追記:新キャラは、後の「レディ・カワグチ」とは別人でした。
“BF第一作”の前回大会。絶対王者カイザー、めっちゃスゴい人だった!

Aaa_002
Aaa_502s-
IMG_0508
 セイとレイジの「第7回」大会の前大会、本編でも活躍した、フェリーニやルワンも登場する過去編!
 ユウキ会長を主役に、“本編で活躍できなかった人たち”も活躍し
 イキイキと描かれる外伝作品!

 本編で敗れた面々も、本来フェリーニ級の実力者ばかり! 彼らの活躍がめっちゃ楽しい!

「カイザー」の裏設定
 また、“トライ”登場のレディ・カワグチ、彼女の幼い頃らしいガンプラバカも登場!
 やだこの子、可愛い!

 とにかく、皆ガンプラ好きだって感じられて楽しい!
この身勝手さ! 褒められているのか、けなされているのか!

IMG_0523
IMG_0524
 第6回大会当時、「女性プレイヤーの活躍」を期待する少女がいた!

「紅の彗星」、世界へ!
 私立聖鳳学園二年生ユウキ・タツヤは、予選を突破し、第六回ガンプラバトル世界選手権に出場
 その若さで注目を集め、“バトルロワイヤル”では当代最強の男
 カイザーに挑んで渦中の人に!

 我知らず「運営側」の妨害を受けつつも、順調に勝ち進むタツヤ

 カイザーの娘とも親交を深め
 また、その向こう見ずなスタイルは古豪にも好感を得る

 が、「引き分け以上」で決勝トーナメントという大一番、今度はカイザーと一対一の決闘に…!?

 補給用MAビグ・ラング、ジオラマとも見まがう完成度にタツヤは苦戦を強いられる
本編では、会長とゴンダさんしか出てこない「模型部」ですが…

IMG_0527
 時間軸的には「ガンダムBF・第一作」の一年前、トライの8年前。

模型部の皆さま
 元々、アニメでは「生徒会長・兼・模型部部長」だったユウキ・タツヤ、しかし作画的な都合か
 特に部員が出てこなかったんですよね

 顔見せこそしませんでしたが、「色紙」にいっぱい書き込まれて見送られるタツヤ!

 これは燃えざるを得ない!
「世界の強豪たち」と出会うタツヤ

IMG_0522
 本編でも、ガンプラ・イブで一緒に行動してた強豪トリオ。

バトルロワイヤル!
 世界大会! まずは本編でも嵐を呼んだバトルロワイヤルですが、その前に古豪たちと邂逅
 ルワンは活躍しましたが、グレコは予選で戦国アストレイに敗退。
 元、フェリーニのライバルだった男です

 初代でも劇中「記事」で描かれてますが、実はフェリーニと全く互角という超強豪。

 フェリーニが、ちゃんと粒子戦術に対応して見せたように
 初見殺しさえ越えていれば…

 実力者で人格者、頼りになる男で、あとチョマーも良い味だしてます!
幻の、“チョマーの恋人”も登場!

IMG_0521
 この後チョマーは予選落ちとなるのか、それとも…、ともあれ隣の“彼女”が可愛い!
 本編では、「彼女をとられた!」と怒ってた彼
 そりゃ怒るわ!

 確か、彼女の方がフェリーニに惚れたんでしたっけ。

 多分あの試合のせいなんでしょうね。
パトリック・マネキン! パトリック・マネキンじゃないか!

IMG_0519
 本編でも大会トーナメント表などに、けっこう「遊んだ」名前がいくつも見られます
 彼もその一人、“ガンダム00”が元ネタ!

 ジンクスを操り、本編のコーラサワーさながらに「大佐ァ!」とか叫んでる!

 もー、本編を思い出すわー。
オマケページより、“二代目メイジン”

IMG_0518
 まったくもー!

視聴者か!
 前作でラスボスだった二代目メイジン、すごくまっとうなツッコミを! 誰もが思ってた!!
 本編でも、ザクタンクが世界大会に出てたり
 色々あったね!

 でも本作は、「作りこみ次第」なんですから、好きな機体をベースにするのが一番!

 極端な話、ザクタンクでシナンジュ瞬殺するような達人もいるはず!
ユウキ・タツヤは、“カイザー”にバトルロワイヤルで挑むが…

IMG_0517
 実は彼自身、メイジンやセイの父、ラルさんに憧れ成長中、というのもカッコイイ。

カイザーさん素敵すぎ
 原作では、メインキャラ「アイラ・ユルキアイネン」に瞬殺され、彼女の踏み台となった世界覇者
 しかし、フェリーニや会長より強いはずなんですよね
 第六回大会では

 なんとファンネルを操るように、「オッゴ」を大量に随伴、圧倒したカイザー。

 試合後は“青年”に忠告します
 お前は強い、だから「不確定要素の多いところ」でやりたくない、と

 ちゃんとお前と、全力を出し切って戦いたい、と激励するカイザーカッコ良かった!
懐かしの会長&ベイカーペア、外伝でも悪辣ポンコツ!

