双星の陰陽師 26話 感想 双星vs双生 -BASARA TWINS' STRINGS-
“婆娑羅”、初の陥落! 黒幕・闇無の暗躍も始まり、紅緒様にも“黒札”演出が初実装に!!

00461
00479
 ラスボス降臨で新規一転! 初のバサラ撃破回となりましたが、覚醒による力押しといった感じ
 バサラの力を、“撥ね退ける”さえの真価も明らかとなり
 事態は陰陽師の本場へ…

 いよいよ事態が動き出す中、次回、繭良回ですよ! ここで番外編なの!?

婚前旅行編、佳境へ!
 今シリーズ中は主題歌も継続みたいですが、節目回で、作画もいつもより気合入ってた!
 紅緒の、“ケガレ脚”も演出が追加に!

 彼女はまだ「黒札」なので、京都辺りで更にパワーアップするのでしょうか。

白服の婆娑羅『これだけの数を集めれば、まずまずの呪力を得られるだろう…』

00000
 前回は合体の素材に、今回はエサに…、一般ケガレはホンマ地獄どすえ~~。

双星vs双生 -BASARA TWINS' STRINGS-
 各地に龍黒点を開き、「禍野の解放」を図るバサラ闇無は、二身一体の百道・千々石を焚きつけ
 双星を襲撃、一卵性双生児の連携で追い詰めたが
 さえの謎の力に阻まれる

 バサラの力を容易く弾いたさえ、娘の危機にろくろ達も燃え、百道と千々石を撃退する

 闇無を追う三人の天将は禍野へ向かい
 当の闇無は、百道に止めを刺し、「双星の仕業だ」と千々石を怒らせる。

 さえの発揮した謎の力、彼女は、分からないけれど「(京都の方向へ)行きたい」と言いだし…?

 第27話「ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-」

バサラ“闇無”『我々の目的はただ一つ…、“禍野の解放”』

00001
00002
00004
00007
00008
00013
 ラスボス候補クラナシ、cvはジェリド、クルード井上様! やはり渋い…!

問答無用の格上感!
 双子の婆娑羅、「百道<ももち>」と「千々石<ちじわ>」は、同族喰らいで強化に励んでいた
 が、“闇無<くらなし>”に依頼を受ける

 龍黒点を塞ぐ忌まわしい陰陽師を…、お前達ならば倒せる。そう見込んでの事。

 溢れる格上オーラ!
 こんなじゃ、同族に嫌われますわな。

 最強「ペア」を自負する兄弟を、ペア繋がりで挑発、対双星へ動かす辺り、策士っぷりが窺えます

 不確定リスクは避ける派。

『行こうぜ百道? 双星とやらがどれほどのものか、確かめよう…』

00015
 ちなみにcvは、共に「キリトさん」ことcv松岡さんが一人二役をした模様。
 収録風景、カオスでしたでしょうね

 主演級キャストばかり!

オープニングは変更なし?

00017
 しれっと、来週で変わるかもですが、とりあえず今週はこれまでと同様。
 来週、予告の作画がミョーに良かったですから
 総集編の可能性もあるし!

 闇無の目的が、“禍野の解放”とも判明。

 いずれ、現世全体を侵食する気なのか?
 
紅緒様『さえちゃんは不思議な子…、禍野で出会って、瘴気の中でも平気だった…』

00019
00020
00021
00023
00026
 瘴気でも平気って、なんか語感が良いですな。

正体不明のかわいい子
 21話での登場以来、「あっちから来た」という謎の言動以外、ロクに情報のないさえちゃん。
 大陰陽師の子なのか?

 おはぎ…、おっきすぎる……♪

 順調に感染しとる…。
 てか、そんな名門の子なら情報が伝わりそうですしねえ。

 とりあえず「公式かわいい」続行ですが、あと、今週はところどころスゲー作画が良いですね!

