DRIFTERS ドリフターズ 第3話 感想 俺軍 暁の出撃 アニメ画像付き 10月23日 一部画像差し替え&追加
状況やべえ! 世界滅びそうでやべえ! 笑い過ぎて腹筋もヤベえェーーーー!?

00120
00484
 死の寸前、死んでたまるか!とばかりに溌剌な豊久らに対し、まるで「死後」のような廃棄物達
 寡黙な歳三、火刑で人格がブッ壊れた聖女ジャンヌとか
 なんてこったの大暴れ!
 
 更に紫電改の菅野! 本土防空戦の英雄に、焼ける街を見せるとかそりゃアカンわ!

カッコいいぞバカヤロー!
 当初は、ハンニバル達が勝利させるのかと思っただけに、大敗走でビックリ!
 凄い映像だった!

 オチ要員、妖怪”首おいてけ”とか笑うしかなかったわ!!

“カルネアデス”守備隊『化け者共がいくらやってこようと、この壁を越えられた試しはありません』

00005
 城塞より北は、数百年前の戦争で敗退した一族の地。守備隊は余裕だと嘲るが…。

俺軍 暁の出撃
 EASYが送り込んだ「英雄達」廃棄物、その王、黒王が組織した軍勢は徹底して近代化されており
 数百年に渡り、北方人の侵攻を防いできたという城塞国家
 カルネアデスを瞬く間に崩壊させる

 出遅れた安倍清明は、「漂流者」脱出に精一杯だったが、最中に「菅野直」も漂流者へ加わる

 漂流者抹殺を命じる黒王。
 一方、豊久らは、十月機関への合流要請を蹴り飛ばしている真っ最中であった。

 次回、第四幕「アクティブハート」

安倍清明『(駄目だな…、こいつらは……。二日と保つものか)』

00006
00004
00005
00008
00007
00008
00009
 北方の民族と、前回の女が送り込んだ「廃棄物」らが手を組んだ…?

評価の相違
 十月機関、漂流者「安倍清明」らによる魔術師組織は、前回、豊久達に倒された者たち等に対し
 この異世界で地位を確立していた
 が 

 我々、“漂流者<ドリフ>”の力では…、勝てない!

 対するは「廃棄物」。
 清明、豊久らを送り込んだ者たちの代理戦争

 その軍勢である「黒王」に対し、異世界人も「自分達も」勝てないと、焦っていたのだった。

 異世界人は、楽観的な見方なのね。

『指揮権を寄越せだと?』

00011
 そこで清明は、前回冒頭で大喧嘩してた爺さん二人、「ハンニバル」「スキピオ」に対し
 城塞の指揮をして欲しい、と頼み込む
 が、現地人が反発!

 やっぱ、前回の騎士といい、「ドリフ」をバカにしてかかってるのね!

 チョーさん、何か言ってやれ!

スキピオ・アフリカヌス『言葉の意味は解らんが…、なんとなく、罵倒されているのはわかるな…』

00014
00022
00026
00027
00029
00032
00033
00012
 へっ…、歳は取りたくねェなあ……。

このカルタゴの雷光…
 紛糾する中、相当に高齢のハンニバル将軍が尿漏れを起こし、完全にナメられてしまう事に。
 当初、策かと思いましたが…

 コイツはなぁ…、お前らなんぞ何百万人いても勝てないんだよ…!

 ガチ尿漏れだったか…
 が、嘲笑された「宿敵」にスキピオが怒った!!

 コイツをバカにしていいのは、俺だけだと言わんばかりの熱いリスペクト!

 敬意ッ!!

スキピオ『コイツの名は、ハンニバル・バルカ! 俺の故郷、ローマは百万の敵を恐れないが、コイツただ一人を…、恐れたッ! クソッ!!』

00041
00043
 スキピオの方がずっと若いが、功績を恐れられ失脚、奇しくもハンニバルと同時期に亡くなった。

ローマ史上最強の敵
 ハンニバルは、現代の戦術教本でも使われるという、「紀元前」240年前の大将軍!!
 ローマ帝国でさえ恐れた伝説の怪物…!
 残虐であった(決まり文句)。

 彼を破ったスキピオ自身、彼の戦術を参考にしており、内心で誰より尊敬しているのも納得…!

清明『お二人、そこまで!』

00046
00048
00051
00053
00013
00059
00062
00063
 cv小野Dと、高木歩さん!? 豪華すぎるぞバカヤロー!

