ガンダムBFキャラが『模型誌に寄稿した』という外伝連載、'''イメージングビルダーズ'''。
BF外伝主役、メイジンのもう一つの愛機! 彼に憧れる少年、キジマ・ウィルフリッドが制作に

ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (1)
 公式サイトはこちら http://gundam-bf.net/hhib/

Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング
 ガンダムBFの前日譚、ユウキ・タツヤを主人公に、ガンプラとの出会いや圧倒的な強さへの経緯
 彼が、“自分なりのメイジン像”をいかに構築していったかを描き
 現在も連載中の外伝作、ガンダムBFA

 主役機として市販ガンプラ化された、“ヴレイヴ”の更なる進化型が作例に登場!

 メイジンに憧れる少年
 第2作のライバル、キジマ・ウィルフリッド製作という体で掲載に!

 これまでのカテドラル、∀シン同様、“当人の機体そのものではない”というのが面白いですね。

 何より、新装備がカッコいい!
“模型誌付録”の改良版、これをフル装備したアメイジングなヴレイブ!

ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (2)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (3)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (5)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (7)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (8)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (9)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (10)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (11)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (12)
 少年が見た彗星、「ガンダムW」のサブタイを踏襲してるのがガンダム的である。

アメイジングレヴ!
 メイジンの本名、ユウキになぞらえた「ヴレイブ」、そして「メイジン進行形」という意図を得て
 また就任してからも、“自身の目指す理想のメイジン”への進行形とする
 ア・メイジングをダブルで!

 本機は、ガンダムBF第一作の前日譚、世界大会デビューを描く「BFA-R」で登場!

 メイジンに憧れ
 本編でも、“アメイジングエクシア”を連想させる、オリジナル00機トランジェントを操ったキジマ

 彼の製作という事で、解説も、いつものギャグが控えめな感じですね。

 最後までシリアス要員でしたもんね!
「敢えてファンネルを排する」、という決断

ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (6)
 元々、ユウキ・タツヤが、最初に作ったガンプラが「HGUC νガンダム」であるというのが出発点
 その後も、彼が“メイジン”を意識した、アメイジング・シリーズを製作しつつも
 ユウキ・タツヤとして改良し続けた機体

 HGUCのνといえば、フィン・ファンネルを作るのが、ちょっとした苦行なんですよね。

 最初は制作が間に合わず
 結局、ファンネル抜きでガンプラバトルに参加

 それから長い時間、修行を経て、今回は意図的にファンネルを排したのも感慨深いネタです

 まるでバンシィ、ヘイズルみたいなレイアウトだ! 
いつまでも「ア・メイジング」なユウキ・タツヤ

ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (13)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (14)
 燃え上がれ!ガンプラァ!! 彼との初戦は、実にメキシカン・ロックにGOGOだった!

当人真面目/周囲困惑
 初代作では一旦、大会参加を辞退して姿を消し、主催者側の“メイジン”として再登場。
 しかし、“劇中でも”、唐突とも思える新たなメイジンに
 反発する声がありました

 彼を認めない、ジム・スナイパーK9との熱いバトルは、初代作屈指でしたね!

 果てなく、“自身の理想”を目指し続けるガンプラ・バカ!
「最強」を目指す、「最強」の少年

ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (15)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (16)
ガンダムBF IB第19回「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング」 (17)
 少年が持つ熱さ、理想、それを忘れないで欲しいというアラン。

真摯なるライバル
 二作目で、不敗の天才として登場、コメディ要素が強い本作でも生真面目さが目立った少年!
 ライバルとして、キジマ・ウィルフリッドの長所であり短所でしたね。
 ある意味で、メイジンと真逆。

 そんな彼の好シーンといえば、決勝を前に、「ガンプラが楽しいから」と挑む姿。

 前作キャラ、アランの成長と共に熱いシーンでした。
HHイメージングビルダーズ ガンダムビルドファイターズ 2015年4月より配信連載

 Vol.01「ザクアメイジング<ユウキ・タツヤ>」
 Vol.02「カテドラルガンダム<ラルさん>」
 Vol.03「ガンダムドライオンⅢ<サカイ・ミナト>」(vol2と同時掲載)
 Vol.04「ニャイアアストレイ<キララ賞受賞作>」
 Vol.05「ベアッガイⅡ<カミキ・ミライ>」(Vol.04と同時掲載)
 Vol.06「ガンダムフェニーチェリナーシタアルバ<リカルド・フェリーニ>」
 Vol.07「ガンダムレオパルド・ダ・ビンチ<スガ・アキラ>」
 Vol.08「ガンダムエアマスター コウサカ・ユウマ カラー」(Vol.07と同時掲載)
 Vol.09「ターンエーガンダムシン<TAKU>」
 Vol.10「Ez-SR-MAXIMA<イシバシ・ダイゴ>」
 Vol.11「煌式<スドウ・シュンスケ>」
 Vol.12「SDガンダム トライオン3<コデラ・マサミ>」
 Vol.13「Hi-ν ガンダムインフラックス<アラン・アダムス>」
 Vol.14「Ez-SR フォックスハウンド<ニルス・ニールセン>」
 Vol.15「クロスボーンガンダムX2ジュリア」&「ライトニングZガンダムアスプロス」
 Vol.16「ザクアメイジング・ラビッド&ザクアメイジング・マリンタイプ<ユウキ・タツヤ>」
 Vol.17「ゴーストジェガンF & ゴーストジェガンM<レナート兄弟>」
 Vol.18「ギャンシリーズ<サザキ・ススム>」
 Vol.19「Hi-νガンダム ヴレイブアメイジング<キジマ・ウィルフリッド>」

 ガンダムビルドファイターズ 放映終了、各話感想まとめ
 ガンダムビルドファイターズトライ 全25話 感想リンクまとめ。より“ガンプラバトル”に徹した後継作!
三代目メイジン「ユウキ・タツヤ」主役、ガンダムビルドファイターズA

 ガンダムビルドファイターズA 1巻
 ガンダムビルドファイターズA 2巻
 ガンダムビルドファイターズA 3巻
 ガンダムビルドファイターズA 4巻
 ガンダムビルドファイターズA 5巻※第一期完結