シナンジュの露払いを担った、“ハンマ・ハンマ”の後裔!

036-039_006
d559985e08ac4ddcae6dc64606f17c4c
 電撃ホビーwebより http://hobby.dengeki.com/reviews/240851/

機動戦士ガンダムUC RE:0096
 TVシリーズに合わせ、OVA当時の作例を再掲載するホビーweb企画、ローゼン・ズールが登場!
 制作は、当時“ガンプラ王”と強調されていた本庄聖さん
 バイアラン・カスタムから続投!

 頭部モノアイの「基部」をプラパイプで自作、可動式にするテクニック!

 その他は基本“裏打ち”工作
 塗装

 キットそのままだと、「茶色よりの紫」である為、塗装の効果も一層生きてますね!

※EP7verでは、成型色が変更。
その前身は「ハンマ・ハンマ」

Aaa_283
 本機は、「袖付き」の量産機ギラ・ズールの改造機ですが、コンセプトはハンマ・ハンマを継承
 一般兵に、“有線式のオールレンジ攻撃”を可能にしよう…
 という試作機でした

 しかし、肝心要の「非ニュータイプでも動作する、遠隔攻撃制御サイコミュ」に難航。

 搭乗したマシュマーをして
 この機体、腕が伸びるとは便利ではないか…、程度の扱いに。

 また、全身に凄まじい数の推進器を持ち、そちらに出力を食われてパワーが低かった逸話も。
その機体、「薔薇」の名と姿を持ち、現代に甦る

00022
bb2edfd5
00089
 しかし、「ハマーン戦争」当時、連邦の“一般兵用サイコミュ機”ガンダムMk-Ⅴがネオジオンに
 連邦の政変で、亡命してきた技術者が持ち込んだガンダムは
 ドーベン・ウルフに変じました

 同機の技術により、「非NT」でも、遠隔攻撃の制御が可能になりました。

 更にサイコ・フレームを“機体制御”に使用。
 使用者の「出力」が低くても、サイコフレームが「受信力」をアップ。

 これにより、機体自体が操縦者に素早く追従し、エース級でも圧倒できるレベルに……。

 結果、アンジェロ無双という悲劇が生まれます。
幻の機体、「ガンダムMk-Ⅴ」とは?

Aaa_274

 どうです? 実にガンダムらしいガンダム…、ごめんウソです「名前だけ」ガンダムという機体
 いえ、“サイコ・ガンダム”の量産タイプです
 その試作品

 扱いにくい事この上ないサイコ、アレを一般兵でも使えるように手直しした機体。

 ガンダム・センチネル初出
 見ての通り、ガンダムらしからぬレイアウトが魅力。

 特に顔、サイコⅡっぽいですよね。

 また本機の設計は、“ドーベン・ウルフ”を経て、再び連邦に戻ってくる事になり……(以下略)。
スラスターを削り落とし、プラパイプを埋めて新造!

hguc_rozen_zulu_PAC_
036-039_001
036-039_002
036-039_008
036-039_009
036-039_010
036-039_012
036-039_013
036-039_014
036-039_015
036-039_017
036-039_019
036-039_020
 かつてアクシズのネオ・ジオンで運用されたAMX‐103ハンマ・ハンマのコンセプトを昇華させ、AMS-129ギラ・ズールをベースに開発された試作MS。3連メガ粒子砲を内蔵した両腕は「インコム」と呼ばれる準サイコミュ兵装となっており、本体から分離して、有線式での遠隔操作が可能。

■COLORING DATA
 紫…CR2番・色ノ源マゼンタ:50%+34番・スカイブルー:20%+80番・コバルトブルー:20%+GX3番・ハーマンレッド:10%
 ピンク…63番・ピンク:40%+GX3番・ハーマンレッド:40%+CR2番・色ノ源マゼンタ:10%+CR1番・色ノ源シアン:10%
 ダークグレー…14番・ネービーブルー:30%+71番・ミッドナイトブルー:30%+CR2番・色ノ源マゼンタ:30%+CR1番・色ノ源シアン:10%
 黄土色…59番・オレンジ:40%+13番・ニュートラルグレー:30%+GX4番・キアライエロー:20%+2番・ブラック:10%
※すべてGSIクレオスの「Mr.カラー」「Mr.カラーGX」「色ノ源」

 作例、とにかく丁寧な工作で、「キットを活かした」作例なのが、見てて気持ち良いですね。
 またHGクラスでは、モノアイはシール再現が定番化
 規定路線化

 そこでクリアパーツを埋めるのは定番ですが、「レール」から自作とは!

 これで可動式になるのね
 美しい…。

 腕部のクローも、ガチで刃物なんじゃねェか! 的な塗装が施され、触れなば斬れん迫力!

 後はとにかく裏打ちですね、打ちまくりですね大尉!
機動戦士ガンダムUC RE:0096

 第1話「96年目の出発」
 第2話「最初の血」
 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
 第4話「フル・フロンタル追撃」
 第5話「激突・赤い彗星」
 第6話「その仮面の下に」
 第7話「パラオ攻略戦」
 第8話「ラプラス、始まりの地」
 第9話「リトリビューション」
 第10話「灼熱の大地から」
 第11話「トリントン攻防」
 第12話「個人の戦争」
 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
 第14話「死闘、二機のユニコーン」
 第15話「宇宙で待つもの」
 第16話「サイド共栄圏」

ガンプラで見るユニコーン 電撃ホビーwebより

 ガンプラで見るユニコーン その1
 ガンプラで見るユニコーン その2「MG 1/100 ユニコーンガンダム」
 ガンプラで見るユニコーン その3「HGUC 1/144 クシャトリヤ」
 ガンプラで見るユニコーン その4「HGUC 1/144 シナンジュ」
 ガンプラで見るユニコーン その5「HGUC 1/144 リゼル(隊長機)」
 ガンプラで見るユニコーン その6「HGUC 1/144 ロト ツインセット」
 ガンプラで見るユニコーン その7「HGUC 1/144 ドライセンuc.ver」
 ガンプラで見るユニコーン その8「HGUC 1/144 ギラ・ズール アンジェロ・ザウパー専用機」
 ガンプラで見るユニコーン その9「HGUC 1/144 ジェガン(エコーズ仕様)」
 ガンプラで見るユニコーン その10「HGUC 1/144 ジェスタ」
 ガンプラで見るユニコーン その11「HGUC 1/144 バイアラン・カスタム」
 ガンプラで見るユニコーン その12「MG 1/100 リゼルC型リゼルC型 (ディフェンサーa+bユニット/ ゼネラル・レビル配備機)」
 ガンプラで見るユニコーン その13「HGUC 1/144 ローゼン・ズール」