重ちーの受難!! 吉良吉影、“手”を取られて足が付く。手で足が! フフフフフ!!

00439
00349
 遂に仗助たち一行と「引き合った」大敵スタンド、キラー・クイーンと吉良吉影! その人生哲学!!
 でも、なんつーか、“争わない”姿勢ってヤツは憧れますよね
 中々出来る事じゃあない!

 細やかな「気配り」と大胆な「行動力」で対処すれば…、結構幸せな人生を送れるような気がする

「幸福に生きる」為に
 スリル溢れる争奪戦! 窓からモゾモゾ入ってくる億泰とか、思わずこっちも身を縮めた!
 素晴らしい緊迫感!

 人並みに「幸福を願い」「焦る」、吉良って男は本当にアレだ…!
吉良吉影『さぁ…、頂こうか。そうそう、キミにプレゼントがあるんだ……』

00012
 杜王町レイディオとかいう吉良シーンの代名詞。

吉良吉影は静かに暮らしたい その1
 その日、彼はいつものように「女」と共に出社し、「女」と共に美味しいパンを購入し楽しんでいた。
 が、愛しい“彼女”をつい袋に隠したことから
 街の少年が取り違えてしまう

 少年、「重ちー」に仗助と億泰という少年、彼らのランチタイムから辛くも奪還に成功

 幸運に感謝し、吉良吉影は、上機嫌で帰社しようとしたが
 重ちーに取り押さえられてしまう。

 15年来の「殺人鬼」吉良吉影は、証拠隠滅の為、“重ちー君”の排除を開始する。

 次回、第22話「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」
女子社員『吉良さん、あの…、吉良さん! 良かったら、あたし達とお昼、ご一緒しませんか?』

00001
00002
00003
00004
00005
00006
00009
00012
00015
00017
00018
00020
00021
00025
00028
00029
00032
 吉良と“爪”! これは実に関係深いモノなんだ…!

その男に面白みは無い
 吉良吉影、彼の日常は目玉焼きにサラダまで添えられたトーストに始まり、昼もパン屋へ行く。
 無論、“手<オンナ>”は欠かせない

 しまった…、ラップを突き破って、ソースを滲み出させてしまったぞ…。いけない子だ

 異様だ…!
 彼は、33歳で「情熱のない男」と評される

 しかし整った容貌、“万事に”きめの細かい性格であるせいか、女子の評判は低くない。

 パン屋さんってば災難!
吉良『しかし…、このサンドイッチは穴が開いたから……、その下の奴を買おうね』

00037
00038
 たまらず“ねぶる”吉良吉影、いやホント怖いっていうか“ゾッ”とする男です。
 一事が万事コレだ!

吉良吉影『美しい町だ…、杜王町。他にこんな素晴らしい町が他にあるかなあ? まるで、ピクニックに来ている気分だね』

00039
00057
00109
00110
00113
00118
00125
00130
00134
00137
 ちょっとニオってきたな…、この「女」とも別れ時だ…。“手を切る”……。

吉良吉影は独り笑う
 ここ15年、手がかりも残した事がない「ベテラン殺人鬼」、彼はいついかなる時も幸せを忘れない
 他ならぬ、彼もまた“町を愛している”のですから
 皮肉というか

 フフフ、またどこかで、旅行か何かしている新しい女の子を見つけてくるか……。

 平然とコレである
 そりゃま、すぐ臭ってくるでしょうよ!

 しかし、「美味しいパンの匂い」を嗅ぎつけた犬に、吉良は食事を中断、“女”を仕舞ってしまう

 たったそれだけの事が、運命を分けてしまった…!
億泰『お…? 重ちー! へへへ、良いところであったぜ重ちー』

00138
 しかし、生理的嫌悪漂うアニメに、待望のジョジョご一行様が!
 って、こっちも絵面は結構ヒドい!
 主に重ちーが!

 相変らずドドリアさんみたいな髪型してますねェー!

 オーホッホッホ!
仗助『イキナリだが頼む! 小銭、貸してくれ! 俺達、昼飯代忘れたんだ……』

00145
00151
00154
00161
00165
00171
00174
 完全にカツアゲだが、別に、返さないワケじゃあないのは視聴者も知っているねッ!

借りパク
 二人は、重ちーに“カネ”を借りたのだが、金に細かい重ちーは“借用書”を作り始めてしまい
 犬に、サンドウィッチを攫われてしまう
 で

 なーんだ…、あるじゃあないか…、ちょいと離れた気もするけど、まあ良いど…。

 借りた!
 で、パクられた!!

