茹で蟹な姉ちゃんも素敵です! “互いに心配”姉弟回、そして溢れる健康美の回!!

00309
00063
 男勝りで乙女な姉ちゃん先輩と、そんな面を知らなかった、そして心配し続ける弟くん先輩回!
 うっかり紛れた恋文に、“頑張ってるんだね”って笑った姉ちゃん
 良い女すぎて弟は心配!

 そして「ぴかりから見た」、いつもと逆の視点、てこさんが堪らなく可愛かった!

負けず嫌いだから諦めるコト
 てこがすぐ諦めるのは、「負ける」のが嫌だから、だから“負けて当然だ”と思い込む為に諦める
 ホントは、きっと誰よりも負けず嫌いなのね

 ぴかりの気付き、ブルマの“健康的なお色気”が大変素晴らしかった! 青春!!
弟くん先輩『俺、二宮誠の姉、二宮愛は、大人しくしていれば、それなりにイケてるのだろうに…』

00023
 どころか、大変にイケてると思います…!

秘めた思いのコト/まだまだ知らないコト
 二宮誠は、がさつな姉が心配だった…、が、そんな姉の靴箱に“ラブレター”が舞い込んだ日
 姉も結構乙女だと知り、そして“誤解”だったと分かった後は
 別の意味で心配になった

 姉が、自分の幸せそっちのけ、他人の頑張りや幸せで、幸せになってしまうと知ったからだ。

 一方、いつものてこぴかりコンビ
 体力測定で、てこが“すぐ諦める”悪癖を改めてようと、ぴかりは一計を案じる。

 結果てこが案外負けず嫌いだと知り、“新たな一面”を知ったぴかりは、またまた幸せになる

 次回、第9話「消せない思い出のコト」
二宮誠『何時いかなる時でも、姉が弟を蹴る事に理由は要らず、その足癖の悪さは、留まるところを知らない…、弟としては、そんな姉の将来が心配でならない…』

00000
00001
00003
00005
00006
00009
00011
00012
00013
00015
00017
00019
00023
00024
00025
00031
00032
00035
00037
00040
00043
00046
00048
00050
00054
 全体に、むっちむちな制服姿いいよね…。

秘めた思いのコト
 二宮誠、通称弟くん先輩は、“双子で美人の姉”を持つ、世間一般からすれば恵まれた少年でした
 が、姉は“オンナらしさ”の欠片もなく…

 これはひょっとしてラブレ…、!? 姉さん、その手紙はッ! ぇえーーーー……。

 日々蹴られる二宮誠!
 ですが、「そんな」姉が心配だという好青年

 男勝りで嫁の貰い手がなさそうな、そんな姉に、ラブレターが舞い込んでしまったのです…!

 穏やかじゃないわね…ッ!
二宮 愛『でも、ロクに話した事も無いのに、一体ナニが狙いで下駄箱に手紙なんか…ッ!』

00058
 姉ちゃんいわく、二年になってから同じクラスになった野球部員、接点もロクにない
 一体、何が狙いなのだろうか、と

 いやそりゃ当然…。
弟くん『やっぱり…、ラブレターじゃないのか? 姉さんにもまさかの春がっ! ……あ、アレ?』

00063
00064
00067
00074
00076
00080
00081
00083
 やっぱり…、そうなのかしら?

びっくりするほど茹で蟹オトメ
 実は姉さんも、「自分を好きだという人が現れた」事が、これまた信じられなかったらしい。
 乙女か! いや乙女だ!!
 乙女だわ!

 えぇー…、何、その恥らう乙女のような反応…!? …調子が狂います、姉さん…。

 全くだよ!
 何、あの消え入りそうな声…!!

 火鳥先公が空を見上げ、ぴかりとてこが死にかける中、オトメボイスの姉ちゃんが手紙を開く…!

 恥らうあまり、まだ開けてもいなかった…ッ!
誠『え? ええーーーーーーーーーーーーー…!?』

00084
 しかし、すっと姉さんは冷静になり…!
 何という事!

姉さん『私の下駄箱の…、一つ下の子、宛だった…』

00085
00086
00098
00099
00103
00108
00111
00113
00122
00124
00134
 読んでないよ、手紙、最初の宛名しか読んでないからね…………、良かったっ!