 本シリーズを、再び掘り下げる節目の回。

十二天将『万魔調伏…、急急如律令!』

00027
 一方、龍黒点を閉じる十二天将、闇無は「龍黒点を潰してるから」と双星退治を依頼しましたが
 この状況を見るに、ただの口実だったんじゃ
 って気がしてきますね

 或いは今の龍黒点騒動は、こうやって、天将の力を削ぐのが主目的なのかしれません。

『まったく…、時は金なりというのに、これで四度目の無駄足……! 29時間38分の浪費…! クソ、大損だ!』

00032
00034
00039
00041
 いやぁ~乱世乱世! 守銭奴さんは、cv小西克幸氏でゴザったか!

三羽烏
 一方、今週の天将、なんと3柱同時主演の大判振る舞い!
 なお連携ガタガタの模様

 これは重要な巻なんだ…、自分は信者として、全身全霊でこれを買ってきたんだよ…!

 中でも細目の人
 ケガレ退治を放棄して買い物に行き、龍黒点潰しだけ持っていった模様。

 素なのか、深謀遠慮なのかどっちだ!

細目の人『また動き出したようだよ…、バサラが』

00043
 空振りだと言ったのは、彼らが、とあるバサラを追って動いているからの模様。
 しかし、「原因究明」はすばるが担っていたはず
 両者は別なのか?

ろくろ『くぅ~、全敗か~! さえ、強ェな~♪』

00049
00051
00055
00057
00060
00062
 ろくろ、16歳にして父性本能大爆発過ぎ問題。

あっちむいて本気!
 その頃、明らかに龍黒点発生を匂わせる演出の中、ろくろ夫妻は“あっちむいてホイ”に大熱中!
 いや、きなこ気づけ!!

 相手の癖とパターンを見つければ、ジャンケンの勝率を上げる事が…、出来る。

 そして全力紅緒様!
 何ていうか、やっぱり人付き合い下手なんですねえ…。

 両親を早くに失い、ばあやさんに「仕えられ」、陰陽師に打ち込んできた思春期。

 うーん、この圧倒的な空気の読めなさ…!

ろくろ『容赦ねえな…、つーか大人げねえ!』

00065
 繰り返しますが、いつもの三倍くらい作画が良い気がしてビビリます。
 普段は、まず輪郭がちょっとおかしいですし
 紅緒様は常におかしい

※性格的な意味で。

紅緒様『これは真剣勝負…!』
ろくろ『いや遊びだろ!?』

00068
00071
00072
00077
00080
00082
00083
00084
 この二年で、すっかりツッコミが板についたろくろである。

甘々と甘々
 結局、紅緒流の「必勝法」を逆用する事で、なんとかさえを泣き止ます事が出来た模様。
 天才児でも、子供ですねえ…

 さえ、すごいぞ~♪ 天・才…!!

 素で褒めてる(確信)
 八百長だけど、褒め方は本気だ!!

 相変らずベタ甘な陰陽師夫妻、いつか別れが、或いは「ラスボス化」した時はどうなるのか…?

 ていうか、きなこ早く気付け!

きなこ(イケメン)『二人揃って甘々やなあ…、!? アカン! アカーーン!』

00087
 気付くの遅すぎィ!

きなこ『なんでや!? いつの間に!?』

00091
00104
00111
00112
00114
00118
00123
00124
00129
00137
00140
 トンネルを抜けると…、そこは禍野だった…。らーらー、らららららー、らー、♪

ワイはプロ式神やで!
 って、アマ式神もあるんですかね!? バサラ兄弟の襲撃により、キャンピングカーを失う夫妻。
 初の「婆娑羅二体」戦!

 せいぜい前菜だろう…?

 メインだ!(迫真)
 黒い方は、とにかく相手をナメる傾向なのね!

 対し、今回は初手から「星装顕符・焔」を投入、紅緒様も久々に“ケガレ脚”を……、って!?

紅緒『ビャクリントウキ!』

00141
 いつもノーモーションでしたが、初期ろくろ同様、解放の“黒符”がお披露目に!
 かっこいい!

百道『…ヌルい』
千々石『遅い!』

00147
00149
00152
00157
00158
00166
00167
00169
00175
00176
00177
00178
00183
00186
00201
00202
00203
00207
00210
00216
 しかしろくろ、生身部分を殴られ、よく生きてたな!

