DRIFTERS ドリフターズ 第6話 感想 MEN OF DESTINY アニメ画像付き
トラトラトラ! 人呼んで“気違い多聞”提督、空母・飛龍と共にご漂着ッ!! 源氏万歳!

00128
00159
   
 ああ良いところで続いた! 思った以上にガタガタだった大帝国オルテ、僅か50年で広がったのは
 建国者が異世界人、おそらく“廃棄物”だったからなんですね
 こりゃ確実に生きてるぞ!

 そしてトラトラトラ! 懸案だった“航空機”、なんと空母ごと漂着した人がいた!!

通称「人殺し多聞」
 凹まされたEAYSが可愛い、信長さま裏切られすぎ、幕間なのに面白すぎ!
 次回、ようやくこっちと互角の敵!!

 血が逸るし、ウンコ大好きとか言われてるし待ちきれんぞ!! 源氏万歳!

信長『書類だの地図だの、全部見逃すなよ…、ちょっとした走り書きとかも、全部だ』

00005
 城塞を制圧した信長公は、さっそく“家捜し”中

MEN OF DESTINY
 エルフを率い「オルテ帝国」の代官を倒した豊久、信長は、彼の手を汚させまいと画策し
 無事成功するも、彼に説教を食らう事になった
 一方、帝国内部には離反者が

 50年前の建国時、国父に協力し、以来絶大な権力を持つサン・ジェルミン伯「ご当人」

 理に聡い彼は「反乱陣営」に打診
 一方、豊久達は、亜人の本格的な反乱を起こし帝国の屋台骨に亀裂を入れる

 だがエルフの組織化も半ばに、「廃棄物・黒王」の幹部、ジャンヌ・ダルク隊に強襲を受けてしまう

 次回、第七幕「カオスダイバー」

信長『オイ? ところで“コイツ”は誰だ?』

00008
 さて「家捜し」していた信長公は、デカデカと飾られた肖像画に目を付ける。
 彼こそ、50年前に“オルテ”を建国・拡大させた
 伝説的人物だと

 通称「国父」。
 
オルミー乳『それは、この国、オルテの国父“オルテ帝国”を作った男ですよ。
 60年前に突然現れたそうです。漂流者だったとも、廃棄物だったとも。詳しい事はよく分かっていません。ある日、酒場に現れて、人々を扇動し、天才的な演説と人心掌握術で反乱を起こし、首都まで行進…、当時の記録によれば、“手馴れたもの”だったようですよ…、その後、オルテ建国後、突然自殺したそうです』

00006
00009
00012
00013
00016
00018
00020
00022
00025
 諦めたら、そこで合戦終了だよ?ってどこのスラダンだよ!!

ヒトラーじゃねェか?!
 その能力、絵画、本作の原作者からして、明らかにヒトラーじゃねェか! ヒットラーじゃねェか!
 建国後に自殺、あ、やっぱこっちに来ても死ぬのね
 で

 豊さんが、敵兵を「撫で斬り」だか「根切り」だかするって…?

 慌てる信長!
 彼は、「エルフ女の末路」は想定内だったらしい

 エルフを見れば、女も美女だろう、美女を捕まえたらどうなるか…、想定外だったのは豊久

 豊久は、かほどに真っ直ぐな男なのか、と

エルフ『あの、根切りって何ですか?』
信長『皆殺しだ』

00027
 ちなみに「根っこを切る」という事で、根絶するという事らしいよ!
 なで斬りとは、“撫でるように”斬ることから転じて
 片っ端から斬り捨てる事

 伊達政宗も、女子供どころか牛や馬、「命ある者すべて」撫で斬りし、皆殺しにしたという伝説が

信長『根切りなぞ、撫でなぞは、“お前は”やっちゃあダメだ…。ハナッから、そういうのは「俺の役目」なんだよ…。ねじくれや歪みは、この大六天魔に任せておけ…、なぁに…、手馴れたもんさ…』

00028
00031
00032
00033
00035
00039
00041
00045
00047
00049
00054
00059
 殺せ…、皆殺しじゃ。

帳尻あわせ
 同じく「仏教狂い」への虐殺伝説で知られる信長、豊久を、後ろから一瞬で昏倒させるや
 自ら、“殺せ”と高々に宣言!

 散々女共を嬲っておいて、武器を捨て降伏したら助かるはず、と思うのは大間違いじゃ…!

