ドリフターズ 第1話 感想 FIGHT SONG 画像付き
“ぞん”! 今期、最高に薩摩者!! 迫力もコントも、最高に素晴らしかったわ!

00411
00326
 合戦は見入るし、「異なる時代の出身者達」が出会うシーンは、ひたすらギャップで笑えた!
 英雄達が、異世界の“漂流者<ドリフター>”となる物語!
 8時だヨ!全員集合ー!!

 相対した井伊 直政公もカッコ良かったです! あの後しっかり戦後処理やったらしいッスよ!?

深刻な世代間ギャップ
 コメディも、「アンタは死んだ」だのどうなっただの、逞しいな織田殿!?
 今期、深刻な信長充実!

 蘭丸と逃走してたシーンとか、もう爆笑モンでした!

天下分け目の大合戦! 舞台は1600年、関が原の戦い!

00006
 今思うと、こんな戦いがキッチリ1600年にあったとか、歴史の偶然って面白い。

FIGHT SONG
 西暦1600年、関が原で敗れた島津豊久は、「捨て奸」となって義弘を逃がし戦死するはずだった
 が、謎の「係員」に案内され、異世界へと飛ばされてしまい
 同じ境遇の信長、与一と知己を得る

 だが彼らは、「異世界」から見れば、まさに“異世界からの漂流者<ドリフターズ>”であった

 3人もドリフターズが集まっている
 これを警戒した、同じく漂流者、陰陽師「阿倍清明」は一計を案じる。

 次回、第2話「踵鳴る」

『西軍は悉く降伏しておる…、この期に及んで、島津はなぜ降伏せぬ!?』

00014
00017
00019
00021
00032
00036
00043
00047
00051
00061
00067
 雑兵ですらこの胆力! 島津家、鬼島津すぎる…!!

薩摩隼人の心意気!
 既に勝敗が決して尚、「降伏」ではなく、「反撃」を選び続けた男達がいた!!
 鹿児島の英雄“島津家”である!

 島津の猛攻、止めること敵わず…!

 逆に「攻める」!
 それにより、主君を逃がそうとしたのだ

 なんたるダイナミック逃走劇! 支援要請を受けた直政公もド迫力!!

 バケモノばっかだよ!?

豊久『捨て奸<かまり>ィィィーーーーーーーーー!>』

00069
 ご存知「捨て奸」! 何人かずつ死兵となって死ぬまで戦い、敗れたらまた別の……。
 その繰り返しで、島津当主は生き延びたという
 日本史屈指のド根性!

 遂に、「島津豊久」が残る事を選び、大将・義弘はさすがに慌てた!

豊久『叔父上、お退きを! ここから先は、おどらにお任せあれ!』

00075
00077
00079
00084
00087
00088
00093
00094
 効果音ならぬ、効果声! “応”にビビる!!

死ぬるは今ぞ!
 徳川の精鋭、井伊家の“赤揃え”を前に残った豊久たち、大将・義弘は涙を呑んで生還を選ぶ!
 井伊家、めっちゃ強そう!?

 叔父上一人、薩摩に戻られたなら…、こん戦、オイ達の勝ちなんでごわす!

 実際そうなった!
 ともあれ、震えながらも退かない省みない!!

 史実でも壮絶な逸話、島津、一兵に至るまで強卒にも程があるわ!!

 震える、死にたくない、だからこそ熱い!

義弘『待っておるぞ豊久! 待っておるぞおおおおおおおおおおおおお! 死んだら許さぬぞ、豊久ぁぁぁあああああああああああああ!!』

00099
00101
 義弘公は、このあと所領に立てこもりますが、関が原の直後で疲弊していた幕府軍は
 所領の遠さと、戦いの飛び火を恐れた事などなどにより
 島津存続を許す事になります

 その際、貿易船を沈め、「我らを潰すなら海賊になって妨害し続ける」と脅したという逸話も…!

 骨の髄々ずっころばしまで武闘派!

豊久『よか親父殿だ…、豊久は幸せモンだ……、よっし! ここは武者働きをせねば!!』

00102
00105
00113
00115
00117
00127
00128
00133
00134
00137
00139
00144
00147
00148
00156
00160
 豊久の笑みもイイが、直政公のド迫力もすげえ!

直政見参!
 対し、将軍ながらも自ら突っ込んできた直政公かっけえ! しかも半ば史実だからマジすげえ!
 バケモノ退治はバケモノの仕事!

 こ、こやつ…!? 阿呆が!

