“三日三晩囚われた大王”、その神話には真相があった! タツノリ様、男すぎる…!!

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (8)
 その眼光には、一切の絶望がない! 男だ…!!

悲しき肉のカーテン!!
 実は、タツノリを捕えた敵勢力というのが、「キン肉族の腐敗勢力」だったと……。
 そりゃネメシスも怒るよ!
 滅ぼすよ!

 だが待って欲しい、タツノリが耐え抜いた一番の要因こそ、サダハルだったのではないでしょうか

 真弓ちゃんは言いました
 父も自分も、サダハルに報いる為にこそ頑張ったと。

 怒るネメシスですが、彼の存在こそが、タツノリに茨の道を歩ませた。

 そう思うと、少し悲しく感じます。
ネメシスの誘い!

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (11)
 真弓は戦力外ですが、“完璧化”すると若返る仕組みなんですかね。

完璧への誘い!
 そしてまさかの勧誘エンド! しかも来週は更新休みで、返答には2週間も待つんだぜ~!
 コイツはちょっと、ズルい引きだぜ!
 バゴアバゴア!

 真弓まで勧誘する辺り、彼の「慈悲」、心の弱さも感じられますね。

 ネメシスの中では
 きっと、未だに小さな真弓なんだろうなぁ…。

 当人は否定するでしょうけど
使命を悟り、鉄槌を下す!

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (1)
 以前の「動機説明」では、自分を抹殺した凡夫を憎むと言いつつ、投獄中は穏やかだった彼
 その最大の怒りは、自分を守れなかった事が
 兄を傷付ける事でした

 しかし、その一件に上乗せする、更なる悲劇が語られる事に。

 ネメシスの変節は激しく
 正直、「もう一歩」理由が欲しいと思っていました

 この展開が見たかった!
変節の理由は、肉のカーテン!?

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (2)
 しかしまさか、既に定番化した「肉のカーテン」から話が始まるとは!
 過去描かれた何気ない逸話

 これを拾って、奇麗に盛り込んでくるのが本当に面白い!

 ただ老境ではなく
 若々しく、いかにも強そうな作画になってますね
兄を襲った悲劇!

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (3)
 その「悲劇」は、兄の治世開始から20年、既に完璧超人となって10年以上は経っていたのに
 ネメシスを本気で焦らせたもの!

 しかしミラージュマンさん、ホント回想での存在感すごいな!

 門番ですものね。
ネメシス『どう考えてもおかしいだろう』

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (4) - コピー
第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (4)
 ゴメン、マジ「おかしい」とか欠片も思わんかった!

こなかった助け!
 この設定が作られた当時と違い、キン肉王族の権力は凄まじく、神に次ぐとさえ言われるほど
 なのに、三日三晩も助けがこなかっただなんて
 確かにおかしい

 しかし、新たに生まれた「タツノリは、腐敗勢力と戦う熱血改革派」設定が加わると…!

 なるほどです
 父を思い、人目も憚らずに涙する大王が熱い……!

 今でも大好きなんですね。
伝説的英雄タツノリ、最大の偉業!

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (5)
第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (6)
 モブと呼ぶには、かっこ良過ぎる「アスタリスク」

父最大の偉業!
 実は、腐敗勢力が散々に死角を送りつけており、タツノリは決して怯まず戦い続けていた
 殺さぬよう、わき腹を狙う優しさ!
 多分!

 おそらく改革を期した大王は、彼以外にもたくさんいたはずです

 でも彼だけは折れなかった
 それは、彼が決して「楽なほう」に向かわなかった為

 弟の為にも、負けられませんものね
その最大の転機となったのが、治世20年目に起きた幽閉事件だった

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (8)
 目に漲る精気!

改革と絶望のターニングポイント
 それが高じて、遂に三日三晩に渡り幽閉され拷問される、兄の慈悲深さが招いた結末
 結果、怒ったネメシスは本格的に見限り
 殲滅を誓います

 ですが一方で、この事件あったればこそ、キン肉族の改革は成ったという側面も

 以降、腐敗勢力は急激に力を失ったそうな
父はそれでも言いました、仲間を信じよと!

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (9)
 タツノリ自身は、最後まで仲間を信じ、その慈悲が俗物勢力を改心させた
 真弓はそう信じています

 実際、タツノリほど凄腕でなかったろう真弓の治世でも、腐敗勢力は沈黙したまま

 ネメシスは怒ってますが
 確かに、もう腐敗勢力は一掃されたように思えますね。

 タツノリさん格好よすぎだよ…!
ネメシスの目標、「キン肉族殲滅」の正体!

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (10)

 てっきり皆殺しかと思いきや、組織を解体し、無力にすればそれで良いという話に。
 日和った?

 いえいえこれまでの話から、ネメシスは、真弓たちへの心を捨てきれていません

 口では苛烈
 だけど、内心はとてつもなく優しい

 ネメシスは、もう「皆殺し」みたいな真似はしない男だとおもうのです。
次週はお休み! ネメシスの誘いを、キンちゃんたちはどう断るのか…?

第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」 (11)
 ボテちんは? ねえボテちんはどうなの!

怒りの日
 何よりサダハルを怒らせた事は、仲間を信じ続けた兄が、仲間に裏切られ囚われたこと。
 その際、彼らから脱出する為に編み出したのが
 肉のカーテンだったのだ

 一族の愚かさを説くネメシスは、政府を解体し、スグルたちにも完璧超人になるよう提案する

 断らば死!
 次回、キン肉族の存亡をかけた戦いにキン肉マンは……!?
 
■次回、9月26日配信開始。
 配信サイト http://wpb.shueisha.co.jp/category/comic/
キン肉マン 感想 これまでの記事

 第170話「離脱!!」
 第171話「幕は再び上がり…!!の巻」
 第172話「甲子園決戦!!の巻」
 第173話「闘うこととの闘い!!の巻」
 第174話「完璧超人の変革!!の巻」
 第175話「秘めていた覚悟!!の巻」
 第176話 歴史を変える一日!!の巻
 第177話「友情と孤高!!の巻」
 第178話「完璧なる才能!!の巻」
 第179話「キン肉マンの秘策!!の巻」
 第180話「不殺の殺人技!!の巻」
 第181話「消されたダウンカウント!の巻」
 第182話「サダハルとの約束!の巻」
 キン肉マン 第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」

※第170話以前も 旧ブログ「キン肉マン」書庫にあります http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn