灼熱の卓球娘 第4話 感想 タイクツな卓球 アニメ画像つき
コスプレ強制“カットマン”の帰還! 挑発挑発また挑発、新生・あがりさんは勝てるのか!

00259
00453
 またもあがりが決戦へ! 勝つか負けるか、その立ち位置的に分からないのがワクワクしますね!
 ムネムネ先輩も、ダンナの帰還でムネムネしてた!
 具体的にはおっぱいだった!

 徹底的に挑発する後手キルカ部長、その名の通り、相手に攻めさせるスタイル!

すっかり保護者のあがりさん!
 今回の「得意技」は、球を沈み込ませ、ミスを誘発させるというバックスピン
 部長=猫耳は今期の流行!

 作画流用で余裕を作らせ、卓球以外でも良く動かす演出でしたね、おっぱいとか!

『しっかり見ててね…、これが…、あたしだよっ!』

00000
 おお、先週でのキメ台詞が…!

タイクツな卓球
 敗北は、あがりを良い意味で変えてくれたが、同時に「こよりの弱点」にもムネムネは気付く
 が、その意味を語る前に“後手キルカ”部長が帰還し
 部員を18人抜きしてしまった

 自分が五点取る前に、一点取れれば「大会レギュラー」、その挑発に部内は騒然!

 バックスピン守戦の「カットマン」!
 まったく不甲斐ない、という部長の挑発に、ブルマの上矢あがりが燃え上がる…!

 次回、第5話

こより『…これが、あたしだよ!』

00001
00003
00005
00006
00010
00011
00013
00014
00015
00017
00019
00021
00024
00025
00026
00028
00029
00030
00031
 いや…、跳び箱五段くらい飛びなさいよ……。

好きだを形にする毎日
 今回のサブタイは、「矢印」がちょっと下がり気味なスタート、ブルマ祭りからのポンコツこより!
 いやいや、運動神経偏りすぎィ!
 で

 楽しい…、何より、あがりちゃんとの卓球は、いつもドキドキする~!

 あがりと完全に意気投合
 余計な重圧が消え、互いに一進一退、五分五分の戦歴に

 アレですね、こよりちゃんは、“絶対に勝たなきゃいけない場面”以外は負けまくるタイプか!

 あがりは、キリッと勝利宣言するも

『…もー! なんで負けたのに笑ってンのよ、こよりィーーーーーー!』

00033
 こよりの懐きっぷりって、まんま「犬」っぽいよねー、ってなワンシーン。
 かわいい!

 それで何かと「犬」なのね!

一年コンビ『おーっと! あがり先輩がこより先輩のほっぺを引っ張ったー!』
『こより先輩の、ほっぺが大変だー!』

00036
 お前らも実況しとる場合かー!

こより『だってぇ、あがりちゃんと試合してると楽しいから~』
あがり『あたしだって…、でも少しは悔しがりなさいよ…、張り合いがない』

00040
00041
00042
00046
00051
00053
00055
00056
00059
00063
00065
00066
00071
00072
 今週、ムネムネ先輩がやけにムネムネしてたのは、果たして誰の趣味なのか

部長復帰
 ただ最近は「あがりの三連勝」、あがり勝利には秘訣があり、こより敗北には理由がある
 その両方を、ムネムネ先輩は知っていて…
 で

 部長かー…、そういえば、会った事ないよねー。

 どんだけ休んでたの!?
 一年メンバーは、初顔合わせだとか

 あがり勝利とこより敗北、今回は前回と真逆に、「好き」が足を引っ張ってるんでしょうか?

 ムネムネ先輩、マネージャーキャラも兼任してますね。

あがり『…しっかりしなさいっ!』

00073
00076
00089
00090
00093
00094
00095
00097
00099
00105
00108
00110
00112
00119
 決して「頭が良い」部類じゃないというあがりさん、でもそれなりに成績は良さそう。

まげ!?(驚)
 部長、それは卓球部最後のフロンティア、“あがりと互角”という未知なる強豪復帰を聞き
 まげまげのテンションがまげまげ!
 が

 卓球以外はどんくさいけど…、卓球の時とは別の意味で、ドキドキしっぱなしよね…

 こより超ポンコツ理論
 知力体力時の運、“卓球”以外では休止状態か!!

