「本作版」喧嘩ボンバー初披露! 殺る気に溢れた友情ってヤツだ!

1
 触れてもいない木々まで、風圧だけでグッチャグチャにするネプチューン!

元「完狩」
 ようやくキンちゃんのやる気を取り戻す事に成功、試合前まで、えらく長いですねネメシス戦!
 ゆで御大の中で、いかに“この試合”が重いのか
 窺わせる感があります

 文字通り、火事場の闘志を呼び覚ますべく、狩りにかかるネプチューンマン!

 茶番といえば茶番
 でも、今期で戦う気配のない彼の“戦う姿”が見れたのは良かった!

 一応ですが、「閻魔直属」のハンター、オメガマンという因縁も残っている事は残っていますが……?

 オメガマン、やっぱ出番ないんですかねえ?
恐怖に打ち克て!

2
 いまだ、泣き言が続くキン肉マンの為、長い説得が続きます。
 謙虚なのは美徳

 でも、さすがに長いですね、と言わざるを得ないのうテリーマン!
キンちゃん、ウォーズマンとのやり取りを繰り返す!

3
 ウォーズは優しく流してくれましたが、ネプチューンマンはガチギレする事に(表面上は)。
 こうしてみると、本当ウォーズは優しい
 甘いともいいますが

『もう…、いい』

4

 脅しだろう、と頭では分かるものの、「もう…」と溜める様子に、本気になったみたいに見えるね!
 キレやすい若者!

 ウォーズとは「仲間」ですが、ネプチューンとはそうじゃない!
「本作版」喧嘩ボンバー!

5
 当たってもいない木々どころか、地面すら抉れる威力!さすが元無量大数軍は伊達じゃない!
 本来なら、位置付けはネメシス同格なんですよね
 しかもまだ本気じゃない!

 本作基準に描写が改められた描写、ホントにすごいパワーだって思ったわ!

 当たった連中、よく死ななかったな!
『では、久々にマスク狩りといこうか』

6

 いやホント、ネプの作画がカッコイイですわ…、試合しないのが本当に惜しい。
 立場上、しばらく身を隠すみたいです
 そのまま終了?

 無量大数軍基準の作画、強さで大暴れするネプも見てみたいと思った!
ネプチューンマン『硬度10! ダイヤモンド・アーム!』

7
 口では闘えないといいながらも、身体はその気じゃねえか、とキンちゃんのやる気を促して去るネプ
 ただ、ネメシスも火事場のクソ力由来のパワーを持ち
 土台の強さは段違い

 おまけに、彼にいわせれば「病気」、仲間の為に限界以上のパワーを出す描写さえ!

 ネメシスの仲間は「掟」で死んだ
 だから、彼も「掟」を守る、でないと仲間に申し訳が立たないから……、みたいな。
ひたすら、ネメシスの行方を案ずるネプチューンだが…

8
 一応、公式には捕まったままという扱いなのか、しばらく姿を消すらしいネプ。
 言葉でなく、身体で理解できた!

 彼らがこうも気にかけるネメシスという超人、どんな形で「慈悲」を知るのでしょうか?

 タワーブリッジすら無害化した
 驚異的というか、既に「反則」の域の身体能力を、どうやって打ち破るのか…?

 あのスペックは脅威だよ!
秘めていた覚悟!

9-
 ムッキムキで感謝するスグル、こうやって怯えが取れたのは、果たしていつぶりでしょうか
 最近、ずっと怯えていた気がします
 なんとなく

 立ち直ってくれましたが、果たしてホントに、苦手意識を克服できたのか…?
実は見守っていたウォーズマン

10
 まるでシルバーマンだな!

次回、遂にネメシスと激突……?

11
 意外に奇をてらった展開もなく、真っ向勝負で立ち直ったスグル。

火事場のクソ力!
 ネプチューンは、戦いを避けたがるスグルに痺れを切らし、ならここで殺してやると襲いかかる!
 が、生命の危機が迫ったスグルは「硬度10」をも阻止
 秘めていた闘志を露わにする

 ネプチューンは、完璧超人界の為にも、ネメシスの目を覚ましてやって欲しいと要請し、姿を消した

 恐れる気持ちも闘う意思に変えて……
 次回、キン肉マン、ネメシス、戦いの機は熟して……!?

■次回、7月11日配信開始。
 配信サイト http://wpb.shueisha.co.jp/category/comic/
これまでの感想

 第170話「離脱!!」
 第171話「幕は再び上がり…!!の巻」
 第172話「甲子園決戦!!の巻」
 第173話「闘うこととの闘い!!の巻」
 第174話「完璧超人の変革!!の巻」