私が嬉しくなっちゃうコト
 実は手紙は、「入れる靴箱を間違えただけだった」のだが…、姉さんはとても嬉しそうに笑った。
 なんて素敵な笑顔でしょう!

 私さ、頑張ってる奴をみると、つい嬉しくなっちゃうのよっ♪

 靴箱を間違えた
 それは、「そのくらい緊張する」くらいに…。

 差し出した「彼」は頑張った、“頑張ってる奴”を見ると嬉しくなるし、私も頑張ろうって力がわく!

 だから
『それって、むしろ感謝だよね♪』

00136
 思わず目を見開くくらい、姉さんには驚かされた!

二宮誠『……今日は、姉さんの意外な顔を、いっぱい見た気がする……』

00138
00148
00152
00155
00161
00165
00168
00170
 やはり弟しては、姉の将来が心配でならない…、今日この頃だ。

思ひでどしゃがしゃ
 その後、弟君も「物が捨てられない」性格というか、“思い出が捨てられない”性格だと語られる
 姉は、それを整理するのが日課らしい

 やっぱり姉としては…、弟の将来が心配でならない…、今日この頃だ。

 お人よし過ぎる姉も
 大切にし過ぎる、そんな弟も

 互いに互いを心配してる、二人なら、きっと大丈夫だと視聴者は思ってしまう…、今日この頃だ

 姉さん、“そう思えてしまう”のが可愛い人なのだ!
ぴかり『彼女の名前は、大木双葉…、愛称はてこっ!』

00179
 そしてBパートは、いつもと逆、ぴかりの独白で二人が描かれていくストーリー!
 実は、ぴかりさんの“てこ評”はすっごく高いのだ!
 それはもう!

 ていうか、「彼女の視点」から言われると、それも納得せざるを得ないね!

 立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花…!
ぴかり『すらりと伸びた長い手足、モデルさんのように高い身長、つややかでサラサラなロングの黒髪…、彼女はとっても美人さんですが、それだけではありませんっ!』

00173
00182
00190
00193
00194
00195
00197
00202
00204
00213
00217
 凛とした姿勢、何気ない仕草、周囲にまとう空気…、てこは、普通の人とは存在感が違うのです!

まだまだ知らないコト
 普段、自虐癖の「てこ視点」だから分かりにくいですが、彼女、すっごく美人さんなんですよね
 からの、ブルマだらけの体力測定!

 大木さんっ! あっち、踏み台昇降あいてたよっ!

 いやはや華やか!
 からの、「声をかけられる」双葉

 てこ自身が思うより、「ここ」は、怖い場所じゃあないんですよってなワンシーンなのかも。

 が、ぴかりとはぐれてしまい…
先生『君! …踏み台昇降、やりましたか?』

00219
 間髪いれず、クマみたいな先生に話しかけられてしまうファンサービス。
 てこ、逃げられない…!

ぴかり『……あらら、ガチガチ…』

00222
00224
00226
00236
00239
00242
00244
00245
00247
00249
00250
00254
00257
00261
00267
 ガチガチすぎィ……!

大変助かりますですぞっ!
 別行動した結果、改めて「ぴかりが居ないと困ってしまう」と再確認し、自分はダメだと悩むてこ
 ブルマでドジッ子祭り!

 こんな大勢の中に放り出されると、どうしていいか、分からなくなっちゃう……。

 ぴかりさんも
 たまに、「犬っぽい」と思ってたり……。

 あれこれ言いつつ、コンビで体力測定に臨む二人が、なんだかとっても可愛かったですね!

 体操服のしわも、作画がすっごい頑張ってる!
『私…、ホント、ダメ山ダメ子だから……』

00279
 てこさん、それは後の某キャラの口癖ですよ?

ぴかり『てこはそう言いますが、私にはそう思えません……』

00281
00282
00293
00295
00301
00304
00307
00309
00310
00313
00317
00319
00322
00324
00326
00328
00332
00334
00336
00337
00339
00343
00346
00351
00354
00356
00357
00359
00364
00366
00367
00372
00373
 今、途中で諦めたでしょっ!のぴかりさん可愛い!

てこの悪い癖のコト
 総じて、てこが「嫌な事から逃げてしまう」のが悪い癖なんだな、と見抜いたぴかりは
 一計を案じ、共に最下位スタートする

 要は、やり方と考え方っ! イヤな事だからって、気持ちまでイヤになっちゃう事ないんだよっ!!