 でもあがりが世話を焼いているとのことで、指摘するハナビも、バカっぽいけどよく見てる!

 この野生児、しっかり空気を読んでらっしゃる!

『し、仕方ないから! 席が隣だから面倒見てるだけで…、照れてなーい!』

00126
 険が取れて、第一話の頃に見えていた、世話好きな面が戻ってきたあがりさん
 基本、こういうところもリーダー気質なんですよね
 こよりには無い部分

 ってか、なんだこの構図おもしろいぞ!

こより『卓球マシーンを…、二台同時に相手してる…!』

00128
00132
00136
00140
00142
00143
00144
00147
00152
00154
00157
00160
00162
00166
00167
00170
00172
00174
00176
00178
00181
 うーん…、やっぱマシン相手じゃあ、退屈だよねえ……。

タイクツ
 基本、これが口癖っぽい部長「後手キルカ」が本格参戦! 二台同時迎撃って普通なの!?
 守備力高そう!

 よろしくー♪

 退屈が嫌い
 なので、“面白い事”が大好きなタイプか!

 あがりという新しいオモチャに、さっそく、ノリノリな部長良いキャラしてるな!

 熾烈な「よろしく」合戦始まった!

『もー! 私の周りで、遊ばないでくださーーーーーい!』

00192
 このシーンが今週で、一番可愛かった!
 翻弄されてこそ輝く!

 輝いてた!

そして、唐突なコスプレアイキャッチである

00193
00194
00196
00197
00200
00201
00205
00208
00210
00212
 大丈夫だよ~、何なら舐める? あ…、これ完治してないパターンだ!

躊躇わない活用法
 CM明けでは、ハアハア汗だく部長が、部員に挨拶しているとかいうカオスからスタート。
 残念、黒い服だから透けない!

 ムネムネ…、私のいない間、部を仕切ってくれてありがとう…!

 やだイケメン…!
 からの、おっぱい枕活用法!!

 なるほどこの人は、ムネムネ先輩のダンナさんなんだな納得した!

 貧乳と巨乳ッ! この世にこれほど相性のいいものがあるだろうかッ!?

後手キルカ『これは癒されますなぁ~』

00216
 なおこよりさん、「そんな活用法が…」と興味津々だった模様。

後手キルカ『全・快! …今日は私と勝負しよっか? “私vsみんな”で!』

00220
00227
00229
00230
00231
00232
00237
00238
00246
00247
00253
00254
00255
00259
00261
00268
00269
00271
00277
00281
00282
 てっきり、一人で二人相手にするのかと思いましたが、さすがにそこまでは!

中学生バニー
 部長の狙いは「レギュラー選抜」、なんと、自分から一点でも取ればレギュラーだという
 ちょっとコレ、被弾ゼロで勝つヒトだコレ!!

 挑戦者は、私が五点取るまでに一点取れたら勝ちッ!

 取れなければ猫耳!
 負けると、もれなくコスプレさせる部長!!

 間違いなくセクハラですが、その衣装代を自費で出してると思うと、なかなかの趣味人!

 部費だったらこれはひどい!

キルカ『それじゃー、はじめよっかー、順番決めるよー♪』
ムネムネ『作ってきたんだ…』

00285
 抽選ボックス作ってきたり、遊びに手を抜かないタイプなのね

あがり『部長は、私と逆の技を使うプレイヤーなのよ…、そう部長はボールにバックスピンを加える打法、“カット”を得意とするプレイヤー!』

00286
00288
00291
00295
00307
00309
00310
00316
00323
00329
00331
00333
00334
00337
00339
00343
00346
00350
00352
00353
00355
00359
00362
00368
 イヤイヤといいつつ、この部員たちノリノリである。

アクティブ防戦
 強烈な「バックスピン」は、球を“浮かせる”あがりと逆に、受け止めたラケットを重く沈ませ
 返球を困難に、相手のミスを誘発する
 で

 部長の前では、どんな攻撃も斬り落とされて…、無力化されてしまうのよ!

