双星の陰陽師 第27話 感想 ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON- アニメ画像付き
これが“朱雀”の真の力! …ってファンネルだコレー!? 士門くん、カッコ可愛くなってた!!

00476
00225
 彼が力を失おうと、師事した日々は消えない! 熱い憧れと、受けた薫陶を返す士門くん素敵!
 のっけから、「見られたー!?」とか笑わせてくれるし!
 清弦さん格好良すぎ!

 そんな彼と、父・清弦を通じ縁が生まれた繭良、なんか良い雰囲気でしたね!

「ただいまー!」
 しかし、そんな清々しさを一撃で消し飛ばしたさえちゃんすげえ!
 京都ご出身!?

 OPとEDも更新されましたが、EDスタッフ「おはぎ組」って名前が離れないよ!

繭良『<ろくろとも、良い感じなんじゃない? ひゅーひゅー♪>』

00005
 のっけから、夫婦坂が全力すぎて繭良ちゃんが辛い…!

ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-
 ろくろ達と並んで戦いたい、一人特訓を続ける繭良は、「龍黒点潰し」で訪れた斑鳩士門に
 成り行きから、半ば師事する形となった

 かつての自分とそっくりな繭良に、士門は憤り、やがて受け容れていく。

 十二天将「朱雀」の猛威!
 準・婆娑羅を瞬殺し、龍黒点を潰してしまう斑鳩士門。

 一方、有馬の命令で京都に向かうろくろ達だったが、さえは京都に「ただいま」叫び…?

 次回、第28話「鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE-」

紅緒様『京都に…、何が待っているのか』
ろくろ『さっさと、この旅に決着を着けて、三人で帰ろうぜ!』

00006
00007
00008
00010
00013
00015
00016
00017
00019
00022
00023
00025
00030
00032
00031
00034
00035
00036
 でも、本当に“三人で”帰れるのでしょうか…?

セクハラ狩衣!
 相変らず、ろくろ達をくっつけよう、そして自分に出来る事をやろうと根を詰める音無繭良 16歳。
 ホント健気だ…

 そう…、あたしにだって…、出来る事はあるんだ!

 破格の才能も
 恵まれに恵まれた我侭ボディも…!

 共に、積極的に自己犠牲していく繭良、友達にも「陰陽師」だと明かしたらしい

 久々ですねえ、おさげの子達。

第14話以来、久々の“第三期オープニング”に更新! す、スタイリッシュ!?

00037
00038
00039
00041
00043
00045
00048
00051
00053
00054
00056
00057
00058
00059
00062
00066
00067
00070
00071
00076
00077
00078
00079
00080
00086
00088
 曲も映像センスもスタイリッシュ!

鳥居とかカッコイイよね!
 スタイリッシュ過ぎて付いていけないので、むしろ! 前に戻して欲しいくらいにスタイリッシュ!!
 前期の紅緒様とか、純粋に美麗でしたしね!

 とまあ感想には個人差がありますが、さえちゃん、婆娑羅など今期キャラは登場せず

 屑兄様もハブられた…!
 でも、今更14歳バージョンもおかしいですしね。

 とかく、さえちゃんを省いた事は解せぬ! 感想には個人差があります!

額塚 篤『あれでしとめられねーのかよ!?』

00092
 もはや、一話時点では「紅緒でも初めて見た」クラスか、大型ケガレが堂々と闊歩する時代に
 時は戦国、嵐の時代!

繭良『きゃああーーー!?』

00093
00103
00104
00112
00117
 陰陽系の義手で補ったりせず、右腕は無くしたままなのね

「白虎」ならずとも
 この厳しい状況下、「もはや陰陽師としては戦えない」と言われていた父、清弦も戦線に復帰
 決死の証、黒い狩衣が再び!

 禍野は戦場だって…、何度も言ってるだろうが…!

 清弦さんカッコ良過ぎる!
 右腕欠損だけでなく、何かの後遺症があるんでしょうか

 またも実戦でポカった繭良、そういや元々、運動が苦手なんでしたっけ。

 忘れがちですが、中学時代は棒高跳びも失敗するレベル。

繭良『お風呂、借りよっかなあ……』

00122
 でも予告で先にオチを見たからね! 知ってるよ!!