 なんという事でしょう、このままでは「手」を発見され、「足」がついてしまうじゃあないですか!

 手で足が! フフフフフ!!
吉良『なんだと…! あの小僧、袋を勘違いして持っていったのか!?』

00175
 悲しい事に、“重ちーだから”やらかしてしまった!!
 どんだけ勝手な勘違い!

吉良『不味い…、“彼女”は私が買ってやった指輪をしている…
警察の捜査力なら、あの指輪から私まで辿ってくるのは時間の問題だ…。この吉良吉影、15年前から、手がかり一つ残した事は無いが、よりによってあんなガキが…!』

00184
00188
00192
00195
00201
00211
00213
00215
 衝突する二人! 「中身」が出なくて良かった…! のか?

重ちーの節約術
 人知れず戦慄する「杉本鈴美殺し」の犯人、吉良吉影は、何とか“彼女”の奪還を図るが…
 仗助達は、サンドイッチが売り切れていたと嘆く

 ねえ? オラの中等部の体育準備室なら、飲み物いっぱいあるど? 教師がこっそり飲んでるんだ

 500円で満足する組み合わせ!
 自分は、教師の飲み物をくすねていると重ちーは誘う

 もちろん仗助たちは散々に断るが、結果、重ちーは独りで「学校」まで帰ってしまい…

 てか、意外に礼儀正しいな重ちー…。
吉良吉影『不味いぞ…、あの小僧は、間違いなく数分の内に袋を開ける…、非常に…、不味いぞ!』

00216
 醜悪な殺人鬼でありながら、けっこう普通に焦りまくる吉良。
 しかし!

重ちー『しっしっしー♪ ここなら、ゆっくり寛いでランチが食べられるど♪』

00217
00222
00227
00229
00235
00236
00240
00241
00250
00257
00262
 日常の維持には、「冒険」も時に必要であるという好例。

日常に潜む悪魔
 なんと校内、それも「体育準備室」まで忍び込む吉良だったが、仗助たちまで現れ絶体絶命!
 が、慌てず騒がず“跳び箱”の中へ!

 三人は厄介だ…、クソ! “彼女”が数十センチのところに居るというのに…!!

 意外!
 幕の内にミルクティー!!

 例によって甘党な億泰、寛ぐ仗助、茶を入れる重ちー、割と幸福なランチの陰に潜む悪魔!

 やめて! 悪魔さんめっちゃ困ってるから!!
しかし日常に紛れ込んだ悪魔、「ありもの」を見事に駆使し…!

00268
 偶然、転がってたハンガーを解かし、巧みに利用する吉良吉影。
 焦らないのがコツ。

 しかし間の悪い事に、さっき、重ちーは袋を「開けよう」としてたんですよね……!

吉良吉影『(な…、ナニ!? しまった!)』

00274
00277
 剥がれかけだったシールが耐えられず、運悪く、“彼女”を床にブチ撒けてしまう!
 果たして、運が悪かったのは誰だ!
 とりあえず吉良だ!

杜王町名所その7.パン屋「サンジェルマン」

00278
 この緊迫したCM明けに、フカフカのパンが自慢の名所の解説が!
 やだ美味しそう!

 第20話でも、ここの袋を持ってたんですよね吉良さん!

仗助『……っと?』

00280
00286
00290
00292
00293
 何してるんだど仗助さーん! 見るだけで済むはずがないどー!!

矢安宮重清が済まさない
 しかし、意外な事に重ちーが乱入、彼の意地汚さのおかげで、“彼女”の露見を免れる事に
 意地汚くて助かった!

 オレの大好物だから、ちょっぴりかじらせてくれよ、重ちー。って言うに決まってるどッ!

 逆なら言うんですね!
 で、間髪居れず、ミルクティーを要求する億泰!!

 康一にオンナが出来たのか、と心配した時もそうですが、コイツも大概マイペースですよね億泰!

 本作、圧倒的和み要素(不良)!!
吉良『(今だ…!)』

00298
 この「隙」を逃がさない大胆さ、遂に“彼女”は、吉良吉影の手に戻る…!
 手が、手に戻る…!
 フフフ!

重ちー『ウソを言っても、すぐ分かるんだどー! おらの“ハーヴェスト”でこの部屋を調べればッ!!』

00300
00307
00314
00318
00329
00334
00337
00339
 あー、やっとくれッ!(ただしチンチンは触らせるなよ)って台詞はカット!!