 それで「後手キルカ」
 なんか凄いが、当人はご覧の変人だよ!!

 見る見る増える猫耳美少女に、部長はいたくご満悦…、この部、私物化されてません!?

 この卓球部には問題がある!

後手キルカ『さて…、お次は誰がにゃんこになってくれるのか…、ニャ♪』

00370
 完全にイメクラ。

ほくと『ほくっ』

00372
00377
00380
00382
00383
00389
00395
00398
00399
 何が怖いって、こんだけの数の猫耳を用意してきた事だよ!

瞬殺系卓球部
 続いて散々盛り上げた貧乳対決ですが、やっぱりあっさり、ほくとの完敗に。
 うん、知ってた!

 うれしくない…、にゃん。

 この貧乳ノリノリである
 同じ防戦型同士、部内四位も瞬殺に。

 恵まれた体格で、パワーに優れたムネムネ、技術面に優れたほくと、二人でダメとなると…?

 やっぱり、あがり&こよりペアとの決戦なんですな。

キルカ『うーん…、飽きた』

00403
 ですよねー!

ムネムネ『キルカが言い出したんでしょ罰ゲームって! なによ、飽きたってェ!?』
キルカ『ひたすらに、こんなにニャンコは要らないや…』

00405
00408
00410
00413
00414
00419
00427
00431
00432
00434
00435
00437
 クジを作ったのも引くのも部長自身、細工してんじゃって疑うね!

退屈な卓球
 誰一人として一点も取れぬ不甲斐なさ、からかい口調で、プレッシャーをかけるキルカ部長
 てか、これを言いたかったんでしょアンタ!
 で

 今年は必ず…、全国大会に行く!

 スイッチが入った!
 というか、部長に押された!!

 こんなんじゃ「全国になんて行けない」と挑発し、ますます、あがりを昂ぶらせる!!

 何より、“三年”が一番行きたいだろうし!

あがり『全国の代表が集まって、真の一番を決めるのよ…、最高に燃えるじゃない…!』

00440
 前回まで、部内の地位」に汲々としてたとは思えぬ殺る気だ!

後手キルカ『そっかそっかァ…、そんじゃ、“この試合”』

00443
00448
00450
00451
00453
 背景の、猫耳がツッコミどころでしかないのがな!

灼熱スイッチ
 その名、戦術通り「相手を攻めさせる」事が得意そうなキルカに、着火させられたあがりさん!
 ボロのシューズは、訓練の証!

 退屈せずに済みそう…、かな?

 王道はあがり敗北
 しかし、展開上は「こより敗北」を示唆してますが…?

 あがりの努力、以前より純粋になった彼女は、今度こそ勝利するのか?

 そして、バックスピン攻略法とは…?

次回予告『夢は全国優勝、一番になることです!』『今日の部長は、フツーじゃない…』『なんでムネムネ先輩が偉そうなんですか!』『弱点なんて無いんだから!』『考えた事もなかった…』『『『にゃにゃ~~~~』』』

00465
 次回、ちょっとイケナイお店っぽいぞ!

挑発系卓球部@猫耳
 ハンデといって、「五打球で勝利」と自身の勝利条件も緩和、部長も相当無理してるんでしょうか?
 予告で、“今日はフツーじゃない”と言ってますが
 良い意味か、悪い意味か

 病み上がりでいつもより弱いのか、それとも逆なのか?

 部長が、深謀遠慮キャラっぽくて気になります
 メイドかわいい!

 アイキャッチで唐突にセクシーバニーとか、あがりちゃん、すっかり保護者が板についちゃって!

 次回、灼熱の卓球娘 第5話!

灼熱の卓球娘 感想 2016年10月

 灼熱の卓球娘 第1話「・・・ドキドキするっ!」
 灼熱の卓球娘 第2話「譲れない場所」
 灼熱の卓球娘 第3話「好きっ!!」
 灼熱の卓球娘 第4話「タイクツな卓球」
 灼熱の卓球娘 第5話「?」