これまでの感想はこちら
“二次大戦直後”に聖杯が奪われた!? 異なる歴史から始まる、Fateの異聞

Aaa_002
Aaa_004
IMG_0852
IMG_0857
 原作は小説で、今回「まおゆう」コミカライズを手がけた石田氏により漫画化! 刺激的な一巻で
 さあ、始まるぞ!とばかりにプロローグを飾っただけで終わった!
 チキショウ!

 巻末では原作であり、帯で欲望ダダ洩れの東出氏と、石田氏の対談も掲載に。

ヴラ公かっけえ!
 これまでのFateとは、60年前の時点で分岐したという、ダイナミックなスピンオフ物語
 王様と魔術師の会話からスタートします

 が、その「王様」こそがサーヴァント…、カッコイイ開幕だった!
その青年の名は、「シロウ・コトミネ」!

IMG_0847
 60年前で分岐した「異なる歴史」たる本作、言峰協会のシロウだと……!?

フェイト/アポクリファ
 魔術師ダーニックは、“60年前に冬木から奪った”大聖杯を用い、独自に聖杯戦争を開催
 システムを書き換え、現れた英霊全てを自陣営とし
 魔術師協会を敵に回す

 対抗し、協会は「予備システム」から“赤の英霊”を七騎追加召喚し、決戦を挑んだ

 だが全てはダーニックの手の上
 彼は、追加英霊を呼ばせ、“彼らを倒して”聖杯を得るつもりだったのだ

 しかし追加の内6騎は、“聖堂教会”から派遣された男、シロウ・コトミネが密かに奪取してしまう

 唯一彼の手を逃れた“セイバー”モードレットは、マスター獅子劫界離と行動を共にし…?
第二次世界大戦直後、“三度目”を最後に、聖杯戦争は終わりを告げる

IMG_0853
 本作では“60年前”に、魔術師ダーニックが大聖杯を強奪、結果「冬樹の聖杯戦争」は途絶え
 また、「聖杯戦争」という儀式が広く知られてしまった事で
 各所で執り行われている

 が、「大聖杯が必要」という情報は知られていない為、60年に渡り失敗が続いているそうな

 しかし今回、ダーニックが動き始めてしまった、と。
聖杯戦争を単独で起こしたダーニックは、“七体の英霊”全てを指揮下に!?

IMG_0841
IMG_0856
IMG_0854
IMG_0855
 ダーニック陣営に属する「黒」の英霊、その使い手たち。

七騎vs七騎
 ダーニックは「仕組み」に手を加え、なんと英霊七体を、全て自らの指揮下においてしまう
 ってそれじゃ“聖杯戦争”にならない!?

 いえいえ、実は一つの陣営に偏った際、新たに七体を召喚する予備システムが存在

 英霊たちは戦わねばならない
 戦い、殺し合い、“倒され魔力と成り果てる”事で聖杯を起動する

 その為に、新たに「赤の陣営」七騎が召喚
魔術協会は、“赤の陣営”を戦力化、反乱に対抗する

IMG_0858
IMG_0850
 赤の陣営たるサーヴァントたちと、そのマスターの一部

魔術師の戦争
 しかし、この「追加七騎」もダーニックの狙い通り、あくまで“聖杯”を起動する為の儀式なので
 七騎を全て部下に、という有利な状況を作りつつ
 敢えて敵を作った格好

 ただ、「赤」も自分の手駒にし、無抵抗で潰させるのが合理的なはず。

 それを敢えてしなかった理由は…?
「聖杯大戦」は、シロウ・コトミネ参戦によって大きく狂う…?

IMG_0849
 髪を上げ、“アーチャー”を思わせる姿に。その驚きの正体とは?

イレギュラー
 しかし、「魔術師協会の手駒」として呼び出された英霊たちは、大半がシロウの麾下に!
 彼は、聖杯戦争を監督する役割として
 教会から派遣

 原作での言峰綺礼と同じ役職ですが、どうも、他マスターを排除し制御を奪ったらしい

 この状況は、さすがにダーニックも予想外のはずで…?
「シロウ」の思惑から外れた英霊、反逆の騎士“娘セイバー”!

IMG_0846
IMG_0845
IMG_0848
 獅子劫が欲しがった「偽者」、彼は価値を見抜ける男って事か。

たった二人の第三勢力
 しかし、「シロウ」から唯一真名を奪われなかったサーヴァント、セイバーの娘モードレット
 そのマスター、獅子劫界離が第三勢力に
 イレギュラーのイレギュラー!

 界離は豪快そうな見た目に反し、「根暗」の代名詞、死霊術師=ネクロマンサーなんだそうな。

 死体と一緒に生きてきた
 そんな彼が、「男として生きたい」女騎士と、どんな「くっ殺せ…!」となるのか…!!

 なお今回、非常に親切な解説が
あくまで「原典」として、英霊解説が収録!

IMG_0844
 登場した英霊に対し、それぞれ詳しい解説が乗せてあり、これが非常に面白いです。
 モードレットが、当初は“アーサー王と死んだ”としか記述がなく
 別に反逆者じゃなかったとか

 無論、更に劇中は「モードレッドは女である」等、ここにタイプムーン設定が加わります。

 でもこのコラム、作るの大変そうですね。
収録

IMG_0843
 調停者を名乗る“マスターを持たないサーヴァント”として、ジャンヌ・ダルクも登場。巨乳。

 角川コミックス・エース「Fate/Apocrypha 1巻 The sage cries out.“Open,Gates of Heaven.Bless us and bestow miracles upon us!”」。月刊コンプエース連載、KADOKAWA発行。
 原作:東出祐一郎/TYPE-MOON、漫画:石田あきら
 2016年8月発売

収録
 第1話 開幕前夜 -黒-
 第2話 開幕前夜 -赤-
 第3話 開幕前夜 -聖女-
 Episode:Extra

 巻末対談:石田あきら×東出(ネタバレあり)

石田あきら


 まおゆう魔王勇者 角川版 9巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 10巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 11巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 12巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 13巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 14巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 15巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 16巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 17巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 18巻(最終巻)“あの丘の向こうに”

 まおゆう外伝 まどろみの女魔法使い 最終巻(7巻)
 ログ・ホライズン シーズン2 全25話 感想(同作者原作)

漫画版 Fate/Apocrypha 感想 東出祐一郎×石田あきら

 Fate/Apocrypha 1巻“開幕前夜”
 Fate/Apocrypha 2巻“子供が夢を嗣ぐとは限らんぞ”
 Fate/Apocrypha 3巻“助けてって言っただろう?”
 Fate/Apocrypha 4巻 “自決する英霊” 想定外と裁定者の旅
 Fate/Apocrypha 5巻“庭園”出陣! 久々のモーさん組!!
 Fate/Apocrypha 6巻“フランケンシュタインの一撃”
 Fate/Apocrypha 7巻“シロウの正体”大戦激変!