享楽主義者
 清明の仲裁で、ドリフターズだけ先に脱出する手はずとなったが、一手及ばず「黒王軍」が襲来!
 混乱する街中に、別の“ドリフ”が

 ワイルドバンチ強盗団には今日しかねェ…、タバコくらい好きに吸いてェもんだ…!

 ど、どちら様!?
 なるほど、アメリカ西部開拓時代の悪党か!

 しかし日本で著名な「ビリー・ザ・キッド」ではなく、ブッチ・キャシディと、ザ・サンダンス・キッド

 なんて渋いチョイスだ…。

鳥『ご親征! ご親征! 黒王陛下ご親征ー! 耳ある者は聞け! 目のある者は見よ! 口ある者は吼えよ! 全てを伝えよッ!! 世界壊滅の旅の始まりであるッ!
全ての権力を黒王へ!』

00068
00069
00075
00077
00079
00080
00085
00092
00094
00014
00016
00101
00109
00111
 死者を踏み越え、死ぬ時も前のめり、まるで島津の兵士達だ!

世界潰滅の親征
 古びた、灰色のローブで姿を隠した年齢を感じさせない声、“廃棄物の王”が直接現れた!!
 前回の女、EASY麾下の王!

 その勇猛な軍勢は、犠牲など省みず、あっと言う間に城塞へと迫る!

 オークなど亜人種を使役し
 主力は、全身甲冑を纏いながらも軽快な兵達が務めている

 敵をナメきった城塞兵ごときでは、スペックに優れ、死をも恐れない兵を止められるワケがない!

 毎度ながら、合戦描写がすげえよホント!!

黒王『土方…、ジャンヌ・ダルク…、アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ…、行くがいい!』

00118
00119
00120
00121
00122
00123
00125
00126
 アナスタシア…、ええと誰コレ!?

廃棄物たち
 そして、明かされた「廃棄物」陣営の英雄達! 新撰組だったのは“土方歳三”であった!!
 函館五稜郭戦、洋装姿で参戦!

 そして凶暴そうな姉ちゃんが、なんとジャンヌ・ダルク!?

 聖女の代表格!?
 何でまた、「廃棄物」なんぞに!?

 最後の一人は、「帝政ロシア」最後の皇帝、ニコライ2世の娘だったという“皇女”様。

 帝政を葬る為に、皇帝共々17歳の若さで殺害されたという。

『とーとー、おっぱじめたワケだ。本当に世界をなくすつもりかい?』

00132
00134
 そして黒王の最も傍に居り、「廃棄物」「漂流者」どちらともつかない、という「源義経」も登場…。
 って、アンタ那須与一の上司ですやん!?
 どうなんの!?

 何考えてるか分からないキャラが、cv石田影とかハマり役すぎ!!

黒王軍『“航空支援を開始せよ、空中機動戦力を解放!”』

00017
00018
00143
00152
00156
00023
00027
00028
00161
00171
00172
00031
00034
00182
 機動戦力とは、要は移動能力に優れた戦力。この場合ドラゴン。

竜挺兵団
 また、黒王軍の戦力展開は、明らかに「現代軍事」に基づき、極めて合理的に行われていた
 死を恐れぬ戦力と、合理的展開の併せ技!

 そんなチートに、たかが中世の技術レベルで敵うはずがなかった…!

 敵に現代兵法家が…?
 ヘリで、戦力を空から送り込む事を「ヘリボーン」といいます

 対し彼らは「ドラボーン」、ドラゴンをヘリ代わりに、要所要所へと迅速に戦力を展開…。

 勝てるわけねーべさ!?

清明『あっ…!? “どっち”だ!?』

00185
 おそらく、平安人である安倍清明にとっても、想像を遥かに越えた軍事力だったのでしょう
 が、焦る生命の上空に「門」が!

 この忙しい時に!?

“紫電改”の男『何だァクソ!? クソクソ! なァにが起きやがった! …誰が止まれって言った、動きやがれバカヤローーーーーー! 』

00190
00194
00196
00201
00202
00203
00205
00208
00209
00216
00227
00232
00244
00247
00252
00258
00262
00265
00268
00270
 殴って直す! 完全に脳ミソ筋肉じゃないですかヤダーーーーー!?

どこだここはバカヤロー!
 零戦の「真の後継機」と謳われた二次大戦末期の戦闘機、その名もステキ、“紫電改”が参戦!
 何回バカヤローって言ったんだよバカヤロー!
 が

 石造りの城門を切り裂き、新撰組の幽鬼、土方歳三が参戦!!