 助かったと思った?
 バカめ! こっちは“もっと”残酷残虐暗黒じゃ!!

 理詰めも情も、無実との訴えもイケメンも、まとめて信長は「手」を下す!!

 有言実行、揺るぎもしねえよ!

『道理ではないか…。死ね…、死んで火薬になれ! …放てェ!!』

00064
 相手は無抵抗、怯えきった、「命ある」「知性あるもの」、だろうがだからこそ怒り心頭!
 責任者信長、“皆殺しの責任”を彼が背負った事で
 よっぴいでひょうと打つ

 お前ら、まとめて糞に放り込むぞ宣言!

信長『良ぃい光景だろう? ガキが命ずるには、まだ早いわい…、儂にやらせい。気兼ねは要らんぞ? 儂の手は、とうに真っ黒じゃからのう♪』

00066
00067
00069
00070
00076
00077
00081
00082
00083
00084
00086
00092
 そがいなこつ、オイが知るか! そがいなこつ、オイには関係なか!!

親と子と
 が、その「親心」を知った上でか、豊久に殴りつけられ一喝された信長公も切ない
 殴られ叱られるなぞ、“爺”や父親以来
 が

 いつの間にか俺は…、親父殿より、歳ィとっちまったわい…。

 切ねェなぁ…
 一方、しれっと帰ってくる与一の姿も

 これは喧嘩じゃない、強いていうなら、さて何でしょうね

 信様、ホント親父カタギだこと…

『一人…、残ってる…!』

00096
 しかし武器が弓矢だったせいか、さっきから「自分は(女と)寝ていない」と象徴する
 いかにも、気弱そうな文官が一人生き残っていた
 与一、さっそ殺ろうとする

 が

『ああまで言ってるんだ、殺したら、俺達も連中と同じになる』

00101
 元々温和な種であるエルフは、「自分達を根絶しようとした」人間の一人である
 彼の助命を提案、受け容れられる事となった

 さてこの選択、吉と出るか凶と出るか

 或いは“廃棄物”が出るか?

豊久『骸の、首級ば狩って弔うぞ! 憎かろうが、“死ねば仏”。身体はタマグスリ(弾薬)じゃ!』

00103
00104
00105
00108
00109
00112
00115
00118
 国が欲しいか? ならばくれてやる、戦列に加われ。

枯れ木に炎を灯しましょう
 憎かろうが「死ねば仏」、降伏を許そうとした時といい、日本人の死生観が溢れていますね。
 そして、“信長の手紙”に溢れる信長感!
 が
 
 再び来る新しい代官に、その娘らをもう一度“慰み者”にさせるのか?

 領主の打倒
 それは、「娘達の帰還」で他のエルフ村にも伝達

 彼女らの痛ましい姿は、“二度と渡さない”という怒りを掻き立て、星火燎原と広がる!

 これは、立ち上がらない奴はいない!

『そして別紙には、“オルテがいかに限界か”を示す、代官所で集めた書類内容を添付するやり口…』

00119
 信長が察してきたとおり、「強圧」「見せしめ」は、オルテ帝国の焦りを意味していました
 その内情、既に“支配者側もギリギリだ”という証拠の数々を
 彼は、冒頭で探らせたんですね

 なんてイヤらしい男でしょう…

 オルさん言い切った!

『そしてエルフ達は、続々と蜂起を始めました。“エルフ占領地”は、もはやオルテの支配地から、離れつつありました……』

00120
00126
00128
00130
00132
00134
00136
00137
00140
00144
00147
 なにこのパジャマ姿、可愛すぎる!

怒りの代理戦争
 その「ニュース」は、リアルタイムで“新聞”にも反映、黒王軍絶好調を楽しみにしていたEASYさん
 残念! そして残念美人!!
 ハハッ!

 何なのよもー! 紫のやつー!! なにが、何がドリフターズよーーー!!

 EASY怒りの枕投げ!
 この残念美人、やだもう可愛すぎ!!

 しかし「オルテ国父」、ヒトラーなら“廃棄物”でしょうし、EASY陣営だったんでしょうか?

 てか、そう簡単に死んだと思えませんが…?

ところ変わって、オルテ帝国帝都「ヴェルリナ」

00150
 そこには、「事態」を現実的に把握している男がいたのでした…。
 男? いやオカマ?

 オカマ道?