『繭良! 今、風呂には……!!』

00123
00127
00129
00130
00131
00132
00133
00135
00137
00140
00146
00149
00152
 見られたーーーーー!

末永く爆発しろ!
 士門のリアクション、ズルすぎる! 登場以来、やたらクールなキャラで通してたハズなのに!?
 意外にフツーの子なんですね

 柏原 遥です。そのうち、苗字が変わるかもだけどね~♪

 ろくろと同じ歳の十二天将
 初登場時は、まだ迷っていたろくろを散々に罵倒しています。

 以来、清弦を慕う、クールで周囲に厳しい天才児、というイメージだった斑鳩士門。

 後、妙に風呂回に縁があります。

清弦『随分、活躍してるそうじゃねーか…、活動範囲の広さは、“朱雀”最大の強みだからなァ?』

00154
 清弦に褒められる際、いちいち表情が乙女化する士門、この子ってばヒロインじゃないの案件!
 また清弦は、「朱雀の活動範囲の広さ」も評し
 視聴者に疑問を抱かせます

 パパさん有能。

朱雀『いや…、そんな……、俺なんてまだまだですよ……』

00155
 やだこの子、本気でヒロインなんだけど…!?

清弦『あいつら(双星)も、なかなか頼もしくなってるぞ…、二人セットなら、十二天将にも迫る勢いかもなァ…?』
士門『ふふ…、清弦さんも冗談を言うんですね』

00157
00162
00165
00168
 おっとォ、繭良さんも負けずにヒロインしてるぞ!!

陰陽師の才能
 当人不在だからでしょうか、ろくろ達への評価も高く、すっかり穏やかになったよう感じる清弦
 でも、娘には!

 いや…、物覚えも良いし、呪装の修得ペースも悪くねェが…、才能はねーなァ…。

 相変らずのツンデレ
 というか、「放っておくと死にそうな奴」に厳しい清弦。

 以前はろくろがでしたが、今の繭良なんか、まさにその典型ですものね。

士門『清弦さん、京都にはいつ戻って…』
清弦『十二天将、“白虎”が空位になって、もう二年か…、そろそろ次を選ぶんじゃねーか』

00170
 また、彼の不在を寂しがる士門に、「自分はもう白虎じゃない」と語尾を喰う清弦。
 こういった物言いに、清弦の優しさを感じます
 もう自分を頼るな、みたいな

繭良『練習を積むほど、自分の無力さが身に沁みる…! これ以上、ろくろや化野さんに置いていかれたくないよ…!』

00174
00176
00179
00182
00185
00186
00188
00190
00194
00196
00197
00198
00204
00206
 ちなみに繭良の「才能」、生まれ持った高い呪力は、わざわざ隠さないと危ない程の希少さ。

ヒロイン二人
 夫妻不在「有馬別邸」、特訓設備は繭良が利用させて貰っており、胸が蒸れるほど特訓…!
 でかすぎィ!

 人聞きの悪い事を言うな! だいたい、アンタだって俺の裸を…! …くっ!!

 ヒロインしかいない!
 士門くん、すっかり乙女になっちゃって!!

 清弦からか有馬からか、設備の事を聞いていた士門も、滞在中はここで鍛錬するらしい。

 しかし、繭良の汗の匂いが凄そう…!

繭良『あ…、あの! もしよかったら、修行の組み手の相手とか……』

00207
 また、繭良は士門に恐る恐る「修行の相手」を頼むが、士門は彼らしいクールさで断る
 こういう、オドオドしているのが一番嫌いなんでしょうね
 レベルが違いすぎるのも事実ですし

 組み手といっても、士門側は手を抜くしかなく、彼自身の為にはならない。 

士門『…チッ! アンタを見てると、ホントに苛苛してくるよ! 程度の低い覚悟や、志しか持ち合わせていない…、…何て言ってもらえば満足するんだ? “落ち込む必要は無い、努力していれば必ず報われる”、とでも言ってやればいいのか?』

00209
00210
00212
00218
00222
00223
00224
00225
00227
00230
00234
00235
00238
 結局、アンタの足をひっぱって、アンタ自身を貶めているのはアンタ自身だろう!

ダメな自分
 かつては厳しすぎた印象の士門ですが、今回、真面目に相手を思う言葉ばかりで驚かされます
 成長は外見だけじゃない!

