“動けば、必ず何かに出会えるんだ!” サクッとちょびっと、飯テロも添えて!!

00192
00391
 いつもと違う、てこ独りで挑むプール実習! 見違えるほど前向きに、ビックリするほど頑張った!
 が、実は“泳げなかった”んですよねー、てこさん……。
 そりゃ水が怖い訳よ!

 冒頭、願いを持てなかったてこさんが、小さな小さな願いを手にする幸せ回だった!

姉ちゃん先輩セクシー!
 しかしてこを見守ってた姉ちゃん先輩、グラマー…、水着がはちきれそう!
 先生オススメ、シューもサクッと美味しそう!

 ぴかりの願いもささやかで、微笑ましい回だった!
てこ『せっかくてるてる坊主つくったのに…、願い……、かぁ』

00001
 晴れますように、そんな「願い」からスタート。

ホントじゃない願いのコト
 火鳥真斗は、ぴかりに頼りがちなてこに、マン・ツー・マンでの「プール実習」を実施。
 これを越えれば、次は海での実習に進めるが
 てこが泳げないと発覚

 先生は、彼女の激励と入部祝いを兼ね、ちゃ顧問と二人を乗せて「道の駅」へ。

 とにかく動き続ける事だ
 考えなくていい、“目標”だって、動けば見つかるかもしれない

 てこもまた、“背中”を押されて始めたダイビングが、いつしか“目標”になっていて……!

 次回、第7話「雨のおわりのコト/夏のはじまりのコト」
小学校の頃の先生『大木さんの願い、素敵ねえ~♪』

00002
00008
00010
00011
 小学校時代から、てこさん美人である。

急かされて
 冒頭、早速回収されるサブタイ、昔から意思が希薄だったてこは、七夕が苦手だった。
 お願いをする、というのがピンとこないのだ
 で

 何か願わなくちゃいけなくて、書いた…、漠然とした、どこか遠くにある言葉。

 いつだって急かされて
 自分の願いさえ、「何かしたい」「欲しい」さえ。

 どこまでも無欲、というか生きる気力が希薄なタイプなんですね、てこさん。そんな彼女の話

 てなワケで、今週はプール実習です
火鳥先公『うー、やー…、たーーーーーーーーーーっ!』

00013
 早々、謎の掛け声……、というか「少年ジェット」の掛け声をする先生!
 妙に気合は入りますよねコレ!

 今日はプール!
てこ『あの……、準備が、二人分しかないみたいですけど…?』

00015
00018
00021
00026
00027
00029
00031
00033
00038
00042
 予算がアレだから二人だ!! エア代も居るしな!

頑張りますっ!
 目指すは、「バディ」さえ居れば潜って良い許可証、オープン・ウォーター・ダイバーなのだが
 他の面々は、とっくに取得してる。

 実践できたら、次はいよいよ海洋実習だぞ…♪ 海だっ!!

 出遅れる
 それが、コンプレックスなてこ

 しかし前回、「海に潜りたい」と願ったてこさん、見違えるようなファイティング魂!

 先生もニヤつくさ!
弟君センパイ『あの…、二人とも、もうちょっとフツーにしたら?』

00047
 そんなてこを見守る三つの影、てこが合格したら、すかさず祝おうという鉄壁の布陣!
 ホント姉ちゃん輝いてる!

 が
ぴかり『てこ…、ファイトっ!』

00051
00059
00060
00064
00067
00073
00078
00083
00084
00086
00089
00090
00092
00095
00098
00102
 スクール水着でも分かる、むっちむちな姉ちゃん!

好事魔多し
 一方、見守られていると知らないてこは「装備」をし、また海中で“腕を回す”事によって
 チューブ類を、動かずに回収するテクも。
 この辺は独壇場ね

 タンクから伸びてる奴は、このやり方で全部とれるからな?

 シンプルだけど納得
 海中だと、暗くて手元もロクに見えないから…

 こうした基礎的な「知識」は、真面目なてこには、独壇場ですよね。

 事前準備の達人!
姉ちゃん先輩『順調そうねっ!』

00105
 しかし、帽子を外すと、やっぱり髪のボリュームがすごいですね!
 よく帽子に入ってたな!

ぴかり『でも…、てこ、まだマスク・クリアが苦手っぽいんです』

00108
00110
00113
00116
00117
00127
00136
00139
00141
00143
 マスクの上を押さえて、鼻から空気……! できたっ!!