双生の婆娑羅
 ろくろの倍は動きまくった“ケガレ脚”解放シーン! しかし、“共鳴”含め真正面から破られてしまう
 紅緒は速度、ろくろは威力不足!

 名前を呼びかけなければ、共に戦えないとは…。

 二人の長所が通じない!
 ケガレ脚による、最速モードをも見切られててしまう紅緒

 連携不足以前に、長所を上回る辺り、強すぎて「あ、退場しそうだな」という雰囲気がバリバリ…!

 強すぎるのは死亡フラグ…!

兄弟『合図をしなければ、共鳴を使えないとは…』『笑わせる』『合図など僕らには必要ない、僕らは共に生まれ、共に行動してきた…』『俺達は二人だが一つ…、』『言葉などなくとも分かる』『合図など無くとも、感じる』『千々石が』『百道が』
『『どう動くのか』』

00221
 同一個体が二体のケガレに? 或いは、「多産」であるクモの兄弟が一緒にケガレ化したものか?
 いずれにせよ、一心同体の戦法という意味では
 兄弟には敵わない!

※公式によると、一体のケガレから二体に分かれた個体との事。

『所詮、夫婦は赤の他人』『一心同体の我々には敵うまい…』

00226
 むしろ、「夫婦」は互いが異なるからこそ、新しいものを生み出せるワケですが
 別にそこは打開点ではなかった模様

※近親相姦が遺伝子異常を産むとされるように、異なるDNAを求めるのは一種の本能とか

さえ『ダメーーーーーーーーーーーーーっ!』

00227
00229
00234
00237
00243
00244
00247
00255
00258
00262
00263
00270
 双星の役目を冒頭で強調、さえは、やっぱり「子供」なのか…?

双星の御子?
 絶体絶命に陥った二人を救ったのは、「婆娑羅の力をかき消す」、さえの力の片鱗であった。
 葉っぱ…?

 まぐれで俺達の力を撥ね退けられるわけがない…、お前、何者だ?

 ようやく見えた真の力
 符の類も使わず、とっさの反射だけでかき消すさえ

 彼女が、本当に二人の子「御子」なら、そのくらい朝飯前って事なんでしょうか?

 でも、紅緒をママと呼ばないのよね…?

『…通行の邪魔だ』

00275
00282
00284
00285
00286
00287
00288
00292
00297
00299
 マスクの「医者」勘久郎も、cv中村悠一さんの主役級配役!

大判振る舞いや!
 しかし、さっきの三天将が戦闘に乱入、全員を強引に「現世」に引っ張り出す荒業により
 婆娑羅を弱体化させてしまう

 助けなんていらねーよ…、これは俺達の勝負だ、すっこんでろ!

 そんな手段が…
 また、ろくろ夫妻は自力打倒を宣言

 せっかく、五人がかりでボコれる事態となりましたが、二人だけで再び対峙する事に

 きなこはん、喜び過ぎィ!

『チッ…』

00302
 そしてホントに退いてくれる十二天将である。

兄弟『いいのか? 助けて貰わなくて…』『僕らにレゾナンスは通用しない』
ろくろ『なんだろうと!』

00311
00313
 ウチのさえをいじめる奴は、この手でブッ祓う!

父性と母性が騒ぐので
 確かに現世、しかし龍黒点により瘴気に満ち、婆娑羅の警戒心が上がったと踏まえれば
 事実上、状況は更に悪化
 が

 さえちゃんを傷つける者は…、私達が……、相手になる!

 溢れる親心!(視覚化)

千々石『いいだろう…、相手になってやるよ』
百道『千々石、油断するな。奴ら、先ほどとは違う…!』

00314
 だが、俺とお前の敵じゃない!

『確かに…、呪力も力も増したが…』『それだけだな!』

00322
 おっとろくろ選手退場!

『パートナーは居なくなったぞ? さあ、どうする……?』

00325
00326
00327
00334
00344
00346
00347
00352
00354
00360
00362
00364
00365
00368
00371
00381
00384
 確かに分かる事が一つだけ、ある…! たとえ倒れても…、ろくろは、諦めたりはしない!!

