双星の陰陽師 第28話 感想 鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE- アニメ画像付き
“もう、コイツだけで良いんじゃないかな”。婆娑羅一刀両断、ってレベルじゃなかった…

00025
00306
 展開上、瞬殺だとは察してましたが、まさか「塞がれ!」って叫ぶだけで龍黒点が閉じるとか…
 再び“さえ”の力も発動、やはり樹木を思わせる形状と感じます
 というか「アレ」そっくり!?

 清弦の優しさ、紅緒の駄洒落、芽生えた愛情が、“さえとの別れが近いって感じだった…!

紅緒=(胸が)ベタ子
 しっかし、「貴人」は異常な強さ、平安時代も“貴人が地上に降りてくる”とされる期間は
 彼の方向を避ける、という信仰があったそうな

 強さに違わぬ、口の悪さだった!

有馬『こーんなに大きな“天御柱”のどこを闇無が傷付けたか…、よくぞ見つけてくれました!』

00010
 日本神話より、“アメノミハシラ”と呼ばれる巨大な生き物…?

鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE-
 龍黒点発生は、「天御柱」と呼ばれる生きた装置の損傷が原因、有馬は「修復」を検討する。
 一方、最大級の龍黒点が島根県・熊野に発生し
 婆娑羅が双星を待ち受けた

 戦いを「もてなし」と呼ぶ婆娑羅、“鬼無里”との力の差は歴然、だが再びさえの力が発現する

 また熊野は重要な霊地であり
 最強を謳われる十二天将、天馬が現れる

 彼は一振りで鬼無里を両断すると、三人を、京都へと連れて行くのだった。

 次回、第29話「さえとの約束 -MISSING EXORCIST MASTER-」

土御門 有馬『なるほど…、これで龍黒点が“開かないように”、根本的な対策が実施できるようになったワケだけど』

00000
00001
00002
00004
00005
00006
00008
00010
00014
00015
00016
00019
00021
 何このデカいの!? なんか凄そうなのが出てきた!?

天御柱<アメノミハシラ>
 龍黒点とは、結界で隔てられた世界を繋ぐ穴、発生原因は「天御柱」の損傷にあったらしい。
 その復元なのか、何かの儀式を考えているようです
 で

 ちょうど、あの方が近くにおられますし…、迎え役を務めて頂きましょう。

 最強天将が出迎え役!
 大量の呪力の必要、となれば双星の出番ですね!!

 禍野を阻んでいる、結界の要らしい

さえ『ねー、紅緒ー? さえも、大きくなったら、繭良みたいにおっぱい大きくなる?』

00025
 おっと、いきなり風呂パート&クリティカル発言!
 効果、紅緒は死ぬ!

 でも多分、「さえは大きくならない」のかな…、とか感じますね。これ…。

紅緒『栄養をとれば…、育つかも! …栄養をとるなら、紅緒すぺしゃるが………、え~よ~~~』

00026
00027
00033
00039
00041
00042
00045
00046
00049
00051
00052
00053
00054
 紅緒スペシャルだけはやめとけ! ろくろスーパーデラックスにしとけ! さえー!!

紅緒様が何か言った!
 いきなり旦那が必死になってる! 愛娘だろうと、容赦なく劇物を飲ませようとする紅緒様…!
 結局、“紅緒すぺしゃる”を選ぶのですが
  
 ろくろスーパーデラックス、エクストラ・ゴールド!

 何気に盛るな!
 てか、紅緒SPは効かんでしょ絶対!

 だって「育たなかった実例が目の前にあるじゃん!」とは、視聴者以外、誰も言わない優しさ!

繭良@電話『もしもし化野さん? なんか、お父さんが伝えたい事が』

00055
 銭湯の前で合流する家族、なんとも昭和感があるろくろ一家ですが、たわわな繭良から電話が
 しかし、いかにも重要そうな電話は切れてしまい…

 ろくろは「紅緒が操作を間違った」と思い

ろくろ『俺が出るわ、あー、俺だけど? お前最近、ちょっとうるせーぞー』
清弦『<わーるかったなァ…、チビスケェ…>』

00059
00061
00062
00064
00065
00066
00070
00073
00077
00082
00084
00085
00086
00087
 熊野とは、島根県松江にある「熊野大社」を擁する、古くからの霊地。

