マリーダさん、その早すぎる死が残したものは…。いざ“ラプラスの箱”へ

00555
00241
 短いながら、燃えるコンロイ・ジェガンの死闘! “ニュータイプ”とバンシィに苦しむリディの凶行に
 遂にマリーダさんも落命、死の際まで多くの言葉を残し
 献身的だった彼女らしい最期に…

 その死に涙し、オットー艦長と共に闘志を燃やす、ジンネマンがまたカッコイイんだ!

出番がありませんからね!
 そして当時、ちょっぴりガッカリした「ラー・カイラムの制圧戦」も収録! ヤられた二機種ってば
 どっちも初アニメだったんですよね。確か。

 マリーダの忠告を胸に、遂に“ラプラスの箱”へ…!
『第四カタパルトにモビルスーツ! 取り付かれました!』

00000
 ズサのブースターを火達磨にし、一機が艦上に到達…!

再び光る宇宙
 人の憎悪を増幅する事で感応波を引き出す、“NT狩り”のサイコ機、バンシィに呑まれるリディ
 が、凶弾を、敢えて受け入れるように身を晒したマリーダの散華は
 宙域の戦いを止めた

 宇宙は光り、リディの心を解放、「この宙域は狙われている」と助言を残しマリーダは散る。

 荒れ狂ったバナージにより
 アンジェロ操る、ローゼン・ズールも大破し戦闘は終結する。

 不思議と先行したフロンタルの姿はなく、バナージ達は「ラプラスの箱」が眠る通路へ向かうが…

 次回、第20話「ラプラスの箱」
オットー艦長『すぐに排除しろ!』

00001
00003
00006
00008
00011
00014
00017
00020
00022
00026
00029
00032
00034
00040
00041
00043
00046
00047
00049
00050
00053
00058
00062
 ジェガンは亡きダグザの副官コンロイ、ガルスKは、外伝漫画「袖付きの機付き長は」に出演。

無言の近接戦
 現れたのは、ハマーン戦争期の近接機「ガルスJ」の改修型、装甲をほぼ取っ払った、ガルスK
 当時、Jの支援機として生まれた「ズサ」であった

 迎え撃つジェガン、ギラ・ズール、陣営を問わぬ連携を組み伏せる二機!

 しかし紫カメラの機体が!
 さっき、ハイメガランチャーを使っていたコンロイ機!

 前腕に固定装備された“ボックス型”サーベル、一年戦争期以来の、特務機定番装備で迎撃!

 一進一退の戦いとなるが…!
コンロイ副指令『バナージ!?』

00066
 なお、推進器の大半を取っ払って軽量化した機体なので、フッ飛ぶと戻って来れないぞ!
 一長一短も大変だ!

※推進器自体の重さもある 
 加えて、相応の推進剤が必要となるので、トータルでかなり重くなるらしいぞ!

 百式改なんか、“推進剤増やしすぎた”と問題点となったくらいだ!
バナージ『(補給を受けなくとも)まだいけます!』

00067
00069
00071
00078
00082
00085
00090
00092
00099
00100
00106
00111
00118
00122
00125
00129
00133
00135
00137
00138
00143
00149
00154
00156
 ちなみにザクⅢの「隠し腕」は、本来、ビーム・キャノンがあったパーツの改良である

一騎当千
 その言葉通り、バナージは単騎で「袖付き」のMS群を圧倒、ミサイルの嵐を次々と撃破し
 食い下がった可変機、“ガ・ゾウム”も一蹴!
 が

 味方ごと撃つのか!?

 袖付きの最精鋭
 準NT機、ローゼン・ズールがまとめて灰燼に…!

 ユウニコーンのライフル(リゼルから借り受けた一般品)を切り裂き、食い下がったガ・ゾウム!

 ガザ系の最終型、キット化しないなぁチキショウ! 
アンジェロ『忠義面して世界をメチャクチャにした戦争屋ども…、皆、穢らわしい“染み”だァ!』

00158
 アンジェロは敵も味方も罵倒しますが、実際、“一年戦争”で世の中メチャクチャにした大人達
 彼らの忠義は、敵味方の“市民”を苦しめています
 だからってデタラメだ!
 
 彼は非ニュータイプですが、それでも「遠隔武装」「機体の直接制御」が可能な、準NT機に登場

 その負荷が、彼の“本音”を引き出したのでしょうか
バナージ『な、何だ!? サイコミュが遮断されていく…!?』

00167
00171
00175
00177
00182
00186
 初めて会った時から気に喰わなかった…、死んじゃえよ、お前ッ!

サイコ・ジャマー
 アンジェロは、「感情」を処理できなかった兵士達の被害者、感情的なバナージはムカつくし
 その彼が、敬愛する“無感情な大佐”に認められている
 気に喰わない!

 ローゼン・ズールの「対ユニコーン」装備、バラのビットが“ガンダム”を阻む!

