全3回、初回はガンダムから。
プレバン限定商品を、銀のドライブラシでリアルに制作!

top
MG_0748
 電撃ホビーwebより http://hobby.dengeki.com/reviews/238845/

ガンダム 21stCENTURY REAL TYPE Ver
 ガンプラブーム当時、「成型色」変更モノとして商品化、現在も再生産されている“リアルタイプ”を
 現代、最新の“1/144 ガンプラ”で再現したプレバン商品が
 作例として登場!

 あくまで成型色変更がウリなので、敢えて塗装せず、銀のドライブラシで仕上げ!

 桜井信之氏が制作
 塗装もせずに、この雰囲気ってスゴいですね……。

 各部のマークや、前腕なんかの緑も付属のマーキングで再現。

 歴戦の勇姿、といったいでたちがカッコイイです。
「実在の兵器に似せた」大河原デザイン、リアルタイプカラー!

MG_0690
MG_0693
MG_0706
MG_0711
MG_0715
MG_0730
MG_0732
Aaa_192
Aaa_194
Aaa_219
 さすがにドアップだと「デカールの縁」が見えますね。

リアルタイプカラー
 当然、TV劇中はこんな色ではありませんが、「実在の兵器を思わせる」という事でリアルタイプ
 トリコロールなど、兵器に似つかわしくないという声は
 監督からして持ってたワケで

 また、当時もガンプラ少年に話題のキットで、漫画「プラモ狂四郎」初期に登場。

 喜び勇んで購入するも
 単なる色変更、情報に乏しい、当時らしいエピソードですよね

 特に、1/100ガンダムは「コア・ファイター」格納を再現した事で、逆にTV版とかけ離れた部分も…

 本ガンプラを改造して戦ったのが
 今も語り草となっている、“足つきジオング”だったのです。

 へへっ足つきジオングでっせ!