オカマ『東方も西方も負け戦…、遥か北には謎の軍団…、おまけにエルフの反乱ときた日にゃぁ…、はてさて…、この国も、終わりなのだわさにゃあ…』

00148
00151
00154
00156
00159
00162
00166
 オルテは40年も継戦、既に兵士が払底し、にっちもさっちもどうにもブルドックらしい。

偉大なるオカマ
 実は「侵略戦争」の動機とは、国父が言い残した、“万年帝国”という国是に従っているからだった
 ヒトら…、いや“混乱”しか生んでないじゃないか!
 廃棄物だ国父!

 サンジェルミ伯…、帝国の四分の一を所有する、巨大貴族だ…!

 こっちは漂流者か!
 彼は、「建国時」に真っ先に恭順。

 その功で、未だに“好き放題やっても許される地位”なのだと…、50年もな!!

 やっぱ漂流者じゃねェか!

『あのオカマ…、いったい幾つなんですか…!?』

00168
 戦慄する兵士、オイオイ、オカマに性別を聞いちゃダメって教わらなかったんですか?
 少なくとも、“当時スデに大貴族だった”らしい

 やっぱドリフじゃねェか!

サン・ジェルミ伯『お土産に良い話があるのよ…、驚くだわさにゃ? “西方戦線”に物資を送る、輸送船団ってあったじゃなァ~~~い? …ちょっと、何か書く物ないかしら?』

00175
00178
00180
00182
00186
00194
00200
00202
00209
00212
00217
00219
00220
00223
 アタシねェ~、口酸っぱくして言ったわよねェ…、「無理くさくね?」って。

トゥラゥラトゥラだ!
 手土産とは、「通商ギルド連合」による輸送船団潰滅、物資が貴重だと愚痴った矢先に!
 この“航空部隊”、提督により組織されたらしい
 提督よ!

 ふぅ~、“今度は”勝ったかな…?

 山口多聞
 大戦期、“空母・飛龍”と逝った大提督だよコレ!!

 彼の海軍仕込みの戦略は、ギルドの航空部隊を活用…、しかし飛龍は傷だらけですな

 部下とか航空機とか、どうなの…?

『オッホホホ…、愚かな事。それに反乱、エルフが叛旗を翻したそうじゃなァい? …あらやだエルフよ? 可愛いじゃなァい♪』

00224
 エルフのイケメンたち逃げてーーーーーーー!

オルテ“貴族院”『“そんなもの”はどうとでもなる! それよりも西方が重要だ!』

00227
00228
00231
00233
00241
00244
00255
00259
00260
00264
 あァやっぱり…、ダメだコイツ。

即断即決オカマ道
 侵略帝国オルテ、ゆえに反乱は確実に全土に飛び火し、“前線”との補給線をズタズタにする
 オカマは、いち早く“帝国滅亡”を確信
 で

 すぐにエルフの反乱軍と連絡を取るのよ!

 転身早ァい!
 一瞬で、「夜逃げ」断行を決意!!

 多分50年前も、こうやって即断即決で、「国父」に着いたんでしょう

 逃げろ豊久、オカマが来るぞ!

『止まれ! …おっ、フィゾナ村の連中か!』

00271
 一方、エルフの反乱は急拡大、日曜レジャーの感覚で「廃城」へと集結しつつあった。
 が、やはり「耳短の人間」だと疑っている
 ドリフとて人間

 信じられるのか…?

 いかりや長介だって人間でしたものね…。

シャラ『信じられる! 少なくとも、オレはね?』

00274
00275
00276
00278
00279
00286
00289
00292
00294
 前回、ちょっと疑いましたが、「シャラは味方」か。

大六天魔王はご機嫌ナナメ
 ですが、豊久も「自分達は外様だ」と理解し、敢えて「王になる」事を拒否して信長を困らせる
 このオッサン、ホント困った人だな!
 で

 じゃっどん…、人ン心ン中で起こっとることば見抜けん! 繰り返すか? 本能寺を

 王になれというノブ
 しかし、豊久に「オメーは人の心が分からん」と

 そんなんだから裏切られる、俺は、お前と“本能寺の変”になるのはゴメンだ、と

 なかなか、含蓄ある拒否であった

『えーと、弟の信雄に2回! 勝家アンド林、浅井、松永に2回! 荒木、別所、光秀…あと』

00295
 しかしどんだけ裏切られてるんだよ、このオッサン!!
 多すぎる!