気付けぬ脅威
 当然、重ちーは“ハーヴェスト”を展開、吉良は我知らず最大の危機へ陥ります!
 ですが、なんという事でしょう!

 全く悪ガキどもめ…、ワシの紅茶とコーヒーの減りが早いと思っていたが、道理で……。

 敗因は騒ぎすぎ!
 体育教師が、まだ昼休みなのに戻ってきた!!

 結果、悪ガキ三人は蜘蛛の子を散らすように逃げざるを得ず、「隠れていた」吉良は悠然と外へ

 なんというラッキーマン…!
吉良吉影『無事、このハードな状況を乗り越えて、彼女を取り戻したぞ…
この“吉良吉影”…、自分で常に思うんだが、強運で守られてるような気がする…。
そして細やかな「気配り」と大胆な「行動力」で対処すれば…、けっこう幸せな人生をおくれるような気がする……、クックックックッ』

00349
 吉良という男を象徴するような台詞…、実際ラッキーで、こういう楽天的なところがあるからこそ
 一つの町で、“幸せに”殺人ライフを楽しんでいられるのでしょう
 キチガイともいう

 彼の幸せ、皆の迷惑!

重ちー『ミツケタゾ…!』

00354
00355
00357
00361
00370
00376
00378
00385
00390
00398
 作画的な問題ですが、吉良の後姿がものすごくシュール(真顔)。

一難去って致命傷
 しかし「ハーヴェスト」からは逃げられない、“犯人発見”に、重ちーは決定的な凄みを利かせる!
 が、その顔、見る間に青ざめる事に!
 恐怖!

 お前、異常に不気味なヤツだど…! 得体の知れない汚らわしい気分がするど!!

 的確すぎる重ちー評
 この少年、まさに「本能」で感じている!

 真犯人発見で「勝った」ハズが、異常極まるこの事態、“動くなど!”と連呼するしかない重ちー

 無論、無敵のハーヴェストが包囲しているが…!
『私の名は吉良吉影、年齢33歳』

00401
00411
 自宅は杜王町北東部の別荘地帯にあり…、結婚はしていない
 仕事は『カメユーチェーン店』の会社員で、毎日遅くとも夜8時までには帰宅する

 タバコは吸わない、酒はたしなむ程度、夜11時には床につき、必ず8時間は睡眠をとるようにしている…

 寝る前にあたたかいミルクを飲み、20分ほどのストレッチで体をほぐしてから床につくと、ほとんど朝まで熟睡さ…
 赤ん坊のように疲労やストレスを残さずに、朝、目を覚ませるんだ…
 健康診断でも異常なしと言われたよ

 わたしは常に『心の平穏』を願って生きてる人間ということを説明しているのだよ…

『勝ち負け』にこだわったり、頭をかかえるような『トラブル』とか、夜もねむれないといった『敵』をつくらない…
 というのが、わたしの社会に対する姿勢であり、それが自分の幸福だということを知っている…

『もっとも。闘ったとしても、わたしは誰にも負けんがね』

00420
00423
00429
00431
00434
00435
00439
 つまり、『重ちー君』、君はわたしの睡眠を妨げる『トラブル』であり、『敵』というわけさ

吉良吉影は静かに暮らしたい
 重ちーは、ただ、「パン泥棒」を見つけパンを奪い返そう、逆らったとしてもハーヴェストがある…
 ただ、その程度の覚悟で声をかけた
 が

 誰かに喋られる前に、君を始末させて貰う…、『今夜もぐっすり眠れるように』ね。

 現れたのは「敵」
 それも普通、異常なまでに「普通」を愛する男

 その男、吉良吉影33歳会社員は、“キラー・クィーン”の異質な雰囲気と共に、立ちはだかる

 ただ、寝る為の障害を排除する為に…!
というワケで、今週も「外注」制作でした!

00444
00446
00448
 エンディングも一部改変、重ちー達が追加だど!

