信長の忍び 第8話 感想 歴史に人あり アニメ画像付き。ネタバレ
“でも”天下泰平の夢の為なら…! たとえその名は残らずとも、歴史は人あってこそ生まれる!

00067
00055
 千鳥のヒーローインタビュー、と呼ぶには、彼女らしい決意に満ちた回。「義元編」完全完結!!
 ねね殿も、なんとか告白できたようで良かったでめでたい!
 さあ“歴史が動く”清洲同盟だ!

 って、信長様、今週も優しかったりツッコミだったり、忙しいでござるな!

信長公記!
 千鳥殿、ご褒美は「撫でてください!」ってホント安いな! 良い子すぎるな!!
 そんな子が、手を血で染めて太平を目指す

 ギャグであり重いテーマなんだな、と改めて思いますね帰蝶どの可愛い!

ナレーション『織田信長、歴史的大逆転で今川義元に勝利、その名は日本中に鳴り響いた』

00000
00001
00002
00004
00006
00007
 人に歴史ありならぬ「歴史に人あり」。すなわち…

凱旋
 桶狭間で奇襲に成功するも、なお数的には半分にも及ばなかったという織田軍、まさに大逆転
 一方、その報告の為に早々に戻った千鳥は
 昏々と眠っていたという

 私達に報告した後、倒れるように眠っていたのっ

 お市どのに溢れる“良い子”!

『あまりに目覚めないものだから、助蔵くんに“接吻”させようとしてました♪』

00008
 って、助蔵君! なんで青ざめてるのかと思ったらテメーは!
 良かった目覚めて!

 そんな勝手にー!

 まったくだ!

ねね『良かったー! 秀吉が生きてたー!!』
秀吉『ねね殿! あ…、あの…、出陣前に“私を嫁にして!”と言っていたのは、本心でござるか?』

00009
00010
00012
00013
00015
 そんなワケないじゃんっ! 冗談よ冗談っ!!

そっかー
 一方、ようやく「愛、気付いてますか?」となった秀吉殿、ねね殿に直球でボールをブン投げるも
 無事バッターアウト!

 ウソです! おねがい貰ってくださいっ!!

 本音が早い!
 ねね殿、ようやく告れたでござるな!!

 ホントその言動、全てが可愛すぎて、cv釘宮さんマジ最高だと思うでござる!

 たーかーさごやーっ、たかさごやー!

バカ息子『な、何ィ!? 父上が織田に討たれた!?』

00017
 なんてこった、もうニート出来ないよ父上のバカー!とか言うかと思いきや
 飛び出したのは熱い言葉!

『なんで死んだの! 父上には夢があったはずなのに!!』

00019
00020
00021
 一緒に蹴鞠で天下を取る夢がーーーーーーーーー!!

無いと思う!
 と、思ったらやっぱりアホ扱いだった今川氏真公が、大大名「今川家」を継ぐ事となります。
 この今川義元には「夢」があるッ!
 すげえ!

 次回、清洲同盟」は、彼にも深く関わる歴史的事件なのですが…!

 ぶっちゃけ彼で「戦国大名」今川は滅亡
 放浪に

 が、なんと後々「元家来」徳川の家臣となり、太平の世で「ちょっと特別な旗本(家臣)」になるとか

 時代が違えば、名サッカー選手だったろうに!

『お前は良く働いた、褒美は後日とらす。今はゆっくり休み、傷を癒せ』

00024
 一方千鳥、情報戦で武勲で、まさにMVPオブMVPだった彼女には褒美の話が
 ここで「ヤッター!」とか言っちゃう千鳥
 欲がない!

 オマエはよくやったもう森へ帰ろう…。

千鳥『なでなでしてくださいっ!』
信長公『安いなお前…』

00026
 千鳥ちゃん良い子すぎていっそ泣けるわ!

『お初にお目にかかる千鳥殿! 拙者は千鳥殿の活躍を、克明に記録したいと思い参上した、織田家の歴史書記愛好家…、ってなんで逃げんの!?』

00027
00028
00029
00030
00031
00032
 忍びは、名前や行動を記録されてはいけないんですっ!