信長『だが…、俺は一度決めた事を必ずやる…、お前を王にする…!』

00297
00298
00299
00300
00303
00305
00306
00311
00314
00318
 どんだけ、ウンコ好きなんだよ…!

デミ・ヒューマン
 さて「火薬作り」は順調だったが、肝心の“銃”は、エルフの鍛冶屋では量産不可能だと判明
 同じく亜人、生粋の“鍛冶の一族”が必要だ
 と

 どわぁふ…、で、あるか。

 鉄と鋼のドワーフ一族
 で、堺や国友衆って、やっぱりスゴかったんだなぁ、と

 ここで「やっぱり」と付ける辺り、評価、という事に優れた人なんだなぁとも分かります。

 国友衆は、僅か1年で500挺も作ったとか

与一『あー、僕が君たち、エルフノ弓の教官で、あーる!』

00324
 一方与一、語尾に「源氏万歳を付けろ!」とこの源氏ノリノリである
 どこの鬼軍曹ですか!?

那須与一『百発万中を目指して、猛特訓を始める…、覚悟しなさい!』
エルフ達『無理です、源氏万歳!』

00326
00330
00333
00336
00338
00339
00342
00345
00346
00348
00349
00353
00357
00359
 あの人、マジになると、奇麗でおっかないよね…。

僕は一番ブサイクだ!
 長らく、実戦から離れていたエルフ族は、平安の美形アーチャーによって猛特訓を源氏万歳!
 与一の兄様、完全にモーゼ。

 兄さま達の美しさといったら、歩く度に地面に花が咲き、海が割れて、金が降る…!

 絶対ウソだ源氏万歳!
 だがエルフ、「剣技」はからっきしの三級品だと

 前衛1の全弓兵、かなりバランスの偏った軍勢に、信長様も唸っている模様

 てか豊久、「全力で斬れ!」「外したら死ぬ!」とは豪快な!!

豊久『…何ぞ来よる…、オルテの兵ではなか、何かが来よる…、関が原の同じ臭いじゃ…、戦の臭いじゃ…!』

00362
00365
00369
00370
00377
00380
00382
00383
00386
 臭うぞ…、漂流者どもの臭いだッ!!

いちじくの成る前に
 かくて、順調にクソと「兵士」を熟させてゆくエルフ&ドリフ連合ですが、異常な敵の気配が
 その正体は“黒王”軍!

 殺せ! 漂流者を殺せ!! いちじくが実る前に…、立ち枯れにせよ!

 良かった「一部隊」だった!
 敵はジャンヌ・ダルク、そして忠実なるジル・ドレエ!!

 しかし前衛が足りねーなー、って話をしてたら、早くも格闘戦メインの連中がきやがったよ!

 豊久基準で「関が原クラス」、なにそれこわい!

オープニング回収? “眼鏡の人”が加わった!

00000
 獣人なんかも加わるのね。

童貞
 前回予告された「童貞」は、派遣されてきたばかりだった、という眼鏡のお役人さまらしい
 今、亜人ばかり加わっている豊久軍
 ある意味、黒王と同じ

 今後「人間」が軍に加わるにあたり、、中間管理職的に苦労しそうな人ですね

 なんとなく。

「信長の鉄砲隊」設立間近……?

00001
 ドワーフの参加が急がれる

クソ火薬順調に「転生」中
 また、同じくオープニングで強烈な迫力を見せる信長様、鉄砲隊が順調に進んでますね
 見た感じ、“耳長”ではありません
 人間も参入か?

 このオープニング、原画なのが想像を煽って楽しい!

 戦国時代、僅か数丁が「種子島」へ
 鉄砲の伝来です

 それが戦国時代が終わる頃には、実に50万丁以上、世界一の銃保有国へ。

 為しえた“鍛冶師の技術”、材料を調達する国力、凄まじいですね。

大日本帝国海軍“少将”、山口多聞 提督、ご参戦!

00003
 最期の乗艦となった空母・飛龍らしい。

人殺し多聞
 と、これまた強烈な渾名を持つ、二次大戦での提督。「気違い多聞」とも言われます。
 何がって、それだけ“部下に厳しい人”だったのです
 いや汚い意味じゃなくて

 その由来が、本作でどう炸裂するか今から楽しみですね!

 これまた逸話が凄い人

「国父」に真っ先に恭順、大帝国内をフリーダムに生きてきたフリーダム伯爵

00002
00228
 お前らだったのかよ!