 NT機は、「脳波」で直接制御。
 その脳波=感応波を遮断し、機能を封鎖する自動制御ビット!!

 自動で追ってくるビット、その撃墜を図ろうにも、“考えただけで動く”機能を潰されままならない!

 だって、アンジェロ機は“考えただけで動く”んですし!
ミネバ『少尉…、リディ少尉……、リディ少尉…!』

00194
 この事態に、ミネバが「脳波(感応波)」で直接頼ったのは、絶賛狂乱中のリディ!
 今や、ニュータイプに開花したリディなら…!

ミネバ『<今、やらなければいけない事は何か、あなたなら分かっているはず!>』

00202
00211
00216
00221
00236
00238
00241
00248
00253
00257
00259
 リディが死んだと誤解した時、キレてマリーダにあたったミヒロ少尉の姿も。

ニュータイプ
 バンシィは、サイコフレームという「受信機」で、ミネバやマリーダの、リディを心配する仲間の声
 彼らが発する、感応波を具現化
 
 そのバンシィも可能性の獣、人の心に反応するシステムを持っている!

 人の優しさに包まれ
 むき出しの心に、安らぎを覚えるリディ

 敵の意思を感じ取り、“駆逐”する為のバンシィが、リディに安らぎを与える事に。

 が、衝撃で“声”が乱れ…!
リディ『皆で…、俺を否定するのか……!』

00268
 ひとたび、受け入れられたと安堵しただけに、一層キレてしまうリディ!
 憎悪を増幅し、感応波をより強く引き出すバンシィに
 再び飲まれてしまう

リディ『ミネバ…、お前は……、俺を…、独りにしないでって言ったのに…!』

00272
00275
00279
00281
00286
00289
00290
00292
00298
00307
00312
00316
00318
00320
00323
00324
00327
00328
00334
00338
00340
00347
 その生真面目な心が、他人も自分も傷付ける。落ち着いて、周りを見渡せばいい、世界は広い…。

マリーダ・クルス
 リディの凶弾、飲み込まれたマリーダは、まるで“人の心の光”のような現象を起こし戦いを止め
 人々へ、言葉を残し散華する

 あなたは私の光、もう一度、私を産んでくれた光でした…、ありがとう、お父さん…。

 ジンネマンとマリーダ
 二人は、ようやく「これから」だったのに……

 単なる爆発光ではない、NTもオールドもない“声は”、この宙域が狙われていると忠告を残す

 辛いことばかりで、ようやく「これから」だったのに…。
マリーダ『姫さまは、バナージをしっかり繋ぎ止めてください。でないと、彼は…』

00349
 同じく個別に残した言葉は、忠義の言葉と、謎めいた言葉であった。
 結果、ミネバはバナージと同道する事を決意。

アンジェロ『ただのシールドが、あんな…!? キサマ如きがぁーーーー!』

00352
00354
00359
00371
00373
00376
00380
00389
00398
00400
00404
00412
00420
00421
00425
00428
00432
00435
 シールドには推進器はなく、サイコ・フレームの謎パワーだけでファンネルのように…!

アンジェロ・ザウパー
 マリーダの死に、衝撃を受けたバナージは、「ジャマー」の許容値を超えた感応波を放散
 再び、緑の発光を起こし…

 何故貴様なのだ! 望んでもいない貴様が、何故必要とされる…!?

 アンジェロの怒りの根本
 何故、“大佐”は自分を見てくれないのか

 ようやく「大佐」の目に留まった、その喜びと共に、ローゼン・ズールは自害同然に大破

 あれほど猛威を振った機体が…。
アルベルト『マリーダ…!』

00440
 元より、彼女への恋心ゆえにバンシィを託したアルベルトも、遠く離れた地球で感じ取り号泣…
 原作では、彼もリディの支援に宇宙に来ており
 マリーダが現れています

オットー艦長『ハイパー・メガ・粒子砲……、(撃)てェーーーーーッ!』

00443
00449
00457
00461
00465
00473
00474
00478
00488
00493
00500
00506
00510
00516
00522
00523
 これが…、ニュータイプの感応…、バナージ……、俺を撃て…、撃ってくれ……!

艦隊決戦、終結へ
 前回の予定通り、「袖付き」の艦隊はハイメガ砲で退け、戦いは終結へ。
 一方、彼らを“見つめる”者達は…

 箱そのものに価値は無い、彼らがそれをどう扱うか、見極めてからでも遅くは無い。

 発射を退けるリディの父。
 一方、リディは“人の心の声”にパンクしそうであった

 他人の心を感じ取る力、ニュータイプの力に、押し潰されそうになるリディ。

 全てを受け入れる生真面目さが、また彼を苦しめるが…。
ブライト『ロンド・ベルの作戦指揮権に基づき、シャイアンの基地施設内の捜索を行う!』

00527
 そんな殺伐とした基地に、ラー・カイラムが! 彼らは位置付け上“外郭新興部隊”なのです!
 彼らは、治安維持部隊として独自の捜査権を持つことから
 これを盾に強引に介入!