 まさに精鋭!
 鉄砲隊も、無惨に踏みにじる圧倒的な強さ!!

 しかも無敵の直政公たちに、身体を張って割り込む忠義にも溢れる!!

 哀れ、豊久…!

『へ…っ、阿呆はうぬじゃ! 直政ァ!!』

00167
 からのいつ、その火縄をつけたんだ豊久!?

『引け! 引けええええええええええええええええええ!』

00173
00176
00185
00186
00187
00190
 待て…、待て! ふざけるなよ直政………!

残されて
 撤退する井伊軍、これが本場の妖怪「首おいてけ」なのか…!
 豊久、どんだけ頑丈なんだよ!

 首を置いてけ…! 首を置いてけ! 直政ァァァーーーーーーーーーーー!!

 殺す事もできず
 かといって、止めを刺されることもなく…!!

 そりゃこんな妖怪、たとえ瀕死だろうが、誰も近付きたくねーですよね!

 どうせ、ほっときゃ くたばるだろうし!

豊久、合戦後をさ迷う

00194
 ちなみに直政公が追撃し、「銃で重傷を負った」事は史実で、それでも精力的に戦後処理し
 傷が祟ったのか亡くなったとされます
 まさに英雄。

豊久『あ、あ……!?』

00197
00198
00199
00204
00208
00212
00214
00219
00222
00224
 次。

「窓口」にて
 しかし、瀕死の重傷を負った豊久は、まるで現代の市役所みたいな場所に迷い込み
 謎の門へと、吸い込まれてしまう

 野郎…! オイは…、帰るのだ、薩摩へ!!

 お役所仕事!
 これが、本場のお役所仕事って奴!?

 続いて大戦期らしい兵士も迷い込む辺り、戦の死者の、一括窓口だったのか…!?

 この目、明らかに人間じゃねえ! 役人の目だ!!

島津豊久、おいでませ異世界事件

00226
 重傷を負ったまま、謎の門から、野原へ放り出される豊久
 雑だな窓口!

 これで死んだらどうすんだ!

以下、しばらく謎言語でお送りドリフターズ

00229
00233
00234
00236
00237
00244
00245
00249
00252
00256
 頑張ってる! エルフの子達、めっちゃ頑張ってる?!

またバケモノだ!
 結局、豊久を助けてくれた少年達だが、その前に、いかにも日本人っぽいのが…!
 アンタ、こっちの言語使えるのね!?

 で、あるか……。

 信長だ(確信)。
 一声だけで、誰か分かるってスゴイね!

 となると仕えているのは、「蘭丸?」って思っちゃうところですが、とにかく助けられる事に

 すげえ! 全然助かった気がしない!!

『豊久ァ! アッハッハッハ!』
豊久『おやっど…、おやっど……、おやっど……!』

00257
00259
00260
00262
00267
00272
00276
00278
00284
00286
00287
00289
00293
00294
00296
00297
 俺は信長…、織田前右府信長である!

むしり候え
 やはり眼帯の男とは織田前右府信長! だったのだが、当然、すんなり信じるはずもなく
 豊久と対峙…、だがしかし!

 ナンダコレ……。

 まずは飯!
 結局、仲良く鳥をむしる事に。

 こんな異界暮らしでも、自分の旗を掲げる辺り、まさに「ご当主」って風格だ!

 ナンダコレ!

織田信長『馬鹿を言え、十八年前だと!?』

00302
 さて、話し込んでみると、体感時間で「半年」しか経ってないらしい
 まあ十八年も経ってりゃ死ぬよね

 寿命的な意味で

“弓使い”『ハハハハハ! 十年、十五年で大騒ぎ為されているのが、なにやらもう、おかしゅうておかしゅう……』

00305
00310
00312
00314
00315
00324
00326
00328
 私は与一、那須資隆与一でございます…。ってオトコだったの!?

ウソをつけぇぇい!?
 しかし豊久、いちいち良いリアクションで候! まあ「平安時代の武将」ですものなぁ!!
 アレよ、“よっぴいで ひょうとうつ”って英雄!
 源平合戦!

 島津…、ダレ? どこ…? おお! 九州のはしっこの! ものすごいド田舎の!!

 やだ豊久ってば不利…!
 この場合、「後の時代の人間」なんて無名も無名!!

 めちゃくちゃディスられてますが、そりゃまあ、秘境も秘境ですわな!

 日本地図、ざっくりしすぎ!

与一『私も知っておりまする…、……ああ、代々田舎の方々なのですねェ…』

00329
 平安時代のヒトにまで、田舎モン扱い! なにこれ酷くない!?
 仕方ない!?