ツンデレ師匠
 いきなりろくろが死んだ! 清弦、さえに「風呂あがりなら、髪は良く乾かしとけ」とか…
 何このツンデレ、清弦さん最高すぎる!
 が

 熊野に馬鹿デケェ龍黒点が開いたらしい…、京都へ向かえと言ってると伝えたが、好きにしろや

 連絡はただそれだけ
 陰陽連の命令に、背けといわんばかりの清弦。

 その真意は、そこに向かう「あの男」と、三人を引き合わせる事にあったらしい

 まあ結果的に、有馬様の狙い通りではあるんですが

ろくろ『気になってるんだけど…』

00089
 その道中、何かシリアスな話かと思いきや

ろくろ『栄養をとるなら、紅緒すぺしゃるがえーよー…、ってアレ、ダジャレだよな?』
紅緒様『忘れろ! 忘れなさい!!』

00090
00092
00093
00096
00101
 忘れねえよ…、頑張って…、勇気を出して、お前が初めて言ったダジャレじゃねェか

さえと出会って
 意外に深い理由だった「駄洒落」、色々あったさえの為、“初めて”勇気を出して口に出したと…
 この2年、それすら言わないほど真面目だったのね
 兄貴の罪は深い…

 何か…、変じゃねえか?

 そして異変
 あの規模、アホらしいほどの龍黒点で「ケガレ」がいない!

 まあ、人も居ないから出てきても意味ないけど!

ろくろ『それと…、さっきからずっと、何かが俺達をじっと見ている』

00103
00104
00108
00111
00117
00120
00121
 最強の天将が近付いている、初登場の婆娑羅、あっ…。

鬼無里<きなさ>
 実は、二人を遠距離から弄んでやろうと、事前に雑魚を始末して待っていたらしい。
 対し夫妻は、紅緒を囮に吶喊を図る
 が

 あ…、あかん、ワイの呪力では、とても……。

 さえちゃんが森へ…
 きなこは、瘴気に耐え切れず「原型」に

 相変らずさえちゃんの素養は異常、そして、「やられる為に出てきた」としか思えない婆娑羅!

 さすがにコイツは不憫だぜ!

鬼無里『ほう…、面白い“脚”をお持ちだ』

00122
 狙撃タイプの婆娑羅、“ケガレ脚”で俊足を誇る紅緒が囮役に。
 ろくろは、移動向上の符で「本命」に

 冷静さが必須の狙撃手だけに、今回の婆娑羅、なかなか落ち着いた雰囲気です

 が
ろくろ『メテオスマッシュ!』

00132
00133
00134
00145
00150
00151
00168
 自身の戦闘を「フルコース」にたとえ、段階的に相手を追い詰めるスタイル

お・も・て・な・し
 いきなり直撃!? だが狙撃手と「誤認」させたのが、彼の余裕の正体だと判明する。
 今回の“趣味”は、おもてなし!

 戦いを満喫して頂く…、それが私の、心づくしのおもてなしでございます。

 まあ性格が悪そう!
 ホント、色んな“趣味”が出てきますね!

 超越的な強者である婆娑羅、ゆえに、相手の全力を全て出し切らせて倒すのがモットーらしい

 まあ性格が悪そう!

『能書きが長いんで、退屈しちまったぜ!』

00169
 おっとろくろ選手、またも不意打ちに出たー!

鬼無里『…では、存分にご堪能ください』

00172
00178
00182
00185
00186
00189
00190
00193
00194
00196
00197
00198
00205
00206
00207
 肉体の硬化術も使ってないろくろを、敢えて死なない程度にフッ飛ばす技術!

フルコース
 しかし通常技はともかく、レゾナンスからの、二人がかりの最大必殺技まで不発とは……。
 流石に、何かカラクリがあるのか?

 ご納得頂けたようでございますね…? では、死んで頂きましょうか

 食前酒の次で閉幕!?
 自分で言っといて、終わるのが早いな鬼無里!

 婆娑羅・師のように、「戦闘で人間の呪力を昂ぶらせ」、その上で絶望させて喰らう。

 ここからがクライマックスだった!

鬼無里『ご安心ください、一撃で死なせは致しませぬので。死の恐怖と、絶望を存分に味わって…、贅沢な時間をお過ごしくださいませ』

00213
 そうここからが本番、心を折った後は、一撃で死なせずじわじわと殺すと宣言。
 勝てない相手に、じわりと殺される実感
 恐怖!

 それを想像させてから、実際にご体験頂くというお・も・て・な・死!

 ろくろ達も、足が震えるレベルの強さ!

鬼無里『まずは…、レディー・ファーストでお楽しみ頂きましょうか』

00221
00222
00224
00225
00226
00227
00234
00236
00239
00240
00252
00257
00261
00265
00268
 だって…、紅緒が居なくなっちゃったら…、紅緒すぺしゃる飲めなくなるもん!