サン・ジェルミ伯爵
 キャラデザに漂うDIO感…、そして、中のヒトは「ジョセフ」の若い頃というカオスの超融合体。
 名前、そして50年も平然と生きている事からして
 明らかにサン・ジェルマン伯爵

 とにかく歳を取らなかった、不死だったなどなど伝説的な怪人物

 その生涯、パターンからすると“漂流者”なのでしょうね

その生涯、“廃棄物”以外の何者でもないと思われる国父、明らかにヒットラー!

00016
 また海外的に不味い人物を!

ハイル・ヒットラー
 60年前に現れ、僅か10年でオルテを建国し自殺した…、その全てがどう見てもヒトラー。
 故に、単にくたばったなんてとても思えません
 原作者的にも!

 第3話で、黒王軍が異常に「現代戦」に詳しかったのは、彼が関わっているから…?

 というのは考えすぎか
 いずれにせよ、黒王陣営は「現代戦」の人が居ないんですよね

 ヒトラーは、「キリストが始めたが完成できなかった仕事を、実現させる」とも言っていますし。

 妙にキリスト教系キャラが多いですしね、黒王軍。

この番組は「源義経」の提供でお送りします

00000
 何が黒王軍だバカバカしい!

cv石田影
 その担当声優の時点で、裏切り属性を与えられた大英雄、辿った最期からすると「廃棄物」。
 祭り上げられ、裏切られ敗走を味わった末
 どうにもならぬ敗死

 でも劇中の描写からすると、ホント「どっちともつかないんですよねー。

 信長も裏切られて死んでますが
 そんなの、「日常茶飯事だ」と全く堪えていません。

 義経の性格描写はそっち寄りっぽいし、ホントどっちなのか(生き延びチンギス・ハンになった系?)
 
この番組は、「ゴブリン」「コボルト」の提供でお送りしました

 俺達は戦闘部隊ウルク・ハイだ!

妖精たち
 元ネタはヨーロッパの「妖精」、向こうで妖精っていうと、日本でいう「妖怪」に近い感じですよね
 どっちも、RPGなら雑魚モンスター。
 コボルトはドイツ語

 英語ではしばしば混同されるそうで、どっちも「精霊」であるそうな

 コボルトは、「家に住む小人」であったり
 また「地下に住む者」だったり。

 コバルトが、“冶金しにくいよう、彼らに魔法をかけられた鉱物”と信じられていた話なんか有名

次回『妖かしの術』『女男女』『石棺のオルミーヌ』『真正変態ジル・ドレエ』

00001
00003
00004
00005
00394
 オイ完全にオカマ回だぞ次回!!

石棺のオルミーヌ
 おや次回、「魔術師」殿の実力が見れそうですが、敵が強すぎてカマセミーヌの予感が…?
 しかし、オカマにヒトラーにキチガイ多聞とは
 テンション上がる回だった!

 特にサン・ジェルミ伯、50年前も、ああやって裏切ったんでしょうね

 つまり利得さえ与えれば
 決して裏切らない、ある意味すごく頼りになるんだよ、きっとそうだってオカマが言ってた!!
 
 次回、第七幕「カオスダイバー」

DRIFTERS ドリフターズ 感想 2016年10月~12月 漫画原作アニメ

 DRIFTERS ドリフターズ 第1話「FIGHT SONG」
 DRIFTERS ドリフターズ 第2話「踵鳴る」
 DRIFTERS ドリフターズ 第3話「俺軍 暁の出撃」
 DRIFTERS ドリフターズ 第4話「アクティブハート」
 DRIFTERS ドリフターズ 第5話「愛をとりもどせ」
 DRIFTERS ドリフターズ 第6話「MEN OF DESTINY」
 DRIFTERS ドリフターズ 第7話「カオスダイバー」
 DRIFTERS ドリフターズ 第8話「不思議 CALL ME」
 DRIFTERS ドリフターズ 第9話「本気ボンバー」
 DRIFTERS ドリフターズ 第10話「Baba Yetu」
 DRIFTERS ドリフターズ 第11話「ピストル大名の冒険 ~火縄丸数え歌~」
 DRIFTERS ドリフターズ 第12話「みつめて☆新撰組 ~熱血九州男児の唄~【最終回】」
 DRIFTERS ドリフターズ 第13話「リライト」
 DRIFTERS ドリフターズ 第14話「BRING ON A WAR」
 DRIFTERS ドリフターズ 第15話「The Outlandish Knight」