スパルタンⅩ
 ぴかりが心配そうだったのは、例の「マスク・クリア」、マスク中の水を排除できない事だった
 すると、鼻が詰まって苦しくなってしまう
 が

 苦手なものは、徹底して修得させる気ね……、頑張れぇ、てこちんっ!

 意外にあっさり!
 からの、しつこいくらいの反復練習!

 くじけないてこ、見守る三人もユーモラスで微笑ましい!

 で
てこ『よし成功、もう何度だって大丈夫っ!!』

00147
00149
 何より、「自分は出来るんだ!」「いくらで来い!」と、自信を与える事が
 先生の狙いだったんでしょうね

 イヤだけど、「試験」の間だけは成功させよう…、って心構えじゃいざって時辛い。

 火鳥先公できた人!
てこ『やったー! やったーーー! このままいけば、すぐに海に潜れるかもっ!』

00153
00158
00161
00162
00164
00166
00167
00169
00172
00173
00174
00177
00182
00186
00188
00190
00192
00194
00196
00197
00199
00203
 あたし…、泳げません……!

意外!それは!!
 しかし、火鳥先公の次なる課題「水着だけで100メートル泳いで…」に、てこさんが涙目に…!
 溺れる恐怖で、“鼻づまり”が怖かったのだ
 が

 よぉし! シュノーケルとフィンのみで、150m泳ぐテストに変更するっ!

 すかさず課題変更!
 多少、道具に頼って良いものとする!!

 が、てこさんの運動音痴は想像を越えており、その場から進む事さえ出来ないレベル…!

 ダメだコリャ!
てこ『よし! ちゃんとしなきゃ!! いつも通りに…!』

00211
 でも今週のてこさん、ホントめげないな!
※めげました

火鳥『よぉし! それじゃドライブ行こうっ! ぴかりとてこの、バディ記念って事で♪』

00216
00218
00219
00221
00224
00234
00236
00245
00249
00251
00253
 新車、ぽこてん君3号! 愛さずにはいられないっ!

レッツゴーぽこてん君!
 しかし、気落ちしたてこを見かねた火鳥先公により、用事がある二宮姉弟を除いてドライブに!
 行き先の提案は、ぴかりが担当!
 で

 おっけーっ! その願い、叶えてしんぜよう!

 本当ノリが良い先生!
 指定したのは、道の駅伊東マリンタウン

 この実在する「道の駅」に、先生は新車の試し乗りがてら、二人を連れて来てくれる。

 週末ですから、車がめちゃ多い!
ぴかり『改めて…、てこがダイビング部に入るって決めてくれて…、バディになってくれて…、すごく嬉しいなってっ!』

00257
 買い物に行ってしまう先生と、素直に、ニコニコの理由を告げてくれるぴかり
 てこは、“足を引っ張ってる”って気にしてますけど
 逆なのよね

 そも、入部してくれただけでも嬉しい!
てこ『……ぴかりが誘ってくれて、ダイビング部に入ろうって決めて、大丈夫だって言ってくれて…、いつか一緒に海の中に行くんだって、決めた……!』

00265
00266
00272
00280
00282
00287
00290
00292
00293
 当たり前の事なんだけど、当たり前に気付いて、驚いたんだ…、海がとっても大きいって事に

二人が居たから
 てこも、「自分がやりたい事」「願い」を持って居なかった、だから、誘ってくれて嬉しいと言う。
 こんなに広い海なら、見つけられるかもしれない!
 だから

 だからね、ありがとう!

 てこさん美しい…!
 婆ちゃんは、一話で「広い世界」を提示。

 その広い世界に行ってみよう、って気持ちにさせてくれたのは、ぴかりなんだ

 二人が居てくれたから!
火鳥先公『うんうん、青春だねえ……、自分探しって奴だなっ!』

00297
 しかし先生、あまりに残酷ワードで話をまとめるファンサービス!
 自分探し、だと……ッ!

ぴかり『自分探し…、あの有名な…!?』
火鳥先公『そぉだ! 結果、見つかったのは、友達への感謝の気持ちだった、という訳だ!』

00302
00303
00308
00315
 なんだかすっごく恥ずかしいですっ!?