※その性質から、あちこちの許可を得ずに動ける身軽さが信条。

 反面、「第2のティターンズになるんじゃねえの?」と疑われている面もあります。
ナイジェル隊長『やりすぎるなよ!』

00531
00535
00545
00547
00549
00555
00558
00559
00561
00562
00565
00568
 いやー! 私のゼータプラスが!!

連邦軍シャイアン基地
 かつてアムロが軟禁され、今はコロニー・レーザーの司令部となっている、最重要施設だけに
 まだ、試験段階の最新鋭機まで配備
 が

 これぐらいしか、出番ないッスからね!

 全くだよ!
 彼ら、トライスター以下「ジェスタ」集中投入であっさり完封。

 ノロマそうな操縦者の「グスタフ・カール」は、本来はUC0105年“閃光のハサウェイ”の機体!

 初のアニメ出演だったのにィ!
コンロイ副指令『何があっても、落ち着いて対処するんだ…、バナージ、俺達がケツを支えてるって事を忘れるな』

00569
00570
00573
00575
00579
00584
00585
00586
00592
00599
00601
00602
00605
00610
00675
00706
00708
00710
00711
00712
00716
00722
00727
00732
00737
 通常は別々に回転する複数のシリンダーが、「止まる」事で初めて通路に。

私のたった一つの望み
 一方、バナージ達は静止したコロニービルダー“メガラニカ”の屋敷、始まりの場所に戻り
 奥で待つ「宗主」に受け入れられる

 待ちましょう、ユニコーンを…、今度は俺達大人が、あいつを護ってやる番です!

 マリーダの残した予言
 ミネバは、バナージに帰還を約束させますが…

 その一方で、オットー艦長とジンネマンも、「もし敵が来たら俺達が戦う」と決意するのでした。

 それが「大人」の役割だと…。
次回、遂にバナージ達は「ラプラスの箱」の真相を知る…!

00443
00579
 今週の注目MS“EWACジェガン”、カメラを強化した偵察用。面白いヘアースタイルですよね。

マリーダ散華
 誰より辛い人生を歩んだ彼女です、これからは、誰より幸せになっていいはずだったのに
 一足先に、“姉妹たち”の待つ側へと旅立つ事に…。
 アイスクリーム…。

 撃ったリディも、憎しみを増幅させるサイコマシーンに呑まれての凶行

 元より、“NTを使いNTを狩る”機体
 サイコ・ガンダムなど、“人を機械のパーツにする”流れの機体

 いつの世も悲惨な結末をもたらす機体ですが、彼女が身体を張ってまで、正気に戻した彼は…!

 次回、第20話「ラプラスの箱」
機動戦士ガンダムUC RE:0096

 第1話「96年目の出発」
 第2話「最初の血」
 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
 第4話「フル・フロンタル追撃」
 第5話「激突・赤い彗星」
 第6話「その仮面の下に」
 第7話「パラオ攻略戦」
 第8話「ラプラス、始まりの地」
 第9話「リトリビューション」
 第10話「灼熱の大地から」
 第11話「トリントン攻防」
 第12話「個人の戦争」
 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
 第14話「死闘、二機のユニコーン」
 第15話「宇宙で待つもの」
 第16話「サイド共栄圏」
 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」
 第18話「宿命の戦い」
 第19話「再び光る宇宙」
 第20話「ラプラスの箱」

ガンプラで見るユニコーン 電撃ホビーwebより

 ガンプラで見るユニコーン その1
 ガンプラで見るユニコーン その2「MG 1/100 ユニコーンガンダム」
 ガンプラで見るユニコーン その3「HGUC 1/144 クシャトリヤ」
 ガンプラで見るユニコーン その4「HGUC 1/144 シナンジュ」
 ガンプラで見るユニコーン その5「HGUC 1/144 リゼル(隊長機)」
 ガンプラで見るユニコーン その6「HGUC 1/144 ロト ツインセット」
 ガンプラで見るユニコーン その7「HGUC 1/144 ドライセンuc.ver」
 ガンプラで見るユニコーン その8「HGUC 1/144 ギラ・ズール アンジェロ・ザウパー専用機」
 ガンプラで見るユニコーン その9「HGUC 1/144 ジェガン(エコーズ仕様)」
 ガンプラで見るユニコーン その10「HGUC 1/144 ジェスタ」
 ガンプラで見るユニコーン その11「HGUC 1/144 バイアラン・カスタム」
 ガンプラで見るユニコーン その12「MG 1/100 リゼルC型リゼルC型 (ディフェンサーa+bユニット/ ゼネラル・レビル配備機)」
 ガンプラで見るユニコーン その13「HGUC 1/144 ローゼン・ズール」
 ガンプラで見るユニコーン その13「HGUC 1/144 クシャトリヤ・リペアード」
 ガンプラで見るユニコーン その14「HGUC 1/144 バンシィ・ノルン(デストロイモード)」