兄弟愛
 グルメ婆娑羅「師」は、戦うほどに呪力は上がるといってましたが、その言葉通り夫妻は強力化
 ろくろの一撃で、消耗しつくした婆娑羅兄弟
 紅緒により止めが!

 千々石…、油断するなと言ったろう…!

 スイッチ殺法!
 初めて、婆娑羅同士で庇いあう姿も

 兄弟でも思慮深い方が、やはり先に致命傷を喰らってしまう事に。

ろくろ『あ…!?』

00391
 倒れた二人の背後に現れた闇無、止めを刺すかと思いや、彼らを回収してしまう。
 龍黒点、ここまで自在に操れるものなのか!

 ワープ使いだったのか!

『ようやく現れたな…、闇無!』

00401
00410
00415
00425
00431
 十二天将ってスゲーけど…、変な奴ばっかだな……。

そこかよ!
 目当ての闇無登場に、三将は彼らの追撃を優先、一瞬「返り討ちになるか?」と思いましたが
 特にそんな事は無かった模様。

 だって…、だって、一緒にいたいもん!

 さえの片鱗も明らかに
 ただ、「何であんな真似を?」に対しては変な返し。

 さえの動機は“一緒に居たい”、この台詞、また繰り返されそうですね。

闇無『大丈夫か?』

00437
 そして闇無、やっぱりやりおった!

百道『闇無…、貴様!』

00442
00445
00448
00458
00461
 双星の陰陽師に受けた傷が…、致命傷となったようだ。これは百道から預かった…。

黒幕暗躍
 闇無は百道に引導を渡し、彼から奪った力を、恩着せがましく千々石に分け与える事で
 思うまま動く、“駒”を手に入れる事に

 百道の呪力…! おのれ……、双星!!

 王道の気の毒さ。
 ザ・黒幕、闇無が遂に表舞台へ!

 彼はさえの力に想いを馳せますが、「一体…?」みたいな言葉は使わず、濁す格好に。

 思い当たる節はあるのか、無いのか?

『さえ、あっち行きたい!』

00466
00468
00472
00479
 そうだ、京都行こう(CM感)。

「本場」へ
 落下したキャンピングカーも回収、さえを問い詰めますが、やはり心当たりはない模様。
 しかし、「京都に行きたい」と

 あのね…、なんとなく!

 陰陽師の本場
 いわゆる、“千年王城”に遂に向かう事に!!

 紅緒の実家もあるはずですが、とまれ、遂にさえの正体に近付く展開に

 どこから来て、どこへ行くのか…?

十二天将、嗎 新(いななき あらた)

arata
 CV:鳥海浩輔

太裳(たいじょう)。42歳。
 清弦、鳴海、有馬とは同年代で仲が良い。見た目に似合わず、かなりのオタクという十二天将
 お気に入りの漫画は『魔法少女ボンボンビーナ』。

 仲間をおかしな呼称で呼んだりする。十二天将の中でも特に切れ者で博学。

 実際の陰陽学でも
 天帝の文官、四時の善神とも呼ばれるそうな。

 五行は土、吉神であり、陰陽は「陰」。

水度坂 勘久郎(みとさか かんくろう)

kankuro
 CV:中村悠一

青龍(せいりゅう)。27歳
 鼻が弱いのか、いつも鼻水をすすっていてマスクをはずさない。普段は白衣を着ており
 陰陽師の医者をしている。

 龍のように、どこまでも自在に伸びるガントレットで戦う。憲剛と同年代で仲が良い。

 メジャーな「青龍」!
 いわゆる四神、東の守護神ですね

 陰陽は陽、五行は「木」の神で、吉神なのだとか。

雲林院 憲剛(うじい けんご)

kengo
 CV:小西克幸

十二天将・玄武(げんぶ)。26歳
 守銭奴と呼ばれるほどに、お金が大好き。いつもそろばんを持ち歩き、呪をかけて術を発動する
 同時に多くの仲間を守る術に秀でているが、料金を請求することも。
 勘久郎と同年代で仲が良い。

 守護料金十万円の人! 学生割引で5万円!!

