魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第8話 感想 僕の話かい? アニメ画像付き ネタバレ
というワケで、ミトン達の文明はやっぱり謎なのでした。珍しく「魔法少女」チックな回!

00059
00061
 ミトンの故郷について、ようやく話したと思ったら大嘘! 真冬先輩は「あいよっ!」がかわいい!
 脅しに処刑、ホントちやちゃんの万能性は素晴らしい
 処刑から尋問まで!

 既に「ラスボスを倒した後」を描く日常アニメなのに、彼女だけ殺意が違う!

謎生物の仲間達
 大量のミトンとか笑うしかなかったですが、そもそもポチがペンギンだしね! 大ウソすぎる!!
 しかし、変身バンク作ったのに変身しませんね

 もはや完全に喫茶店アニメ。

ミトン『僕の話かい?』

00000
00001
00004
00005
 今週は爺ちゃん出番なし…ッ!

となりのミトン
 さっそくサブタイ回収! ちやちゃんが謎の脅し…!! ああスチールウールですね殺す気か!
 アレでこするとか、完全に虐待だよ!
 で

 ミトンは、どこから来たんですか?

 それすら不明
 ていうか、どんな敵と戦っていたのか

ちや『どういう世界なの?』

00007
 ミトンの故郷、身振り手振りで説明されても…、というか「異世界に居る」と考えると
 もし彼の立場だったら、説明できるでしょうか
 難しそう

 なんか物理法則とか違いそうだし!

 奴ら物理法則もあったもんじゃねぇな!

真冬『ぜんっぜんわかんないねー…』

00009
 てかそこのペンギンも手を貸してやれよ!
 先輩かわいい!

『そうか…、じゃあ、僕の中のイメージを映像にしたものを見せようっ!』

00012
00014
00016
 珍しく「すごいだろ♪」って嬉しそう!

ファイナルファンタジー
 やっぱり物理法則も何もあったもんじゃねえな! ミトンさんってば、お前ホントに生き物か!?
 前に、コンピューターっぽい事を言ってた気もするけど!
 で

 あの…、コレは?

 初公開!
 が、ミトンがヘタなのかホントにこうなのか

 意外に牧歌的ですが、なんか、変に白っぽいのがあると思ったら

ミトン『ヒトに決まってるじゃないかー♪』
ゆずか『ヒトなんだ!?』

00019
 ゆずかちゃん驚きすぎィ!

ミトン『あれは…、いつのことだったか……』

00021
00022
00024
00025
00026
00028
00030
00032
00034
00035
00037
00039
00041
00043
00044
00045
00046
00047
00050
 完全にゼルダの伝説。

伝説のミトンの伝説
 そして語られた「旅立ち」、コピペが大活躍のミトン一族! 彼らの世界にも「ヒト」が存在し
 彼らの指示で、魔法少女を変身させるアイテム
 腕輪を探す旅に

 僕はやるよ! この腕輪に合う魔法少女を探し…、そして世界を救って見せる!

 熱いな!
 てか、完全に「火の七日間」だったよ!?

 ミトンさんの世界にも巨神兵が…、なんか色々、童話みたいな大冒険!

 これ絵コンテ、ノリノリだったに違いない!

ゆずか『そんな事があったんですか……』

00051
 セクハラブレスレットにも、立派な歴史、ヒストリーがあったという話。
 ちやちゃん、何が言いたいの!

ポチ『ウソだね』

00052
00054
 ぜーんぶミトンの作り話だ…、我々の世界は、もっと高度で複雑だ…、簡単なものではない

真冬さん
 ハイぜんぶウソ! 丸一話使って全部ウソ! 以前の台詞から匂わせたところからすれば
 むしろ近未来、SFっぽいノリらしいし!

 来るべき近未来!

ちや『真冬さん…』
真冬『あいよっ!』

00059
 かけ声がなんだか可愛い!

ゆずか『ポチさんとミトンは、仲間なんですよね?』
ポチ『仲間…、だった』

00061
00064
00068
00071
00073
00074
00077
00078
00079
00080
 今…、僕にあるのは…、ゆずかとちやの仲だけだよ…

ごめんなさい
 なお、「ラスボス退治」を終えた後は、謎生物たちとも散り散りになって連絡も取り合っていない
 関係のドライさも、未来文明って感じですが…
 で

 心苦しそうだ!?

 だって友達とか言われたくないしね!

次回、早いもので第9話ですね!

00041
 完全にラスボス

炎のたからもの
 意外やミトン回。てっきり、タイトル詐欺かと思ったら本格的に語った挙句、ただのウソだった!
 イメージで、他の謎生物のシルエットも出てましたが
 お前ら統一感ないな…。

 珍しくファンタジー色が強い回で、話を考えるスタッフ側も、ノリノリだったのかなって感じました

 あんなにいっぱい居たらキモいよ!

魔法少女なんてもういいですから。感想 2016年1月

 第1話「…あんた、僕が見えてるのか?」
 第2話「はい、水着です。間違いないです」
 第3話「ねえ、ゆずかと私は友達よね?」
 第4話「魔法少女には定年があってね」
 第5話「私は水着に変身するのが嫌です」
 第6話「会社勤めとは魔法少女の戦闘よりも過酷な労働なのかい?」
 第7話「私のコレクションになるのに」
 第8話「魔法少女の…仲間……」
 第9話「魔法少女の必要性はもう無い」
 第10話「完璧超人だよね……ペッ!」
 第11話「じゃあ、何の為の魔法少女なの?」
 第12話「僕は、ゆずかの親友になる(終)」

魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 感想 2016年10月

 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第1話「魔法少女になってメリットはあったの?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第2話「水着って変じゃないですか?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第3話「魔法少女ちや、登場ちやっ!」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第4話「一緒にゆずかを愛でませんか?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第5話「お姉さんが何でも教えてあげるね」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第6話「だって、このままの格好じゃ…」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第7話「見え過ぎなんじゃないの?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第8話「僕の話かい?」