 図星を突かれた繭良は、逆ギレ気味に、「だから強くなりたい!」と叫ぶ事に

 言い負かされて
 なお、「だから」と叫んだ繭良を認める士門

 今度は本気の目になったな、付き合ってやるという士門、作画も相まってカッコ良かった!

『修行の前に一つ確認しておく。アンタは、何の為に、強くなりたいと願う…?』

00241
 王道の台詞ですね、何と返したのかはここでは先送りに。

『えぇ!? 繭良、どうしたのよ、それぇ!?』

00247
00248
00250
00251
00255
00260
00262
00263
00264
00265
00266
 士門さんのスタイリッシュ剣術鍛錬!

私は大丈夫だから!
 また、「幼い頃の士門」もフラッシュバックし、彼が態度を変えた本当の理由も察させます。
 眼鏡っ子だった…!?

 あの時の俺も、あんな目をしていたんだろうな…!

 熱い士門
 一方、「龍黒点」が鳴神町に発生

 有馬も“意図”を考えますが、今の龍黒点は、十二天将を消耗させる策っぽい

 同時に、従わぬ婆娑羅たちを消耗させる狙いもあるのか?

そして、意味深な男である

00271
 真っ赤な目は、「禍野での拾い子」である、ろくろやさえとも共通する特徴ですが…?

士門『…この術は、後方支援にも使えるし、敵と直接やりあわないで済む分、ビビりなアンタにはピッタリだ。…いいから覚えておけ。禍野で死にたくなかったらな?』

00278
00286
00288
00292
 からかいに潜む本気、真面目に受けなおす繭良ちゃん尊い。

鍛錬
 その後は「組み手」どころか、自身の鍛錬さえ脇に置き、繭良を鍛え上げる士門さんの姿が。
 教えるのは“烈空魔弾”

 ろくろの、そして清弦や悠斗も使う、「清弦流」の第一歩らしい。

 そして「修行時代」回想!
 清弦は、まず“欠点の自覚”から始めたらしい。曰く

清弦『一つ、己への自信のなさが、実戦での迷いを生んでいる…、要するに“ビビリ”ってヤツだ。
二つ。何が何でもケガレを祓うって気概がねえ、要するに“ヘタレ”ってヤツだ…、三つ……、これだけ言っても言われっぱなし…、要するに“腰抜け”ってヤツだ…』

00293
00295
00297
00300
00302
00312
00315
 ああ、まんま「物語開始当初のろくろ」にも通じてたのね。

繭良かわいい!
 士門は、かつて自分が受けた教えを、自分なりに繭良へと教え込んでいったらしい。
 清弦さん惚れるわ

 初心者なんだから…、褒めてくれても…!

 才能はある
 けど、それを扱う覚悟が足りない

 士門が他人に厳しいのも、こうした日々を乗り越えてきたなら、なんだか分かる気がしますね。

「清弦の教え」の第一歩

00319
 また、内心では「弟子」の素質を認めながらも、おくびも口に出さないのも師弟の特徴
 修行の第一歩は、生き残る術から!

 本当は子供を戦わせたくない、清弦らしさが溢れる鍛錬シーン。

 この優しさが、悠斗には癇に障ったのでしょうか

繭良『斑鳩さんも、お父さんに修行をつけてもらっていたんですか? なんか、教え方が似てるなー、って』

00326
00331
00336
00338
00346
00351
00365
00367
00368
00369
00370
00378
00379
00383
00387
00388
00389
00397
00402
00405
 口は悪いが、態度は徹底して弟子思い、“猫かぶりだった”悠斗が嫌いそうなタイプ。

「弟子」の務め!
 似てると言われ、心底嬉しそうな士門、かつて清弦に救われた「憧れ」の出発点と共に
 いつか、彼を追い抜くという決意を語ります
 熱い子だ!
 
 アイツが最強の陰陽師になるのは不可能だ…、この俺がいるからな!

 このドヤ顔!
 繭良、すごい微妙そうなリアクション!!

 そんな二人の元に、パンツ有馬から指令が届き、龍黒点つぶしのミッションがスタートに

 今週、清弦さんカッコ良過ぎる!

『友達を見捨てろっていうんですか! あなたの事、見損ないました!!』

00406
 しかし、またも友達が巻き込まれたと知り、頭に血が上りすぎる繭良!
 それは言い過ぎ!?