ジョジョの奇妙な日常
 日常系、いわゆる「日常に潜む非日常」を描いていく四部でも、トップクラスに「日常」な男の回
 日常を愛し、日常を邪魔するなら排除する
 あと殺人癖がある

 あまりに「日常」に見合わない趣味を持ちながら、「日常」を誰より愛する奇矯な男。

 勝ち負けや出世にこだわず
 ただ、自分の幸せだと思う道の為に社会に向き合う…。

 アニメでは登場したてですが、「非日常」すぎる日常男というか、とても吉良吉影なのです…。

 次回、第22話「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」
関連感想記事 第3部 スターダストクルセイダーズ

 スターダストクルセイダース 第1話「悪霊にとりつかれた男」
 スターダストクルセイダース 第2話「裁くのは誰だ!?」
 スターダストクルセイダース 第3話「DIOの呪縛」
 スターダストクルセイダース 第4話「灰の塔<タワー・オブ・グレー>」

 スターダストクルセイダース 第5話「銀の戦車<シルバーチャリオッツ>」
 スターダストクルセイダース 第6話「暗青の月<ダークブルームーン>」 
 スターダストクルセイダース 第7話「力<ストレングス>」
 スターダストクルセイダース 第8話「悪魔<デビル>」

 スターダストクルセイダース 第9話「黄の節制<イエローテンパランス>」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その1」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その2」
 スターダストクルセイダース 第12話「女帝<エンプレス>」

 スターダストクルセイダース 第13話「運命の輪<ホウィール・オブ・フォーチュン>」

 スターダストクルセイダース 第14話「正義<ジャスティス> その1」 
 スターダストクルセイダース 第15話「正義<ジャスティス> その2」
 スターダストクルセイダース 第16話「恋人<ラバーズ> その1」 
 スターダストクルセイダース 第17話「恋人<ラバーズ> その2」

 スターダストクルセイダース 第18話「太陽<サン>」
 スターダストクルセイダース 第19話「死神13<デスサーティーン> その1」
 スターダストクルセイダース 第20話「死神13<デスサーティーン> その2」

 スターダストクルセイダース 第21話「審判<ジャッジメント> その1」 
 スターダストクルセイダース 第22話「審判<ジャッジメント> その2」
 スターダストクルセイダース 第23話「女教皇<ハイプリエステス> その1」
 スターダストクルセイダース 第24話「女教皇<ハイプリエステス> その2」
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その1」 
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その2」 
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」

 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第29話「“アヌビス神”その2」

 スターダストクルセイダース 第30話「“バステト女神”のマライア その1」
 スターダストクルセイダース 第31話「“バステト女神”のマライア その2」
 スターダストクルセイダース 第32話「“セト神”のアレッシー その1」
 スターダストクルセイダース 第33話「“セト神”のアレッシー その2」

 スターダストクルセイダース 第34話「ダービー・ザ・ギャンブラー その1」 
 スターダストクルセイダース 第35話「ダービー・ザ・ギャンブラー その2」

 スターダストクルセイダース 第36話「ホル・ホースとオインゴ その1」
 スターダストクルセイダース 第37話「ホル・ホースとボインゴ その2」
 スターダストクルセイダース 第38話「地獄の門番ペット・ショップ その1」
 スターダストクルセイダース 第39話「地獄の門番ペット・ショップ その2」

 スターダストクルセイダース 第40話「ダービー・ザ・プレイヤー その1」
 スターダストクルセイダース 第41話「ダービー・ザ・プレイヤー その2」

 スターダストクルセイダース 第42話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1
 スターダストクルセイダース 第43話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2
 スターダストクルセイダース 第44話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3」

 スターダストクルセイダース 第45話「DIOの世界 その1」
 スターダストクルセイダース 第46話「DIOの世界 その2」
 スターダストクルセイダース 第47話「DIOの世界 その3」

 スターダストクルセイダース 最終話「遥かなる旅路 さらば友よ」
第四部 ダイヤモンドは砕けない

 第1話「空条承太郎! 東方仗助に会う」 
 第2話「東方仗助! アンジェロに会う」
 第3話「虹村兄弟 その1」
 第4話「虹村兄弟 その2」
 第5話「虹村兄弟 その3」
 第6話「広瀬康一(エコーズ)」
 第7話「間田敏和(サーフィス)」
 第8話「山岸由花子は恋をする その1」
 第9話「山岸由花子は恋をする その2」
 第10話「イタリア料理を食べに行こう」
 第11話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その1」
 第12話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」
 第13話「やばいものを拾ったっス!」
 第14話「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」
 第15話「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」
 第16話「狩り(ハンティング)に行こう!」
 第17話「岸辺露伴の冒険」
 第18話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その1」
 第19話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その2」
 第20話「山岸由花子はシンデレラに憧れる」
 第21話「吉良吉影は静かに暮らしたい その1」
 第22話「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」