 美人多いな…。
 じゃなくて、問題は“考え方”!

 さっき、「負けそうになって」諦めた双葉と、「これ以上負けない」とこからスタート!

 そうすれば、後は“勝ち”しかない!
てこ『でも…、死にそう…、です…!』

00377
 序盤は体力を温存し、終盤のスパートにかける定番走法ですが、これは死ねる…!
 ただ、“常に頑張る”よりも気楽な時間が長い分
 キツさはトータルで得?

 ぴかりさん、髪じゃりじゃりになるよ!

ぴかり『うん…! 持久走は…、死にそうに……、なるものだから…!』

00382
00385
00388
00389
00392
00396
00397
00398
00400
00402
00404
00405
00408
 身体のラインに、健康的な色気を感じる!

気付かなかった性格の事
 結果は10位と11位…、でも最初のうっかりがなければ、「ダッシュ」がもう少し早めだったら…?
 一転して、「もう一回やりたい」とてこは言った
 言っちゃった!

 あ、そっか! てこってもしかして、負けず嫌いでしょーーーーーーっ

 諦めやすい性格
 それは、「自分から負ける為」なんだと

 一生懸命やったのに負けたら悔しい、だから「負けた理由」を作る為に、諦めていたんだと。

 まだ本気出してない、と自分に言い訳できるから!
ぴかり『てこについて知ってる事が増えたから、私は嬉しいよ?』

00413
 これは照れる…!

ぴかり『てこの新たな一面に、私が初めて気付けたって事もねー♪』

00417
00419
00421
00422
00423
00426
00432
00435
 畳み掛けられるてこさんかわいい!

わたしの自慢のお友達
 最後は総括、姉ちゃん姉弟もそうだけど、「よく知ってる」と思ってる人でも知らない面はある
 でも、見つけたらもっと好きになってしまうし
 幸せになれる

 私の自慢の友達は、今日、もっともっと自慢の友達になりましたっ!

 ぴかりさんは前向き!
 姉さんもだけど、すごく前向きな“大好き”だ!

 見ていてくれる人、だから「自分でも知らなかった面」に気付かされる、私生活でもバディな二人!

 しわと陰の作画も、気合が入ってて素敵だった!!
予告てこ『簡単に行けそうで、すぐには行けない距離。この携帯の写真があれば大丈夫だと、思っていた』

00367
00351
 いっけー!とかぴかりの元気さも可愛かった!

むしろ感謝だよね!
 真斗ちゃん先生回に続き、いつもと違うモノローグ、いつもの違う視点から素敵が溢れる回!
 まさか、“ラブレターを貰う”なんて予想もしてなかった姉ちゃん
 乙女全開の回だった!

 いつもと違う視点、また「自分以外の視点」から、新しい面に気付くお話!

 あと普段の制服もですが
 出来る限り、服の陰影やしわが描写されてるんですよね。

 おかげでというか、女性陣、とても健康的に見応えのある回だったとも思いました!

 次回、第9話「消せない思い出のコト」
あまんちゅ! 感想 2016年夏アニメ 7~9月

 あまんちゅ! 第1話「少女と海のコト」
 あまんちゅ! 第2話「光といけないコト」
 あまんちゅ! 第3話「わくわくと幸せのコツのコト」
 あまんちゅ! 第4話「わくわくと諦める心のコト」
 あまんちゅ! 第5話「仲間と始めての海のコト」
 あまんちゅ! 第6話「ホントじゃない願いのコト」
 あまんちゅ! 第7話「雨のおわりのコト/夏のはじまりのコト」
 あまんちゅ! 第8話「秘めた思いのコト/まだまだ知らないコト」
 あまんちゅ! 第9話「消せない思い出のコト」
 あまんちゅ! 第10話「今日という一日を迷うコト」
 あまんちゅ! 第11話「猫と子猫のコト」
 あまんちゅ! 第12話「蒼い世界のコト」

あまんちゅ! 原作コミック感想

 あまんちゅ! 5巻
 あまんちゅ! 6巻
 あまんちゅ! 7巻
 あまんちゅ! 8巻
 あまんちゅ! 9巻
 あまんちゅ! 10巻“導かれし春”
 あまんちゅ! 11巻“理想郷”