士門『アイツ、あんな顔もするんだな…』

00413
 怒るどころか感心する士門、イケメン過ぎィ!

繭良『リスクA、“真蛇”…、婆娑羅に最も近いケガレ…!? …今は、私しかいないんだッ!!』

00419
00421
00432
00434
00435
00437
00440
00446
00448
00453
00461
00467
 ここから人間大まで凝縮、理性を得て、麗穏みたいに「婆娑羅となっていく」のね

字体がポップ!?
 今回は、婆娑羅こそ現れなかったものの、「巨大ケガレ」にすら手を焼く繭良には荷が重い!
 まだ、繭良は“呪装”も満足に使えないらしい

 大丈夫、あたしが守るから!

 普通は幼少期から
 しかし、“僅か二年の促成教育”には限度ってものがある!

 抱えて逃げるほどの体力もなく、繭良は、自分自身を囮にする捨て身の作戦を取る事に

 イデオンみたいな肩しやがって!

繭良『あ…っ!?』

00470
00471
00476
00483
00486
00488
00493
 お姫さまだっこー!?

朱雀・斑鳩士門
 窮地の繭良を救った士門! お約束だけど、まさか空を飛んで現れるとは思わなかった!
 これが“朱雀”の力か!

 あんた、陰陽師の資質があるよ! もっとも才能となると怪しいところだけどな?

 口の悪さも師匠譲り!
 繭良は、「覚悟」を実践して見せたワケね!!

 さっき何故戦うと問われた時、目の前で傷付いた人を守る為と応え、実践して見せた繭良!

 有言実行!

士門『お前はよく戦った、後は俺に任せておけ』

00495
 お前はよくやった。もう森へ帰ろう…

斑鳩士門『数ある陰陽術の中で唯一、飛行を実現する呪装! “朱染雀羽”!!』

00499
00501
00503
00512
00513
00517
00523
00529
00538
00539
00543
00544
00545
00549
00550
00552
00554
 って、フェザー・ファンネルだコレー!? ディ・エゼルディだコレーーー!?

「朱雀」の猛威
 清弦が言った“天将随一の機動力”とは、空を飛ぶ呪装の力! 羽根はそのまま武器に転じ
 準・婆娑羅さえ、一撃で消滅させてしまう 

 私に出来る事は、全力でやりたいんです!

 繭良もまた全力!
 合理性でなく、常に全力を出し切る

 そうした姿勢が、僅か2年で、大きな成長を果たさせたんでしょうね。

 資質がない、と、パパさんが心配するワケだわ

士門『タメ口でいいぞ…、その呼び方も』

00561
00562
00569
00572
00575
00576
 絶好のタイミングで出来るお父さん! 清弦さん親バカー!!

うけつがれしもの
 今週の清弦さん、素敵さが限界突破していく微笑ましさですが、「師匠」が呆れる場面も。
 戦う意思は、清弦も問うた事だった

 大切なものの為に、強くなりたいです!!

 お前が言うのかよァン?
 と言いたげな清弦、ホント良い師弟だわ!

 最初は師匠の子への興味、“昔の自分”を見せ付けられた苛立ち、共感…!

 士門くん、かわいい!

紅緒『さえちゃんを、京都に…?』

00610
00611
00612
00615
 さえねー! あっち行くのー♪

帰京
 そしてOP曲みたいな軽快さで、なんとも素敵なEDから、さえちゃんのビックリ発言エンド!
 有馬が、京都へ寄れと言い…

 ただいまー!

 なんでやねん!?

斑鳩 士門(いかるが しもん)

00003
 CV:石川界人、公式情報は「14歳編」のまま。

十二天将・朱雀
 11歳でケガレ祓いに必要な術を全てマスター、12歳で小隊長、若干14歳にして十二天将・朱雀
 ろくろと同い年で、清弦を師と仰ぎ、尊敬する天才児
 清弦関係者には厳しい

 実際の陰陽術では、「四神」南の守護神で、凶将、陽の属性を持つ火神

 清弦の白虎と、“四神、陽の凶将”の同じ属性を持つ。

十二天将 元・白虎 天若 清弦(あまわか せいげん)