 四神で「北」の守護神。
 水神にして凶将、「陽」に属する。十二支でいうと“子”なんだそうな。

 担当する季節は冬。

余談ですが

img_sub6
 公式サイト、トップの「右クリック保存」も三将に変更。お前らかよ!!

完全に余談
 夫婦は、別のDNAが云々と書きましたが、実際、「王家の血!」みたいに近親婚を繰り返し
 えらい事になったという有名な一族がいます
 ハプスブルグ家ですね

 しかし一族の仲が良く、争いが稀で、子宝も多かったという「王族」らしからぬ逸話も。

 神聖ローマ帝国の皇帝位を、中世以来保持したという超名家。

予告繭良『ヘンリー・フォードさんは言ったって! “若者は、自分を他人と違ったものにする個性の種を、一つでも探し出して全力で育て上げる事だ!”。ほほーう? よーし、私も育てあげられるぞー!』

00481
00484
00487
00488
00494
 フォード社創始者、自動車のライン生産、工業製品の、大量生産を拓いたという偉人ですね!

双星の御子?
 今週は、EDテロップも「制作協力drop」と付与され、いつもより良作画が増えた節目回に!
 ゲスト天将、バサラ共に主演級の声優ばかりで
 声優欄もスゴイ

 で、繭良回! “育て上げられるぞー!”とか自分で言っちゃってさ!!

 さえの秘密も一端が公開
 凄すぎる能力は、二人の子供「神子」である証なのか?

 初のバサラ退場となりましたが、宿敵・悠斗もまた、グンと強くなっていると思われますし…?

 第27話「ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-」
双星の陰陽師 感想

 双星の陰陽師 第1話「運命の二人 -BOY MEETS GIRL-」
 双星の陰陽師 第2話「双星交差 -A FATEFUL FIGHT-」
 双星の陰陽師 第3話「すれ違い -A HERO'S WORTH-」
 双星の陰陽師 第4話「禍野の音 -BOTHERSOME TWOSOME」
 双星の陰陽師 第5話「十二天将 朱雀 -THE GUARDIAN SIMON-」
 双星の陰陽師 第6話「紅緒と繭良 -GIRLS'PARTY-」
 双星の陰陽師 第7話「新たなる試練 -UNBElIEVABLE GAME-」
 双星の陰陽師 第8話「ろくろの気持ち -SHOCKING CONFESSION-」
 双星の陰陽師 第9話「交錯する悲劇 -TRAGEDY COMES WITH SMILE-」
 双星の陰陽師 第10話「すばるの修行 -THE FICKLE GUARDIAN-」
 双星の陰陽師 第11話「新婚さんおきばりやす -FANTASTIC MOMENTS-」
 双星の陰陽師 第12話「勘弁しろし -BASARA BOY KAMUI-」
 双星の陰陽師 第13話「君の勇気 私の勇気 -ZERO MILLIMETERS APART-」
 双星の陰陽師 第14話「浴衣と星と願い事 -TANABATA SPECIAL-」
 双星の陰陽師 第15話「ひとりぼっちに さようなら -THE AWAKENING OF LOVE-」
 双星の陰陽師 第16話「陰陽師として -SALVATION THEN WAILING-」
 双星の陰陽師 第17話「師がくれた赤い証 -NEW TALISMAN FROM MASTER-」
 双星の陰陽師 第18話「決戦前夜 -TRIUMPH OVER FEAR-」
 双星の陰陽師 第19話「罪もけがれも -THE 10 SECONDS DECISION-」
 双星の陰陽師 第20話「ふたりの道 -TO THE FUTURE WITH US TWO-」
 双星の陰陽師 第21話「双星新生 -SWEETIE FAIRY-」
 双星の陰陽師 第22話「ケガれてんじゃ~ん -PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM-」
 双星の陰陽師 第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」
 双星の陰陽師 第24話「ケガレの見た夢 -WHAT IS BEAUTIFULL?-」
 双星の陰陽師 第25話「天・元・空・我 -COME BACK! SOUTHPAW-」
 双星の陰陽師 第26話「双星vs双生 -BASARA TWINS' STRINGS-」
 双星の陰陽師 第27話「ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-」