瀬名と、瀬名とよく似た生真面目な男と。雨の背中、この理不尽に“都知事”は…?

00378
00340
 やはりガラッとシリアス、“空き缶を逆さまにする”、たったそれだけの全てが切なかった瀬名回。
 生真面で几帳面、酒に弱いって“弱点”も微笑ましくて
 瀬名さんに似た男でした

 そして彼を苦しめる“独裁者”に、利権目当てに協力する日本政府…?

真面目に生きるのは辛い
 どうも今回も、都知事が絡んでいると示唆されましたが、それと東京のテロがどう絡んだのか?
 特殊な付着物、“不法移民犯罪”を顕示した気が

 予告のエミリア&まりもコンビに癒された! 何でセーラー服!?
黒騎『上野の事件も、赤坂の事件と同じウィルウェアですか?』

00005
 今週、スリ子の出番が早いな!

異邦人は風のなか
 頻発する「姿が見えないウェア」の事件、だが、特殊な付着物から“泥濘地区”なのは明白だった
 泥濘地区に住む、不法移民を捜査していた瀬名は
 亡命者アティンと友情を深める

 不法移民を労働力にコキつかうヤクザに、瀬名は目を背けず、真っ向からアティンを助けた

 彼はカヌパヌバ公国の反政府運動リーダー
 理不尽な現実に、ぶつけようの無い怒りを、“何者か”に利用されたらしい。

 助けた義理を返し、投降したアティン、瀬名は「真面目に生きる」辛さを彼と分かち合う。

 次回、File_9「第八係 出撃せず」
『という事は犯人は……』『不法入国者が、ウィルウェアなんて持ってるかなぁ?』

00002
00006
00008
00009
00010
00013
00014
00017
00020
00021
00022
00029
00030
00031
00036
 という訳で、今日は内定調査よ♪ ボスかわ!

テロリスト・イン・トーキョウ
 東京連続破壊事件、死者こそ出ていないものの、“姿なきウィルウェア”の破壊活動が頻発し
 付着物から、“不法移民”が被疑者に

 毎日、交代でサポートしろって舩坂さんが♪

 問題は“管轄”
 またも、民間協力である瀬名の出番!。

 しかしゴミ散らかしブチキレ昇華機構事件の反省か、今回は他メンバーが毎日サポートに。

 やだもう、頼めば凡河内さんが飛んでくるのにー♪
瀬名『政治が決着する前に、移民や不法入国者、様々な者が住み着いてしまったからな…、もう、どこも簡単に手を出せないグレーゾーンだ』

00037
 東京再編の原因、大規模液状化現象で泥濘化し、都が“壁”を作ってシャットアウトした
 スラム化し、再整備もままならなくなってしまった
 移民を受け容れた未来。

 いかにも、稲城都知事が整備したそうな地区ですが…?
星宮はるか『なんだろう…? へー…、空き缶で作ってるんだ』

00038
00040
00042
00043
00045
00054
00055
00057
00060
00065
00067
00068
00069
 黒騎、警察に就職した元ヤンキー、として有名らしい

半官ども
 瀬名は、界隈のゴミをきちんと片付けて暮らし、しかも日本語に堪能な外国人と出会うが
 取り付く島もなかった
 が

 やはり横流ししている組織があります、関東共友会に繋がっているかもしれません

 ヤクザは釣れた!
 この周辺で、ゴミ処理業者を仕切る連中が接触

 どうも、近辺の瓦礫撤去を暴力的に仕切り、「金目の物」を集めると共に廃棄業務も独占。

 瓦礫撤去費を、都からふんだくってるらしい
老人『なあ、兄ちゃん! アレをくれないか? アンタだろう? オレにもアレを…!』

00074
 その最中、瀬名を誤解した老人と接触しますが、「何」を欲しがってたのかは明言されず
 麻薬の密売?

 いえどうも、“犯罪ウェアを配ってる連中”と誤解したようです。

 ちなみに「壁」の外は、パスポート不要な治外法権状態。
黒騎『じーさん? コレやるから、お話してくれよ…?』

00081
00082
 それ私の!? ってさっきから食べてたドーナツ、瀬名さんのかよ!!
 一期のサンドイッチといい不憫!

 マジ不憫!
舩坂さん『連中のトラックですが、はるか君が追跡します。不法投棄とかするようなら、後日逮捕ですね』

00085
00088
00090
00092
00093
00097
00099
00104
00106
 お前! 不法移民を守る気か!

南の国の男
 集めたゴミはヤクザに引渡し、彼らの出方を見る事になり、「泥濘地区」の安定化に一役買う
 が、肝心の“ウェア”はサッパリだった
 しかし

 カヌパヌバ、俺の国だ…、知ってるか? 南の小さな国…、貧しいが穏やかなところだった

 不法移民問題
 瀬名は、とっさに「男」を救う

 彼の祖国は、“赤道直下”という地政学的な利点を見込んだ、独裁者に牛耳られたのだという

 それじゃ、マトモに出国できなかったのね…。
『反対じゃないか? それは…』『こう決めている!』

00108
00110
 そして始まる几帳面対決! アティンは、何故か「飲み口を下に」置く癖があり
 瀬名と真っ向対決に突入してしまう

 似た者同士か! 
『頑固だな!』『アンタのほうこそ』

00113
00115
00118
00124
00126
00127
00130
00131
 心は通じ合ったが、なお男は頑なだった。スリ子かわいい!