00004
 CV:諏訪部順一

十二天将 元・白虎
 陰陽師の中でも最高ランクとされる十二天将の白虎。 繭良の母の元夫。
 言動は厳しいが弟子であるろくろや亮悟や士門、また娘である繭良のことを気にかけている。

 14歳編での当初は、圧倒的な実力と共に、罵倒を連発する「嫌われ者」だった

 しかし全ては
 周囲から、妻や娘を始めとする者達を遠ざける為の言動だったと判明

 ろくろへの罵倒も、彼を戦線に戻さない為、その正体は、言葉と裏腹な愛すべきパパさんであった。

予告・土御門 御影&有馬『土御門御影です。ナポレオンは言いました、“状況? 何が状況だ、俺が状況を作るのだ!”』『良いねェ! 天馬にピッタリだ♪』『有馬様にも、お似合いかと』『ううーン、可愛いなぁ、キミは…♪』

00579
00581
00582
00585
00588
00592
00593
00595
00603
00618
00000
00001
00002
 公式でも、16歳編と共に全身図が更新されたものの、バストアップは14歳時そのままである

最強と最凶
 おさらい的に朱雀の士門も登場、これで、十二天将も「最強の貴人」を残すのみとなりました!
 また、“公式サイトに出ていない婆娑羅”も予告に登場し
 本格的な新展開に!

 いやあしかし、ホント清弦さん、口は悪くて弟子思いで、男前すぎる…!

 士門も、しっかり受け継いだ少年に
 繭良かわいい!

 今度は最強最後の十二天将、タイトルさえ奪う実力とは…? ちなみに「タタラ」は“最凶”だそうな

 次回、第28話「鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE-」

双星の陰陽師 感想

 双星の陰陽師 第1話「運命の二人 -BOY MEETS GIRL-」
 双星の陰陽師 第2話「双星交差 -A FATEFUL FIGHT-」
 双星の陰陽師 第3話「すれ違い -A HERO'S WORTH-」
 双星の陰陽師 第4話「禍野の音 -BOTHERSOME TWOSOME」
 双星の陰陽師 第5話「十二天将 朱雀 -THE GUARDIAN SIMON-」
 双星の陰陽師 第6話「紅緒と繭良 -GIRLS'PARTY-」
 双星の陰陽師 第7話「新たなる試練 -UNBElIEVABLE GAME-」
 双星の陰陽師 第8話「ろくろの気持ち -SHOCKING CONFESSION-」
 双星の陰陽師 第9話「交錯する悲劇 -TRAGEDY COMES WITH SMILE-」
 双星の陰陽師 第10話「すばるの修行 -THE FICKLE GUARDIAN-」
 双星の陰陽師 第11話「新婚さんおきばりやす -FANTASTIC MOMENTS-」
 双星の陰陽師 第12話「勘弁しろし -BASARA BOY KAMUI-」
 双星の陰陽師 第13話「君の勇気 私の勇気 -ZERO MILLIMETERS APART-」
 双星の陰陽師 第14話「浴衣と星と願い事 -TANABATA SPECIAL-」 ※第2期主題歌へ

 双星の陰陽師 第15話「ひとりぼっちに さようなら -THE AWAKENING OF LOVE-」
 双星の陰陽師 第16話「陰陽師として -SALVATION THEN WAILING-」
 双星の陰陽師 第17話「師がくれた赤い証 -NEW TALISMAN FROM MASTER-」
 双星の陰陽師 第18話「決戦前夜 -TRIUMPH OVER FEAR-」
 双星の陰陽師 第19話「罪もけがれも -THE 10 SECONDS DECISION-」
 双星の陰陽師 第20話「ふたりの道 -TO THE FUTURE WITH US TWO-」
 双星の陰陽師 第21話「双星新生 -SWEETIE FAIRY-」
 双星の陰陽師 第22話「ケガれてんじゃ~ん -PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM-」
 双星の陰陽師 第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」
 双星の陰陽師 第24話「ケガレの見た夢 -WHAT IS BEAUTIFULL?-」
 双星の陰陽師 第25話「天・元・空・我 -COME BACK! SOUTHPAW-」
 双星の陰陽師 第26話「双星vs双生 -BASARA TWINS' STRINGS-」

 双星の陰陽師 第27話「ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-」 ※第3期主題歌へ
 双星の陰陽師 第28話「鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE-」