 でも、仕方ないよねえ……。

信長公『ふっ…、俺があんなハゲに殺されてたまるか…! なんとか脱出してくれようと、寺院内を逃げ回っておった…!』

00333
00337
00338
00339
00341
00344
00345
00350
00351
00356
00357
00358
00359
00360
00362
 死んでたまるかクソボケェ! こちとら謀反慣れしとるんじゃー!

謀反慣れwwww
 まあ、ノブ様も「係員」さんに案内されて、この異世界にドリフターズしてしまったらしい。
 ただ残念ながら、蘭丸はオプションでした
 夜逃げか!

 待てェーーーーーい!? アァンん!? なんであのハゲネズミが天下取ってんだよーーー!

 ハゲハゲ言い過ぎ!
 なお「関白」とは、本来は「お公家さん」である

 ノブ様的には、そりゃもう、その後の怒涛の時代の話に、ビックリしたでしょうねえ!

 茶坊主・三成、総大将だよ総大将!

豊久『(お前の息子は)死んだ! 光秀に、二条(城)を攻められて、お前さんが死んだと思うて、城を枕に、最後まで戦って死んだ!』

00365
00366
00368
 しかし信長公、「バカ息子め、逃げれば良かったものを」と呟く親心…、強烈な対比ですね
 豊久も、叔父・義弘の為に戦死を選びました
 死んだ事は名誉

 でも信長も、きっと義弘も、それより生きていて欲しかったんでしょうね…。

 年長と、若者のギャップが切ない…!

豊久『アンタが信長とか言うんで、こん男が現れた時、話に聞く“森蘭丸”かと思うたわ…』
信長『だったら良かったんだけどねえ~』

00372
00375
00381
00385
00386
00387
00389
 ノブ様、めっちゃキラキラしとるし!

集う「漂流者」たち
 またこの様子は、すっかり「現地」の格好となった大陰陽師、“安倍清明”が監視していた模様
 占い師である彼は、ある予想を立てていた

 なんとかしないと…でないと……、ホントに…、この世が滅んじまうぞ…!

 豊久たちのような英雄達
 彼らは、この世界では「漂流者<ドリフターズ>」と呼称

 それが3人も集まるなど、異例中の異例で、この世が滅ぶようなとんでもない事態を招く…?

 清明、素性を隠しているんでしょうか?

次回、エルフ村襲撃。「良いですよ<よかっ!>」

00391
00402
00404
00405
00406
00411
 エンディングの多くは、今回のシーンに、エフェクトをかけたものが。美しい…!

8時だヨ! 英雄集合ー!!
 というワケで始まりました、ド・ド・ドリフの大爆笑! 正直、制作元の作品歴で不安でしたが
 合戦も、コントも! すげえノリの良い作りになってて
 めっちゃ面白かった!

 まだ原作続刊中、「終わらない」にせよ、アニメ中ではどんな結末になるんでしょうね!

 メイン三人の演技もよくて
 特に信長、内田直哉氏(63歳)の渋みと軽さが、マジたまりません!

 さすが,“ガンダムUC”のオットー艦長!!

 次回、第2話「踵鳴る」

DRIFTERS ドリフターズ 感想 2016年10月~12月 漫画原作アニメ

 DRIFTERS ドリフターズ 第1話「FIGHT SONG」
 DRIFTERS ドリフターズ 第2話「踵鳴る」
 DRIFTERS ドリフターズ 第3話「俺軍 暁の出撃」
 DRIFTERS ドリフターズ 第4話「アクティブハート」
 DRIFTERS ドリフターズ 第5話「愛をとりもどせ」
 DRIFTERS ドリフターズ 第6話「MEN OF DESTINY」
 DRIFTERS ドリフターズ 第7話「カオスダイバー」
 DRIFTERS ドリフターズ 第8話「不思議 CALL ME」
 DRIFTERS ドリフターズ 第9話「本気ボンバー」
 DRIFTERS ドリフターズ 第10話「Baba Yetu」
 DRIFTERS ドリフターズ 第11話「ピストル大名の冒険 ~火縄丸数え歌~」
 DRIFTERS ドリフターズ 第12話「みつめて☆新撰組 ~熱血九州男児の唄~【最終回】」
 DRIFTERS ドリフターズ 第13話「リライト」
 DRIFTERS ドリフターズ 第14話「BRING ON A WAR」
 DRIFTERS ドリフターズ 第15話「The Outlandish Knight」