アニメ 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 1話(26話)感想はこちら
歴戦の猛者! 全体塗装を行わない、“汚し”の練習にも持ってこいのテクニックが紹介に

05_MG_6977
 電撃ホビーweb該当記事はこちら http://hobby.dengeki.com/reviews/267745/

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
 2期開始と共に、HGシリーズ最高の「再現度」を謳うルプスがキット化、作例連載が掲載に
 全3回で、ごく部分的な塗装に留めながらも
 汚し塗装で見事な完成度に

 作例では、合わせ目消しや穴埋めも行われ、これも成型色を崩さないよう配慮

 最終回は具体的な塗装テクの話
 ただし、「汚し」の基礎技術を知っている前提で解説されています

 その辺のハウ・トゥーも、電撃webで公開中 http://hobby.dengeki.com/ganpla_howto/

全体をメラミンスポンジでこすり、「ツヤを落とす」だけでも充分な仕上がりに

01_MG_6988-440x330
01_MG_6998-440x640
02_MG_6904-440x660
03_MG_6905-440x660
03_MG_6939-440x330
05_MG_6921-440x640
09_MG_6934-440x587
09_MG_6968-440x587
1134
 パーティングラインや合わせ目を処理し、スミ入れをしてメラミンスポンジで全体を磨いた状態

ウォッシング処置
 作例は、角のシャープ化などの処置を施し、スミ入れで立体感を出した後はメラミンスポンジ…
 100円くらいで買える、水だけで「洗剤不要」のスポンジ。
 表面を削り落とすのね

 これで全体をこすって、ツヤを落とし、いわく「これでも充分な完成度」と評されています

 作例では更につや消しスプレー
 これで、塗料の定着を良くした後に「ウォッシング」しているんだとか。

 今回も多数の写真が使われていますが、一枚辺りの容量がかなり大きくなっていたようです。

各作例記事 制作:本庄聖氏
 第1回 完成品掲載 http://hobby.dengeki.com/reviews/267602/
 第2回 工作編 http://hobby.dengeki.com/reviews/267672/
 第3回 塗装 http://hobby.dengeki.com/reviews/267745/

 キットを「普通に組む」レビューも掲載に http://hobby.dengeki.com/reviews/270619/
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1期 感想 2015年10月~2016年3月

 第1話「鉄と血と」
 第2話「バルバトス」
 第3話「散華」
 第4話「命の値段」
 第5話「赤い空の向こう」
 第6話「彼等について」
 第7話「いさなとり」
 第8話「寄り添うかたち」
 第9話「盃」
 第10話「明日からの手紙」
 第11話「ヒューマン・デブリ」
 第12話「暗礁」
 第13話「葬送」
 第14話「希望を運ぶ船」
 第15話「足跡のゆくえ」 
 第16話「フミタン・アドモス」
 第17話「クーデリアの決意」
 第18話「声」
 第19話「願いの重力」
 第20話「相棒」
 第20話副音声
 第21話「還るべき場所へ」
 第22話「まだ還れない」
 第23話「最後の嘘」
 第24話「未来の報酬」
 第25話「鉄華団<完>」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 感想 2016年10月~?


 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話「新しい血」