信長の忍び 1話 感想 信長様に会いに行こう ショートアニメ
実質、三分なのにめっちゃ笑った“時代劇”コメディ! やだ…、信さまイケメン!?

00099
00095
 すっごいテンポよくて、「ショートアニメかくあるべし!」って感じ! 千鳥かわいいしプロ根性!
 忍びとは、得た情報を確実に伝達する“スパイ”の戦国版
 必ず「生きて」伝えます!

 言い改めよう、ワシの為の生きろ!って、完全プロポーズですよヤダー!!

千鳥ちゃんプロ可愛い!
 一見、「ポンコツ系だけど強い」ってだけじゃなく、思想がしっかりあるのが好感持てますね
 その言を、あっさり受け容れるノブ様イケメン

 ノブ様も数あれど、僅か一分でイケメン認定できるとは…、出来るノブ様だった!

オープニングは「徒桜」! 戦国作品っぽくて良い旋律だった!

00003
00004
00005
00007
00009
00011
00013
00018
00020
00021
00024
00025
00026
00027
00028
00029
00031
00032
00034
00035
00037
00038
00040
00041
00042
00044
00045
00046
00047
00049
00050
 ナレーションcv山口勝平だよヤッター!

「もう忘れてるんだろうなあ」
 OP、ちゃんと「手首を返す」描写を入れたり、こういう作品大好きなんだなって演出がいっぱい!
 時は戦国、嵐の時代!

 主人公・伊賀の里のくのいち、千鳥は、五年前に織田信長公に助けられた事があった

 彼の要請が来たと知り
 意気揚々と、彼の元へと派遣される千鳥

 伊賀の郷とは、忍者を育成し、ある程度「仕事を選ばず」派遣する、プロの派遣集団なのだった

千鳥『はい! 師匠が用を足しているときでも、迷わず斬ります!』
師匠『用を足してるときはやめて?!』

00052
 たとえ状況次第で、師匠が敵になろうとも…、恐るべきプロ根性!
 やめて!?

 やだこの子、cv水瀬いのりボイスで可愛いから、一層怖いわ!?

※派遣先の主君に従う
 という契約なので、どんな仕事になるのかマジで予想できない。

助蔵『(僕はついていくよ…、だって千鳥ちゃんが好きなんだもの!)知ってるでしょ? 僕にはこの、色んな情報を集めたマルヒ本があるんだよっ!』

00053
00054
00055
00056
00058
00061
 うん、ありがとう! 役立てるよ!!

僕自身も連れてって!?
 また、彼女に惚れてる「助蔵」も同行するものの、速攻で置いてかれそうになる事案が!
 この子、マジで実利主義すぎ!
 で

 いや…、もったいなかったのでは。

 かなりアホの子だが
 伊賀の里としても、「勿体無い」レベルの秘蔵っ子だった模様

 この距離でも聞こえるとか、この子、ニンジャとして有能すぎるッショ!

 忍者オソルベシ!

なお「信様に助けられた」事件は

00063
 第0話として一部放送局で放送、また、ネットで公式無料配信されています

織田信長公『遅い! 伊賀からの忍びはまだか?』

00064
 一方、目的地である尾張の国(名古屋)の清洲城。現代基準では「しょぼい」建物ですが
 実際に戦ってた時代なら、大半はこんなもんらしいですね
 やぐら、見張り台が多数。

 コストがかかる、現代人基準の「城」より、かなり実戦的な感じ。

『子供の忍び、という事でしたが』
『番兵にでも止められてるんじゃないスか?』

00065
00066
00071
00072
00074
00075
00077
 あの、入り口が分からないので勝手に入ってしまいました!

大丈夫かこの城…!?
 安心の頭上! マジで千鳥ちゃん有能すぎて二将も仰天、従来の「織田家の忍び」とは違う!
 忍びの本場は違うらしい
 で

 これよりお前達はワシに仕え、ワシの為に死ね!

 冷血非道の織田信長!
 いきなり、命を賭けろとはまさに信長!!

 本場ニンジャにビックリしてる二将、なんか笑えます。どんだけだよ!

千鳥『あ、それは無理です』

00079
 おっと、ここで断った!

千鳥『忍びは、侍と違って主君の為に死ぬことはありません。忍びの本分は、生きる事にあるのです。何があっても、生きて生きて生き抜いて、“情報を伝える”のが忍び…。それでもよければ、お雇いください』

00082
00083
00085
00086
00090
00091
00093
00095
00097
 なるほど…、それでは言い改めよう。ワシの為に生きろ!

完全にぷろぽぉず
 しかし、何が男前って「忍びの理屈」を堂々と受け容れた、信長様の胆力ですよね
 器でけえ!

 まあしかし…、五年前よりは成長したな? まだワシのやった布を結んでおるのか。

 しかも覚えてたし!
 涙する千鳥に、「なんだ? 泣き虫なところは変わっておらんのか」と

 このノブ様、笑い方といいどんだけイケメンなんだよ! そりゃ天下布武だわ!

 なお

千鳥『はい、あと泳げないところも相変らずです!』

00099
 そこは変わっとけよ!

余談ですが


00045
 オープニング、お菓子の城じゃねーか!

“いずれ敵対する事もあるかもしれない”、という師匠たち

00058
 実際、史実で「伊賀忍者」が辿った運命を思うと、かなり意味深な台詞ですね
 ちなみに、有名な“服部半蔵”も伊賀出身です
 ほぼ侍だったそうですが

 ちなみに「甲賀」とは仲が良かったそうですが、彼らは、やがて豊臣陣営に属します。

 結果、徳川陣営の伊賀vs豊臣甲賀、の図式になったんだとか

“生き延びる”のが忍者です

00085
 最近、「ジョーカーゲーム」でも同じ台詞がありましたが、共に「スパイ」ですから当然ですよね
 戦闘技術も、倒す事より“逃げる”事が主眼だったとされます
 諜報、窃盗こそ本分だったとか

 有名な手裏剣も、忍者の技術として有名になったのは、明治末から昭和にかけてであるそうな

 むしろ、侍が学ぶ“棒手裏剣”の方が有名だったそうです

次回、織田家とゆかいな仲間たち!

00100
 妹&奥様コンビかわいい!

信長の忍び!
 可愛い見た目と強烈なプロ意識、器のデカい信長様! 短いながらテンポよすぎますね!!
 さすが、「すごいよ!!マサルさん!」「風まかせ月影蘭」の大地監督!
 千鳥かわいい!

 ショートで原作四コマ、確か10巻くらいはあるので、やろうと思えば延々と…!

 いやあ面白かった!
 あ、あと第0話「出会い」が配信されています。

信長の忍び 感想 2016年 10月

 信長の忍び 第0話「タイトルなし」
 信長の忍び 第1話「信長様に会いに行こう」
 信長の忍び 第2話「織田家とゆかいな仲間たち」