実利と武名
 立て板に水の素晴らしい口上! この素晴らしく口の回る人物こそ、織田家の歴史書記愛好家
 彼は、“千鳥の武勲”を書き記したいという
 が

 忍びはあくまで影の存在ですから、名前が知れると、動きにくくなりますし…。

 ごもっとも!
 でも、「武名が残らない」って悲しいですね

 誰より功をなしながらも、誰よりも無欲、これこそ日本的美意識そのものかもしれません

 つまり千鳥殿かわいい!

『そんな…、桶狭間の功労者の名を、後世に残したかったのに…!』
『じゃ、帰蝶さま“千人斬りの大活躍”と♪』

00034
00037
00038
00040
00043
00044
 ウソはいけません!

ザ・即答
 さらっと混ざってくる帰蝶さまという癒し要素! この図々しさ、父「マムシの道三」魂を感じる!
 ともあれ、「戦いの様子」は克明に伝える千鳥
 良いオッサンだ…

 女子の身で、人を斬るのは怖くないのですか?

 との質問
 対し、千鳥は「怖くないです」と即答

 知ってた!

千鳥『でも、イヤです』

00047
 しかし千鳥、小さな手を握り、「人を殺すのはイヤです」と。
 怖いのと「やりたいか」は別

 イヤなんだと

千鳥『イヤですけど…、でも何て言ったら良いのかな? 昔、信長様が言ってたんです。“自分はこの乱世を終わらせる為に戦う”と』

00048
00049
00050
00051
00052
00053
00055
00056
00058
00061
00062
00064
00065
00066
00067
 私が動く事で、信長様が勝ち、戦のない世に少しでも近付くのなら、何の躊躇いもありません!

だから
 第0話幼い頃に信長と出会い、彼の夢のため戦うと決めた千鳥。彼女も確か戦災孤児で…
 感じ入った彼に、以降“信長の活躍”を伝える事に
 で

 何を終わりっぽくまとめてるんだお前ら!

 信長さまナイスツッコミ!
 しれっと割り込む二人、大ウソの達人じゃないですかヤダー!!

 かくて信長の一代記、「信長公記(実在)」を書き上げる男、太田牛一とも知り合いに!

 俺たちの戦いはこれからだ!

次回、第9話「清洲同盟と元康の忍び」。歴史が動く!!

00069
 元康とは後の徳川家康、「義元」の配下、松平元康だったころの話ッ!!

歴史に人あり!
 軽いノリだが決意は重い、たとえ名が残らずとも、歴史は人の思いあってこそ生まれる決意回!
 当初、「情報収集専門だから、私は死にません!」と言い切った姿
 アレを思い出しますね

 自分は忍者だから、有名になりたくありません!

 ただ己の本分を尽くす!
 またツンデレねね殿と秀吉も結婚、これは「桶狭間」の一年後、永禄4年(1561年)8月となります。

 通説では14歳ですよ! キャー!!

信長の忍び 第8話「歴史に人あり」。スタッフ

00038
 公式ストーリーページより

あらすじ
 歴史的大逆転で今川義元に勝利した信長の武名は、日本中に鳴り響く。そこにやってきた歴史書記愛好家の太田牛一は、勝利に一役かった千鳥の活躍を記録したいと云うが……。

スタッフ
 絵コンテ:大地丙太郎
 演出:菅井嘉浩
 作画監督:平良哲朗

信長の忍び 感想 2016年 10月

 信長の忍び 第0話「珍しいな 幼子一人で水練とは」
 信長の忍び 第1話「信長様に会いに行こう」
 信長の忍び 第2話「織田家とゆかいな仲間たち」
 信長の忍び 第3話「突撃!! となりの今川さん」
 信長の忍び 第4話「サルとツンデレ娘」
 信長の忍び 第5話「今川軍がやってきた」
 信長の忍び 第6話「千鳥、鳥の如く」
 信長の忍び 第7話「桶狭間の中心で、義元がさけぶ」
 信長の忍び 第8話「歴史に人あり」
 信長の忍び 第9話「清洲同盟と元康の忍び」
 信長の忍び 第10話「?」

※連続2クール作品