IMG_0516
 本編でもタツヤの理念が気に食わず、暴挙に出た会長。ちゃんと外伝でも邪魔してきます
 彼のメイジン就任を防ぐべく、あれこれ邪魔してきては
 逆に燃え上がらせてしまう始末

 失敗するも、会長を言いくるめる秘書、ベイカーちゃんのポンコツ加減が懐かしい!

 また今回は「ガノタ」であるベイカー秘書の趣味で……。
「川下りゲーム」で、マッケンジー卿、チョマーと激突!

IMG_0515
 本作で特にイキイキしてるのが、本編でも大いに、ファンを沸かせたベテランチョマー!
 作りこみにより、設定上不可能な「トランザム」を実現
 実力を見せ付けます

 同様に、「ガンダムF91」系列機を用い、本来不可能な“質量ある残像”をカマす老体も!

 さすが爺ちゃん、メイジンのライバル!
アランさん、オマケページでも平常運転

IMG_0513
 前作外伝では、タツヤの為に「ネオ・ジオング」の外殻を持ってくる暴挙をかましたアラン!
 今回も、“ザク”を使うならコレでどうだ
 と、提案を

 軽くスルーされてますが、外伝だと、彼のガンプラバカっぷりが加速してるのも楽しい!

 なんせタツヤの相棒ですからね!
「バトルシステム」の新たな可能性を探り、カイザーも試行錯誤中

IMG_0512
 トライ最終話で、フロア一面がバトルステージとなった「乱戦フィールド」がありましたが
 同様に、一面に敷き詰めたシステムを使うことで
 擬似空間を作るアイデアも

 ガンプラをAI制御させ、文字通り、“人とガンプラのふれあい”を実現するアイデア。

 少々危険なアイデアですが、楽しそうで何より。
王者カイザー、子煩悩

IMG_0511
 カイザー邸にこっそり招かれた際のワンシーンですが、気付き、娘の為に茶を入れる姿も
 ムッキムキの外見で、茶器を運ぶ姿が笑えます
 良い人か!

 自分のテストシステムで遊ぶ子供たちに、そっと扉を閉めるカイザー。

 この人、めっちゃ人格者だ…。
そんで、めっちゃ反則野郎だ!!

IMG_0506
 タツヤを気に入り、わざわざ、彼対策に作りこんだカイザー!

ザク軍団!
 カイザーはモビルアーマー使い、今回は、ビグ・ラングの「移動補給庫」という特性を拡張し
 大量のザクを“子機”として射出する荒業!
 ドアンザクも!

 設定よりビグ・ラングがデカすぎるのか、ザクが小さいのか?

 いや作画を見る限り、問答無用って話だコレ!
収録

IMG_0525
 本作のオリジナルキャラも、漫画「BFA」から引き続き登場。

 カドカワコミックスエース「ガンダムビルドファイターズA-R 1巻」。今ノ夜きよし&千葉智宏。
 月刊ガンダムエース連載、角川発行。
 2016年8月(前巻2015年11月)

収録
 第0話「プロローグ」
 第1話「第6回世界大会」
 第2話「ロワイヤル(6th)」
 第3話「リバー・レース」
 第4話「クランシェ☆アスタ」

 オマケイラストや、登場MS一覧、カバー下にもオマケあり!
三代目メイジン「ユウキ・タツヤ」主役、ガンダムビルドファイターズA

 ガンダムビルドファイターズA 1巻
 ガンダムビルドファイターズA 2巻
 ガンダムビルドファイターズA 3巻
 ガンダムビルドファイターズA 4巻
 ガンダムビルドファイターズA 5巻※第一期完結

ガンダムビルドファイターズA-R 感想 BF無印の前、及び「トライとの間」を描く

 ガンダムビルドファイターズA-T 全1巻“アフター・アイランド・ウォーズ”
 ガンダムビルドファイターズA-R 1巻
 ガンダムビルドファイターズA-R 2巻“レディvsプリンセス”
 ガンダムビルドファイターズA-R 3巻“第8回世界大会予選”黒騎士参戦!
 ガンダムビルドファイターズA-R 4巻“ベスト4”決定! メイジンよりバカがいた!?
 ガンダムビルドファイターズ 放映終了、各話感想まとめ
 ガンダムビルドファイターズトライ 全25話 感想リンクまとめ。より“ガンプラバトル”に徹した後継作!