 って、なんか呼び出してる!?
 独り新撰組!?

 単騎にして軍である、本作特有の、スーパー日本刀と相まって斬る斬る斬る!!

 誰だよ、こんなバケモノ葬った奴は!?

防衛部隊『何、北門が破られただと!』

00036
 一方、口頭で情報を回している時点で、情報伝達の遅さが致命的な守備隊。
 が、更に“致命的”な人が!

『熱いよ…、熱いよう…、身体が燃えるよぅ…、みんな燃えてしまえよ…!』

00282
00284
00286
00288
00296
 皆…、皆、灰になれ! 空に水面に浮いて漂えッ!!

ジャンヌ・ダルク
 完全にアカン人だ!? 史実上、戦に敗れて見捨てられ、散々に辱められた聖女ジャンヌ
 最期は火刑に処されたという

 ハッハッハ! 燃えてしまえ燃えてしまえ!! この世の全てが、燃えて落ちればいい!

 こっちも壊れてる!?
 どうも、「火刑に処された後」であるらしい

 キリスト教徒に、「約束の日の復活」が出来なくなる火刑は、最大の罰であったという…!

 その遺体すら晒されたという聖女、完全に壊れてる!?

“皇女”アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ『皆、眠りなさい…』

00299
00302
00304
00308
00318
00320
00325
00327
00329
00331
00333
00339
 帝政ロシアの皇女、さすが雪の国、完全に雪女だコレ!

雪と焔と侍の怒り
 しかし、一方的に優勢に立った黒王軍は「焼き打ち」に出て、意外な男を激怒させてしまった
 さっきの“戦闘機男”、日本軍人が怒る!

 てめえ! この野郎、てめえ!

 重なる「日本本土」
 彼は、二次大戦に際して、爆撃機と戦った英雄なのです

 米軍は、「木と紙」の日本家屋を、民間も軍事工場だと決め付けて徹底的に焼き払った

 その地獄が、フラッシュバックしないはずがない…

守備隊『ダメです、凍っています!』

00037
 また、「廃棄物」の雪女皇女は、扉を凍らせる事によって守備隊の動きをも阻害していた
 兵を分断されたら、勝てるものも勝てませんわね
 容赦ねえ!

????『溶かしてやろうか?』

00350
00357
00360
00366
00370
00375
00378
00383
00388
00393
 十字架の槍は、ジャンヌの従者だったのね。…ジルドレ?

北壁失陥
 一方、「漂流者」のブッチとキャシディも十月機関に属し、安倍清明を待っていたのだと判明する
 あ、そこはアウトローじゃないのね…

 ナニその格好。

 直球!?
 深刻な世代間ギャップを見た!!

 ともあれ「北壁」と謳われ、数百年もこの地を閉ざした城塞都市・カルネアデス王国は失陥に。

 すげえよ、歴史がめっちゃ動いてるよコレ!

ハンニバル・バルカ『ゼロじゃないさ…!』

00395
 しかし、この窮地に、あまりに突然に唐突に揺れ動く事態にあって、「名将」が言い切った!
 値千金、カッコイイぞ「雷光<バルカ>」!!

 でもどうすんの!?

安倍清明『彼らが彼らと合流したら、望みはある…、廃城の侍達と……、脱出!』

00397
00402
00413
00417
00423
00427
00436
00440
00441
00445
00451
00453
00454
00464
00467
 ナニコレ、すっごーい! これくれィ! ちょっとローマ滅ぼしてくる!!

大敗走マーチ
 かくて大敗走した5人の漂流者! 西部コンビが撃つ撃つ撃つ! って弾丸どうにかなるの!?
 ご雷光も楽しそう!

 タバコあるか? …ないなら死んでろ!

 また新たな妖怪が!
 ホント、異世界人には厳しい世界観!!

 西部開拓時代と馬車! この世に、これほど相性のいいものがあるだろうかッ!?

 しかし、さすがにドラゴンは…!

一瞬、「青く」燃える竜の焔!!

00470
 なんか「化学反応起こしてる!」って、感じでイイよね!

『戦果! 竜一機!!』

00473
 そこに竜より怖いオッサンが!!

“菅野 直”『我、突撃す! 目標竜! 目標竜! 戦闘三〇一飛行隊“新撰組”隊長! 菅野 直! …好き勝手ボウボウやりやがって、ムカつくんだよバカ野郎!!』

00476
00478
00483
00484
00488
00491
00497
00500
00502
00503
00505
00507
00509
 このエースパイロット、ノリノリである。

ドリフだった!
 安倍清明も大興奮の「空の英雄」、大戦末期に消息を絶った、剣部隊は“新撰組”隊長!!
 通称、“菅野デストロイヤー”(史実)!

