忍び 第1話「信長様に会いに行こう」
 信長の忍び 第2話「織田家とゆかいな仲間たち」
 信長の忍び 第3話「突撃!! となりの今川さん」
 信長の忍び 第4話「サルとツンデレ娘」
 信長の忍び 第5話「今川軍がやってきた」
 信長の忍び 第6話「千鳥、鳥の如く」
 信長の忍び 第7話「桶狭間の中心で、義元がさけぶ」
 信長の忍び 第8話「歴史に人あり」
 信長の忍び 第9話「清洲同盟と元康の忍び」
 信長の忍び 第10話「美濃を制す者は天下を制す」

※連続2クール作品