守護らねば
 身を護ったのは、再び発現した「さえ」の力、やっぱり“力”は樹木に似たモチーフの模様。
 さえの髪型も、葉っぱに似てるし!

 紅緒すぺしゃる、いっしょにのもうねっ!

 警戒を新たにする鬼無里
 圧倒的優勢の中、「面白そうな相手」に他なりませんよね。

 長生きしてると、こういう“趣味”でも持たないと、婆娑羅もやってられなくなるのかもしれません

 その点、さえは極上の相手!

ろくろ『おもてなしだのなんだの…、いい加減にしろーーーーーー!』

00271
 と言った瞬間にろくろがー!!

紅緒『ろくろ! …さえちゃんは、私が…、守る!』

00276
00279
00281
00282
00286
00288
00289
00290
00292
00297
00300
00302
00306
00309
00312
00315
00317
00320
 怯えるさえちゃん、かわいい…!

貴人・鸕宮 天馬
 だが、ロリコン婆娑羅の魔の手を払ったのは、満を持しての、“現役最強”の十二天将!
 小さい! 思った以上に小ッさい!!
 で

 天馬様には、もう一度、最初から“宴”を開かせていただきましょうッ!

 カーニバルだヨ!
 婆娑羅でさえ、知ってるレベル

 よっぽど嬉しかったらしく、ノリノリで「仕切り直し」宣言する鬼無里、言うだけならタダだった…!

 ろくろ、紅緒を瞬殺、紛れもない実力者だったが

天馬『黙ってみていろ』

00323
00325
00331
00332
00336
00343
00347
00351
00353
00357
00358
00360
00362
00367
00368
00373
00377
 ちょっと、完全に歩く自然災害なんだけど!?

ごきげんよう
 得意とする「牽制」に怯えぬ天馬に、鬼無里は本気の一撃を眉間に見舞い、逆に余裕を失わされる
 決着は、たったの一振り。

 せめて、もう少しおもてなしして差し上げたかったのに…、残念です。

 地形が変わった!?
 荒神だという、「貴人」の出力とんでもねえ!

 これまでの戦いとは、明らかにレベルの違う一撃に、鬼無里は「雑魚」に終わってしまう。

 だが最期まで、キャラを貫いた姿は素晴らしかった…!

『…あ。霊符を忘れてきちまった』

00381
 残るは、かつてない特大龍黒点だったが、なんと霊符を忘れたという。
 なら刀で叩き斬るのか?

 と、思いきや

天馬『ま、いいや……、塞がれッ!』

00384
00388
00389
00391
00394
00400
00409
00415
00420
00426
00431
00433
00434
00438
00440
00446
00448
00449
 チビスケ、ペタ子! そこにいる緑子を連れて来い…、京都に行くぞ。

そうだ、京都行くぞ
 以前、繭良ケガレ化で「陰陽連の誰にも出せない力を、レゾナンスなら出せる」と言われた双星
 が、レゾナンスってレベルじゃなかった
 うん…。

 紅緒ー、行こう?

 そして再び“二人の絆”
 ろくろはパパ、しかし紅緒を「母」とは呼ばないさえ

 でも二人には、確かに、絆が芽生えていると感じさせる…、「別離が近い」と思わせるラストに

 ペタ子…、ペタ子って!?

十二天将・貴人。“鸕宮 天馬(うのみや てんま)”

tenma
 CV:下野紘。左右の瞳の色が違う、いわゆる“オッドアイ”の持ち主。

十二天将・貴人(きじん)
 19歳。左右の色が違う珍しい瞳の持ち主。160cmほどの小さな体躯ながら
 十二天将最強と言われている。

 まっすぐな性格で、基本的に嘘をつかない。あらゆる点で規格外の男。 

 実際の陰陽術に於いても
 貴人は、“十二天将の主将”であり、天一神とも呼ばれる。

 一年の44日間を下界で過ごし、平安時代は“彼の居る方向を避ける”信仰があった

豆知識:日本神話における「天御柱<アメノミハシラ>」とは?