カヌパヌバ公国
 祖国は、ルドラ事件の「無人ウェア」を開発した独裁国家、“軌道エレベーター”の候補地であった
 赤道直下だと、格段に建て易いのだ
 で

 与党が必死に相手の機嫌とってて…、これには稲城都知事も逆らえないみたい

 静止軌道まで伸びるエレベータ
 日本が開発に成功し、東京に試作品が作られている

 成功すれば安価に宇宙まで物資が送れる為、独裁国家といえど、手を組まざるを得ないのだ

 で、稲城都知事は不服らしい。
黒騎『目撃者っぽいのが居たんですよ…、後で調べなおすつもりだったんですが』

00134
 なおドーナッツの浮浪者爺ちゃん、やっぱり「俺にもウェアをくれ!」と接触してたらしい。
 が、それ以上は聞き出せなかったっぽい。

カヌパヌバ公国とは、「バード」の国でもある

00511
00516
 あの畜生が、東京での拠点にしているのが「カヌパヌバ公国」であるらしい。
 ただ、「政変」ですぐ国に戻るよう言われてました

 つまり例の独裁者は、現在、権力を失いかけているらしい…?
瀬名『いやあ…、良いなぁ、こんなに整頓されているなんて…、これだけで信用に値する!』

00140
00141
00145
00147
00152
00156
00161
00164
00168
00173
 実際、東南アジアはイスラム教が多数を占め、アティンの祖国も同様だった

異邦人は風の中
 その時、再び“ウェア騒ぎ”が勃発、アティンを信じたかった瀬名は、慌てて彼の家に駆けつけ
 一緒に飲み明かす事になった

 理不尽な目に遭ってない奴なんかどこにもいない、少なくとも、俺の国じゃ…。

 人生初めての酒
 悪酔いし、初めて本音を吐露してくれるアティン

 彼の国は内戦続き、それでもいつか良くなると信じ、アティンも公務員をやっていたらしい。

 が、勝ったのは「日本と仲良くなった」独裁者だった。
瀬名『……君は、真面目に生きてきたんだな…』

00178
 酔いつぶれたアティンへの独白、よく似た二人ですが、一番の違いは「信念」だった
 瀬名は、防衛大から自衛隊、自衛隊から警察
 警察からダイハチ…

 優れた資質、どこでもエリートになりうる男だった、でも流れ流されて……。

 彼は、どんな着地を迎えるのでしょうか。
アティン『夢に見るんだ…、弟や妹が死んだときの事を…、俺は何も出来なかった…』

00184
00185
00189
00196
00202
00205
 ドリンクの缶がカラになっても、器の上に逆さに並べた…、水分が落ちてこないかと…。

弟たちが喜んでくれるから
 しかしアティンは悪夢にうなされ飛び起きます、「逆さの缶」は、難民船時代の名残。
 風車も、二人が喜んでくれたから…

 雨だ…、せめて雨さえ降ってくれれば…!

 でも二人は死んだ
 まだ生きてた、でも見放された

 憎悪は、通りがかったのに「見てみぬ振りした」大きな船、独裁者と手を組んだ日本に…!

 あの缶に、そんな思いが…。
瀬名『ふう…、そういう事が、礼儀正しいと思ったら大間違いだっ!』

00209
 翌日、わざわざ有給をとった黒騎さん、イヤガラセの如き代替品!
 あのドーナツ、めっちゃ甘そうでしたよね!?
 逆!?

 何で逆!? ギャクナンデ!?
黒騎『俺だって、生まれた街は(泥濘化で)失っている…』

00217
00218
00222
00226
00229
00232
00243
00244
00245
 変に感情移入はするもんじゃない、“欺かれても”気付かなくなる。

欺いたのはこっちの方だ
 黒騎は、全てを失い、怒りのぶつけどころを持たないアティンが容疑者なのだろうと察します。
 ウェアを使うには、一定の「学」が必要そうですし
 が

 お前だけだ…、ここに来て、俺の事をまっすぐ見てくれたのは…!

 頑なに信じる瀬名
 アティンは、ひとまず容疑者から外されます

 友情を確かめ合って別れた二人、そして「自分に跳ね返っている」黒騎が印象的。

 黒騎、“都知事に感情移入して”、欺かれてますよね…。
瀬名『前にも話した事だが……、ああ、いや…』

00254
00258
00260
 瀬名は、「居場所を作れ」とアティンを諭し、そんなものはないと撥ね付けられますが
 彼をセナーズインクで雇えるよう、手を尽くしていたようです
 ええ青年や…。

 しかし…!
エミリア『これ、はるかさんが追ってた違法業者ですよね?』

00248
 一方、「都市鉱山」、ゴミや瓦礫から使えるもの(家電ゴミのレアメタル回収も含む)を狙い
 不法移民を労働力に、搾取していた業者が逮捕に
 良かった、クソ共は捕まった!