 お前の好きにはさせん…、させんぞ黒王! お前達は、“ここ”にいてはいけないのだ!

 漂流者たちは脱出に成功
 かくて黒王軍は、一番、逃がしちゃアカン連中を逃すのであった

 安倍清明…、連絡役ばっかであるが、カッコイイ啖呵! さすがは平安の大陰陽師様よ!!

 てか、菅野さんどうすんのコレ!? 

『ドリフターズは生かしてはおけん! 私は、不退転の災厄を以って命ずる…!』

00511
 対し、黒王様も「ドリフターズ抹殺」を命じていますが、彼も廃棄物なら正体は…?
 妙に“手”を強調しますが…?

 てか、豊久達の出番がなかったぞバカヤロー!?

豊久『なーんか、見られとぅ思ったら、なんやァお前……』

00522
00525
00526
00529
00533
00538
00540
00541
00544
00546
 きゃー! 殺されるー!! 妖怪首置いてけに殺されるーーーーー!!

日ノ本言葉喋っとる!
 と思ったら、Cパート色々はっちゃけすぎやろ妖怪!
 公式で妖怪なの!?

 オッス! オラ第六天魔王! 趣味は焼き討ちとか鏖! 殺した相手の髑髏の盃で、乾杯!

 こっちも妖怪だー!
 ビビリまくり、情報を吐いちゃう「オルミーヌ」!!

 ダメだこの子、乳ばっか大きくって!

 なお

豊久『さっぱり解んねェ!』

00547
 言い切ったよ薩摩隼人!

信長『わかんねェってんぞあのバカ! バカでも解るように話せ!!』

00549
00555
00557
00558
00563
00564
00569
 ノブ様の進行が軽快すぎる!

ごもっとも
 ドリフターズは魔術師組織「十月機関」で、廃棄物と戦って欲しい、と率直に打ち明けたところ
 返ってきたのがコレである

 知るか! 勝手に決めんなバカ! やだ!!

 ですよね!
 確かに、義理も義務もねーやな!

 彼らを送り込んだ「紫」、EASYとか、紫が説明しないのが悪いぞバカヤロー!!

次回! 導師、奇跡、大六天魔王…、アクティブ・ハート

00038
00039
00040
00304
 帝政ロシア最後の皇帝の娘、生存説もあったという人なんですって。

大敗走マーチ
 畳み掛けるような「闇堕ち」英雄ラッシュ、ジャンヌが…、こんなジャンヌ見とうなかった!!
 漂流者は、皆、死の寸前「生きてやるぞチキショー!」って感じですが
 彼らは「死後」って感じか

 自分のやって来た事、もたらされた結果、苦しみ抜いた末の連中って感じ…?

 源義経と与一
 また、「薩長土肥」に追いやられた土方歳三と、典型的薩摩者の豊久。

 この辺の邂逅がどうなるか、特に楽しみですね。

 次回、第四幕「アクティブハート」

DRIFTERS ドリフターズ 感想 2016年10月~12月 漫画原作アニメ

 DRIFTERS ドリフターズ 第1話「FIGHT SONG」
 DRIFTERS ドリフターズ 第2話「踵鳴る」
 DRIFTERS ドリフターズ 第3話「俺軍 暁の出撃」
 DRIFTERS ドリフターズ 第4話「アクティブハート」
 DRIFTERS ドリフターズ 第5話「愛をとりもどせ」
 DRIFTERS ドリフターズ 第6話「MEN OF DESTINY」
 DRIFTERS ドリフターズ 第7話「カオスダイバー」
 DRIFTERS ドリフターズ 第8話「不思議 CALL ME」
 DRIFTERS ドリフターズ 第9話「本気ボンバー」
 DRIFTERS ドリフターズ 第10話「Baba Yetu」
 DRIFTERS ドリフターズ 第11話「ピストル大名の冒険 ~火縄丸数え歌~」
 DRIFTERS ドリフターズ 第12話「みつめて☆新撰組 ~熱血九州男児の唄~【最終回】」
 DRIFTERS ドリフターズ 第13話「リライト」
 DRIFTERS ドリフターズ 第14話「BRING ON A WAR」
 DRIFTERS ドリフターズ 第15話「The Outlandish Knight」