00006
00010
 日本神話モチーフでは定番の名前、ガンダムSEED世界観にも存在します。 

神と神殿
 国作りの神であるイザナギとイザナミ、二人がオノゴロ島に立てたという神殿の名前。
 同時に、二人の子供である“風の神”も同じ名前です
 風神、台風の人格化とも

 稲作が柱となる古代、「台風被害」現代とは比べ物にならない大きな問題に

 大仰にも感じる名前も、当時の社会事情を考えると「なるほど」と思えます。

その正規修復には、大呪力を必要とする儀式が必要

00240
 ただ二年前といえど、繭良一人を救うだけでも、ろくろ達は力を使い果たしています
 他の実力者達、、十二天将は“龍黒点塞ぎ”に奔走し
 消耗しているはず

 加えて、闇無が龍黒点を自在に使える今、迂闊に「大呪力」を投入するワケにもいかないでしょう

 正規の手続きとは違う儀式が、必要なのでは無いでしょうか?

ていうか、コレ、同じものじゃ!?

00239
 さえの結界が出した「葉っぱ」は、明らかに、天御柱に咲き乱れているソレと同じ。
 彼女は、御柱と同質の存在?
 その枝葉?

 確かにそれなら、婆娑羅の攻撃くらい余裕で防げるはずですよ!?

予告・すばる『サン=テグジュペリは言わはった、“一人の人間の死と共に、未知の世界が一つ、失われる”』『すばる様、どなたか亡くなられるのですか?』『これ以上は言えへん』『次回を見るのが怖い…、けど、見なさい!』

00458
 次回、闇無<くらなし>と戦いに! あの有馬も戦場に立つ決戦に!?

別離前夜?
 今回、「禍野と世界を阻む結界」が割れやすくなってるのは、天御柱の損傷の為と解説。
 で、さえの姿やモチーフは“樹木”なのかな?
 と思わせる展開に

 もしや、さえを人柱にする事で、「柱」を修復する儀式が行われる…?

 彼女の力は“護り”のみ発現
 いわば、「ケガレを阻む力」に特化しているとも窺えますし…?

 いよいよ謎が明かされる?

 次回、第29話「さえとの約束 -MISSING EXORCIST MASTER-」

双星の陰陽師 感想

 双星の陰陽師 第1話「運命の二人 -BOY MEETS GIRL-」
 双星の陰陽師 第2話「双星交差 -A FATEFUL FIGHT-」
 双星の陰陽師 第3話「すれ違い -A HERO'S WORTH-」
 双星の陰陽師 第4話「禍野の音 -BOTHERSOME TWOSOME」
 双星の陰陽師 第5話「十二天将 朱雀 -THE GUARDIAN SIMON-」
 双星の陰陽師 第6話「紅緒と繭良 -GIRLS'PARTY-」
 双星の陰陽師 第7話「新たなる試練 -UNBElIEVABLE GAME-」
 双星の陰陽師 第8話「ろくろの気持ち -SHOCKING CONFESSION-」
 双星の陰陽師 第9話「交錯する悲劇 -TRAGEDY COMES WITH SMILE-」
 双星の陰陽師 第10話「すばるの修行 -THE FICKLE GUARDIAN-」
 双星の陰陽師 第11話「新婚さんおきばりやす -FANTASTIC MOMENTS-」
 双星の陰陽師 第12話「勘弁しろし -BASARA BOY KAMUI-」
 双星の陰陽師 第13話「君の勇気 私の勇気 -ZERO MILLIMETERS APART-」
 双星の陰陽師 第14話「浴衣と星と願い事 -TANABATA SPECIAL-」
 双星の陰陽師 第15話「ひとりぼっちに さようなら -THE AWAKENING OF LOVE-」
 双星の陰陽師 第16話「陰陽師として -SALVATION THEN WAILING-」
 双星の陰陽師 第17話「師がくれた赤い証 -NEW TALISMAN FROM MASTER-」
 双星の陰陽師 第18話「決戦前夜 -TRIUMPH OVER FEAR-」
 双星の陰陽師 第19話「罪もけがれも -THE 10 SECONDS DECISION-」
 双星の陰陽師 第20話「ふたりの道 -TO THE FUTURE WITH US TWO-」
 双星の陰陽師 第21話「双星新生 -SWEETIE FAIRY-」
 双星の陰陽師 第22話「ケガれてんじゃ~ん -PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM-」
 双星の陰陽師 第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」
 双星の陰陽師 第24話「ケガレの見た夢 -WHAT IS BEAUTIFULL?-」
 双星の陰陽師 第25話「天・元・空・我 -COME BACK! SOUTHPAW-」
 双星の陰陽師 第26話「双星vs双生 -BASARA TWINS' STRINGS-」
 双星の陰陽師 第27話「ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-」
 双星の陰陽師 第28話「鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE-」
 双星の陰陽師 第29話「さえとの約束 -MISSING EXORCIST MASTER-」