 多分、ゴミも不法投棄してたんでしょうね!
まりも『“見えない犯人”、出てこなくなっちゃいましたね?』

00250
00252
00267
00268
00274
00279
00282
00286
00294
00305
00306
00317
00320
00322
00325
00332
00340
00343
00348
00351
00352
00357
 二期、「え!?」に定評がある瀬名さん。

異邦人は雨の中
 数日後、再び現れてしまった“見えないウェア”だったが、ダイハチ新武装「人工降雨弾」が炸裂!
 雨雲があれば、打ち込んで雨を誘発!

 動きを止めた。気付いたらしい…、水溜りの航跡が目印にされていた事を…。

 遂に捕捉に成功
 が、瀬名は「犯人」を察して検挙を躊躇

 再び逃走した犯人、彼を追う瀬名が見たのは、整然と“裏返された”空き缶の列……。

 なんて事…。
“アティン”『やはりキミか…、そんな気がしていた……、だから試した』

00362
 同じく気付いていたアティンは、“缶”に気付くか、追っ手が瀬名かどうか試したと明かす。
 君ならば、これも運命なんだろうなと思った
 そうアティンは明かす

 ただ、純粋に「見てみぬふりをしなかった」男が、自分の追っ手だった。

 アティンは投降を受け容れる。
アティン『こんなに雨が…、こんなに…! あの時、降っていれば…!』

00372

00376
00000
00378
00380
00385
00388
00392
00394
00395
00397
00399
 あの時、雨さえ降っていれば、彼はきっと誰も憎まずに済んだろうに…。

ただそれだけの事
 瀬名は、アティンが「助けた義理」への恩返しで投降したと悟り、互いに真面目すぎる事を呟く
 彼は、本国へ強制送還に

 アティン…、真面目に生きるのは……、辛いよな

 実は反政府運動の旗手
 それゆえ、弟妹と共に亡命を図ったのだった

 日本政府は「独裁政権」へ恩を売る為、彼の末路を知りながら、超法規的措置で引渡しに…。

 なんともやるせない結末に…。
真面目に生きるって辛い

00411
 でも真面目に生きる事は、胸を張って生きられるって事、幸せな事でもあるんですよね
 しかし、アティンは「真面目に」生きようってした結果
 一番大切な弟妹を失った

 真面目に、見てみぬ振りをせず、少しでもこの国を正そうって頑張って。

 やっぱ今回、やるせないです…。
エミリア&まりも『予告に出るという事は、次回、ロクな事にならないというフラグ? くわばらくわばら……』『え? なあにそれ?』

00407
00410
00415
00417
00419
00422
00423
00425
00426
 意外に外人の方が知ってるという…、いや最後のソレ違うから!

脚本:大西信介氏
 冒頭、「日本の幸せな家族」が被害に遭ったのも、思えば前置きだったんですね。
 当たり前の幸福どころか、生きる事もままならず…
 せめて雨さえ降ってくれたら

 あまりにささやかな願い、本当は憎みたくなかっただろう気持ちとか、やるせない気持ちになる回

 そして今回「利する」は誰か…?
 客観的に見れば、“泥濘地区が犯罪の温床になっている”という事

 都知事は今回の件を旗頭に、泥濘地区の再開発、クリーンな東京都の実施を図るのか…?

 次回、File_9「第八係 出撃せず」
アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 第一期 2016年1月~3月

 File_1「コードNo.538」
 File_2「学園崩壊」
 File_3「アリーナからの挑戦」
 File_4「旋回空域」
 File_5「消失のポーカーフェイス」
 File_6「夢は、彼方の黄昏」
 File_7「ロングレールライフ」
 File_8「アルティメイトロンド」
 File_9「ロゴスの名の下に」
 File_10「姿なき征服者」
 File_11「ジャパン スタイル」
 File_12「誰がための秩序(第一期最終回)」

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd 2016年7月~9月

 アクティヴレイド 2期 第1話「西から来た男」
 アクティヴレイド 2期 第2話「果てなき復讐者」
 アクティヴレイド 2期 第3話「天使と破壊神」
 アクティヴレイド 2期 第4話「再びのミュトス」
 アクティヴレイド 2期 第5話「利するは誰か」
 アクティヴレイド 2期 第6話「逆襲のルドラ」
 アクティヴレイド 2期 第7話「絶対ピーピング宣言」
 アクティヴレイド 2期 第8話「異邦人は風のなか」
 アクティヴレイド 2期 第9話「第八係 出撃せず」
 アクティヴレイド 2期 第10話「訣別の宴」
 アクティヴレイド 2期 第11話「偶像の夢」
 アクティヴレイド 2期 第12話 最終話「素晴らしき日常」