それが青春だ!
 ここのやりとり、「火鳥真斗」って先生の、素敵主義100%なキャラクターそのものですよね!
 自分の在処を探すのも、客観的になれば恥ずかしいのも
 全部青春!

 それが青春だ! 良い事だっ!!

 人生の財産が経験なら
 若さの「青春」を、一杯味わっておくのは良い事だ!!

 思わずぴかりさえ駆け出すほど、圧倒的な恥ずかしさも力に代えろ!

 飛べ、走れ!!
真斗『クッキーシューだっ! 旨いぞぉ~~』

00318
00321
00322
 そんで火鳥先生が「出かけた」理由が、このクッキーシューだったというワケだ!
 外はサクサク、中はトロッと!
 美味しい!

 美味しいって思えるのも良いコトだ、来て良かったか? …それじゃあ、良いコトだらけだな♪

 一層、頑張ろうと奮起するてこだったが…
『願いとか抱負とか目標とか…、なくたって良いんだ。あっても良いけど、なくったって問題ない』

00325
 返ってきたのは意外な言葉、てこは、「私も何かやらなきゃ!」って焦ってたワケですが
 そんな風に、自分で自分を追い詰める事は無い
 ただ、動けば良いんだ

 強い意思で始めなくても良い、それでも動けば、今回みたいに「幸せ」に出られる。

 ここに来たから、シューに出会えたように!
火鳥『動けば何かが変わる、動けば、必ず何かに出会えるんだっ!』

00328
00334
00335
00340
00343
00346
00351
00352
00354
00356
00358
00363
00366
00368
00370
00373
00374
00375
00385
00388
00391
00395
 火鳥先生の持論!

幸せリボン
 やがて、ぴかりはここに来た理由、「あい・賛歌」モニュメントに、七夕のように願いを託そうという
 この駅の“幸せリボン”!

 そう、これが今の私の願いっ! 初めて願いを形にしてみた…、幸せリボンっ!

 七夕で諦めて
 今、そっくりの「リボン」で再出発する!

 小さな願い、「自分が頑張れば叶う願い」なのが、本当に彼女らしい!
 
 幸せリボン!
『動く事で、新しい何かに出会って、新しい願いが生まれる! まずは、小さな一歩からっ!』

00400
 本当、奇麗なラストシーンだった!

予告『どんなものにも終わりがあるよね~』『でもまた、何かが始まる~♪』『新しい季節だっ!』

00290
00186
 まずは動いてみる! マジンボーン思い出すわぁ!!

それが青春だ!
 いやはや、本作ってば“原作”とかなり話を入れ替えてますが、今回はかなり大胆に入れ替え!
 原作は、てこがリボン何を願ったか明確にされてないんですが
 そこに“必然”を入れてきた!

 てこさんがマスククリア下手、「鼻づまりを怖がった」理由も描かれ、へこむ姿が可愛い!

 一歩一歩進んでく
 動いてく、すっごく青春って回だったなって思った!!

 そんで次回も、「幸せ」が凄く好きなエピソードだから、これまた楽しみです! 姉ちゃんセクシー!

 次回、第7話「雨のおわりのコト/夏のはじまりのコト」
あまんちゅ! 感想 2016年夏アニメ 7~9月

 あまんちゅ! 第1話「少女と海のコト」
 あまんちゅ! 第2話「光といけないコト」
 あまんちゅ! 第3話「わくわくと幸せのコツのコト」
 あまんちゅ! 第4話「わくわくと諦める心のコト」
 あまんちゅ! 第5話「仲間と始めての海のコト」
 あまんちゅ! 第6話「ホントじゃない願いのコト」
 あまんちゅ! 第7話「雨のおわりのコト/夏のはじまりのコト」
 あまんちゅ! 第8話「秘めた思いのコト/まだまだ知らないコト」
 あまんちゅ! 第9話「消せない思い出のコト」
 あまんちゅ! 第10話「今日という一日を迷うコト」
 あまんちゅ! 第11話「猫と子猫のコト」
 あまんちゅ! 第12話「蒼い世界のコト」

あまんちゅ! 原作コミック感想

 あまんちゅ! 5巻
 あまんちゅ! 6巻
 あまんちゅ! 7巻
 あまんちゅ! 8巻
 あまんちゅ! 9巻
 あまんちゅ! 10巻“導かれし春”
 あまんちゅ! 11巻“理想郷”